(最終更新日:2021-12-01 12:52:19)
  ナカセコ(イズミ) ヒロコ   Izumi-Nakaseko Hiroko
  中瀬古(泉) 寛子
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   准教授

学位


博士(理学)

刊行論文


1. 原著  Translational studies on anti-atrial fibrillatory action of oseltamivir by its in vivo and in vitro electropharmacological analyses. 2021/04/29
2. 原著  Cardiohemodynamic and arrhythmogenic effects of the anti-atrial fibrillatory compound vanoxerine in halothane-anesthetized dogs. 2021/04
3. 原著  An exploratory analysis of effects of poyendarone, a deuterated analogue of dronedarone, on the canine model of paroxysmal atrial fibrillation. 2021/01
4. 原著  In vivo analysis of concentration-dependent effects of halothane or isoflurane inhalation on the electrocardiographic and hemodynamic variables in dogs. 2021/01
5. 原著  In vivo comparison of dl-sotalol-induced electrocardiographic responses among halothane anesthesia, isoflurane anesthesia with nitrous oxide, and conscious state. 2021/01
6. 原著  Analysis of electropharmacological and proarrhythmic effects of donepezil using the halothane-anesthetized intact dogs and the conscious chronic atrioventricular block ones. 2020/10
7. 原著  Reverse translational analysis of clinically reported, lamotrigine-induced cardiovascular adverse events using the halothane-anesthetized dogs. 2020/10
8. 原著  Optimizing the direction and order of the motion unveiled the ability of conventional monolayers of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes to show frequency-dependent enhancement of contraction and relaxation motion. 2020/08/19
9. 原著  In vivo analysis of the effects of intravenously as well as orally administered moxifloxacin on the pharmacokinetic and electrocardiographic variables along with its torsadogenic action in the chronic atrioventricular block cynomolgus monkeys. 2020/05/13
10. 原著  Risperidone alone did not induce torsade de pointes: experimental evidence from the chronic atrioventricular block model dogs. 2020/05/13
全件表示(94件)

著書


1. 部分執筆  14.抗不整脈薬「エース薬理学」 2020/07

学会発表


1. 心筋再生細胞シートの基本構成要素である単純2次元細胞シートにおける収縮弛緩能の最適化技術の探索 (ポスター,一般) 2021/11/01
2. β遮断およびIKr遮断が薬物性torsade de pointes(TdP)発生に及ぼす影響:催不整脈モデル犬での評価 (口頭発表,一般) 2021/10/09
3. Optimizing the direction and order of the motion unveiled the ability of conventional monolayers of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes to show frequency-dependent enhancement of contraction and relaxation. (口頭発表,特別・招待講演等) 2021/07/02
4. Anti-atrial fibrillatory action of oseltamivir and its electrophysiological analysis using the paroxysmal and persistent atrial fibrillation models of dogs (口頭発表,一般) 2021/07/01
5. 高血糖の心血管系に対する急性作用:イソフルラン麻酔犬を用いた発生機序の解明 (口頭発表,一般) 2021/06/16
6. 慢性毒性評価プロトコルの最適化および非臨床実験・臨床試験との橋渡し -準備状況と今後の方針- (口頭発表,一般) 2021/06/09
7. アルツハイマー型認知症治療薬memantineによる心血管系有害作用の解析:ハロセン麻酔犬を用いたreverse-translational研究 (口頭発表,一般) 2021/06/05
8. 慢性房室ブロック(AVB)サルモデルを用いた薬物の催不整脈リスク評価法の検証 (口頭発表,一般) 2021/06/05
9. カンゾウ(甘草)による心臓作用の電気生理学的評価:ヒトiPS細胞由来心筋細胞シートおよび慢性房室ブロック犬モデルを併用したリバーストランスレーショナル研究 (ポスター,一般) 2021/06/03
10. 抗不整脈薬の心電図への作用:新Vaughan Williams分類に基づく理解 (口頭発表,一般) 2021/04/24
全件表示(283件)
プロフィール

職歴


1. 2007/04~2017/12 東邦大学 医学部 医学科 助教
2. 2018/01~2020/11 東邦大学 医学部 医学科 講師
3. 2020/12~ 東邦大学 医学部 医学科 准教授

現在の専門分野


分子薬理学, 電気生理学 (キーワード:イオンチャネル、心臓) 

科研費研究者番号


80408773

所属学会


1. 国際心臓研究会
2. 日本循環薬理学会
3. 日本神経科学学会
4. 2018/04~ 日本毒性学会
5. 日本生理学会
6. 2014/09~ ∟ 男女共同参画推進委員会委員
7. 2015/03~ ∟ 評議員
8. 日本薬理学会
9. 2014/09~2018/10 ∟ 代議員
10. 2015/04~ ∟ 学術評議員
全件表示(11件)

受賞学術賞


1. 2015/02 日本安全性薬理研究会 第6回 日本安全性薬理研究会 学術年会 優秀研究発表賞 (Effects of class I antiarrhythmic drugs on the electrical excitation and conduction in the human iPS cell-derived cardiomyocyte sheet)
2. 2018/07 一般社団法人日本毒性学会 平成30年度 田邊賞 (Characterization of human iPS cell-derived cardiomyocyte sheets as a model to detect drug-induced conduction disturbance.)
3. 2020/06 一般社団法人 日本毒性学会 令和2年度 ファイザー賞 (Characterization of human iPS cell-derived cardiomyocyte sheets as a model to detect drug-induced conduction disturbance.)
4. 2021/07 一般社団法人 日本不整脈心電学会 第21回鈴木謙三記念医科学応用研究財団研究助成による 日本不整脈心電学会論文賞 (Optimizing the Direction and Order of the Motion Unveiled the Ability of Conventional Monolayers of Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Cardiomyocytes to Show Frequency-Dependent Enhancement of Contraction and Relaxation)

その他


公益社団法人 日本薬理学会 薬理学エデュケーター

研究課題・受託研究・科研費


1. 2006/04~2008/03  マウス精子でのフォスファチジルコリン転移酵素類似タンパク質とイオンチャネルの相互作用  (キーワード:精子、イオンチャネル、脂質)
2. 2006/09~2007/03  初代培養心房筋細胞を用いた心房細動における心房の電気的リモデリングモデルの確立  
3. 2007/01~2007/12  in vitro 慢性心房細動モデルを用いた心房電気的モデリングにおける電位依存性Ca2+チャネルサブタイプの発現・機能調節の解析  
4. 2007/09~2008/03  心臓に発現する電位依存性L型Ca2+チャネルCaV1.2とCaV1.3の解析  
5. 2008/04~2010/03  脂質結合蛋白を介したカルシウムシグナロソームの制御機構  
6. 2008/09~2009/03  L型カルシウムチャネルCaV1.3を介したカルシウムシグナリングと心房細動  
7. 2009/09~2010/03  PCTP-Lによる心房筋特異的なイオンチャネルの制御の解明  
8. 2010/09~2011/03  心房筋における脂質結合タンパク質を介したL型Ca2+チャネルの新規な制御機構  
9. 2011/04~2014/03  心房特異的脂質結合タンパク質を介したカルシウムチャネルシグナロソームの制御  (キーワード:カルシウムチャネル、心房細動、脂質)
10. 2013/09~2014/03  Na+チャンネル修飾薬を用いたiPS由来心筋細胞シートの特徴付け  (キーワード:iPS、心室筋、興奮伝導)
全件表示(30件)