<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 免疫学講座
 Department of Molecular Immunology

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















近藤 元就   教授
    2          
 3
 
 
 
 
田中 ゆり子   講師
   1 1          2
 
 
 
 
 
 0 1  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














近藤 元就   教授
         
 
 
田中 ゆり子   講師
  1       2
 
 
 0 1  0 0  0  2
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Akiko Inoue, Yuriko Tanaka, Shinya Ohira, Kentaro Matsuura, Motonari Kondo, Kota Wada:  High CD4+ T-Cell/B-Cell Ratio in the Paranasal Sinus Mucosa of Patients with Eosinophilic Chronic Rhinosinusitis.  International Archives of Otorhinolaryngology  25 (03) :e416 -e420 , 2021
2. Yuriko Tanaka, Mayu Onozato, Tetuo Mikami, Terumi Kohwi-Shigematsu, Takeshi Fukushima, Motonari Kondo:  Increased Indoleamine 2,3-Dioxygenase Levels at the Onset of Sjögren’s Syndrome in SATB1-Conditional Knockout Mice.  International Journal of Molecular Sciences  22 :10125 , 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎田中ゆり子, 井上彰子, 近藤元就: 自己免疫疾患モデルマウス病原性T細胞による組織障害メカニズムの解析.  Kyoto T cell conference 第30回学術集会,  オンライン,  2021/10
2. ◎田中ゆり子、井上彰子、近藤元就: シェーグレン症候群疾患モデルマウス病原性T細胞による唾液腺組織障害機構の解析.  第29回 日本シェーグレン症候群学会学術集会,  Web,  2021/09
3. 桑原卓 近藤元就: アセチル化によるIL-2受容体シグナルの制御.  日本サイトカイン・インターフェロン学会,  東京(Zoom),  2021/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者