<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 臨床腫瘍学講座
 Department of Clinical Oncology

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















島田 英昭   教授
医学博士
   1 15   3       3
(1)
 24
(2)
 
 
 
 
中村 陽一   教授
博士(医学)
 3      1       
 1
 
 
 
 
菊池 由宣   講師
    3  1 2       1
(1)
 3
(2)
 
 
 
 
小林 紘   助教
              
 
 
 
 
 
森山 彩子   助教
    1          
 2
 
 1
 
 
 3 1  1 0  0  4
(2)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














島田 英昭   教授
医学博士
  1       3
(1)
 
 
中村 陽一   教授
博士(医学)
 3        
 
 
菊池 由宣   講師
    1     1
(1)
 
 
小林 紘   助教
         
 
 
森山 彩子   助教
         
 
 
 3 1  1 0  0  4
(2)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Yajima S, Suzuki T, Oshima Y, Shiratori F, Funahashi K, Kawai S, Nanki T, Muraoka S, Urita Y, Saida Y, Okazumi S, Kitagawa Y, Hirata Y, Hasegawa H, Okabayashi K, Murakami M, Yamashita T, Kato R, Matsubara H, Murakami K, Nakajima Y, Sugita H, Klammer M, Shimada H:  New Assay System Elecsys Anti-p53 to Detect Serum Anti-p53 Antibodies in Esophageal Cancer Patients and Colorectal Cancer Patients: Multi-institutional Study.  Annals of surgical oncology  28 (7) :4007 -4015 , 2021
2. Yajima S, Suzuki T, Nanami T, Oshima Y, Kikuchi Y, Funahashi K, Shimada H:  Randomized Phase II Study to Comparing Docetaxel/Nedaplatin versus Docetaxel for 5-Fluorouracil/Cisplatin Resistant Esophageal Squamous Cell Carcinoma.  Annals of thoracic and cardiovascular surgery  27 (4) :219 -224 , 2021
3. Nagaoka S, Yamashita H, Seto Y, Fujisaki M, Mitsumori N, Oshima Y, Yajima S, Kikuchi Y, Otsuka K, Murakami M, Fujita S, Futawatari N, Shimada H:  Taxane-based versus platinum-based chemotherapy in early recurrent gastric cancer after radical surgery with S-1 adjuvant chemotherapy: A multi-institutional retrospective analysis.  Asia-Pacific journal of clinical oncology  :Online ahead of print , 2021
4. Hiwasa T, Wang H, Goto KI, Mine S, Machida T, Kobayashi E, Yoshida Y, Adachi A, Matsutani T, Sata M, Yamagishi K, Iso H, Sawada N, Tsugane S, Kunimatsu M, Kamitsukasa I, Mori M, Sugimoto K, Uzawa A, Muto M, Kuwabara S, Kobayashi Y, Ohno M, Nishi E, Hattori A, Yamamoto M, Maezawa Y, Kobayashi K, Ishibashi R, Takemoto M, Yokote K, Takizawa H, Kishimoto T, Matsushita K, Kobayashi S, Nomura F, Arasawa T, Kagaya A, Maruyama T, Matsubara H, Tomiita M, Hamanaka S, Imai Y, Nakagawa T, Kato N, Terada J, Matsumura T, Katsumata Y, Naito A, Tanabe N, Sakao S, Tatsumi K, Ito M, Shiratori F, Sumazaki M, Yajima S, Shimada H, Shirouzu M, Yokoyama S, Kudo T, Doi H, Iwase K, Ashino H, Li SY, Kubota M, Tomiyoshi G, Shinmen N, Nakamura R, Kuroda H, Iwadate Y:  Serum anti-DIDO1, anti-CPSF2, and anti-FOXJ2 antibodies as predictive risk markers for acute ischemic stroke.  BMC medicine  19 (1) :131 , 2021
5. Sumazaki M, Ogata H, Nabeya Y, Kuwajima A, Hiwasa T, Shimada H:  Multi-panel assay of 17 tumor-associated antibodies for serological detection of stage 0/I breast cancer.  Cancer science  112 (5) :1955 -1962 , 2021
6. Nguyen TTT, Shingyoji M, Hanazono M, Zhong B, Morinaga T, Tada Y, Shimada H, Hiroshima K, Tagawa M:  An MDM2 inhibitor achieves synergistic cytotoxic effects with adenoviruses lacking E1B55kDa gene on mesothelioma with the wild-type p53 through augmenting NFI expression.  Cell death & disease.  12 (7) :663 , 2021
7. Murayama K, Suzuki T, Yajima S, Oshima Y, Nanami T, Shiratori F, Shimada H:  Preoperative low serum creatine kinase is associated with poor overall survival in the male patients with esophageal squamous cell carcinoma.  Esophagus  :Online ahead of print , 2021
8. Ito M, Hiwwasa T, Oshima Y, Yajima S, Suzuki T, Nanami T, Sumazaki M, Shiratori F, Funahashi K, Li SY, Iwadate Y, Yamagata H, Jambaljav B, Takemoto M, Yokote K, Takizawa H, Shimada H:  Association of Serum Anti-PCSK9 Antibody Levels with Favorable Postoperative Prognosis in Esophageal Cancer.  Frontiers in Oncology  11 :708039 , 2021
9. Nanami T, Hoshino I, Shiratori F, Yajima S, Oshima Y, Suzuki T, Ito M, Hiwasa T, Kuwajima A, Shimada H:  Prevalence of serum galectin‑1 autoantibodies in seven types of cancer: A potential biomarker.  Molecular and Clinical Oncology  15 (3) :179 , 2021
10. Ikeda A, Nagayama S, Sumazaki M, Konishi M, Fujii R, Saichi N, Muraoka S, Saigusa D, Shimada H, Sakai Y, Ueda K.:  Colorectal Cancer-Derived CAT1-Positive Extracellular Vesicles Alter Nitric Oxide Metabolism in Endothelial Cells and Promote Angiogenesis.  Molecular cancer research : MCR  19 (5) :834 -846 , 2021
11. Li SY, Yoshida Y, Kobayashi E, Kubota M, Matsutani T, Mine S, Machida T, Maezawa Y, Takemoto M, Yokote K, Kobayashi Y, Takizawa H, Sata M, Yamagishi K, Iso H, Sawada N, Tsugane S, Kobayashi S, Matsushita K, Nomura F, Matsubara H, Sumazaki M, Ito M, Yajima S, Shimada H, Iwase K, Ashino H, Wang H, Goto K, Tomiyoshi G, Shinmen N, Nakamura R, Kuroda H, Iwadate Y, Hiwasa T:  Serum anti-AP3D1 antibodies are risk factors for acute ischemic stroke related with atherosclerosis.  Scientific Reports  11 (1) :13450 , 2021
12. Sugawara K, Yamashita H, Yajima S, Oshima Y, Mitsumori N, Fujisaki M, Yamazaki K, Otsuka K, Futawatari N, Watanabe R, Satodate H, Yoshimoto Y, Nagaoka S, Tokuyama J, Sasaki S, Seto Y, Shimada H:  Prognosis of hemodialysis patients undergoing surgery for gastric cancer: Results of a multicenter retrospective study.  Surgery  170 (1) :249 -256 , 2021
13. Sugawara K, Yamashita H, Yajima S, Oshima Y, Mitsumori N, Fujisaki M, Yamazaki K, Otsuka K, Futawatari N, Watanabe R, Satodate H, Yoshimoto Y, Nagaoka S, Tokuyama J, Sasaki S, Seto Y, Shimada H:  Prognosis of hemodialysis patients undergoing surgery for gastric cancer: Results of a multicenter retrospective study.  Surgery  170 (1) :249 -256 , 2021
14. Fujita S, Oshima Y, Yajima S, Kikuchi Y, Nagaoka S, Yamashita H, Seto Y, Fujisaki M, Mitsumori N, Otsuka K, Murakami M, Urakami H, Isobe Y, Yoshimoto Y, Satodate H, Saida Y, Shimada H:  What are the important prognostic factors in gastric cancer with positive duodenal margins? A multi‑institutional analysis.  Surgery today  51 (4) :561 -567 , 2021
総説及び解説
1. Shimada H, Fukagawa T, Haga Y, Okazumi S, Oba K:  Clinical TNM staging for esophageal, gastric, and colorectal cancers in the era of neoadjuvant therapy: A systematic review of the literature.  Annals of Gastroenterological Surgery  5 (4) :404 -418 , 2021
2. Koda N, Oshima Y, Koda K, Shimada H:  Surgeon fatigue does not affect surgical outcomes: a systematic review and meta-analysis.  Surgery today  51 (5) :659 -668 , 2021
その他
1. 中村陽一:  便秘をあなどる先輩になやむトウコちゃん〜ツマリトリ先生あらわる〜.  YORi-SOUがんナーシング  11 :207 -209 , 2021
2. 中村陽一:  マイ・ナラティブ “物語”に寄り添う医療者を育てたい.  YORi-SOUがんナーシング  11 :393 , 2021
3. 中村陽一:  アイ ラブ オペナース-忘れられない手術室看護師- 空間補完効果.  オペナーシング  36 :335 , 2021
■ 著書
1. 安部能成, 伊藤優子, 宇野さつき, 黒子幸一, 斎藤真理, 髙宮有介, 中村陽一, 濱田安岐子, 林章敏, 平原佐斗司:    物語で学ぶ緩和ケア みんなでめざすチーム医療  1-137.  へるす出版,  東京, 2021
2. 島田英昭(診療ガイドライン委員会 委員長), 菊池由宣(副委員長)(共編):    分子腫瘍マーカー診療ガイドライン  1-239.  金原出版,  東京, 2021
3. 菊池由宣(分担):  神経内分泌腫瘍(NET).  分子腫瘍マーカー診療ガイドライン  183-188.  金原出版,  東京, 2021
4. 菊池由宣(分担):  原発不明癌.  分子腫瘍マーカー診療ガイドライン  222-226.  金原出版,  東京, 2021
5. 大嶋陽幸, 名波竜規, 島田英昭(分担):  p53抗体.  分子腫瘍マーカー診療ガイドライン  28-32.  金原出版,  東京, 2021
6. 谷島聡, 鈴木隆, 島田英昭(分担):  食道癌.  分子腫瘍マーカー診療ガイドライン  68-73.  金原出版,  東京, 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎島田英昭: 食道癌関連論文の執筆指導の注意点.  第75回日本食道学会学術集会,  東京(ハイブリッド形式),  2021/09
2. ◎谷島聡, 鈴木隆, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌術後再発症例7 例に対するNivolumab 治療経験.  第75回日本食道学会学術集会,  東京(ハイブリッド形式),  2021/09
3. ◎白鳥史明, 日和佐隆樹, 伊藤正朗, 鈴木 隆, 谷島 聡, 名波竜規, 大嶋陽幸, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌患者血清におけるDAN 抗体レベルの上昇.  第75回日本食道学会学術集会,  東京(ハイブリッド形式),  2021/09
4. ◎鈴木 隆, 谷島 聡, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 島田英昭: 胸部食道癌に対するmFOLFOX6 療法の施行経験.  第75回日本食道学会学術集会,  東京(ハイブリッド形式),  2021/09
5. 小林正明, 中田亜希子, 中村陽一, 田所富美子, 三宅早苗, 佐藤二美, 廣井直樹: コロナ禍におけるビデオ講義視聴(Video Lecture Delivery :VLD)システムの利用状況に関する調査報告.  第53回日本医学教育学会大会,  オンライン(自治医科大学),  2021/07
6. ◎伊藤正朗, 日和佐隆樹, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鈴木 隆, 名波竜規, 白鳥史明, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌における腫瘍マーカーとしての血清抗Striatin4 抗体の同定.  第76回日本消化器外科学会総会,  京都市(ハイブリッド開催),  2021/07
7. ◎牛込充則, 船橋公彦, 池田裕一, 吉野 翔, 吉野 優, 三浦康之, 長嶋康雄, 金子奉暁, 栗原聰元, 島田英昭: StageII/III 大腸癌の術前CRP およびAlb を用いた長期予後の検討.  第76回日本消化器外科学会総会,  京都市(ハイブリッド開催),  2021/07
8. ◎大嶋陽幸, 白鳥史明, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 術前抗p53 抗体陽性胃癌症例の術後抗体価の推移の検討(続報).  第76回日本消化器外科学会総会,  京都市(ハイブリッド開催),  2021/07
9. ◎谷島聡, 伊藤正朗, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 鈴木 隆, 大塚由一郎, 船橋公彦, 日和佐隆樹, 島田英昭: 胃癌手術症例における血清抗SOHLH1 抗体の解析.  第76回日本消化器外科学会総会,  京都市(ハイブリッド開催),  2021/07
10. ◎島田英昭: (教育講演)Editorが気にしている論文執筆のポイント.  第76回日本消化器外科学会総会,  京都市(ハイブリッド開催),  2021/07
11. ◎鈴木 隆, 酒井隆光, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島聡, 船橋公彦, 島田英昭: 当院における高齢者(80 歳以上) 胸部食道癌治療成績~標準治療となるか?.  第76回日本消化器外科学会総会,  京都市(ハイブリッド開催),  2021/07
12. ◎島田英昭: ランチョンセミナー「MSI-High 消化器癌とPD-L1 陽性食道扁平上皮癌におけるキイトルーダの実力」
(共催:MSD 株式会社).  第76回日本消化器外科学会総会,  京都市(ハイブリッド開催),  2021/07
13. ◎白鳥史明, 伊藤正朗, 日和佐隆樹, 鈴木隆, 谷島聡, 名波竜規, 大嶋陽幸, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌患者血清におけるCENTA1 抗体レベルとの関係.  第76回日本消化器外科学会総会,  京都市(ハイブリッド開催),  2021/07
14. ◎名波竜規, 星野敢, 白鳥史明, 鈴木隆, 大嶋陽幸, 谷島聡, 船橋公彦, 島田英昭: 複数の癌腫842 例における血清RalA 抗体と血清p53 抗体の検討.  第76回日本消化器外科学会総会,  京都市(ハイブリッド開催),  2021/07
15. ◎牛込充則, 船橋公彦, 山辺史人, 中島耕一, 谷口智子, 長島克, 小宮山慎一, 金子奉暁, 鏡哲, 長嶋康雄, 三浦康之, 吉野優, 池田裕一, 荻野晶弘, 島田英昭: 骨盤内腫瘍に対する複数診療科連携手術(ワークショップ).  第46回日本外科系連合学会学術集会,  WEB 開催(東京),  2021/06
16. 菊池由宣: 消化器癌のがん性腹膜炎治療と当施設でのCART療法の現状.  第26回日本緩和医療学会学術大会,  横浜,  2021/06
17. ◎長嶋康雄, 鏡哲, 池田裕一, 吉野翔, 吉野優, 三浦康之, 金子奉暁, 牛込充則, 栗原聰元, 本間尚子, 三上哲夫, 栃木直文, 島田英昭, 船橋公彦: 潰瘍性大腸炎術後38 年で発症した直腸癌の1 例.  第46回日本外科系連合学会学術集会,  WEB 開催(東京),  2021/06
18. 太田 宏樹, 後町 杏子, 磯部 和順, 鏑木 教平, 佐野 剛, 杉野 圭史, 坂本 晋, 高井 雄二郎, 菊池 由宣, 栃木 直文, 若山 恵, 澁谷 和俊, 船橋 公彦, 本間 栄: 間質性肺炎との鑑別を要した大腸癌癌性リンパ管症の3例.  第40回日本呼吸器内視鏡学会学術集会,  長崎,  2021/06
19. ◎牛込充則, 船橋公彦, 吉野 翔, 吉野 優, 三浦康之 鏡 哲, 金子奉暁, 栗原聰元, 山崎信人, 吉田公彦, 長嶋康雄, 島田英昭: Stage ll,lll 大腸癌の予後の検証.  第121回日本外科学会定期学術集会,  千葉市(ハイブリッド形式),  2021/04
20. ◎鏡 哲, 吉野 優, 吉野 翔, 三浦康之, 長嶋康雄, 金子奉暁, 牛込充則, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: 右側閉塞性大腸癌と左側閉塞性大腸癌の予後検討.  第121回日本外科学会定期学術集会,  千葉市(ハイブリッド形式),  2021/04
21. ◎須磨崎真, 緒方秀昭, 鍋谷圭宏, 島田英昭: Multi-panel assay of tumor-associated antibodies in breast cancer.  第121回日本外科学会定期学術集会,  千葉市(ハイブリッド形式),  2021/04
22. ◎大嶋陽幸,名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 白鳥史明, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌手術患者において低LDH は高LDH よりも予後が悪い.  第121回日本外科学会定期学術集会,  千葉市(ハイブリッド形式),  2021/04
23. ◎白鳥史明, 鈴木 隆, 谷島 聡, 名波竜規, 大嶋陽幸, 島田英昭: 食道癌における術前血清Ca 値の検討.  第121回日本外科学会定期学術集会,  千葉市(ハイブリッド形式),  2021/04
24. ◎鈴木 隆, 谷島 聡, 岡村明彦, 吉田直矢, 谷山裕亮, 村上健太郎, 大倉 遊, 中島康晃, 八木浩一, 福田 俊, 小川 了, 星野 敢, 國崎主税, 成宮孝祐, 坪佐恭宏, 山田和彦, 島田英昭(日本食道学会推進研究:p53 抗体多施設研究グループ): 食道癌における治療前血清SCC 抗原の予後因子としての意義:p53 抗体多施設共同研究サブグループ解析から.  第121回日本外科学会定期学術集会,  千葉市(ハイブリッド形式),  2021/04
25. ◎伊藤誠二, 石神浩徳, 山下裕玄, 小寺泰弘, 今野元博, 福島亮治, 深川剛生, 藪崎 裕, 北山丈二, 山口博紀, 辻 靖, 秀村晃生, 島田英昭, 太田光彦, 廣野靖夫, 大庭幸治, 瀬戸泰之: 4型胃癌に対する補助化学療法としての腹腔内・全身併用化学療法の意義を検証する無作為化第III相試験-PHOENIX-GC2 trial.  第121回日本外科学会定期学術集会,  千葉市(ハイブリッド形式),  2021/04
26. ◎名波竜規, 島田英昭, 緒方秀昭, 大塚由一郎, 白鳥史明, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦: 固形腫瘍における尿中ジアセチルスペルミン値の解析.  第121回日本外科学会定期学術集会,  千葉市(ハイブリッド形式),  2021/04
27. ◎谷島 聡, 伊藤正朗, 名波竜規, 白鳥史明, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 大塚由一郎, 船橋公彦, 日和佐隆樹, 島田英昭: 腫瘍抗原を標的とする胃癌新規抗体マーカーのスクリーニング.  第121回日本外科学会定期学術集会,  千葉市(ハイブリッド形式),  2021/04
28. ◎長嶋康雄, 山﨑信人, 吉野 翔, 吉野 優, 三浦康之, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: 緩和ストーマ造設術の予後予測指標についての検討.  第121回日本外科学会定期学術集会,  千葉市(ハイブリッド形式),  2021/04
29. ◎島田英昭: 若手外科医の論文執筆指導法~人生初めて英文論文をどのように指導すればよいのか~.  第121回日本外科学会定期学術集会,  千葉市(ハイブリッド形式),  2021/04
30. ◎Otsuka Y, Ito Y, Matsumoto Y, Kimura K, Nakada S, Maeda T, Ishii J, Kubota Y, Funahashi K , Shimada H, Kaneko H: Technical refinement and current status of laparoscopic liver resection(Debate).  33rd Meeting of the Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery(第33回日本肝胆膵外科学会学術集会),  完全Web開催(大阪),  2021/06
31. ◎Okada R, Shimada H, Tsuchiya M, Maeda T, Ito Y, Matsumoto Y, Otsuka Y, Funahashi K: Changing pattern of before and after surgery in serum autoantibodies with hepatocellular carcinoma.  The 33rd Meeting of the Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery(第33回日本肝胆膵外科学会学術集会),  完全Web開催(大阪),  2021/06
その他
1. 林瑤子, 後藤麻佑: コミュニケーション ロールプレイと講義.  「がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会」集合研修会,  東京都,  2021/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者