東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  アリタ ミチツネ   Arita Michitsune
  有田 通恒
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   助教
    (最終更新日:2019-06-05 09:38:02)
■ 学位
1. 修士(薬学)
■ 刊行論文
1. 原著  Amino acid analyses of the exosome-eluted fractions from human serum by HPLC with fluorescence detection. 2018/05
2. 原著  Antifibrotic response of cardiac fibroblasts in hypertensive hearts through enhanced TIMP-1 expression by basic fibroblast growth factor 2014/03
3. 原著  Down-regulation of MutS homolog 3 by hypoxia in human colorectal cancer. 2012/04
4. 原著  ACE2- Ang 1-7-MAS Axis in Human Diabetic Nephropathy 2012/03
5. 原著  Effluent Markers Related to Epithelial Mesenchymal Transition with Adjusted Values for Effluent Cancer Antigen 125 in Peritoneal Dialysis Patients 2011/06
6. 原著  Urinary ACE2 in patients with CKD 2011/04
7. 原著  Angiotensin-Converting Enzyme 2 Expression in a Human Proximal Tubular Cell Line HK-2 2011/01
8. 原著  腹膜障害の基礎と臨床 中性液、icodextrin液によるTGF-β1、VEGF発現増加とその抑制 2010/09
9. 原著  Increased ACE and ACE2 expression in kidney from patients with InA nephropathy 2010/08
10. 原著  Effects of New Peritoneal Dialysis Solutions, Pyridoxamine and AT1 Receptor Blocker,
on TGF-beta1 and VEGF Expression in Rat Peritoneal Mesothelial Cells. 2009/05
全件表示(24件)
■ 学会発表
1. マイクロサテライト不安定性の一形式であるEMASTの発生過程におけるp53の役割 (ポスター,一般) 2017/12/07
2. 甘草由来化合物Licochalcone AによるTrkB mRNA分解促進作用 (ポスター,一般) 2017/11/10
3. Licochalcone A inhibits hypoxic and normoxic growth via different proliferative pathways in a human neuroblastoma cell line SK-N-SH (ポスター,一般) 2015/11/27
4. 甘草由来成分リコカルコンAの抗がん活性:TrkB-JNK シグナリング阻害を介した神経芽腫細胞増殖抑制 (ポスター,一般) 2015/10/08
5. N-myc非増幅神経芽腫細胞株SK-N-SHの低酸素応答性の多様性 (ポスター,一般) 2014/11/28
6. EMAST大腸癌の悪性化に寄与する遺伝子の探索 (ポスター,一般) 2014/09/27
7. N-myc非増幅神経芽腫細胞が示すMAPK経路活性化を介した低酸素性N-myc発現増加と増殖亢進. (ポスター,一般) 2013/11/29
8. Generation of EMAST in a colorectal cancer cell line under hypoxic condition (ポスター,一般) 2013/10/03
9. DNAミスマッチ修復遺伝子MSH3によるEMAST腫瘍発生の分子機構 (ポスター,一般) 2012/12/13
10. 神経芽腫における低酸素下でのMAPK経路によるN-mycの活性化 (口頭発表,一般) 2012/12/01
全件表示(103件)
■ 職歴
1. 2007/04~ 東邦大学 医学部 医学科 助教
■ 科研費研究者番号
80307719
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2001/04~2003/03  ミスマッチ修復遺伝子の転写制御機構の検討:転写因子の単離同定と役割の解明 奨励研究(A) 
2. 2003/04~2006/03  ミスマッチ修復遺伝子hMLH1の転写制御機構の解明:転写因子の同定とその異常検索 若手研究(B) 
3. 2010/04~2013/03  DNA修復遺伝子発現制御機構の解明:新規因子CXXC5に着目した制御複合体の解析 基盤研究(C) (キーワード:癌、遺伝子、DNA修復、ゲノム安定性、転写制御因子)
4. 2012/04~2015/03  EMAST大腸がんの発生機構の解明と悪性度予測因子の検索 基盤研究(C) 
5. 2013/04~2016/03  EMASTを誘発するがん微小環境に着目した大腸癌悪性化機構の解明 基盤研究(C) (キーワード:癌、悪性化、低酸素、EMAST、癌微小環境)
6. 2016/04~2019/03  進行性大腸癌の転移を司る分子の同定:転移初期に一過的に働く分子に焦点を当てた探索 基盤研究(C)(一般) (キーワード:癌、転移、ゲノム不安定性、癌微小環境、低酸素)
7. 2016/04~2017/03  臓器間神経ネットワークを介したエネルギー代謝調節の分子機序解明