東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 免疫学講座
 Department of Molecular Immunology

教授:
  近藤 元就
講師:
  石川 文雄
  桑原 卓
  内藤 拓
■ 概要
免疫寛容成立の分子制御機構
免疫寛容の破綻は自己免疫疾患に結びつく。従って、その分子制御機構の解明は、自己免疫疾患発症機構の理解のみならず、自己免疫疾患の診断、治療にも重要である。我々は核内因子であるSATB1に着目し、T細胞特異的SATB1欠損マウスを作製した。SATB1欠損マウスは早期に自己免疫疾患症状を呈することから、今後、SATB1の機能、及びSATB1により遺伝子発現制御を受ける遺伝子群を明らかにし、免疫寛容成立に必要な遺伝子群を同定していく。
サイトカイン受容体からのシグナル伝達機構解明
サイトカイン刺激を受けた細胞内シグナル分子は速やかにリン酸化を受ける。しかし、タンパク修飾はリン酸化だけではなく、様々なものがある。我々はサイトカイン刺激後速やかにシグナル分子のアセチル化が起こることを見出した。この生物学的意義を解明中である。
■ Keywords
IL-7, T細胞分化, 免疫寛容
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















近藤 元就   教授
    3          
 3
(3)
 
 
 
 
内藤 拓   准教授
              1
(1)
 
 
 
 
 
石川 文雄   講師
    1          
 1
 
 
 
 
桑原 卓   講師
   1 1          
 
 
 
 
 
内藤 拓   講師
              1
(1)
 
 
 
 
 
有田 通恒   助教
    1          
 
 
 
 
 
田中 ゆり子   助教
    1          2
(2)
 
 
 
 
 
 0 1  0 0  0  4
(4)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Yasushi Akiba, Taku Kuwabara, Takanori Mukozu, Tetuo Mikami, Motonari Kondo:  SATB1 is required for maintenance of T cell receptor signaling and development of experimental autoimmune encephalomyelitis.  Microbiology and Immunology  62 :269 -280 , 2018
2. Onozato M, Tanaka Y, Arita M, Sakamoto T, Ichiba H, Sadamoto K, Kondo M, Fukushima T:  Amino acid analyses of the exosome-eluted fractions from human serum by HPLC with fluorescence detection.  Practical Laboratory Medicine  1 :1 -1 , 2018
総説及び解説
1. Taku Kuwabara, Yukihide Matsui, Fumio Ishikawa, Motonari Kondo:  Regulation of T cell signaling by post translational modification in autoimmune disease.  International Journal of Molecular Sciences  19 :819 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎内藤拓, 近藤元就: CD4+ CD8αα+ 腸上皮内リンパ球のin vitro分化におけるE-カドヘリンの影響.  第41回日本分子生物学会年会,  パシフィコ横浜(横浜市),  2018/11
2. ◎田中ゆり子, 井上彰子, 近藤元就: シェーグレン症候群の新しい動物モデル.  第27回 シェーグレン症候群学会学術集会,  小倉,  2018/09
3. ◎田中ゆり子, Ujjal Bhawal, Fengzhu Zhang, 近藤元就: SATB1遺伝子欠損マウスにおけるシェーグレン症候群発症機構の解析.  第60回 歯科基礎医学会学術大会,  福岡,  2018/09
4. ◎岡田弥生, 齊藤芙美, 石川文雄, 緒方秀昭: G-CSF における乳癌細胞表面RANK誘発作用の検証.  第26回日本乳癌学会学術総会,  京都市,  2018/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者