<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 薬理学講座
 Department of Pharmacology

教授:
  杉山 篤
教授(寄付講座):
  川合眞一、松本明郎
准教授:
  武井義則、中瀬古(泉)寛子
助教:
  長澤(萩原)美帆子、神林隆一
大学院 博士課程
4年:  近藤嘉紀
3年:  後藤 愛
大学院 修士課程
2年:  廣川佳貴
■ 概要
薬理学講座
遺伝子-臓器・器官レベルで得られた情報を生体に反映させ、統合的に解釈し、医療の現場に貢献できる研究を展開しています。研究対象も薬物に限定せず、再生医学に基づいた治療手段や医療機器の開発など、幅広い研究を総合的に推進しています。薬理学講座では、若い人材を募集しています(医学部出身者、他学部出身者)。興味のある方、ご連絡ください。出身学部は問いません。4年制学部卒業者:医科学専攻(修士課程、2年制)、6年制学部卒業者・修士課程修了者:医学専攻(博士課程、4年制)

寄付講座
超高齢化社会の抱える諸問題の根本原因は、現在約十年とされる健康寿命と生命寿命のギャップにあります。各寄付講座は、加齢に伴う疾患の疼痛制御(炎症・疼痛制御学講座)、高齢者・超高齢者の至適薬物治療(加齢薬理学講座)および老化の制御法(細胞治療学講座)に関する先端的研究を展開し、臨床と基礎研究を相互に繋ぐ学際的取り組みを実践しています。
【炎症・疼痛制御学講座】近年の高齢化に伴う疾病構造の急速な変化から、炎症・疼痛に関わる諸疾患は国民の「生活の質」の維持に大きな障害となっています。当講座は特に薬物療法による炎症・疼痛制御に関連した教育・研究を行います。
【加齢薬理学講座】臨床機関と協力して超高齢者の薬物治療の課題を収集し、基礎研究を通じて得られた解決案に基づいて薬物治療の至適化を図る取り組みを行なっています。
【細胞治療学講座】老化遅延細胞の移植による老化改善をモデルに、老化を抑制・拮抗するメカニズムの解析を行い、健康寿命を延伸する老化制御法の研究を行っています。
■ Keywords
Atrial fibrillation, Calcium, Cardiovascular Pharmacology, Gas pharmacology, Heart, Inflammation, Ion channels, iPS, Long QT syndrome, Microminipig, Nitric oxide, Pain control, Torsades de pointes
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) 医薬品等規制調和・評価研究事業
 研究課題:ヒトiPS細胞由来心筋細胞を用いた抗がん剤の心毒性評価法の開発と国際標準化  (研究分担者:杉山篤)
 研究補助金:2000000円  (分担)
2.  文部科学省科学研究費(若手研究)
 研究課題:心房細動薬物治療における有効不応期延長作用の病態薬理学的意義の解明  (研究代表者:長澤(萩原)美帆子)
 研究補助金:1000000円  (代表)
3.  文部科学省科学研究費(若手研究)
 研究課題:重水素化が抗心房細動薬の循環薬理作用に及ぼす影響の解明と臨床開発への応用  (研究代表者:神林隆一)
 研究補助金:1200000円  (代表)
その他
1.  炎症・疼痛制御学講座(寄付講座種別B)(寄付講座責任者:杉山篤)
 研究課題:炎症・疼痛制御学  (研究代表者:川合眞一)
 研究補助金:8000000円  (代表)
2.  加齢薬理学講座(寄付講座種別B)(寄付講座責任者:杉山篤)
 研究課題:加齢薬理学  (研究代表者:松本明郎)
 研究補助金:9000000円  (代表)
3.  細胞治療学講座(寄付講座種別B)(寄付講座責任者:杉山篤)
 研究課題:細胞治療学  (研究代表者:武井義則)
 研究補助金:2500000円  (代表)
4.  令和3 年度 新製品・新技術開発支援事業/実用化製品化助成
 研究課題:バックバルブ駆動補助装置開発  (連携研究者:杉山 篤)
 研究補助金:1000000円  (連携)
5.  第一三共奨学寄付プログラム
 研究課題:東南アジア地域で国際共同治験を計画する際の留意事項に関する研究:リウマチ性疾患治療薬を中心に  (研究代表者:川合眞一)
 研究補助金:300000円  (代表)
6.  東邦大学ダイバーシティ推進センター事業 2021年度<後期>
 研究課題:共同研究強化支援制度  (研究代表者:中瀬古寛子)
 研究補助金:200000円  (代表)
7.  東邦大学令和3年度医学部プロジェクト研究費
 研究課題:体温管理療法に伴う低体温誘発性致死性不整脈回避のための薬物治療戦略  (研究代表者:近藤嘉紀, 分担者:後藤愛)
 研究補助金:500000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  杉山篤 :Visiting Professor Otoch Manramba University of Mongolia, 国立研究開発法人科学技術振興機構専門委員, 福島県立医科大学医学部非常勤講師, Visiting Professor Mongolian National University of Medical Sciences, 大阪大学大学院薬学研究科PRP/PharmaTrain教育コース非常勤講師, 和洋女子大学客員教授, PMDA 非臨床安全性薬理 専門委員
2.  川合眞一 :東邦大学名誉教授, 慶應義塾大学医学部客員教授, 聖マリアンナ医科大学客員教授, 浜松医科大学非常勤講師, 日本リウマチ財団 理事, 日本臨床薬理研究振興財団 理事
3.  中瀬古(泉)寛子 :和洋女子大学客員教授
4.  武井義則 :和洋女子大学客員教授
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  杉山篤 :日本薬理学会 理事, 日本不整脈心電学会 理事, ノルディック&ポールウオーク学会 理事, 日本臨床薬理学会 評議員, 日本安全性薬理研究会 役員, DIA Cardiac Safety Workshop プログラム委員, 日本腫瘍循環器学会 評議員, 日本循環薬理学会 幹事,
2.  川合眞一 :日本リウマチ学会 評議員, 日本臨床薬理学会 名誉会員, 日本炎症・再生医学会 名誉会員, 日本内分泌学会 功労会員, 日本臨床リウマチ学会 功労会員
3.  松本明郎 :日本NO学会 評議員, 日本薬理学会 代議員・学術評議員
4.  武井義則 :日本薬理学会 学術評議員
5.  中瀬古(泉)寛子 :日本生理学会 男女共同参画推進委員会委員・評議員, 日本薬理学会 代議員・学術評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















杉山 篤   教授
    8  1        2
 10
(1)
 1
(1)
 1
 2
(1)
 1
武井 義則   准教授
    4          
 6
(1)
 
 1
 
 
中瀬古(泉) 寛子   准教授
    7          3
(2)
 7
 
 1
 1
 
神林 隆一   助教
   3 3          2
 9
(1)
 1
 
 
 1
長澤(萩原) 美帆子   助教
   2 3          
 3
 
 1
 
 
 0 5  1 0  0  7
(2)
 2
(1)
 3
(1)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














杉山 篤   教授
    1     2
 1
(1)
 2
(1)
武井 義則   准教授
         
 
 
中瀬古(泉) 寛子   准教授
         3
(2)
 
 1
神林 隆一   助教
  3       2
 1
 
長澤(萩原) 美帆子   助教
  2       
 
 
 0 5  1 0  0  7
(2)
 2
(1)
 3
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Hagiwara-Nagasawa M, Kambayashi R, Goto A, Nunoi Y, Izumi-Nakaseko H, Takei Y, Matsumoto A, Sugiyama A:  Cardiohemodynamic and arrhythmogenic effects of the anti-atrial fibrillatory compound vanoxerine in halothane-anesthetized dogs.  Cardiovascular toxicology  21 (3) :206 -215 , 2021
2. Wada T, Hagiwara-Nagasawa M, Kambayashi R, Goto A, Chiba K, Nunoi Y, Izumi-Nakaseko H, Koga T, Matsumoto A, Nakazato Y, Lurie K, Sugiyama A:  Effects of cardiac massage and β-blocker pretreatment on the success rate of cardiopulmonary resuscitation assessed by the canine ischemia/reperfusion-induced ventricular fibrillation model.  Circulation Journal  85 (10) :1885 -1891 , 2021
3. Kambayashi R, Goto A, Izumi-Nakaseko H, Matsumoto A, Sugiyama A:  Measurement of early and late repolarization periods in addition to QT interval to help predict the torsadogenic risk of donepezil based on reverse translational animal research on its proarrhythmic potential.  Circulation Reports  3 (9) :555 -556 , 2021
4. Kambayashi R, Izumi-Nakaseko H, Goto A, Tsurudome K, Ohshiro H, Izumi T, Hagiwara-Nagasawa M, Chiba K, Nishiyama R, Oyama S, Nunoi Y, Takei Y, Matsumoto A, Sugiyama A:  Translational studies on anti-atrial fibrillatory action of oseltamivir by its in vivo and in vitro electropharmacological analyses.  Frontiers in Pharmacology, section Experimental Pharmacology and Drug Discovery  12 :10.3389/fphar.2021.593021 , 2021
5. Kambayashi R, Goto A, Onozato M, Izumi-Nakaseko H, Takei Y, Matsumoto A, Kawai S, Fukushima T, Sugiyama A:  Simultaneous analyses of hemodynamic and electrophysiological effects of oseltamivir along with its pharmacokinetic profile using the canine paroxysmal atrial fibrillation model.  Journal of Pharmacological Sciences  :in press , 2021
6. Amagase Y, Izumi-Nakaseko H, Sugiyama A, Takei Y:  Quantification and clonal culture of neural stem cells from the hippocampus of adult mouse.  Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)  :in press , 2021
7. Hagiwara-Nagasawa M, Kambayashi R, Goto A, Chiba K, Wada T, Nunoi Y, Izumi-Nakaseko H, Takei Y, Matsumoto A, Lurie KG, Sugiyama A:  Effects of mechanical ventilation with expiratory negative airway pressure on porcine pulmonary and systemic circulation: mechano-physiology and potential application.  The Journal of Physiological Sciences  :in press , 2021
総説及び解説
1. Kanda Y, Satsuka A, Hayashi S, Hagiwara-Nagasawa M, Sugiyama A:  Assessment of contractility in human iPS cell-derived cardiomyocytes using motion vector analysis.  Methods in molecular biology (Clifton, N.J.)  2320 :151 -160 , 2021
■ 著書
1. 杉山篤, 高原章:  第6節 薬物誘発性 torsade de pointes 不整脈検出モデル.  疾患モデルの作製と利用-循環器疾患 2021  364-373.  株式会社エル・アイ・シー,  東京, 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎中瀨古(泉)寛子, 佐塚文乃, 後藤愛, 神林隆一, 松本明郎, 武井義則, 諫田泰成, 内藤篤彦, 杉山篤: 心筋再生細胞シートの基本構成要素である単純2次元細胞シートにおける収縮弛緩能の最適化技術の探索.  第2回細胞シート工学イノベーションフォーラム,  Web,  2021/11
2. ◎後藤愛, 神林隆一, 中瀨古(泉)寛子, 武井義則, 松本明郎, 川合眞一,杉山篤: β遮断およびIKr遮断が薬物性torsade de pointes(TdP)発生に及ぼす影響:催不整脈モデル犬での評価.  第145回日本薬理学会関東部会,  WEB,  2021/10
3. ◎後藤愛, 神林隆一, 杉山篤: 中型動物を用いたin vivo薬物性TdP不整脈検出モデル.  第22回応用薬理シンポジウム,  Web,  2021/09
4. ◎杉山篤, 後藤愛, 神林隆一: 薬物性torsade de pointes検出モデルに関する基礎知識.  第22回応用薬理シンポジウム,  Web,  2021/09
5. ◎中瀬古(泉)寛子: Optimizing the direction and order of the motion unveiled the ability of conventional monolayers of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes to show frequency-dependent enhancement of contraction and relaxation.  第67回日本不整脈心電学会学術集会,  Web,  2021/07
6. ◎後藤愛, 杉山篤: 慢性房室ブロック(CAVB)モデルを用いた催不整脈リスク評価:包括的in vitro催不整脈アッセイ(CiPA)in silicoモデルとの比較.  第158回東邦医学会例会,  東京,  2021/06
7. ◎ 廣川佳貴, 神林隆一, 後藤愛, 長澤(萩原)美帆子, 中瀬古(泉)寛子, 武井義則, 松本明郎, 川合眞一, 杉山篤: 高血糖の心血管系に対する急性作用:イソフルラン麻酔犬を用いた発生機序の解明.  第158回東邦医学会例会,  東京,  2021/06
8. ◎後藤 愛, 坂本 憲吾, 神林 隆一, 中瀬古(泉) 寛子, 武井 義則, 松本 明郎, 川合 眞一, 杉山 篤: 慢性房室ブロック(AVB)サルモデルを用いた薬物の催不整脈リスク評価法の検証.  第144回日本薬理学会関東部会,  Web,  2021/06
9. ◎神林 隆一, 後藤 愛, 長澤(萩原) 美帆子, 中瀬古(泉) 寛子, 武井 義則, 松本 明郎, 川合 眞一, 杉山 篤: アルツハイマー型認知症治療薬memantineによる心血管系有害作用の解析:ハロセン麻酔犬を用いたreverse-translational研究.  第144回日本薬理学会関東部会,  Web,  2021/06
10. ◎中瀨古(泉)寛子, 千葉浩輝, 後藤愛, 神林隆一, 長澤(萩原)美帆子, 松本明郎, 武井義則, 川合眞一, 杉山篤: カンゾウ(甘草)による心臓作用の電気生理学的評価:ヒトiPS細胞由来心筋細胞シートおよび慢性房室ブロック犬モデルを併用したリバーストランスレーショナル研究.  第28回HAB研究機構学術年会,  Web,  2021/06
11. ◎後藤愛, 神林隆一, 千葉浩輝, 布井啓雄, 中瀬古(泉)寛子, 松本明郎, 杉山篤: 能動的加圧減圧心肺蘇生法(ACD-CPR)による循環動態改善効果:心室細動麻酔犬モデルおよび心臓シミュレーターでの機序解明.  心電学関連春季大会2021,  東京,  2021/04
12. ◎神林隆一, 後藤愛, 布井啓雄, 中瀬古(泉)寛子, 松本明郎, 杉山篤: 先行する早期(J-Tpeak)および後期(Tpeak-Tend)再分極時間の変化がtorsade de pointesの病態形成を担う.  心電学関連春季大会2021,  東京,  2021/04
13. ◎杉山篤,神林隆一,後藤愛,中瀬古(泉)寛子: 抗不整脈薬の心電図への作用:新Vaughan Williams分類に基づく理解.  心電学関連春季大会2021,  東京,  2021/04
国際学会
1. ◎Sugiyama A: How to assess cardiac safety pharmacological profile of COVID-19 drugs by using in vivo experimental animal models.  Current Research on Treatment of COVID-19 Infection,  Mongol, Ulan Bator(web),  2021/11
2. ◎Kambayashi R, Izumi-Nakaseko H, Goto A, Hagiwara-Nagasawa M, Nunoi Y, Takei Y, Matsumoto A, Kawai S, Sugiyama A: Anti-atrial fibrillatory action of oseltamivir and its electrophysiological analysis using the paroxysmal and persistent atrial fibrillation models of dogs.  第67回日本不整脈心電学会学術大会,  博多,  2021/07
その他
1. ◎杉山篤: 抗不整脈薬の最近の進歩:新Vaughan Williams分類を循環器診療に活かす.  第34回大分心電図研究会,  Web,  2021/07
2. ◎杉山篤: 産学連携本部への書類申請のまとめ.  第2回SD/FDセミナー 研究の申請および契約とそれにともなう注意点について,  Web,  2021/07
3. ◎川合眞一: 全身性強皮症 -病気の基礎知識と日常生活の過ごし方-.  金沢区福祉保健センター難病講演会,  Web,  2021/06
4. ◎川合眞一: 疼痛の発症機序と治療薬の現状 ~リウマチ性疾患の最新情報を含めて~.  京都市中京歯科医師会学術講演会,  京都(web),  2021/06
5. ◎中瀬古(泉)寛子, 神林隆一, ◎杉山篤: 慢性毒性評価プロトコルの最適化および非臨床実験・臨床試験との橋渡し -準備状況と今後の方針-.  2021年度日本医療研究開発機構研究費(医薬品等規制調和・評価研究事業)ヒトiPS分化細胞技術を応用した医薬品の心毒性評価法の開発と国際標準化に関する研究  2021年度 第1回全体班会議,  Web,  2021/06
6. ◎川合眞一: リウマチ性疾患における疼痛管理.  第65回日本リウマチ学会総会・学術集会,  神戸,  2021/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者