<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 外科学講座 一般・消化器外科学分野(大森)
 Division of General and Gastroenterological Surgery, Department of Surgery (Omori)

教授:
  船橋 公彦
  島田 英昭
  黒岩 実
臨床教授:
  緒方 秀昭
准教授:
  大塚 由一郎
講師:
  栗原 聰元
  齊藤 芙美
  田村 晃
  土屋 勝
  谷島 聡
■ 概要
当科の診療概要
平成15年6 月に、東邦大学医学部外科学講座旧第1講座と旧第2講座が組織改正により統合され、東邦大学医学部外科学講座(大森)一般・消化器外科となりました。当科では、消化器部門(上部消化管、下部消化管、肝胆膵)、乳腺・甲状腺部門、小児外科部門、そして本学の特色でもある総合診療科外科学に医師を派遣、さらには医療安全管理部や栄養治療センターの責任者も当科から輩出しています。癌を中心とした各専門分野のみならず外科学総論から一般外科的疾患である急性腹症、虫垂炎、鼡径ヘルニア、痔核など外科学(呼吸器外科、心臓血管外科を除く)をすべて網羅された幅広い範囲で、それぞれの専門医が診療を担当しています。そのため、外科の専門医育成や初期研修は非常に充実したプログラムで行われています。 それぞれ臓器別に診療グループは構成され、各分野の治療と治療成績の向上と全人的外科医師の育成を目指しています。一方、消化器の各臓器はそれぞれ密接に関連しているため、各臓器の専門グループは他の専門グループと常に連携を取りながら診療に携わっています。
手術においては癌を取り扱うことが多く、安全性と根治性を損なわず、かつ手術後の生活の質(Quality of life: QOL)の低下を最小限にとどめることを重視します。そのため、内視鏡手術を最大限に適用していることが特徴です。新しい先進的医療技法の開発研究も進めており、内視鏡肝切除に関しては世界的に注目され、国内外から手術見学のための来訪者を多く迎えています。
診療対象年齢は小児から老齢者の方まで、疾病は腹部救急疾患から悪性腫瘍まで特定の疾患のみに片寄らず、患者さんを全人的にとらえることができる、すべての一般外科および消化器外科に精通する経験豊かなオールラウンドな医師を擁しています。その総手術件数は年間約1300例であり、高齢化社会にあたり種々の合併症を有する症例、他科との連携による集学的治療に精通しており、患者さんのQOLを充分配慮した診療を行っています。
現在教室員50余名、同門200余名を擁する伝統ある教室であり、研究や学会活動、レジデント・研修医・医学生への教育にも力をいれています。経験豊富で研究にも意欲を持ったスタッフにより、臨床と研究の成果を海外に向けて発信しています。
■ Keywords
腹腔鏡下肝切除術, 腹腔鏡下大腸手術, 腹腔鏡下胃切除術, 化学療法
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  タンパク質・ペプチド修飾解析による早期がん・リスク疾患診断のための血液バイオマーカーの開発  (研究課題番号:20cm0106403s0305)
 研究課題:日本医療研究開発機構研究費 次世代がん医療創生研究事業(研究領域D・ユニット型)  (研究分担者:島田英昭 他、研究代表者:本田一文(国立がん研究センター)))
 研究補助金:500000円  (分担)
2.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C  (研究課題番号:17K10494)
 研究課題:Oligometastasesに対する放射線治療の個別化治療戦略の確立  (研究分担者:島田英昭(研究代表者:新部譲))
 研究補助金:0円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  船橋公彦 :日本大腸肛門病学会評議員・学会誌編集委員, 東京ストーマリハビリテーション研究会会長, 日本外科学会邦文誌編集幹事, 日本ストーマ排泄リハビリテーション学会理事・評議員・プロジェクト企画員会委員長, 日本臨床外科学会評議員, 大腸疾患外科療法研究会幹事, 大腸クリニカルオンコロジー研究会世話人, 城南地区大腸疾患懇談会幹事
2.  島田英昭 :日本外科学会 代議員・日本消化器外科学会 評議員・日本癌学会 評議員・日本臨床外科学会 評議員・日本食道学会 評議員・日本胃癌学会 代議員・日本免疫治療研究会 理事・日本分子腫瘍マーカー研究会 幹事・外科分子細胞治療研究会 世話人・代表幹事・胃外科術後障害研究会 世話人 Editor & Associate editor: Cancer Science, Ann Gastroenterological Surgery, Esopghagus, Gastric Cancer, Ann Thoracic Cardiovascular Surgery, Digestive Surgery, Surgery Today, J Hepato-Biliary-Pancreatic Science, Editorial Bord: Ann Surgical Oncology, Br J Surgery, Int J Clin Oncology, J Gastroenterology, World J Gastroeterology, J Surgical Oncology
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















黒岩 実   教授
              
 
 
 
 
 
島田 英昭   教授
  5  3          
 
 
 
 
 
船橋 公彦   教授
 1   1          
 
 
 
 
 
緒方 秀昭   臨床教授
    1          
 
 
 
 
 
大塚 由一郎   准教授
              
 
 
 
 
 
栗原 聰元   講師
  1            
 
 
 
 
 
齊藤 芙美   講師
    1          
 
 
 
 
 
田村 晃   講師
              
 
 
 
 
 
土屋 勝   講師
              
 
 
 
 
 
谷島 聡   講師
 1   1          
 
 
 
 
 
新井 賢一郎   助教
              
 
 
 
 
 
石井 淳   助教
              
 
 
 
 
 
伊藤 悠子   助教
              
 
 
 
 
 
牛込 充則   助教
  1 1           
 
 
 
 
 
大嶋 陽幸   助教
 1   2          
 
 
 
 
 
岡田 嶺   助教
  1            
 
 
 
 
 
鏡 哲   助教
  1  1          
 
 
 
 
 
梶原 庸司   助教
  1            
 
 
 
 
 
金子 奉暁   助教
  1  1          
 
 
 
 
 
木村 和孝   助教
              
 
 
 
 
 
甲田 貴丸   助教
  1  1          
 
 
 
 
 
酒井 隆光   助教
              
 
 
 
 
 
酒井 正人   助教
              
 
 
 
 
 
塩川 洋之   助教
              
 
 
 
 
 
白鳥 史明   助教
 1             
 
 
 
 
 
鈴木 隆   助教
    1          
 
 
 
 
 
鈴木 孝之   助教
    1          
 
 
 
 
 
竹山 照明   助教
              
 
 
 
 
 
長嶋 康雄   助教
  2  1          
 
 
 
 
 
名波 竜規   助教
 1             
 
 
 
 
 
前田 徹也   助教
              
 
 
 
 
 
馬越 俊輔   助教
              
 
 
 
 
 
松本 悠   助教
              
 
 
 
 
 
三浦 康之   助教
  1  1          
 
 
 
 
 
皆川 輝彦   助教
              
 
 
 
 
 
山川 輝記   助教
              
 
 
 
 
 
吉田 公彦   助教
  1  1          
 
 
 
 
 
吉野 優   助教
  1            
 
 
 
 
 
 5 1  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Fuchinoue K, Nemoto T, Shimada H, Tochigi N, Igarashi Y, Yajima S, Suzuki T, Oshima Y, Shibuya K:  Immunohistochemical analysis of tumor budding as predictor of lymph node metastasis from superficial esophageal squamous cell carcinoma.  Esophagus  17 (2) :168 -174 , 2020
2. Ushigome M, Shimada H, Miura Y, Yoshida K, Kaneko T, Koda T, Nagashima Y, Suzuki T, Kagami S, Funahashi K:  Changing pattern of tumor markers in recurrent colorectal cancer patients before surgery to recurrence: serum p53 antibodies, CA19-9 and CEA.  International Journal of Clinical Oncology  25 (4) :622 -632 , 2020
総説及び解説
1. ◎鷲澤尚宏, 梶原庸司, 岡田嶺, 長嶋康雄:  4.栄養補給ルートの選択と栄養管理プランニング.  外科  82 (4) :322 -328 , 2020
2. 白鳥史明, 島田英昭:  【検査値を読む2020】腫瘍関連検査.組織ポリペプチド抗原.  内科  125 (4) :1047 , 2020
3. 大嶋陽幸, 島田英昭:  【検査値を読む2020】腫瘍関連検査.尿ポリアミン.  内科  125 (4) :1048 , 2020
4. 伊藤正朗, 島田英昭:  【検査値を読む2020】腫瘍関連検査.塩基性フェトプロテイン.  内科  125 (4) :1049 , 2020
5. 谷島 聡, 島田英昭:  【検査値を読む2020】腫瘍関連検査.抗p53抗体.  内科  125 (4) :1050 , 2020
6. 名波竜規, 島田英昭:  【検査値を読む2020】腫瘍関連検査.上皮増殖因子受容体(EGFR).  内科  125 (4) :1051 -1052 , 2020
7. 船橋公彦, 甲田貴丸, 金子奉暁, 牛込充則, 鏡 哲, 長嶋康雄, 三浦康之, 吉田公彦, 吉野 優, 栗原聰元:  【taTMEのすべて】会陰操作先行アプローチによる直腸切断術.  臨床外科  75 (5) :544 -550 , 2020
症例報告
1. Sumazaki M, Kaneko K, Ito M, Oshima Y, Saito F, Ogata H, Shibuya K, Shimada H:  A Case of Dermatomyositis Along With Esophageal Cancer and Screening of Serum Transcriptional Intermediary Factor 1 Gamma Antibodies in Various Cancer Patients .  The American journal of case reports  21 :e922004 , 2020
その他
1. Shimada H:  EDITORIAL
Revisiting radiation therapy for esophageal cancer.  Esophagus  17 (2) :99 , 2020
  :Corresponding Author
  :本学研究者