<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 臨床腫瘍学講座
 Department of Clinical Oncology

教授:
  島田 英昭
准教授:
  中村 陽一
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















島田 英昭   教授
医学博士
 1 9 1 23  1 1    1   11
(3)
 45
(5)
 
 1
 
 
中村 陽一   教授
博士(医学)
 3 5  1          3
(1)
 3
 
 
 
 
小林 紘   助教
              
 2
(1)
 
 
 
 
森山 彩子   助教
              
 3
(1)
 
 
 
 
 4 1  1 0  1  14
(4)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














島田 英昭   教授
医学博士
 1 1  1   1  11
(3)
 
 
中村 陽一   教授
博士(医学)
 3        3
(1)
 
 
小林 紘   助教
         
 
 
森山 彩子   助教
         
 
 
 4 1  1 0  1  14
(4)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Hoshino I, Nabeya Y, Takiguchi N, Gunji H, Ishige F, Iwatate Y, Shiratori F, Yajima S, Okada R, Shimada H:  Prognostic impact of p53 and/or NY-ESO-1 autoantibody induction in patients with gastroenterological cancers.  Annals of Gastroenterological Surgery  4 (3) :275 -282 , 2020
2. Kochi R, Suzuki T, Yajima S, Oshima Y, Ito M, Funahashi K, Shimada H:  Does preoperative low HbA1c predict esophageal cancer outcomes?.  Annals of thoracic and cardiovascular surgery  26 (4) :184 -189 , 2020
3. Zhong B, Shingyoji M, Hanazono M, Nguyễn TT, Morinaga T, Tada Y, Shimada H, Hiroshima K, Tagawa M:  Combination of a p53-activating CP-31398 and an MDM2 or a FAK inhibitor produces growth suppressive effects in mesothelioma with wild-type p53 genotype.  Apoptosis : an international journal on programmed cell death  25 (7-8) :535 -547 , 2020
4. Watanabe.R,Otsuji.A, Nakamura.Yo, Higuchi.T, Takahashi.A, Saito.T, Enomoto.T, Quero.G, Diana.M, Dallemagne.B, Marescaux.J, Saida.Y, Kusachi.S:  Superior outcomes(but at higher costs)of non-operative management with interval appendectomy over immediate surgery in appendicitis with abscess:Results from a large adult population cohort.  Asian Journal of Endoscopy Surgery  13 (2) :186 -194 , 2020
5. Hoshino I, Nabeya Y, Takiguchi N, Gunji H, Ishige F, Iwatate Y, Kuwajima A, Shiratori F, Okada R, Shimada H:  Inducing multiple antibodies to treat squamous cell esophageal carcinoma.  BMC cancer  20 (1) :1007 , 2020
6. Sumazaki M, Shimada H, Ito M, Shiratori F, Kobayashi E, Yoshida Y, Adachi A, Matsutani T, Iwadate Y, Mine S, Machida T, Kamitsukasa I, Mori M, Sugimoto K, Uzawa A, Kuwabara S, Kobayashi Y, Ohno M, Nishi E, Maezawa Y, Takemoto M, Yokote K, Takizawa H, Kashiwado K, Shin H, Kishimoto T, Matsushita K, Kobayashi S, Nakamura R, Shinmen N, Kuroda H, Zhang XM, Wang H, Goto KI, Hiwasa T:  Serum Anti-LRPAP1 is a Common Biomarker for Digestive Organ Cancers and Atherosclerotic Diseases.  Cancer science  111 (12) :4453 -4464 , 2020
7. Kobayashi S, Hiwasa T, Ishige T, Kano M, Hoshino T, Rahmutulla B, Seimiya M, Shimada H, Nomura F, Matsubara H, Matsushita K:  Anti-FIRΔexon2 autoantibody as a novel indicator for better overall survival in gastric cancer.  Cancer science  112 (2) :847 -858 , 2021
8. Fuchinoue K, Nemoto T, Shimada H, Tochigi N, Igarashi Y, Yajima S, Suzuki T, Oshima Y, Shibuya K:  Immunohistochemical analysis of tumor budding as predictor of lymph node metastasis from superficial esophageal squamous cell carcinoma.  Esophagus  17 (2) :168 -174 , 2020
9. Suzuki T, Yajima S, Okamura A, Yoshida N, Taniyama Y, Murakami K, Ohkura Y, Nakajima Y, Yagi K, Fukuda T, Ogawa R, Hoshino I, Kunisaki C, Narumiya K, Tsubosa Y, Yamada K, Shimada H:  Clinical impact of preoperative serum p53 antibody titers in 1487 patients with surgically treated esophageal squamous cell carcinoma: a multi‑institutional study.  Esophagus  18 (1) :65 -71 , 2021
10. Terashima M, Fujitani K, Ando M, Sakamaki K, Kawabata R, Ito Y, Yoshikawa T, Kondo M, Kodera Y, Kaji M, Oka Y, Imamura H, Kawada J, Takagane A, Shimada H, Tanizawa Y, Yamanaka T, Morita S, Ninomiya M, Yoshida K:  Survival analysis of a prospective multicenter observational study on surgical palliation among patients receiving treatment for malignant gastric outlet obstruction caused by incurable advanced gastric cancer.  Gastric Cancer  24 (1) :224 -231 , 2021
11. Ushigome M, Shimada H, Miura Y, Yoshida K, Kaneko T, Koda T, Nagashima Y, Suzuki T, Kagami S, Funahashi K:  Changing pattern of tumor markers in recurrent colorectal cancer patients before surgery to recurrence: serum p53 antibodies, CA19-9 and CEA.  International Journal of Clinical Oncology  25 (4) :622 -632 , 2020
12. Oyama K, Oba M, Oshima Y, Shimada H:  Predicting short-term life expectancy of patients with end-stage gastric cancer using Onodera's prognostic nutritional index.  International Journal of Clinical Oncology  26 (2) :364 -369 , 2021
13. Okada R, Otsuka Y, Wakabayashi T, Shinoda M, Aoki T, Murakami M, Ariizumi S, Yamamoto M, Aramaki O, Takayama T, Wakiyama S, Yanaga K, Amikura K, Kaneko H, Shimada H:  Six autoantibodies as potential serum biomarkers of hepatocellular carcinoma: a prospective multicenter study.  International journal of cancer  147 (9) :2578 -2586 , 2020
14. Li SY, Yoshida Y, Kobayashi E, Adachi A, Hirono S, Matsutani T, Mine S, Machida T, Ohno M, Nishi E, Maezawa Y, Takemoto M, Yokote K, Kitamura K, Sumazaki M, Ito M, Shimada H, Takizawa H, Kashiwado K, Tomiyoshi G, Shinmen N, Nakamura R, Kuroda H, Zhang XM, Wang H, Goto K, Iwadate Y, Hiwasa T:  Association between serum anti‑ASXL2 antibody levels and acute ischemic stroke, acute myocardial infarction, diabetes mellitus, chronic kidney disease and digestive organ cancer, and their possible association with atherosclerosis and hypertension.  International journal of molecular medicine  46 (4) :1274 -1288 , 2020
15. Kinoshita T, Yuzawa H, Natori K, Wada R, Yao S, Yano K, Akitsu K, Koike H, Shinohara M, Fujino T, Shimada H, Ikeda T:  Early electrocardiographic indices for predicting chronic doxorubicin-induced cardiotoxicity.  Journal of cardiology  77 (4) :388 -394 , 2020
16. Nanami T, Hoshino I, Ito M, Yajima S, Oshima Y, Suzuki T, Shiratori F, Nabeya Y, Funahashi K, Shimada H:  Prevalence of autoantibodies against Ras‑like GTPases, RalA, in patients with gastric cancer.  Molecular and Clinical Oncology  13 (4) :28 , 2020
17. Ushigome M, Shimada H, Nabeya Y, Shiratori F, Soda H, Takiguchi N, Hoshino I, Kuwajima A, Kaneko T, Funahashi K:  Possible predictive significance of serum RalA autoantibodies on relapse-free survival in patients with colorectal cancer.  Molecular and Clinical Oncology  14 (1) :18 , 2021
18. Oshima Y, Suzuki T, Yajima S, Nanami T, Shiratori F, Funahashi K, Shimada H:  Serum p53 antibody: useful for detecting gastric cancer but not for predicting prognosis after surgery.  Surgery today  50 (11) :1402 -1408 , 2020
19. Kikuchi Y, Yamashita H, Fujisaki M, Yoshimoto Y, Otsuka K, Nagaoka S, Fujita S, Tokuyama J, Satodate H, Isobe Y, Urakami H, Mitsumori N, Seto Y, Futawatari N, Yajima S, Oshima Y, Murakami M, Igarashi Y, Shimada H:  Comparison of the Effect of Proton Pump Inhibitors on Capecitabine and S-1 in Gastric Cancer Treatment with Trastuzumab; A Multi-Institutional Analysis.  Toho Journal of Medicine  7 (1) :11 -19 , 2021
総説及び解説
1. 中村陽一:  私の意思決定支援サポートのアプローチ 〜VRを活用して体験してみよう〜.  YORi-SOUがんナーシング  10 :222 -223 , 2020
2. 中村陽一, 淺野耕太, YORi-SOUナーシング編集室:  ドキッ!初めての患者説明同席おたすけガイド 〜治療が奏効しなかった場合の、今後の過ごしかたを考える意思決定場面へのはじめての同席〜.  YORi-SOUがんナーシング  100 :259 -265 , 2020
3. 中村陽一:  病棟における終末期キュア&ケアの考え方.  消化器ナーシング  25 :674 -679 , 2020
4. 大嶋陽幸,島田英昭:  開腹・閉腹手技.  消化器外科  43 (11) :1495 -1503 , 2020
5. 島田英昭:  【英語論文作成のコツ】消化器外科学英語論文の書き方.  消化器外科  43 (9) :1345 -1351 , 2020
6. 白鳥史明, 島田英昭:  【検査値を読む2020】腫瘍関連検査.組織ポリペプチド抗原.  内科  125 (4) :1047 , 2020
7. 大嶋陽幸, 島田英昭:  【検査値を読む2020】腫瘍関連検査.尿ポリアミン.  内科  125 (4) :1048 , 2020
8. 伊藤正朗, 島田英昭:  【検査値を読む2020】腫瘍関連検査.塩基性フェトプロテイン.  内科  125 (4) :1049 , 2020
9. 谷島 聡, 島田英昭:  【検査値を読む2020】腫瘍関連検査.抗p53抗体.  内科  125 (4) :1050 , 2020
10. 名波竜規, 島田英昭:  【検査値を読む2020】腫瘍関連検査.上皮増殖因子受容体(EGFR).  内科  125 (4) :1051 -1052 , 2020
11. Shimada H:  ASO Author Reflections: New Assay System to Detect Serum Antip53 Antibodies.  Annals of surgical oncology  28 (7) :4016 -4017 , 2020
症例報告
1. 三浦康之, 鈴木 隆, 吉田公彦, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 島田英昭, 船橋公彦:  誤飲による食道内大型有鉤義歯に対する胸腔鏡下異物摘出術の1例.  東邦医学会雑誌  67 (2) :53 -58 , 2020
2. 吉田公彦, 谷島 聡, 吉野 翔, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 島田英昭, 船橋公彦:  6cmの混合型巨大裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下メッシュ修復術後に食道内にメッシュ迷入をきたした1例.  日本外科系連合学会誌  45 (2) :161 -167 , 2020
3. 小城原傑, 高宮有介, 中村陽一郎, 面高俊祐, 道端浩三郎, 磯﨑正典, 佃 玄紀, 松尾 海, 保母貴宏, 有馬俊英, 横山 登:  排便コントロールで投与された酸化マグネシウム製剤により高マグネシウム血症を呈し傾眠を生じたがん終末期患者の一例.  臨床と研究  97 (8) :1026 -1030 , 2020
4. Kikuchi Y, Nishikawa Y, Amanuma M, Kishimoto Y, Takuma K, Wakayama M, Shibuya K, Okano N, Shimada H, Igarashi Y:  Successful treatment of advanced pancreatic leiomyosarcoma treated with gemcitabine plus nab‑paclitaxel: a case report and literature review.  International Cancer Conference Journal  10 (1) :63 -67 , 2020
5. Tada Y, Tagawa M, Yusa T, Yatomi M, Shimomura I, Suzuki T, Takeshita Y, Sato T, Shimada H, Hiroshima K.:  Diffuse pleural thickening and thoracic contraction: An indistinguishable case from malignant pleural mesothelioma.  SAGE Open Medical Case Reports  8 :2050313X20948716 , 2020
6. Shiratori F, Hoshino I, Gunji H, Takiguchi N, Nabeya Y, Shimada H:  A case of Barrett's esophageal cancer with gastric mucosa-associated lymphoma.  Surgical case reports  6 (1) :201 , 2020
7. Sumazaki M, Kaneko K, Ito M, Oshima Y, Saito F, Ogata H, Shibuya K, Shimada H:  A Case of Dermatomyositis Along With Esophageal Cancer and Screening of Serum Transcriptional Intermediary Factor 1 Gamma Antibodies in Various Cancer Patients .  The American journal of case reports  21 :e922004 , 2020
8. Yajima S, Suzuki T, Okuma S, Fujii T, Nanami T, Oshima Y, Shiratori F, Funahashi K, Watanabe Y, Shimada H:  Radical Esophagectomy Combined with Resection of the Invaded Descending Aorta for T4 Barrett's Esophageal Carcinoma: A Case Report.  Toho Journal of Medicine  7 (1) :78 -83 , 2021
その他
1. 廣井直樹, 中田亜希子, 小林正明, 三宅早苗, 中村陽一:  ビデオ会議システムを用いたバーチャルフレッシュマンキャンプの開催.  医学教育  51 (3) :264 -265 , 2020
2. 鷹津 英、坂下明大、木澤義之、中村陽一(座長)、松原貴子(座長):  重症大動脈弁狭窄症で維持透析中に大学病院緩和ケアチームとして意思決定支援に関わった事例.  死の臨床  43 (1) :122 -123 , 2020
3. 原文彦, 中田亜希子, 小林正明, 並木温, 中村陽一, 廣井直樹:  新しい医学教育の潮流2019-第51回日本医学教育学会大会報告2-~卒後教育・分野別認証を中心に~.  東邦医学会雑誌  68 (1) :10 -14 , 2021
4. 原文彦, 中田亜希子, 小林正明, 並木温, 中村陽一, 廣井直樹:  新しい医学教育の潮流2019-第51回日本医学教育学会大会報告1-~卒前教育に着目して~.  東邦医学会雑誌  68 (1) :5 -9 , 2021
5. Shimada H:  EDITORIAL
Revisiting radiation therapy for esophageal cancer.  Esophagus  17 (2) :99 , 2020
■ 著書
1. 酒井隆光,大嶋陽幸,島田英昭(分担):  術後疼痛管理、術後せん妄の予防と対応.  見てできる臨床ケア図鑑 消化器ビジュアルナーシング 改訂2版  290-295.  学研メディカル秀潤社,  東京, 2020
2. 島田英昭(世話人・代表幹事):  「分子細胞治療フロンティア2020」発刊にあたって.  分子細胞治療フロンティア2020  5.  飯田橋パピルス,  東京都, 2020
■ 学会発表
国内学会
1. ◎島田英昭: 食道癌におけるNYESO-1 抗体とp53 抗体の予後因子としての意義.  第185回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  WEB学会,  2021/03
2. ◎島田英昭: スポンサードシンポジウム2「胃癌治療新時代を迎えて」Nivolumab の使用経験と外科医が期待するICIの活かし方(共催: ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社/小野薬品工業株式会社).  第93回日本胃癌学会総会,  完全Web開催,  2021/03
3. ◎山崎信人, 大嶋陽幸, 白鳥史明, 酒井隆光, 鏡 哲, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌および他の消化器癌の患者における自己抗体誘導および遺伝子発現の予後の影響.  第93回日本胃癌学会総会,  完全Web開催,  2021/03
4. ◎大嶋陽幸, 白鳥史明, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 島田英昭: 抗p53抗体価100以上の胃癌手術症例は予後が悪い.  第93回日本胃癌学会総会,  完全Web開催,  2021/03
5. ◎白鳥史明, 大嶋陽幸, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 島田英昭: Nivolumabによる治療によりpathological Complete Responseを得た胃癌の1例.  第93回日本胃癌学会総会,  完全Web開催,  2021/03
6. ◎菊池由宣, 岡本陽祐, 黒澤武介, 清水宏繁, 山本慶郎, 栃木直文, 渋谷和俊, 島田英昭, 五十嵐良典: Carboplatin+nab-Paclitaxel療法で病理学的CRになった若年性食道癌の1例.  第18回日本臨床腫瘍学会学術集会,  On-demand Streaming,  2021/02
7. ◎谷島 聡, 鈴木 隆, 白鳥史明, 大嶋陽幸, 名波竜規, 荻野昌弘, 大塚由一郎, 大西 清, 船橋公彦, 島田英昭: シンポジウム「各領域における合同手術(連係手術) の現状とピットフォール」食道癌手術における他診療科との合同手術の課題.  第45回日本外科系連合学会学術集会,  WEB開催,  2020/12
8. ◎島田英昭: ランチョンセミナー「ニボルマブ登場による食道がん薬物療法の潮流を読む~胃癌における使用経験を踏まえて~」(共催:小野薬品工業株式会社/ブリストル・マイヤーズスクイブ株式会社).  第75回日本消化器外科学会総会,  和歌山市(ハイブリッド開催),  2020/12
9. ◎酒井 悠, 鈴木 隆, 酒井隆光, 大嶋陽幸. 谷島 聡, 島田英昭: 食道扁平上皮癌手術症例における術前術後血清p53抗体の推移と予後の解析.  第74回日本食道学会学術集会,  徳島市(Web開催を主体としたハイブリッド型開催),  2020/12
10. ◎谷島 聡, 鈴木 隆, 白鳥史明, 酒井隆光, 梶原庸司, 池田裕一, 名波竜規, 大嶋陽幸, 船橋公彦, 島田英昭: 食道胃管吻合におけるCollard変法とGambee吻合の比較.  第74回日本食道学会学術集会,  徳島市(Web開催を主体としたハイブリッド型開催),  2020/12
11. ◎島田英昭, 小澤壯治, 松原久裕: 引用実績からみたEsophagus掲載論文の評価と今後の編集戦略.  第74回日本食道学会学術集会,  徳島市(Web開催を主体としたハイブリッド型開催),  2020/12
12. ◎鈴木 隆, 谷島 聡, 岡村明彦, 吉田直矢, 谷山裕亮, 村上 健太郎, 大倉 遊, 中島康晃, 八木浩一, 島田英昭(日本食道学会多施設研究グループ p53抗体研究): NAC(FP)施行食道癌切除例における血清p53抗体の予後因子としての意義.  第74回日本食道学会学術集会,  徳島市(Web開催を主体としたハイブリッド型開催),  2020/12
13. ◎岡田 嶺, 島田英昭, 伊藤悠子, 松本 悠, 石井 淳, 前田徹也, 土屋 勝, 大塚由一郎, 船橋公彦: 肝細胞癌における自己抗体の有用性.  第75回日本消化器外科学会総会,  和歌山市(ハイブリッド開催),  2020/12
14. ◎牛込充則, 長嶋康雄, 三浦康之, 金子奉暁, 吉野 翔, 栗原聰元, 密田亜希, 栃木直文, 島田英昭, 船橋公彦: 直腸癌に対する術前化学放射線療法(CRT) の効果とPET 検査を用いた評価.  第75回日本消化器外科学会総会,  和歌山市(ハイブリッド開催),  2020/12
15. ◎甲田貴丸, 船橋公彦, 栗原聰元, 牛込充則, 金子奉暁, 長嶋康雄, 三浦康之, 吉野 翔, 島田英昭: 日本語版Fecal Incontinence Score(JFIQL) を用いた大腸癌術後排便障害のQOL 評価.  第75回日本消化器外科学会総会,  和歌山市(ハイブリッド開催),  2020/12
16. ◎大嶋陽幸, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌手術症例における血清p53 抗体価の予後因子としての意義.  第75回日本消化器外科学会総会,  和歌山市(ハイブリッド開催),  2020/12
17. ◎谷島聡, 鈴木 隆, 白鳥史明, 梶原庸司, 池田裕一, 名波竜規, 大嶋陽幸, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: 胸部食道癌術後surgical site infection の解析.  第75回日本消化器外科学会総会,  和歌山市(ハイブリッド開催),  2020/12
18. ◎島田英昭, 遠藤 格, 森 正樹: 引用実績からみたAnnals of Gastroenterological Surgery 掲載論文の評価と今後の編集戦略.  第75回日本消化器外科学会総会,  和歌山市(ハイブリッド開催),  2020/12
19. ◎島田英昭: 多施設後方視的解析研究の企画と発表方法について.  第184回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  東京都(ハイブリッド形式),  2020/11
20. ◎古田 雅, 島田英昭, 谷島 聡, 大嶋陽幸, 鈴木 隆, 白鳥史明, 梶原庸司, 中村芽以子, 鳥居春菜, 鷲澤尚宏: シンポジウム「胃外科術後障害における多職種連携−胃を手術する立場、栄養管理をする立場からの提言と連携−」胃切徐術後障害による食事摂取量低下に対する栄養管理の実態.  第50回胃外科・術後障害研究会,  WEBライブ配信,  2020/11
21. ◎島田英昭(コメンテーター): 再建術式の比較.  第50回胃外科・術後障害研究会,  WEBライブ配信,  2020/11
22. ◎栗原聰元, 吉野 優, 酒井 悠, 三浦康之, 長嶋康雄, 吉田公彦, 吉野 翔, 甲田貴丸, 鏡 哲, 鈴木孝之, 金子奉暁, 牛込充則, 島田英昭, 渡邊正志, 船橋公彦: 後方深部複雑痔瘻に対する括約筋温存術.  第74回日本大腸肛門病学会学術集会,  WEB開催,  2020/11
23. ◎栗原聰元, 吉野 優, 三浦康之, 酒井 悠, 吉田公彦, 鈴木孝之, 長嶋康雄, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 島田英昭, 金子弘真, 船橋公彦: 直腸脱に対する全身状態と排便造影による直腸の固定性に基づいた術式選択(ワークショップ).  第82回日本臨床外科学会総会,  ライブ配信:2020年10月29日(木)~31日(土) オンデマンド配信:2020年10月29日(木)~11月30日(月),  2020/10
24. ◎本田善子, 酒井悠, 高地良介, 皆川輝彦, 大塚由一郎, 島田英昭, 船橋公彦, 瓜田純久, 島田長人: 再発鼠径部ヘルニアに対する治療戦略(ワークショップ).  第82回日本臨床外科学会総会,  ライブ配信:2020年10月29日(木)~31日(土) オンデマンド配信:2020年10月29日(木)~11月30日(月),  2020/10
25. ◎島田英昭, 西村恭昌: International Journal of Clinical Oncology の引用実績から考える編集戦略.  第58回日本癌治療学会学術集会,  京都市(ハイブリッド形式),  2020/10
26. ◎菊池由宣, 山下裕玄, 藤崎宗治, 吉本雄太郎, 大塚耕司, 永岡 栄, 藤田翔平, 里館 均, 磯部 陽, 三森教雄, 瀬戸泰之, 二渡信江, 谷島 聡, 大嶋陽幸, 島田英昭: トラスツズマブを併用した胃癌患者のカペシタビンおよびS-1 に対するPPI の効果の比較.  第58回日本癌治療学会学術集会,  京都市(ハイブリッド形式),  2020/10
27. ◎本田善子, 高地良介, 皆川輝彦, 大塚由一郎, 島田英昭, 船橋公彦, 瓜田純久, 島田長人: シンポジウム「急性虫垂炎治療のベストプラクティス」当科虫垂炎治療のベストプラクティス.  第56回日本腹部救急医学会総会,  名古屋市(Web開催),  2020/10
28. ◎牛込充則, 船橋公彦, 大塚 創, 鏡 哲, 三浦康之, 吉野 翔, 長嶋康雄, 金子奉暁, 久保田喜久, 栃木直文, 渋谷和俊, 島田英昭, 栗原聰元: 進行大腸癌の長期治療中にEndobronchial Metastasesを呈した1 例.  第58回日本癌治療学会学術集会,  京都市(ハイブリッド形式),  2020/10
29. ◎牛込充則, 船橋公彦, 三浦康之, 吉野翔, 山﨑信人, 金子奉暁, 島田英昭, 甲田貴丸, 鏡 哲, 栗原聰元: StageIV大腸癌におけるR0手術後の予後に関する検討.  第82回日本臨床外科学会総会,  ライブ配信:2020年10月29日(木)~31日(土) オンデマンド配信:2020年10月29日(木)~11月30日(月),  2020/10
30. ◎長嶋康雄, 山﨑信人, 吉野翔, 三浦康之, 甲田貴丸, 鏡 哲, 鈴木孝之, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦: 緩和ストーマ造設術における小野寺式栄養指数の意義.  第82回日本臨床外科学会総会,  ライブ配信:2020年10月29日(木)~31日(土) オンデマンド配信:2020年10月29日(木)~11月30日(月),  2020/10
31. ◎澤野貴亮, 谷島聡, 土屋勝, 岡田嶺, 梶原庸司, 鈴木隆, 酒井隆光, 大嶋陽幸, 名波竜規, 白鳥史明, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: 腹腔鏡下穿孔部閉鎖及び縦隔ドレナージを施行した特発性食道破裂の1例.  第82回日本臨床外科学会総会,  ライブ配信:2020年10月29日(木)~31日(土) オンデマンド配信:2020年10月29日(木)~11月30日(月),  2020/10
32. ◎島田英昭: 診療ガイドラインと分子腫瘍マーカーの開発戦略.  第40回日本分子腫瘍マーカー研究会,  Web開催(広島市),  2020/09
33. ◎伊藤正朗, 谷島 聡, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 名波竜規, 白鳥史明, 船橋公彦, 島田英昭: 食道癌における血清PD-L1 高値は予後不良因子か?.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
34. ◎森山 仁, 島田英昭: 再発時のCEA/CA19-9 値は胃癌の予後を反映するのか?.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
35. ◎大嶋陽幸, 白鳥史明, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌手術症例における術前血清亜鉛値は予後因子か?.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
36. ◎島田英昭: ランチョンセミナー:胃癌治療のパラダイムシフト「進行再発胃癌薬物療法の発展」(共催:ブリストル・マイヤーズ スクイブ株式会社/小野薬品工業株式会社).  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
37. ◎石岡伸規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 渡邊雅之, 吉田直矢, 谷山裕亮, 村上健太郎, 大倉 遊, 中島康晃, 八木浩一, 福田 俊, 小川 了, 星野 敢, 國崎主税, 成宮孝祐, 新原正大, 相馬大介, 島田英昭: 食道癌における治療前血清CYFRA の予後因子としての意義:p53 抗体多施設共同研究サブグループ解析から.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
38. ◎島田英昭: Surgery Today 掲載論文の引用回数からみた注目度の高い論文とは?.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
39. ◎鈴木 隆, 谷島 聡, 渡邊雅之, 吉田直矢, 谷山裕亮, 村上健太郎, 大倉 遊, 中島康晃, 八木浩一, 福田 俊, 小川 了, 星野 敢, 國崎主税, 成宮孝祐, 新原正大, 相馬大介, 島田英昭(日本食道学会推進研究:p53 抗体多施設研究グループ): 食道癌における治療前血清p53 抗体の予後因子としての意義.―p53 抗体多施設共同研究―.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
40. ◎岡田 嶺, 島田英昭, 土屋 勝, 伊藤悠子, 松本 悠, 石井 淳, 前田徹也, 大塚由一郎, 船橋公彦: 肝胆膵領域癌における血清programmed death ligand-1 の有用性.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
41. ◎梶原庸司, 大嶋陽幸, 白鳥史明, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭: 胃癌手術症例におけるBrain Natriuretic Peptideは予後因子か?.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
42. ◎牛込充則, 吉田公彦, 三浦康之, 鏡 哲, 金子奉暁, 栗原聰元, 酒井 悠, 島田英昭, 船橋公彦: Stage II,III 大腸癌の予後の検証.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
43. ◎栗原聰元, 吉野 優, 酒井 悠, 吉野 翔, 吉田公彦, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 渡邊正志, 金子弘真, 島田英昭, 船橋公彦, 松島 誠: 痔核の結紮切除術における術後出血リスク因子の検討.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
44. ◎酒井 悠, 栗原聰元, 吉野 優, 吉野 翔, 三浦康之, 吉田公彦, 長嶋康雄, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 鷲澤尚宏, 島田英昭, 船橋公彦, 松島誠: 直腸脱に対する手術法による術後成績の比較検討.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
45. ◎前田徹也, 土屋 勝, 岡田 嶺, 伊藤悠子, 松本 悠, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 石井 淳, 谷島 聡, 大塚由一郎, 島田英昭, 船橋公彦: 原発性十二指腸癌に対する治療成績.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
46. ◎谷島 聡, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 名波竜規, 白鳥史明, 池田裕一, 梶原庸司, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭: 進行再発食道癌に対するDocetaxel + Nedaplatin併用療法とDocetaxel 単独療法のランダム化比較第II 相臨床試験.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
47. ◎本田善子, 高地良介, 皆川輝彦, 大塚由一郎, 島田英昭, 船橋公彦, 瓜田純久, 島田長人: 高齢者の鼠径ヘルニア手術:TIPP の術後成績.  第120回日本外科学会定期学術集会,  横浜市(Web開催),  2020/08
48. ◎中村陽一, 廣井直樹, 島田英昭, 平沼彩子, 小林 紘, 後藤麻佑: Virtual Realityを用いた「看取りの場面」の卒前医学教育〜「知識」・「技能」・「態度」の融合教育を目指して〜 <ポスター発表>.  緩和・支持・心のケア合同学術大会2020(第25回日本緩和医療学会学術大会),  WEB開催,  2020/08
49. ◎中村陽一, 廣井直樹, 島田英昭, 平沼彩子, 小林 紘, 後藤麻佑: Virtual Realityを用いた「看取りの場面」の卒前医学教育〜「知識」・「技能」・「態度」の融合教育を目指して〜 <シンポジウム>.  緩和・支持・心のケア合同学術大会2020(第25回日本緩和医療学会学術大会),  WEB開催,  2020/08
50. ◎中村陽一,渡辺弘道, 芝 祐信, 勝田友絵, 鎮西美栄子, 平沼彩子, 小林 紘, 後藤麻佑: がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会「e-learningの復習」におけるクリッカーの有用性に関する検討.  緩和・支持・心のケア合同学術大会2020(第25回日本緩和医療学会学術大会),  WEB開催,  2020/08
51. ◎中村祐三, 小山明子, 中村陽一, 端詰勝敬: 実習前の医学生の精神的健康度と共感的コミュニケーション能力について.  第52回日本医学教育学会大会,  鹿児島,  2020/07
52. ◎小林正明, 中村陽一, 中田亜希子, 佐藤二美, 廣井直樹: ビデオ講義視聴(Video Lecture Delivery: VLD)システム導入から3年を振り返って.  第52回日本医学教育学会大会,  Web開催,  2020/07
53. ◎中村陽一, 廣井直樹, 小林正明, 中田亜希子, 原 文彦, 並木 温, 佐藤二美, 島田英昭: Virtual Realityを用いた卒前医学教育における「看取りの技能・態度教育」の学生評価.  第52回日本医学教育学会大会,  Web開催,  2020/07
54. ◎島田英昭: 腫瘍外科論文の書き方(イントロ編)「その研究の魅力は何か?」.  第183回日本胸部外科学会関東甲信越地方会,  Web開催,  2020/07
55. ◎星野 敢, 郡司 久, 白鳥史明, 田部俊輔, 滝口伸浩, 鍋谷圭宏, 島田英昭: 胃癌および他の消化器癌の患者における自己抗体誘導および遺伝子発現の予後の影響.  第92回日本胃癌学会総会,  開催日変更、WEB開催に変更:7月1日(水)~31日(金),  2020/07
56. ◎大嶋陽幸, 白鳥史明, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 島田英昭: 胃癌手術症例における術後血清亜鉛値の推移.  第92回日本胃癌学会総会,  開催日変更、WEB開催に変更:7月1日(水)~31日(金),  2020/07
57. ◎Shimada H: Symposium 1「A new world of biomarkers in gastric cancer drug therapy」Digitalization of Treatment Strategy for Gastric Cancer Through Blood Biomarkers.  第93回日本胃癌学会総会,  完全Web開催,  2021/03
58. ◎Shimada H: The concepts of 6th Gastric Cancer Treatment Guideline.  第92回日本胃癌学会総会,  開催日変更、WEB開催に変更:7月1日(水)~31日(金),  2020/07
国際学会
1. ◎Kojima K, Goto M, Nagashima Y, Kawai M, Masaki T, Sunami E, Eto K, Nozawa K, Sakamoto K, Funahashi K: Multicenter randomized phase two study on effectiveness of negative pressure wound therapy for the wound of ileostomy closure.  30th Biennial Congress of ISUCRS 2020,  Yokohama -Online Congress-,  2020/11
2. ◎Kurihara A, Yoshino Y, Yosihda K, Suzuki T, Yoshino S, Kouda T, Nagashima Y, Kagami S, Kaneko T, Ushigome M, Shiokawa H, Watanabe M, Shimada H, Kaneko H, Funahashi K: Laparoscopic direct suture rectopexy for rectal prolapse.  30th Biennial Congress of ISUCRS 2020,  Yokohama -Online Congress-,  2020/11
  :Corresponding Author
  :本学研究者