東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 解剖学講座/微細形態学
 Division of Histology and Cell Biology, Department of Anatomy

教授:
  船戸 弘正
  
講師:
  小田 哲子
  恒岡 洋右
■ 概要
体重制御・睡眠・情動行動に関わる神経回路の研究
体重制御、睡眠覚醒行動および情動行動は個体の生命維持に不可欠な行動である。いずれも一見単純な行動に見えるが、ストレス負荷、学習、絶食、睡眠遮断、加齢などの内的または外的要因によって大きく影響を受ける。このことの神経解剖学的基盤は、視床下部-脳幹を中心に大脳から脊髄、さらには末梢組織を含めた複雑な階層的ネットワークであると考えられているが、詳細は不明である。
私たちはモデル動物として主にマウスを用い、野生型C57BL/6に加え、オレキシンなどの神経ペプチド遺伝子を改変したマウス、様々な遺伝子にCre遺伝子を導入したマウスやCas9遺伝子を導入したマウスと、アデノ随伴ウイルスによる遺伝子導入の組み合わせにより、検討を行っている。オレキシンはナルコレプシーの病態形成の中心であるなど、睡眠覚醒行動に大変重要であるだけでなく、摂食行動、体重制御および報酬行動にも深く関与していることが分かっている。
睡眠異常は、気分障害などの病態でも認められるが、なぜ気分障害で睡眠障害を生じるのかは不明である。睡眠に関わる回路に焦点を当てて、ストレス等の環境因子によってどのような変化を生じるのかを、形態学的手法を中心としながら、動物行動学、分子生物学および薬理学の手法も組み合わせて検討している。体重制御に関しては、オレキシン2型受容体を介したシグナルが体重制御に関わっていることから、これらに関わる神経回路の同定を目指している。また、広義の環境因子が個体行動へ与える影響を検討するためヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)ファミリー分子の発現についても、詳細な組織学的検討を重ねている。
男女で異なる脳の神経解剖学的特徴は行動の性差として表出する。また、多くの行動や生理機能は摂食に依存して大きく変化する。網羅的行動解析、形態学的解析を用いて、高脂肪食給餌が雌雄個体の脳機能に与える性特異的な影響とその分子基盤について研究を行っている。
体重制御や睡眠・情動行動に関わる一領域に内側視索前野が挙げられる。内側視索前野はオレキシン神経が分布する視床下部外側野やドーパミン神経が分布する腹側被蓋野へ投射することはわかっているが、様々な生理機能や行動を制御する機構の詳細は不明である。これについて検討するため、これまで蓄積してきた組織学的なデータを基盤として遺伝子工学的な手法を用い、細胞レベル・細胞群レベルでの投射解析や機能解析を行っている。
鎮静化誘導に関わる神経基盤
泣いている乳児を抱いて歩くと、泣き止みおとなしくなることはよく知られている。同じような反応はライオンやネズミなど動物の仔でも見られる。乳児と仔マウスを用いた比較研究から、親に運ばれておとなしくなる時、乳児も仔マウスも同じ行動・生理変化を示すことが明らかになった。本研究では、このような幼若哺乳類の鎮静化に着目して、鎮静化が起こる脳内メカニズムや効率よく鎮静化を誘導する刺激セットを探索し、発達の理解促進や育児支援デバイス開発を目指す。
前頭前皮質におけるムスカリン受容体分布の解析
ラット前頭前皮質におけるムスカリン受容体M1の分布を詳細に解析している。その結果、興奮性の錐体細胞と抑制性の神経細胞の両方の細胞グループにおいて、ほとんどの細胞がM1受容体を有するものの、その量や細胞内局在パターンは細胞グループ間で大きく異なっていることが明らかとなった。このM1受容体の細胞内分布の違いは、前頭前皮質で処理される高次機能におけるアセチルコリン作動性調節システムの基礎をなすものであると考えられる。
■ Keywords
体重、睡眠覚醒、オレキシン、視床下部、報酬系、性差、環境、発達、鎮静、体性感覚、前頭前皮質、ムスカリン受容体
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  電気通信普及財団研究調査助成
 研究課題:抱っこ時の乳児の生体反応センシング  (研究代表者:吉田さちね)
 研究補助金:1330000円  (代表)
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















船戸 弘正   教授
    3          
 1
 
 1
(1)
 
 
小田 哲子   講師
   1           
 1
 
 
 
 
恒岡 洋右   講師
   1 4          1
 
 
 1
(1)
 
 
堤(吉田) さちね   助教
    1          
 1
 
 
 
 
 0 2  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Fujiyama T, Miyashita S, Tsuneoka Y, Kanemaru K, Kakizaki M, Kanno S, Ishikawa Y, Yamashita M, Owa T, Nagaoka M, Kawaguchi Y, Yanagawa Y, Magnuson MA, Muratani M, Shibuya A, Nabeshima Y, Yanagisawa M, Funato H, Hoshino M:  Forebrain Ptf1a is required for sexual differentiation of the brain.  Cell reports  24 :79 -94 , 2018
2. Kawaguchi M, Hagio H, Yamamoto N, Matsumoto K, Nakayama K, Akazome Y, Izumi H, Tsuneoka Y, Suto F, Murakami Y, Ichijo H:  Atlas of the telencephalon based on cytoarchitecture, neurochemical markers, and gene expressions in Rhinogobius flumineus (Mizuno, 1960).  Journal of Comparative Neurology  0 (0) :0 -0 , 2018
3. Oda S, Tsuneoka Y, Sachine Y, Adachi-Akahane S, Ito M, Kuroda M, Funato H:  Immunolocalization of muscarinic M1 receptor in the rat medial prefrontal cortex.  The Journal of comparative neurology  526 (8) :1329 -1350 , 2018
総説及び解説
1. Tsuneoka Y:  Molecular neuroanatomy of the mouse medial preoptic area with reference to parental behavior.  Anatomical Science International  xx (xx) :xx -xx , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎Yousuke Tsuneoka, Misaki Minamihara, Sachine Yoshida, Satoko Oda, Takenori Miyamoto, Masaru Kuroda, Hiromasa Funato: Glutamatergic neurons in the mouse medial preoptic area regulate parental motivation.  第41回日本神経科学大会,  神戸,  2018/07
国際学会
1. ◎Shigiyama F, Kumashiro N, Yoshikawa F, Tsuneoka Y, Funato H, Hirose T: Mechanisms of Hepatic Steatosis and Insulin Resistance Induced by Sleep Deprivation in Mice.  78th Scientific Sessions American Diabetes Association(ADA),  Orlando, USA,  2018/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者