東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ナカセコ(イズミ) ヒロコ   Izumi-Nakaseko Hiroko
  中瀬古(泉) 寛子
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   講師
    (最終更新日:2019-06-10 17:35:49)
■ 学位
1. 博士(理学)
■ 刊行論文
1. 原著  Comparison of effects of phosphodiesterase inhibitors, a Rho-kinase inhibitor,
Ca2+-channel blockers and a K+-channel opener on isolated human internal mammary arteries. 2019/03
2. 原著  Analysis of safety margin of lithium carbonate against cardiovascular adverse events assessed in the halothane-anesthetized dogs. 2018/12
3. 原著  Use of microminipigs for unveiling unknown mechanisms of azithromycin-induced
cardiovascular death. 2018/10
4. 原著  Measurement of phosphodiesterase activity in the conduction system and contractile muscle of the rat heart: Evidence of regional difference. 2018/09
5. 原著  Application of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes sheets with microelectrode array system to estimate antiarrhythmic properties of multi-ion channel blockers. 2018/07
6. 原著  Sunitinib does not acutely alter left ventricular systolic function but induces diastolic dysfunction. 2018/07
7. 原著  Analysis of torsadogenic and pharmacokinetic profile of E-4031 in dogs bridging the gap of information between in vitro proarrhythmia assay and clinical observation in human subjects. 2018/06
8. 原著  Electropharmacological characterization of microminipigs as a laboratory animal using anti-influenza virus drug oseltamivir. 2018/06
9. 原著  In vivo analysis of the anti-atrial fibrillatory, proarrhythmic and cardiodepressive profiles of dronedarone as a guide for safety pharmacological evaluation of antiarrhythmic drugs. 2018/06
10. 原著  Effects of moxifloxacin on the proarrhythmic surrogate markers in healthy Filipino subjects: Exposure-response modeling using ECG data of thorough QT/QTc study. 2018/04
全件表示(69件)
■ 学会発表
1. IKr遮断薬による二次性QT延長症候群の病態に対するβ受容体遮断の影響の検討 (口頭発表,一般) 2019/07/06
2. Microminipigの電気薬理学的特徴付け;多イオンチャネル遮断薬bepridilでの検討 (口頭発表,一般) 2019/07/06
3. チロシンキナーゼ阻害薬imatinibの心血管作用:ハロセン麻酔犬での評価 (口頭発表,一般) 2019/07/06
4. 薬物性torsade de pointes(TdP)発生に必要な個体側の素因:房室ブロックカニクイザルモデルでの検討 (口頭発表,一般) 2019/07/06
5. 心房細動に対するリズム治療の標的因子と薬理学的修飾手段 (口頭発表) 2019/06/09
6. チロシンキナーゼ阻害薬のヒト心血管有害作用を予測する非臨床的評価方法の開発 (ポスター,一般) 2019/06/08
7. 呼気相気道内圧陰性化の有用性:死に至る悪性循環を伴う薬物性心原性ショック患者を救うための新しい治療戦略 (ポスター,一般) 2019/06/08
8. 心肺蘇生成功率に対するβ遮断薬の影響 (ポスター,一般) 2019/06/08
9. Electrophysiological analyses of multi-ion channel blockers in hiPSC-CMs sheets with MEA system (ポスター,一般) 2019/03/29
10. Analysis of proarrhythmic potential of donepezil (口頭発表,一般) 2019/03/16
全件表示(232件)
■ 職歴
1. 2007/04~2017/12 東邦大学 医学部 医学科 助教
■ 現在の専門分野
分子薬理学, 電気生理学 (キーワード:イオンチャネル、心臓) 
■ 所属学会
1. 国際心臓研究会
2. 日本循環薬理学会
3. 日本神経科学学会
4. 日本生理学会
5. 2014/04~ ∟ 男女共同参画推進委員会委員
6. 2015/04~ ∟ 評議員
7. 日本薬理学会
8. 2015/04~ ∟ 学術評議員
9. 2015/04~ ∟ 代議員
■ 受賞学術賞
1. 2015/02 第6回 日本安全性薬理研究会 学術年会 優秀研究発表賞
2. 2018/07 平成30年度 田邊賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/04~2008/03  マウス精子でのフォスファチジルコリン転移酵素類似タンパク質とイオンチャネルの相互作用 若手研究(B) (キーワード:精子、イオンチャネル、脂質)
2. 2006/09~2007/03  初代培養心房筋細胞を用いた心房細動における心房の電気的リモデリングモデルの確立  
3. 2007/01~2007/12  in vitro 慢性心房細動モデルを用いた心房電気的モデリングにおける電位依存性Ca2+チャネルサブタイプの発現・機能調節の解析  
4. 2007/09~2008/03  心臓に発現する電位依存性L型Ca2+チャネルCaV1.2とCaV1.3の解析 平成19年度東邦大学医学部プロジェクト研究 
5. 2008/04~2010/03  脂質結合蛋白を介したカルシウムシグナロソームの制御機構 特定領域研究「生体膜トランスポートソームの分子構築と生理機能」 
6. 2008/09~2009/03  L型カルシウムチャネルCaV1.3を介したカルシウムシグナリングと心房細動 平成20年度東邦大学医学部プロジェクト研究 
7. 2009/09~2010/03  PCTP-Lによる心房筋特異的なイオンチャネルの制御の解明 平成21年度東邦大学医学部プロジェクト研究 
8. 2010/09~2011/03  心房筋における脂質結合タンパク質を介したL型Ca2+チャネルの新規な制御機構 平成22年度東邦大学医学部プロジェクト研究 
9. 2011/04~2014/03  心房特異的脂質結合タンパク質を介したカルシウムチャネルシグナロソームの制御 若手研究(B) (キーワード:カルシウムチャネル、心房細動、脂質)
10. 2013/09~2014/03  Na+チャンネル修飾薬を用いたiPS由来心筋細胞シートの特徴付け 平成25年度東邦大学医学部プロジェクト研究 (キーワード:iPS、心室筋、興奮伝導)
全件表示(25件)