<<< 前 2021年度 | 2022年度 | 2023年度
 薬学部 医療薬学教育センター/臨床薬学研究室
 

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















松尾 和廣   教授
  1  3          
 4
(3)
 
 
 
 
植草 秀介   講師
  1 2 1          2
(1)
 2
(2)
 
 
 
 
花井 雄貴   講師
   1 5  1        5
(5)
 5
(4)
 
 
 
 
 0 3  1 0  0  7
(6)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














松尾 和廣   教授
         
 
 
植草 秀介   講師
  2       2
(1)
 
 
花井 雄貴   講師
  1  1     5
(5)
 
 
 0 3  1 0  0  7
(6)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 平賀秀明, 植草秀介:  薬物治療に影響を与える医療機器プログラムの欠陥に関する調査.  医薬品情報学  25 (2) :91 -97 , 2023
2. Oda K, Yamada T, Matsumoto K, Hanai Y, Ueda T, Samura M, Shigemi A, Jono H, Saito H, Kimura T:  Model-informed precision dosing of vancomycin for rapid achievement of target area under the concentration-time curve: A simulation study.  Clinical and translational science  16 :2265 -2275 , 2023
3. Oda K, Yamada T, Matsumoto K, Hanai Y, Ueda T, Samura M, Shigemi A, Jono H, Saito H, Kimura T:  Model-informed precision dosing of teicoplanin for the rapid achievement of the target area under the concentration-time curve: A simulation study.  Clinical and translational science  16 :704 -713 , 2023
4. Hanai Y, Ueda T, Hamada Y, Oda K, Takahashi Y, Nakajima K, Miyazaki Y, Kiriyama M, Uekusa S, Matsuo K, Matsumoto K, Kimura T, Takesue Y:  Optimal timing for therapeutic drug monitoring of voriconazole to prevent adverse effects in Japanese patients.  Mycoses  66 :1035 -1044 , 2023
5. Shusuke Uekusa, Yuki Hanai, Shinobu Hirayama, Takuya Yokoo, Tetsuya Hasegawa, Kohei Shimoyama, Ayumu Kusano, Kenji Nishizawa, Takahiro Matsumoto, Kazuhiro Matsuo:  Vancomycin Hydrochloride as a Risk Factor for Acute Kidney Injury: A Retrospective Study.  Pharmacology  108 (5) :444 -450 , 2023
6. Shusuke Uekusa, Maho Nemoto, Yuki Hanai, Misaki Nakashin, Arisu Miyagawa, Sachiko Yanagino, Yoshiki Arita, Takahiro Matsumoto, Kenji Nishizawa, Hidenari Nagai, Koji Higai, Kazuhiro Matsuo:  Risk factors for Lenvatinib-induced high-grade hypothyroidism in patients with hepatocellular carcinoma: A retrospective study.  Pharmacology  108 (5) :460 -468 , 2023
7. Kouzu K, Tsujimoto H, Ishinuki T, Shinji S, Shinkawa H, Tamura K, Uchino M, Ohge H, Shimizu J, Haji S, Mohri Y, Yamashita C, Kitagawa Y, Suzuki K, Kobayashi M, Kobayashi M, Hanai Y, Nobuhara H, Imaoka H, Yoshida M, Mizuguchi T, Mayumi T, Kitagawa Y:  The effectiveness of fascial closure with antimicrobial-coated sutures in preventing incisional surgical site infections in gastrointestinal surgery: A systematic review and meta-analysis.  The Journal of hospital infection  :1 -9 , 2023
■ 著書
1. 花井雄貴:  抗菌薬TDM臨床実践ガイドライン2022のポイント 適切な投与設計とTDM ボリコナゾール.  月刊薬事5月号  94-97.  じほう,  東京, 2023
■ 学会発表
国内学会
1. ◎小川隆之, 花井雄貴, 松尾和廣, 植草秀介, 大橋隼人, 松本高広: ワルファリンの初回負荷投与の有効性及び安全性の検討.  第88回日本循環器学会学術集会,  神戸,  2024/03
2. ◎花井雄貴: 抗菌薬TDMガイドラインをどう評価し、どう活用するか?.  日本TDM学会第70回セミナー,  東京,  2024/02
3. ◎花井雄貴: メタ解析の進め方、まとめ方.  第36回日本外科感染症学会総会学術集会,  小倉,  2023/11
4. ◎植田貴史, 花井雄貴, 中嶋一彦, 竹末芳生: 抗真菌薬の適正使用活動の推進 抗真菌薬の適正使用活動における薬剤師の関与 VRCZのTDM、L-AMBの副作用対策.  第67回日本医真菌学会総会,  川越,  2023/10
5. ◎花井雄貴: 腸球菌/MRCNS、骨髄炎、髄膜炎におけるPK/PD.  第72回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第70回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会,  東京,  2023/10
6. ◎植草秀介: アクチグラフを用いたベンゾジアゼピン系薬漸減による精神疾患患者の活動・睡眠に及ぼす影響に関する研究.  第7回日本精神薬学会総会・学術総会,  岡山,  2023/09
7. ◎植草秀介, 渡部真澄, 花井雄貴, 木村伊都紀, 本郷誠司, 吉尾 隆, 松尾和廣: 注意欠如・多動性障害(ADHD)治療薬が睡眠に及ぼす影響.  第7回日本精神薬学会総会・学術総会,  岡山,  2023/09
8. ◎花井雄貴: 薬剤師による感染領域のエビデンスを創出しよう!~臨床研究はじめの一歩~ メタ解析の進め方、まとめ方.  日本病院薬剤師会関東ブロック 第53回学術大会,  新潟,  2023/08
9. ◎花井雄貴, 村上琳咲, 植草秀介, 松尾和廣: 小児におけるテイコプラニンの目標トラフ濃度設定に向けたメタ解析.  MRSAフォーラム2023,  東京,  2023/07
10. ◎花井雄貴, 松尾和廣, 竹末芳生: アジア人、非アジア人における安全性のためのボリコナゾール目標トラフ濃度設定に向けたメタ解析.  第97回日本感染症学会総会/第71回日本化学療法学会総会 合同学会,  横浜,  2023/04
11. ◎下山航平, 花井雄貴, 横尾卓也: バンコマイシンのTDMにおけるAUCとトラフ値の有効性および安全性に関する検討 -実臨床におけるトラフ採血によるAUC評価について-.  第97回日本感染症学会総会/第71回日本化学療法学会総会 合同学会,  横浜,  2023/04
12. ◎植田貴史, 花井雄貴, 中嶋一彦, 竹末芳生: Antifungal Stewardship実践における薬剤師の役割.  第97回日本感染症学会総会/第71回日本化学療法学会総会 合同学会,  横浜,  2023/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者