東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 薬学部 医療薬学教育センター/病態生化学研究室
 

准教授:
  檜貝 孝慈
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















檜貝 孝慈   准教授
  2 1 5          1
 5
(1)
 
 2
 
 2
 0 1  0 0  0  1
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Higai K., Otsuka N., Tanaka Y., Matsumoto K., Matsui M., Yanai K., Wakui N., Nagai H:  Sorafenib Decreases Dihydropyrimidine Dehydrogenase Gene Expression in Hepatocellular Carcinoma HepG2 Cells.  Austin Journal of Pharmacology and Therapeutics  6 (1) :1102 , 2018
2. Ito K., Shiraishi R., Higai K.:  Globo-A binds to the recombinant natural cytotoxicity receptor NKp44.  Biological & pharmaceutical bulletin  41 :1480 -1484 , 2018
3. Zhang J., Li W., Sasaki T. Nagata K., Higai K., Feng F., Wang J., Cheng M., Koike K.:  Identification of caffeoylquinic acid derivatives as natural protein tyrosine phosphatase 1B inhibitors from Artemisia princeps.  Bioorganic & medicinal chemistry letters  28 (7) :1194 -1197 , 2018
4. Kobayashi K.,Higai K.,Matsuo K.,Bannai Y.,, Horie H.,Otakara Y., Li W.,Koike K.,Yanagino S., Watanabe K., Yoshio T.,Wakui N.,Nagai H:  Quantitative measurements of sorafenib in patients with advanced hepatocellular carcinoma.  International Journal of Research Studies in Medical and Health Sciences  3 (2) :14 -19 , 2018
5. Ito K., Kawana M.,Iwata T., Higai K.:  Transcriptional Regulation of the Natural Cytotoxicity Receptor NKp44 Gene in Human NK cell Leukemia.  Journal of Glycomics and Lipidomics  7 (1) :1 , 2018
6. Liu Q., Li W., Nagata K., Fu H., Okada S., Tanabe I., Kobori Y., Higai K., Norie W., Sasaki T., Asada Y., Zhao H., Bai H., Koike K:  Isolation, Structural Elucidation, and Liquid Chromatography–Mass Spectrometry Analysis of Steroidal Glycosides from Polygonatum odoratum.  Journal of agricultural and food chemistry  66 (2) :521 -531 , 2018
総説及び解説
1. 小林 康次郎、白石 凌、桧貝 孝慈 、和久井 紀貴 、永井 英成:  SorafenibによるNKG2DリガンドULBP1発現への影響.  The Liver Cancer Journal  1 (増刊号) :0 -0 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 桧貝 孝慈 、小林 康次郎、白石 凌、石橋 由花、和久井 紀貴、永井 英成: Sorafenib による NKG2D リガンド ULBP1 発現.  日本薬学会第139年会,  幕張メッセ,  2019/03
2. 向津 隆規、永井 英成、松井 太吾、吉峰 尚幸、天沼 誠、小林 康次郎、荻野 悠、松井 哲平、大道 泰子、和久井 紀貴、佅山 浩一、篠原 美絵、桧貝孝慈、五十嵐 良典: 当科におけるレンバチニブの使用経験.  第19回日本肝がん分子標的治療研究会,  ルサール九段下,  2019/01
3. ◎小原圭将, 鈴木清那, 柴田寛子, 米山尚希, 八巻史子, 檜貝孝慈, 田中芳夫: ノルアドレナリンによるラット排尿筋の弛緩反応に関わるβ-アドレナリン受容体サブタイプの薬理学的検討.  第60回日本平滑筋学会総会,  東京都港区(東京慈恵会医科大学),  2018/08
4. ◎鶴岡優里, 山岸理沙, 曽根知世, 山﨑玖美, 茅野大介, 椎名俊介, 小原圭将, 八巻史子, 檜貝孝慈, 田中芳夫: イソプレナリンによるモルモット結腸縦走筋の弛緩反応にはβ1とβ3-アドレナリン受容体が関与する.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京都, 日本,  2018/08
国際学会
1. ◎Yamaki F, Chino D, Sone T, Yamazaki K, Tsuruoka Y, Yamagishi R, Shiina S, Obara K, Higai K, Tanaka Y: Pharmacological study of β-adrenoceptor subtypes that mediate isoprenaline-induced relaxation of guinea pig colonic longitudinal smooth muscles.  The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (WCP2018),  Kyoto, Japan (Kyoto International Conference Center (ICC Kyoto)),  2018/07
2. ◎Obara K, Chino D, Sone T, Yamazaki K, Tsuruoka Y, Yamagishi R, Shiina S,Yamaki F, Higai K, Tanaka Y: The β1- and β3-adrenoceptor-mediated relaxation induced by isoprenaline in guinea pig colonic longitudinal smooth muscle.  Adrenoceptors 2018,  Shizuoka, Japan (Granship Convention Center),  2018/06
その他
1. ◎鶴岡優里, 山岸理沙, 曽根知世, 山﨑玖美, 茅野大介, 椎名俊介, 小原圭将, 八巻史子, 檜貝孝慈, 田中芳夫: モルモット結腸縦走筋におけるβ-アドレナリン受容体を介した弛緩反応に関する研究-β1とβ3サブタイプの関与-.  第2回下総薬理学研究会,  千葉県船橋市(東邦大学薬学部),  2018/06
2. ◎鈴木清那, 小原圭将, 柴田寛子, 米山尚希, 八巻史子, 檜貝孝慈, 田中芳夫: ノルアドレナリンはラット膀胱平滑筋のβ3 -アドレナリン受容体の内因性リガンドとなりうるか?.  第2回下総薬理学研究会,  千葉県船橋市(東邦大学薬学部),  2018/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者