東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 薬学部 医療薬学教育センター/病態生化学研究室
 

准教授:
  檜貝 孝慈
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















檜貝 孝慈   准教授
  1            
 3
(1)
 
 2
 
 2
 0 0  0 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 学会発表
国内学会
1. ◎小原圭将, 鈴木清那, 柴田寛子, 米山尚希, 八巻史子, 檜貝孝慈, 田中芳夫: ノルアドレナリンによるラット排尿筋の弛緩反応に関わるβ-アドレナリン受容体サブタイプの薬理学的検討.  第60回日本平滑筋学会総会,  東京都港区(東京慈恵会医科大学),  2018/08
2. ◎鶴岡優里, 山岸理沙, 曽根知世, 山﨑玖美, 茅野大介, 椎名俊介, 小原圭将, 八巻史子, 檜貝孝慈, 田中芳夫: イソプレナリンによるモルモット結腸縦走筋の弛緩反応にはβ1とβ3-アドレナリン受容体が関与する.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京都, 日本,  2018/08
国際学会
1. ◎Yamaki F, Chino D, Sone T, Yamazaki K, Tsuruoka Y, Yamagishi R, Shiina S, Obara K, Higai K, Tanaka Y: Pharmacological study of β-adrenoceptor subtypes that mediate isoprenaline-induced relaxation of guinea pig colonic longitudinal smooth muscles.  The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018),  Kyoto, Japan (Kyoto International Conference Center (ICC Kyoto)),  2018/07
2. ◎Obara K, Chino D, Sone T, Yamazaki K, Tsuruoka Y, Yamagishi R, Shiina S,Yamaki F, Higai K, Tanaka Y: The β1- and β3-adrenoceptor-mediated relaxation induced by isoprenaline in guinea pig colonic longitudinal smooth muscle.  Adrenoceptors 2018,  Shizuoka, Japan (Granship Convention Center),  2018/06
その他
1. ◎鶴岡優里, 山岸理沙, 曽根知世, 山﨑玖美, 茅野大介, 椎名俊介, 小原圭将, 八巻史子, 檜貝孝慈, 田中芳夫: モルモット結腸縦走筋におけるβ-アドレナリン受容体を介した弛緩反応に関する研究-β1とβ3サブタイプの関与-.  第2回下総薬理学研究会,  千葉県船橋市(東邦大学薬学部),  2018/06
2. ◎鈴木清那, 小原圭将, 柴田寛子, 米山尚希, 八巻史子, 檜貝孝慈, 田中芳夫: ノルアドレナリンはラット膀胱平滑筋のβ3 -アドレナリン受容体の内因性リガンドとなりうるか?.  第2回下総薬理学研究会,  千葉県船橋市,  2018/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者