<<< 前 2020年度 | 2021年度 | 2022年度
 医学部 医学科 薬理学講座
 Department of Pharmacology

教授:
  杉山 篤
教授(寄付講座):
  松本明郎
准教授:
  武井義則
  中瀬古(泉)寛子
助教:
  神林隆一
有期助教:
  後藤 愛
■ 概要
薬理学講座
遺伝子-臓器・器官レベルで得られた情報を生体に反映させ、統合的に解釈し、医療の現場に貢献できる研究を展開しています。研究対象も薬物に限定せず、再生医学に基づいた治療手段や医療機器の開発など、幅広い研究を総合的に推進しています。薬理学講座では、若い人材を募集しています(医学部出身者、他学部出身者)。興味のある方、ご連絡ください。出身学部は問いません。4年制学部卒業者:医科学専攻(修士課程、2年制)、6年制学部卒業者・修士課程修了者:医学専攻(博士課程、4年制)

加齢薬理学講座(寄付講座)
超高齢化社会の抱える諸問題の根本原因は、現在約十年とされる健康寿命と生命寿命のギャップにあります。加齢薬理学講座は、臨床機関と協力して超高齢者の薬物治療の課題を収集し、基礎研究を通じて得られた解決案に基づいて薬物治療の至適化を図る取り組みを行なっています。
■ Keywords
Atrial fibrillation, Calcium, Cardiovascular Pharmacology, Gas pharmacology, Heart, Inflammation, Ion channels, iPS, Long QT syndrome, Microminipig, Nitric oxide, Pain control, Torsades de pointes
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) 医薬品等規制調和・評価研究事業
 研究課題:ヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた抗がん剤の心毒性評価法の開発と国際標準化  (研究分担者:杉山篤)
 研究補助金:1700000円  (分担)
2.  文部科学省科学研究費 基盤研究(C)
 研究課題:ヒトiPS心筋細胞を用いた薬物誘発性心筋弛緩障害の評価系の確立  (研究代表者:中瀬古(泉)寛子)
 研究補助金:1700000円  (代表)
3.  文部科学省科学研究費(若手研究)
 研究課題:重水素化が抗心房細動薬の循環薬理作用に及ぼす影響の解明と臨床開発への応用  (研究代表者:神林隆一)
 研究補助金:1200000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  杉山篤 :福島県立医科大学医学部非常勤講師, 大阪大学大学院薬学研究科PRP/PharmaTrain教育コース非常勤講師, 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 専門委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  杉山篤 :日本薬理学会 理事, 日本不整脈心電学会 理事, ノルディック&ポールウオーク学会 理事, 日本臨床薬理学会 評議員, 日本安全性薬理研究会 役員, 日本腫瘍循環器学会 評議員, 日本循環薬理学会 幹事
2.  松本明郎 :日本NO学会 評議員, 日本薬理学会 学術評議員
3.  武井義則 :日本薬理学会 学術評議員
4.  中瀬古寛子 :日本生理学会 男女共同参画推進委員会委員・評議員, 日本薬理学会 代議員・学術評議員, 国際心臓研究会 評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















杉山 篤   教授
 1 1  9          1
 6
(1)
 1
 
 3
 1
武井 義則   准教授
  1 1 8          1
 3
(1)
 
 
 
 1
中瀬古(泉) 寛子   准教授
 1   9          3
(1)
 4
 
 
 1
 1
神林 隆一   助教
  1 2 8          2
 5
(1)
 
 1
 1
 1
後藤 愛   助教
  1 4 5          1
 6
(1)
 
 1
 1
 
 2 7  0 0  0  8
(1)
 1
(0)
 6
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














杉山 篤   教授
 1        1
 1
 3
武井 義則   准教授
  1       1
 
 
中瀬古(泉) 寛子   准教授
 1        3
(1)
 
 1
神林 隆一   助教
  2       2
 
 1
後藤 愛   助教
  4       1
 
 1
 2 7  0 0  0  8
(1)
 1
(0)
 6
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Kawai S, Sobajima S, Jinnouchi M, Nakano H, Ohtani H, Sakata M, Adachi T.:  Efficacy and safety of tramadol hydrochloride twice‑daily sustained‑release bilayer tablets with an immediate‑release component for chronic pain associated with knee osteoarthritis: a randomized, double‑blind, placebo‑controlled, treatment‑withdrawal study.  Clinical drug investigation  42 (5) :403 -416 , 2022
2. Takei T, Amagase A, Iida K, Sagawa T, Goto A, Kambayashi R, Izumi-Nakaseko H, Matsumoto A, Kawai S, Sugiyama A, Takada T, Hirasawa A:  Alteration in peritoneal cells with the chemokine CX3CL1 reverses age-associated impairment of recognition memory.  GeroScience  44 (4) :2305 -2318 , 2022
3. Goto A, Kambayashi R, Hagiwara-Nagasawa M, Izumi-Nakaseko H, Takei Y, Kawai S, Matsumoto A, Lurie K, Sugiyama A:  Impact of head-up tilt on expiratory negative airway pressure ventilation-induced cardiovascular hemodynamics in the halothane-anesthetized intact microminipigs.  Heart and vessels  37 (10) :1808 -1815 , 2022
4. Kawakami S, Kambayashi R, Takada K, Aimoto M, Nagasawa Y, Takahara A:  Role of cardiac α1-adrenoreceptors for the torsadogenic action of IKr blocker nifekalant in the anesthetized atrioventricular block rabbit.  Journal of Pharmacological Sciences  150 (2) :67 -73 , 2022
5. Kambayashi R, Goto A, Izumi-Nakaseko H, Takei Y, Matsumoto A, Kawai S, Sugiyama A:  Roles of I K,ACh for perpetuating atrial fibrillation: effects of atrial-selective K + channel inhibitor AVE0118 and class I drugs on the persistent atrial fibrillation canine model.  Journal of pharmacological sciences  149 (4) :175 -178 , 2022
6. Chiba K, Kambayashi R, Onozato M, Goto A, Izumi-Nakaseko H, Takei Y, Matsumoto A, Tanaka K, Kanda Y, Fukushima T, Sugiyama A:  Imatinib induces diastolic dysfunction and ventricular early-repolarization delay in the halothane-anesthetized dogs: Class effects of tyrosine kinase inhibitors.  Journal of pharmacological sciences  150 (3) :154 -162 , 2022
7. Kambayashi R, Goto A, Izumi-Nakaseko H, Oikawa I, Ikeda N, Matsuda K, Takei Y, Matsumoto A, Kumagai Y, Sugiyama A:  Appraisal of ICH E14/S7B Q&As adopted in February 2022 using thorough QT/QTc study data for α4-integrin antagonist carotegrast methyl in Japanese healthy subjects.  Journal of pharmacological sciences  150 (3) :191 -199 , 2022
8. Goto A, Kambayashi R, Izumi-Nakaseko H, Takei Y, Kawai S, Matsumoto A, Lurie K, Sugiyama A:  Magnitude of mitral valve closure plays a pivotal role in enhancing the forward blood flow during cardiac massage in dogs with ventricular fibrillation.  The Journal of veterinary medical science / the Japanese Society of Veterinary Science  84 (6) :877 -880 , 2022
9. Goto A, Kambayashi R, Chiba K, Nunoi Y, Izumi-Nakaseko H, Kawai S, Takei Y, Matsumoto A, Lurie K, Sugiyama A:  Mechano-physiological analysis of active compression-decompression cardiac massage technique using the physical heart simulator.  Toho Journal of Medicine  :in press , 2022
10. Chiba K, Kambayashi R, Goto A, Izumi-Nakaseko H, Takei Y, Matsumoto A, Choijamts G, Tanaka K, Sugiyama A:  Cardiovascular effects of Mongolian medical plant Aconitum barbatum in rats.  Toho Journal of Medicine  :in press , 2022
11. Goto A, Sakamoto K, Kambayashi R, Izumi-Nakaseko H, Kawai S, Takei T, Matsumoto A, Kanda Y, Sugiyama A:  Validation of risk-stratification method for the chronic atrioventricular block cynomolgus monkey model and its mechanistic interpretation using 6 drugs with pharmacologically-distinct profile.  Toxicological sciences  190 (1) :99 -109 , 2022
総説及び解説
1. 中瀬 古(泉)寛子, 千葉浩輝, 佐塚文乃, 後藤愛, 布井啓雄, 神林隆一, 松本明郎, 武井義則, 諫田泰成, 内藤篤彦, 杉山 篤:  2次元ヒトiPS細胞由来心筋細胞シートの収縮運動における陽性階段現象の表出法の確立.  心電図  :in press , 2022
その他
1. 杉山篤:  「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」を踏まえた体制整備.  東邦医学会雑誌  69 (3) :162 -163 , 2022
■ 学会発表
国内学会
1. ◎中瀬古(泉)寛子, 坂本憲吾, 後藤愛, 神林隆一, 松本明郎, 高原章, 杉山篤: 催不整脈モデル動物としての特徴づけ:房室ブロック作製後のカニクイザルに発生する病的心血管リモデリング.  第49回日本毒性学会学術年会,  札幌,  2022/07
2. ◎神林隆一, 後藤愛, 中瀬古(泉) 寛子, 武井義則, 松本明郎, 杉山篤: 心房細動の停止に有効なイオンチャネル遮断特性:発作性および持続性心房細動モデル犬を用いたoseltamivirの薬効評価.  第146回日本薬理学会関東部会,  茨城県,  2022/06
3. ◎中瀬古(泉)寛子, 千葉浩輝, 後藤愛, 布井啓雄, 神林隆一, 松本明郎, 武井義則, 内藤篤彦, 杉山篤: Optimizing the direction and order of the motion unveiled the ability of conventional monolayers of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes to show frequency-dependent enhancement of contraction and relaxation motion.  第160回東邦医学会例会,  学内,  2022/06
4. ◎杉山篤, 神林隆一, 後藤愛, 中瀬古(泉)寛子: 心房細動‐動物モデルの開発と新規薬物療法.  第7回日本心血管協会(JCVA)学術集会,  Web,  2022/05
5. ◎後藤愛, 神林隆一, 中瀬古(泉)寛子, 武井義則, 松本明郎, 杉山篤: 薬物性TdP検出モデルが満たすべき要求事項:慢性房室ブロックモデル動物での検討.  心電学関連春季大会2022,  Web,  2022/04
6. ◎神林隆一, 後藤愛, 中瀬古(泉)寛子, 杉山篤: カニクイザルおよびマイクロミニピッグを用いた不整脈研究.  心電学関連春季大会2022,  Web,  2022/04
7. ◎Takei Y: A novel crosstalk between peritoeal cells and the hippocampus improves aged recognition memory.  第45回基礎老化学会大会,  京都,  2022/07
8. ◎Izumi-Nakaseko H, Sakamoto K, Goto A, Kambayashi R, Matsumoto A, Takahara A, Sugiyama A: Pathological remodeling occurring in the cynomolgus monkey hearts against atrioventricular block: characterization as an in vivo proarrhythmia model animal.  第68回日本不整脈心電学会学術集会,  横浜,  2022/06
国際学会
1. ◎Takei Y: Vagal nerve-mediated expression of brain-derived neurotrophic factor induced by the
intraperitoneal administration of a chemokine CX3CL1.  2nd International Concference on Neuroscience and Psychiatry,  Paris, France (web),  2022/11
2. ◎Sugiyama A, Kambayashi R, Goto A: Drug candidates for new clinical studies based on in vivo canine ECG biomarker assays.  in vivo ECG Biomarker Studies in Food and Drug Administration (FDA),  Web,  2022/09
その他
1. ◎杉山篤: 薬理学講座における研究体制.  東邦大学医学部 研究公正推進セミナー シリーズ2022,  Web,  2022/11
2. ◎後藤愛, 神林隆一, 斉藤裕之, 秋江靖樹, 武井義則, 松本明郎, 中瀬古(泉)寛子, 杉山篤: 体格の小型化は心電図指標にいかなる変化をもたらすか:『マイクロミニピッグ』および『ミニブタ』での検討.  生理研研究会,  Web,  2022/10
3. ◎神林隆一, ◎中瀬古(泉)寛子, ◎杉山篤: 慢性毒性評価プロトコルの最適化および非臨床実験・臨床試験との橋渡し.  2022年度日本医療研究開発機構研究費(医薬品等規制調和・評価研究事業) ヒトiPS分化細胞技術を応用した医薬品の心毒性評価法の開発と国際標準化に関する研究 2022年度 第1回全体班会議,  Web,  2022/08
4. ◎杉山篤: 薬剤性QT延長症候群と向精神薬.  DPA WEBセミナー,  群馬県,  2022/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者