東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


  ナカムラ ヨウイチ   Nakamura Yoichi
  中村 陽一
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大森病院)
   職種   准教授
    (最終更新日:2019-12-03 10:46:55)
■ 学位
1. 博士(医学)
■ 刊行論文
1. 原著  A survey of palliative edicine education in Japan's undergraduate medical curriculum 2017/06
2. 原著  Neutrophil / lymphocyte ratio has a prognostic value for patients with terminal cancer. 2016/05
3. 原著  A Mouse Model for Postoperative Fatal Enteritis Due to Staphylococcus Infection 2001/03
4. 症例報告  Pericardial effusion-induced subcutaneous edema in the trunk and lower limbs after percutaneous drainage for carcinomatous pericarditis: report of a case. 2018/01
5. 原著  Use of the Prognostic Nutritional Index to predict clinical outcomes of patients with terminal stage cancer 2013/07
6. 総説  Percutaneous endoscopic gastrostomy and percutaneous transesophageal gastrotubing for palliative treatment of malignant bowel obstruction: a review. 2016/12
7. 総説  NSAIDs, アセトアミノフェン 2019/11
8. 総説  悪性消化管閉塞に対する非薬物療法の位置づけ -消化管減圧を目的とした経皮内視鏡的胃瘻造設術と経皮経食道胃管挿入術 2015/09
9. 原著  大学病院の緩和ケア診療に関するアンケート調査結果報告 2014/12
10. 原著  終末期胃癌に対する消化器外科医による緩和医療の効果 2009/03
全件表示(75件)
■ 著書
1. 部分執筆  胸水「専門家をめざす人のための緩和医療学」 2019/06
2. 部分執筆  緩和医療「泌尿器科グリーンノート」 2019/04
3. 部分執筆  悪性胸水による呼吸困難に対する治療「がん患者の呼吸器症状の緩和に関するガイドライン 2016年版(第2版)」 2016/06
4. 部分執筆  背景知識 4.悪性胸水「がん患者の呼吸器症状の緩和に関するガイドライン 2016年版(第2版)」 2016/06
5. 編集・監修  「チェックリスト&症例で すぐにわかる!使える!緩和ケア実践力UPのポイント61 YORi-SOUがんナーシング 2019春季増刊」 2019/03
6. 部分執筆  症状を緩和する ②消化器症状「症例を時間で切って深く知る!がん緩和医療」 2017/06
7. 部分執筆  他職種の終末期医療の捉え方、そして理学療法士に対する期待
C. 緩和医療を行う医師の立場から「終末期理学療法の実践」 2015/04
8. 全体執筆  「臨床緩和ケア」 2013/03
9. 部分執筆  あらためて緩和ケアの定義を考える「チェックリスト&症例で すぐにわかる!使える!緩和ケア実践力UPのポイント61 YORi-SOUがんナーシング 2019春季増刊」 2019/03
10. 部分執筆  ホスピス・緩和ケア病棟「チェックリスト&症例で すぐにわかる!使える!緩和ケア実践力UPのポイント61 YORi-SOUがんナーシング 2019春季増刊」 2019/03
全件表示(26件)
■ 学会発表
1. 身につけてほしい、医療安全の基礎知識 (口頭発表,特別・招待講演等) 2019/06/22
2. 卒前医学教育における緩和医療学の講義・臨床実習の現状 (口頭発表,一般) 2019/06/22
3. 卒前医学教育における緩和医療学の臨床実習の現状調査. (口頭発表,一般) 2019/07/26
4. 卒前医学教育における看取りの態度と技能を学修するための演習の試み. (ポスター,一般) 2018/08/03
5. 「多職種で考える臨床倫理検討会」の定期開催への取り組み. (ポスター,一般) 2018/08/03
6. 医学部における緩和医療教育の現状と課題 (口頭発表) 2018/05/26
7. 緩和医療における胃瘻の位置づけ (口頭発表) 2017/06/23
8. 大学医学部・医科大学に緩和医療学講座が存在すると緩和医療学卒前教育カリキュラムは変わるのか? (口頭発表) 2017/06/23
9. ここが変わった!! 呼吸器症状ガイドライン2016年版 悪性胸水・咳嗽 (口頭発表) 2016/06/17
10. 全国80大学医学部における緩和ケア卒前教育の現状2015年調査報告 (口頭発表,一般) 2016/06/17
全件表示(132件)
■ 学歴
1. 1996/04~2000/03 東邦大学 医学研究科 博士課程修了 博士(医学)
■ 職歴
1. 2007/04~2009/01 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 助教
2. 2009/02~2015/05 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 講師
3. 2015/06~2017/06 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 助教授・准教授
4. 2017/07~2018/07 東邦大学 医学部 医学科 助教授・准教授
5. 2018/08 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 助教授・准教授
■ 現在の専門分野
緩和医療学, 医学教育学, 外科学 (キーワード:緩和医療学、医学教育学、外科学) 
■ 所属学会
1. 1996/05~ 日本外科学会
2. 2003/09~ 日本癌治療学会
3. 2006/04~ 日本緩和医療学会
4. 2013/10~ ∟ 緩和医療ガイドライン委員会 呼吸器症状ガイドライン改訂WPG
5. 2014/02~ ∟ 代議員
6. 2014/08~ ∟ 安全委員会 委員
7. 2016/09~2018/08 ∟ 緩和医療ガイドライン委員会 がん疼痛薬物療法ガイドライン改訂WPG員
8. 2008/07~ 日本死の臨床研究会
9. 2018/12~ ∟ 世話人
10. 2018/12~ ∟ 編集委員会 委員
全件表示(17件)
■ 受賞学術賞
1. 2014/06 第19回 日本緩和医療学会学術大会 優秀演題
2. 2014/10 第1回 医学生の緩和ケア教育のための授業実践大会 笑顔指導賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2002/04~2005/03  MRSAとE.coliの混合感染の遺伝子解析によるMOFの初期予防と治療の基礎検討 基盤研究(C) 
2. 2013  医学生のための緩和ケア教育のための教員セミナー  
3. 2014~2015  医学生の緩和ケア教育のための授業実践セミナー  
4. 2015~2016  医学生の緩和ケア教育のための授業実践セミナー  
5. 2016~2017  医学生の緩和ケア教育のための授業実践セミナー  
6. 2017~2018  医学生の緩和ケア教育のための授業実践セミナー  
7. 2018~2019  医学生の緩和ケア教育のための授業実践セミナー  
8. 2018/04~2019/03  診断技術の評価法と診断訓練機の構築のためのデータ獲得と処理に関する研究 明治大学先端数理科学インスティテュート数理科学共同研究プロジェクト 
9. 2019/04~2022/03  医療者としての態度を養う教育基盤形成へのVirtual Reality技術の応用 基盤研究(C)