東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ヤジマ サトシ   Yajima Satoshi
  谷島 聡
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大森病院)
   職種   講師
    (最終更新日:2019-06-05 09:38:02)
■ 学位
1. 博士(医学)
■ 刊行論文
1. 原著  The effectiveness of serum midkine in detecting esophageal squamous cell carcinoma. 2019/02
2. 総説  【外科医が知っておくべき最新のゲノム医療】胃癌のゲノム医療. 2018/11
3. 原著  Prognostic significance of high serum p53 antibody titers in patients with esophageal squamous cell carcinoma. 2018/10
4. 原著  Impact of Immunological and Biochemical Parameters of Intake of Agaricus Blazei Murill (ABM) on Patients after Esophageal or Gastric Cancer Surgery. 2018/09
5. 症例報告  Five-year postsurgical monitoring of serum p53 antibody for locally advanced esophageal squamous cell carcinoma. 2018/08
6. 原著  Is high serum programmed death ligand 1 level a risk factor for poor survival in patients with gastric cancer? 2018/07
7. 原著  Thymidine Phosphorylase Expression in Gastric Cancer Tissues is Associated with Thrombocytosis but not with Serum Thymidine Phosphorylase Concentration. 2018/06
8. 原著  Clinicopathological significance of serum NY-ESO-1 antibodies in patients with gastric cancer. 2017/12
9. 原著  Prospective pilot study of adoptive immunotherapy with autologous αβT cells for five cases of advanced and/or recurrent esophageal squamous cell carcinoma. 2017/10
10. 総説  【Conversion Surgery-進行消化器がんのトータル治療戦略】 高度進行消化器癌の治療戦略立案時のチーム医療における外科医の役割. 2017/10
全件表示(72件)
■ 著書
1. 部分執筆  総論 漏れない、狭窄しない吻合法の概念 5.自動縫合機の針の種類.「消化管吻合法バイブル」 2018/12
2. 全体執筆  Is high serum programmed death ligand 1 level a risk factor for poor survival in patients with gastric cancer?, Ann Gastroenterol Surg. 2018 Jun 5;2(4):313-318. doi: 10.1002/ags3.12175. eCollection 2018 Jul. 2018/06
3. 部分執筆  各論23 p53抗体「分子腫瘍マーカー診療ガイドライン」 2016/10
4. 部分執筆  各論4 食道癌「分子腫瘍マーカー診療ガイドライン」 2016/10
5. 部分執筆  腫瘍マーカー p53抗体「日常診療のための検査値のみかた.」 2015/04
6. 部分執筆  5.腫瘍マーカー p53抗体「臨床検査ガイド2013-14」 2013/03
7. 部分執筆  抗体検査の現況-各論 悪性腫瘍における血清中自己p53 抗体検査.「新機能抗体開発ハンドブック」 2012/08
8. 部分執筆  5.腫瘍マーカー p53抗体「臨床検査ガイド2011-2012」 2011/03
9. 部分執筆  食道癌に対する遺伝子・ウイルス治療臨床試験~最新情報~「分子細胞治療フロンティア2010」 2010/04
■ 学会発表
1. 複数診療科の合同手術が必要な食道癌手術の検討. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/04/19
2. 胃癌におけるHeat shock protein 70(HSP70)発現と臨床病理学的検討~新規胃癌バイオマーカー開発を目指して~. (ポスター,一般) 2017/04/27
3. Is Tissue Microarray Appropriate to Evaluate NY-ESO-1 Antigen Expression in Patients
with Gastric Cancer? -Comparative Study with Serum NY-ESO-1 antibodies-. (ポスター,一般) 2016/10/25
4. Useful serum biomarkers in pretreatment staging of esophageal cancer. (ポスター,一般) 2016/09/20
5. Serum p53-antibody positive esophageal Squamous cell carcinoma had a low sensitivity to chemotherapy. (ポスター,一般) 2016/09/19
6. 残胃癌の臨床病理学的特徴はU領域胃癌と違うのか?. (ポスター,一般) 2016/07/16
7. 食道癌術前化学療法症例において血清p53抗体は治療抵抗性と関連するか? (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2016/07/16
8. 食道癌における治療前血清p53 抗体の予後因子としての意義. (ポスター,一般) 2016/04/16
9. 胃癌における血清NY-ESO-1 抗体と組織アレイを用いた臨床病理学的検討. (口頭発表,一般) 2016/04/15
10. 食道癌・胃癌における新規自己抗体である血清RalA 抗体の解析. (ポスター,一般) 2016/04/15
全件表示(54件)
■ 職歴
1. 1995/06~1997/05 東邦大学大森病院 第二外科 研修医
2. 1997/06~1999/05 東邦大学大森病院 第二外科 研究生
3. 1999/06~2002/05 国立がんセンター中央病院 食道外科 レジデント
4. 2002/06~2004/05 国立がんセンター研究所 腫瘍ゲノム解析・情報研究室 研修生
5. 2004/06~2004/11 東邦大学医療センター大森病院 一般・消化器外科 研究生
6. 2004/12~2005/11 墨田中央病院 外科 医員
7. 2005/12~2006/11 佐藤病院 医長
8. 2006/12~2007/03 東邦大学医療センター大森病院 一般・消化器外科 研究生
9. 2007/04~2018/03 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 助教
■ 現在の専門分野
消化器外科学 (キーワード:食道癌、胃癌、腫瘍マーカー) 
■ 科研費研究者番号
00408931
■ 所属学会
1. 1995~ 日本外科学会
2. 1995~ 日本消化器外科学会
3. 2003~ 日本癌学会
4. 日本胃癌学会
5. 日本癌治療学会
6. 日本胸部外科学会
7. 日本食道学会
8. 日本臨床外科学会
■ 取得特許
1. 2010/03/19 大腸がんの検査に使用する遺伝子セット(44477575)
2. 2008/12/25 がんの検査に使用する遺伝子のスクリーニング方法と遺伝子セット(特開2008-306976)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/09~2011/04  多種抗原を同時標的とした胃癌血清抗体診断法の研究  (キーワード:胃癌、腫瘍マーカー)
2. 2011/04~2014/03  胃癌手術前後の血清抗Galectin−1抗体モニタリングの有用性に関する研究 基盤研究(C) 
3. 2014/09~2015/03  NY-ESO-1、p53を同時標的とした胃癌血清抗体診断法の研究 平成26年度東邦大学医学部プロジェクト研究 (キーワード:腫瘍マーカー、胃癌、がん血清抗体)
4. 2015/04~2019/03  複数のSEREX抗原を同時標的とした胃癌血清抗体診断法の研究 基盤研究(C)