東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 免疫学講座
 Department of Molecular Immunology

教授:
  近藤 元就
准教授:
  桑原 卓
  内藤 拓
講師:
  田中 ゆり子
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















近藤 元就   教授
              
 4
 
 1
 
 
田中 ゆり子   講師
              1
 3
 
 1
 
 
 0 0  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎井上彰子, 田中ゆり子, 長舩大士, 近藤元就, 和田弘太: 慢性副鼻腔炎患者の副鼻腔粘膜浸潤細胞の免疫学的検討.  第2回日本アレルギー学会関東地方会,  東京,  2019/09
2. ◎田中ゆり子, 井上彰子, 小野里磨優, 福島健, 近藤元就: シェーグレン症候群疾患モデルマウスの病態解析と発症初期新規分子マーカーの探索.  第28回 日本シェーグレン症候群学会学術集会,  徳島市,  2019/09
3. ◎小野里 磨優, 田中 ゆり子, 井上 彰子, 近藤 元就, 福島 健: LC-MS/MS によるシェーグレン症候群疾患モデルマウス血清中 L-トリプトファン及び L-キヌレニンの定量.  第32回 バイオメディカル分析科学シンポジウム(BMAS2019),  東京,  2019/08
4. ◎Akiko Inoue, Yuriko Tanaka, Motonari Kondo: New findings of eosinophilic chronic rhinosinusitis tissue- significantly higher CD4 positive T cells / B cells ratio in the mucosa-.  The 48th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology,  静岡,  2019/12
国際学会
1. ◎Akiko Inoue, Yuriko Tanaka, Hanae Furuya, Riko Kajiwara, Akira Fukuo, Kota Wada, Motonari Kondo: High CD4+ T Cell/ B Cell Ratios in the Paranasal Sinus Mucosae with Eosinophilic Chronic Rhinosinusitis.  52nd Annual Meeting Of The Society For Leukocyte Biology,  Boston, US,  2019/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者