(最終更新日:2021-11-20 12:36:00)
  タナカ ユリコ   Tanaka Yuriko
  田中 ゆり子
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師

学位


博士( 医学)

刊行論文


1. 原著  Increased Indoleamine 2,3-Dioxygenase Levels at the Onset of Sjögren’s Syndrome in SATB1-Conditional Knockout Mice 2021/09/19
2. 原著  High CD4+ T-Cell/B-Cell Ratio in the Paranasal Sinus Mucosa of Patients with Eosinophilic Chronic Rhinosinusitis 2021/07/30
3. 原著  Tissue Damage Caused by Impaired Phagocytosis of Dead Cells: A Previously Unrecognized Adverse Effect Contributing to the Pathogenesis of γδ T Cells in Legionella Pneumonia 2020/07/01
4. 原著  Amino acid analyses of the exosome-eluted fractions from human serum by HPLC with fluorescence detection. 2018/05
5. 原著  SATB1 conditional knockout results in Sjögren's syndrome in mice 2017/12
6. 総説  T細胞分化に必須な分子SATB1 2016/08
7. 原著  SATB1 Plays a Critical Role in Establishment of Immune Tolerance. 2016/01
8. 原著  Thymic precursors of TCRαβ+CD8αα+intraepithelial lymphocytes are negative for CD103 2015/01
9. 原著  Uterine Natural Killer Cells Severely Decrease in Number at Gestation Day 6 in Mice 2013/11
10. 原著  CCR7 ligands up-regulate IL-23 through PI3-kinase and NF-κ B pathway in dendritic cells. 2012/08
全件表示(23件)

著書


1. 部分執筆  SATB1によるT細胞分化と免疫寛容の制御「週間 医学のあゆみ 第5土曜特集 制御性 T細胞研究の現在」 2019/03
2. 全体執筆  SATB1欠損により発症する自己免疫疾患「臨床免疫・アレルギー科」 2018/09
3. 部分執筆  人体の構造と機能ー免疫系「社会福祉学習双書 2018」 2018/03
4. 部分執筆  人体の構造と機能ー免疫系「社会福祉学習双書2017」 2017/02
5. 部分執筆  T細胞分化に必須な分子SATB1「臨床免疫・アレルギー科」 2016/08
6. 部分執筆  人体の構造と機能ー免疫系「社会福祉学習双書2016 第14巻 医学一般」 2016/03
7. 部分執筆  人体の構造と機能ー免疫系「社会福祉学習双書2015 第14巻 医学一般」 2015/03
8. 部分執筆  器官別にみた構造と機能 免疫系「社会福祉学習双書2014 医学一般」 2014/02
9. 部分執筆  器官別にみた構造と機能 免疫系「社会福祉学習双書2013 医学一般」 2013/03
10. 部分執筆  器官別にみた構造と機能 免疫系「社会福祉学習双書 2012 医学一般」 2012/03
全件表示(14件)

学会発表


1. SATB1 is necessary for the establishment of immne tolerance (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2012/12/05
2. 自己免疫疾患モデルマウス病原性T細胞による組織障害メカニズムの解析 (口頭発表,一般) 2021/10/09
3. シェーグレン症候群疾患モデルマウス病原性T細胞による唾液腺組織障害機構の解析 (口頭発表,一般) 2021/09/24
4. Sjögren’s syndrome 疾患モデルマウス血清中代謝産物の解析 (口頭発表,一般) 2019/12/15
5. Lack of SATB1 leads to Sjögren's syndrome like autoimmune manifestations in mice (口頭発表,一般) 2019/12/13
6. Lack of SATB1 leads to Sjögren's syndrome like autoimmune manifestations in mice (ポスター,一般) 2019/11/18
7. シェーグレン症候群疾患モデルマウスの病態解析と発症初期新規分子マーカーの探索 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/09/13
8. An analysis of pathophysiology of Sjögren's syndrome in SATB1 deficient mice (ポスター,一般) 2018/12/12
9. Mitochondrial transcription factor A rescues defect in T cell receptor responsiveness in SATB1 deficient mice. (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2018/12/12
10. シェーグレン症候群の新しい動物モデル (ポスター,一般) 2018/09/14
全件表示(68件)
プロフィール

職歴


1. 2004/01~2004/10 千葉大学大学院医学研究院 COEフェロー
2. 2004/11~2006/04 千葉大学大学院医学研究院 産学官連携研究員
3. 2007/04~2018/12 東邦大学 医学部 医学科 助教
4. 2019/01~ 東邦大学 医学部 講師
5. 2019/01~ 東邦大学 医学部 医学科 講師

科研費研究者番号


40396685

所属学会


1. 2011/06~ 日本生体防御学会
2. 2014/10~ 特定非営利活動法人 日本免疫学会
3. 2018/09~ 日本シェーグレン症候群学会
4. 日本免疫学会
5. 2012/10~2014/09 ∟ 科学コミュニケーション委員協力委員
6. 2016/10~2020/12 ∟ 評議委員
7. 2017/01~2018/12 ∟ 科学コミュニケーション委員
8. 2019/01~2020/12 ∟ 科学コミュニケーション委員
9. 2021/01~2022/12 ∟ 科学コミュニケーション委員
10. 2021/01~2024/12 ∟ 評議委員

研究課題・受託研究・科研費


1. 2007/04~2009/03  Th1/Th2細胞分化におけるケモカインCCL21、CCL19の役割の解析  (キーワード:免疫学、ケモカイン、Th1、Th2)
2. 2009/04~2010/03  ケモカインが免疫応答の誘導と維持に与える影響  
3. 2009/04~2011/03  体液性免疫または細胞性免疫応答の初期誘導と維持におけるケモカインの役割の解析  (キーワード:感染症内科学)
4. 2010/04~2011/03  細胞性免疫誘導型リポソームワクチンの創製に関する研究  
5. 2010/09~2011/03  可溶性タンパク質抗原の免疫により惹起される免疫反応の解析  
6. 2011/04~2012/03  免疫寛容の成立におけるSATB1遺伝子の機能解明  
7. 2011/09~2012/03  ヘルパーT細胞分化における核内転写制御因子の役割の解析  
8. 2012/04~2014/03  SATB1による自己免疫疾患発症抑制機構の解明  
9. 2012/04~2013/03  T細胞特異的転写制御因子欠損による自己免疫疾患発症機序の解析  
10. 2014/04~2015/03  SATB1による自己免疫疾患発症抑制機構の解明  
全件表示(19件)