(最終更新日:2023-01-16 11:09:16)
  ナカセコ(イズミ) ヒロコ   Izumi-Nakaseko Hiroko
  中瀬古(泉) 寛子
   所属   東邦大学  医学部 医学科
   職種   准教授

学位


博士(理学)

刊行論文


1. 原著  Characterization of pathological remodeling in the chronic atrioventricular block cynomolgus monkey heart. 2023/01/02
2. 原著  Impact of head-up position on the efficacy of cardiac massage assessed by the physical heart simulator Dock-kun. 2023/01
3. 原著  In vivo canine evaluation of ventilatory function of a newly-developed, mechanically-assisted, bag-valve ventilator: comparison with that of a commonly-used, piston-driven, volume-limited, animal ventilator. 2022/12/14
4. 原著  Validation of risk-stratification method for the chronic atrioventricular block cynomolgus monkey model and its mechanistic interpretation using 6 drugs with pharmacologically-distinct profile. 2022/10/27
5. 原著  Mechano-physiological analysis of active compression-decompression cardiac massage technique using the physical heart simulator. 2022/09/05
6. 総説  2次元ヒトiPS細胞由来心筋細胞シートの収縮運動における陽性階段現象の表出法の確立 2022/08/31
7. 原著  Impact of head-up tilt on expiratory negative airway pressure ventilation-induced cardiovascular hemodynamics in the halothane-anesthetized intact microminipigs. 2022/08/12
8. 原著  Alteration in peritoneal cells with the chemokine CX3CL1 reverses age-associated impairment of recognition memory. 2022/08
9. 原著  Appraisal of ICH E14/S7B Q&As adopted in February 2022 using thorough QT/QTc study data for α4-integrin antagonist carotegrast methyl in Japanese healthy subjects. 2022/08
10. 原著  Imatinib induces diastolic dysfunction and ventricular early-repolarization delay in the halothane-anesthetized dogs: Class effects of tyrosine kinase inhibitors. 2022/07
全件表示(119件)

著書


1. 部分執筆  14.抗不整脈薬「エース薬理学」 2020/07

学会発表


1. Characterization of pathological remodeling in chronic atrioventricular block monkey heart. (ポスター掲示,一般) 2022/12/02
2. ケモカインCX3CL1の腹腔投与による認知機能老化の改善 (口頭,一般) 2022/12/02
3. 抗心房細動薬 vernakalant の電気薬理学的作用:イソフルラン麻酔犬およびラット大動脈を用いた評価 (口頭,一般) 2022/12/02
4. 早期(J-Tpeak)および後期(Tpeak-Tend)再分極時間の延長様式が引き続き発生する torsade de pointes 発作の開始様式と自然停止確率を予測する (ポスター掲示,一般) 2022/12/02
5. 模擬診療ロールプレイと基礎薬理実験シミュレーションの併用による学修の効率化と課題 (口頭,シンポジウム・ワークショップ パネル(その他)) 2022/12/01
6. 体格の小型化は心電図指標にいかなる変化をもたらすか:『マイクロミニピッグ』および『ミニブタ』での検討 (ポスター掲示,一般) 2022/10/14
7. 慢性毒性評価プロトコルの最適化および非臨床実験・臨床試験との橋渡し (口頭,一般) 2022/08/03
8. 催不整脈モデル動物としての特徴づけ:房室ブロック作製後のカニクイザルに発生する病的心血管リモデリング (口頭,一般) 2022/07/01
9. 心房細動の停止に有効なイオンチャネル遮断特性:発作性および持続性心房細動モデル犬を用いたoseltamivirの薬効評価 (口頭,一般) 2022/06/18
10. Optimizing the direction and order of the motion unveiled the ability of conventional monolayers of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes to show frequency-dependent enhancement of contraction and relaxation motion (口頭,特別講演・招待講演など) 2022/06/17
全件表示(305件)
プロフィール

職歴


1. 2007/04~2017/12 東邦大学 医学部 医学科 助教
2. 2018/01~2020/11 東邦大学 医学部 医学科 講師
3. 2020/12~ 東邦大学 医学部 医学科 准教授

現在の専門分野


分子薬理学, 電気生理学 (キーワード:イオンチャネル、心臓) 

科研費研究者番号


80408773

所属学会


1. 国際心臓研究会
2. 日本循環薬理学会
3. 日本神経科学学会
4. 2018/04~ 日本毒性学会
5. 2019/04~ 日本心血管協会(JCVA)
6. 2021/06 ∟ 評議員
7. 日本生理学会
8. 2014/09~ ∟ 男女共同参画推進委員会委員
9. 2015/03~ ∟ 評議員
10. 日本薬理学会
全件表示(13件)

受賞学術賞


1. 2015/02 日本安全性薬理研究会 第6回 日本安全性薬理研究会 学術年会 優秀研究発表賞 (Effects of class I antiarrhythmic drugs on the electrical excitation and conduction in the human iPS cell-derived cardiomyocyte sheet)
2. 2018/07 一般社団法人日本毒性学会 平成30年度 田邊賞 (Characterization of human iPS cell-derived cardiomyocyte sheets as a model to detect drug-induced conduction disturbance.)
3. 2020/06 一般社団法人 日本毒性学会 令和2年度 ファイザー賞 (Characterization of human iPS cell-derived cardiomyocyte sheets as a model to detect drug-induced conduction disturbance.)
4. 2021/07 一般社団法人 日本不整脈心電学会 第21回鈴木謙三記念医科学応用研究財団研究助成による 日本不整脈心電学会論文賞 (Optimizing the Direction and Order of the Motion Unveiled the Ability of Conventional Monolayers of Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Cardiomyocytes to Show Frequency-Dependent Enhancement of Contraction and Relaxation)

その他


公益社団法人 日本薬理学会 薬理学エデュケーター

研究課題・受託研究・科研費


1. 2006/04~2008/03  マウス精子でのフォスファチジルコリン転移酵素類似タンパク質とイオンチャネルの相互作用  (キーワード:精子、イオンチャネル、脂質)
2. 2006/09~2007/03  初代培養心房筋細胞を用いた心房細動における心房の電気的リモデリングモデルの確立  
3. 2007/01~2007/12  in vitro 慢性心房細動モデルを用いた心房電気的モデリングにおける電位依存性Ca2+チャネルサブタイプの発現・機能調節の解析  
4. 2007/09~2008/03  心臓に発現する電位依存性L型Ca2+チャネルCaV1.2とCaV1.3の解析  
5. 2008/04~2010/03  脂質結合蛋白を介したカルシウムシグナロソームの制御機構  
6. 2008/09~2009/03  L型カルシウムチャネルCaV1.3を介したカルシウムシグナリングと心房細動  
7. 2009/09~2010/03  PCTP-Lによる心房筋特異的なイオンチャネルの制御の解明  
8. 2010/09~2011/03  心房筋における脂質結合タンパク質を介したL型Ca2+チャネルの新規な制御機構  
9. 2011/04~2014/03  心房特異的脂質結合タンパク質を介したカルシウムチャネルシグナロソームの制御  (キーワード:カルシウムチャネル、心房細動、脂質)
10. 2013/09~2014/03  Na+チャンネル修飾薬を用いたiPS由来心筋細胞シートの特徴付け  (キーワード:iPS、心室筋、興奮伝導)
全件表示(32件)