<<< 前 2020年度 | 2021年度 | 2022年度
 医学部 医学科 社会医学講座/公衆衛生学
 Division of Public Health, Department of Social Medicine

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















大西 遼   助教
              
 1
 
 2
 
 
瀬戸 加奈子   助教
              
 1
 
 2
 
 
畠山 洋輔   助教
              1
 1
 2
 
 
 
 0 0  0 0  0  1
(0)
 2
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














大西 遼   助教
         
 
 
瀬戸 加奈子   助教
         
 
 
畠山 洋輔   助教
         1
 2
 
 0 0  0 0  0  1
(0)
 2
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. 畠山洋輔、瀬戸加奈子、大西遼、平田幸輝、松本邦愛、長谷川友紀: 診療ガイドライン作成専門家の参加と発行後の普及・活用・評価の取り組み.  第24回日本医療マネジメント学会学術総会,  神戸,  2022/07
2. 花岡 晋平,中西 健太,畠山 洋輔,石川 敬子,阿部 貴之,深見 悟郎,林 偉明,平田 豊明: New Normalにおける全国の精神科救急施設での新型コロナウイルス感染症への対応状況に関する調査.  第118回日本精神神経学会学術総会,  福岡,  2022/06
国際学会
1. Yosuke Hatakeyama, Kanako Seto, Ryo Onishi, Koki Hirata, Kunichika Matsumoto, Tomonori Hasegawa: Involvement of methodological experts and the quality of clinical practice guidelines: a questionnaire survey of the development groups and a critical appraisal of guidelines with the AGREE II instrument.  17th Guidelines International Network Conference,  Ontario, Canada,  2022/09
2. Yosuke Hatakeyama, Kanako Seto, Ryo Onishi, Koki Hirata, Kunichika Matsumoto, Tomonori Hasegawa: Methodological expert involvement and the activities for guideline implementation: a questionnaire survey of the development groups in Japan.  17th Guidelines International Network Conference,  Ontario, Canada,  2022/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者