(最終更新日:2023-02-03 10:40:19)
  ツネオカ ヨウスケ   Tsuneoka Yosuke
  恒岡 洋右
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   准教授

学位


博士(理学)

刊行論文


1. 原著  Kinase signalling in excitatory neurons regulates sleep quantity and depth. 2022/12/08
2. 原著  IκBζ controls IL-17-triggered gene expression program in intestinal epithelial cells that restricts colonization of SFB and prevents Th17-associated pathologies 2022/08/24
3. 原著  Fluorescence quenching by high-power LEDs for highly sensitive fluorescence in situ hybridization. 2022/08/08
4. 原著  Gene duplication of C-type natriuretic peptide-4 (CNP4) in teleost lineage elicits subfunctionalization of ancestral CNP 2022/02
5. 原著  Oxytocin facilitates allo-parental behavior under stress in laboratory mice 2022/01/11
6. 総説  短鎖ヘアピンDNAを利用した多重蛍光in situ hybridization法 2021/08
7. 原著  Calcitonin receptor signaling in the medial preoptic area enables risk-taking maternal care. 2021/05
8. 総説  Cellular composition of the preoptic area regulating sleep, parental, and sexual behavior 2021/03
9. 原著  GABA from vasopressin neurons regulates the time at which suprachiasmatic nucleus molecular clocks enable circadian behavior. 2021/02/01
10. 原著  Modified in situ hybridization chain reaction using short hairpin DNAs 2020/04
全件表示(41件)

著書


1. 部分執筆  Assessing Postpartum Maternal Care, Alloparental Behavior, and Infanticide in Mice: With Notes on Chemosensory Influences, Pheromone Signaling 2013/09

学会発表


1. ISHpaletteの原理とその応用 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)) 2022/11/30
2. 高感度超多重ISH法から観る内側視索前野のオス性行動における機能 (口頭,一般) 2022/10/30
3. 性と経験によって変化するマウス養育行動 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)) 2022/09/08
4. 短鎖ヘアピンDNAを利用した高感度in situ hybridization法 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)) 2022/02/01
5. ショートヘアピンDNAを用いたin situ HCR法の開発 (口頭,一般) 2020/03/26
6. 内側視索前野における雄性行動関連細胞の機能解剖学的解析 (口頭,一般) 2019/10/25
7. 内側視索前野-性的二型核におけるMoxd1陽性細胞の解剖学的解析 (口頭,一般) 2019/03/28
8. Neuroanatomy of the sexually dimorphic nucleus of the medial preoptic area (口頭,特別講演・招待講演など) 2019/03/20
9. Glutamatergic neurons in the mouse medial preoptic area regulate parental motivation (ポスター掲示,一般) 2018/07/26
10. マウス内側視索前野における神経ペプチドmRNA発現と性的二型 (ポスター掲示,一般) 2018/03/30
全件表示(33件)
プロフィール

学歴


1. 2000/04~2004/03 早稲田大学 教育学部 生物学科 卒業 学士(理学)
2. 2004/03~2006/03 早稲田大学 理工学研究科 生命理工学専攻 修士課程修了 修士(理学)
3. 2006/04~2009/03 茨城大学 理工学研究科 環境機能科学専攻 博士課程修了 博士(理学)

職歴


1. 2009/04~2013/03 (独)理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
2. 2013/04~2017/09 東邦大学 医学部 医学科 助教
3. 2014/04~2021/03 東京医療学院大学 非常勤講師
4. 2014/04~2020/03 神奈川県立衛生看護専門学校 非常勤講師
5. 2014/09~2016/03 日本女子大学 理学部 非常勤講師
6. 2015/08~2015/08 山形大学理学部 非常勤講師
7. 2017/10~2021/10 東邦大学 医学部 医学科 講師
8. 2021/11~ 東邦大学 医学部 医学科 准教授

科研費研究者番号


50549011

ホームページ


   http://toho-funatolab.jp/

受賞学術賞


1. 2005/11 ハート昆虫奨励研究奨励基金ハート大賞 優秀賞
2. 2012/09 第17回行動神経内分泌研究会学術集会 最優秀発表賞
3. 2018/03 日本解剖学会 日本解剖学会奨励賞 (多様な生得的行動を制御する内側視索前野の機能解剖学的研究)

取得特許


1. 2020/06/12 短鎖ヘアピンDNAを用いた改良型in situ ハイブリダイゼーション反応(2000-102648号)
2. 2021/01/22 自家蛍光消光装置(2021-008882)

研究課題・受託研究・科研費


1. 2007/04~2008/03  サムライアリによるクロヤマアリコロニーへの寄生メカニズムの解明  
2. 2008/04~2009/03  社会寄生種サムライアリを用いたアリの産卵抑制機構の解明  
3. 2009/10~2010/03  マウス養育中枢に発現する神経ペプチドが養育行動の各要素に果たす役割の遺伝学的解析  
4. 2012/04~2014/03  脳の養育中枢における摂食調節分子アミリンの新規機能の解明  
5. 2013/09~2014/03  腹側被蓋野ドーパミン系を制御する視索前野ニューロンの機能解剖学的解析  
6. 2014/09~2015/03  内側視索前野で発見された新規マウス性的二型核の神経解剖学的解析  
7. 2015/04~2018/03  遺伝薬理学を用いた前頭前皮質へのコリン作動性神経入力の解明  
8. 2015/04~2018/03  多様な生得的行動を制御する神経領域:内側視索前野の機能解剖学的解析  
9. 2016/04~2017/03  Distinct preoptic-BST nuclei dissociate paternal and infanticidal behavior in mice.  
10. 2016/04~2017/03  ゲノム編集技術を用いた内側視索前野ペプチド群の摂食制御機能の解明  
全件表示(20件)