<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 看護学部 看護学科 感染制御学研究室
 Department of Infection Control and Prevention

教授:
  小林 寅吉
准教授:
  勝瀬(金山)明子
助教:
  金坂 伊須萌
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















小林 寅吉   教授
博士(保健学)
 1   2          1
(1)
 4
 
 2
 
 
勝瀬(金山) 明子   准教授
博士(医学)
  1  1          1
 3
 1
 
 
 
金坂 伊須萌   助教
博士(理学)
  1 1 1          2
 2
 
 2
 
 
 1 1  0 0  0  4
(1)
 1
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














小林 寅吉   教授
博士(保健学)
 1        1
(1)
 
 
勝瀬(金山) 明子   准教授
博士(医学)
         1
 1
 
金坂 伊須萌   助教
博士(理学)
  1       2
 
 
 1 1  0 0  0  4
(1)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 小林寅喆, 勝瀬明子, 金坂伊須萌, 榎本美郷, ,安藤仁, 小林士剛, 榎本崇浩:  マイクロプラズマ放電装置の抗菌薬耐性菌を含む各種細菌および真菌に対する殺菌作用に関する検討.  日本防菌防黴学会誌  49 (11) :in -press , 2021
2. Izumo KANESAKA, Akira OHNO, Akiko KANAYAMA KATSUSE, Hiroshi TAKAHASHI, Intetsu KOBAYASHI:  The emergence of the ceftriaxone-resistant Neisseria gonorrhoeae FC428 clone by transfer of resistance from an oral N. subflava reservoir of resistance.  Journal of Antimicrobial Chemotherapy  2021 :in -press , 2021
3. Masatoshi Tanaka, Ryusaburo Furuya, Intetsu Kobayashi, Akira Ohno, Izumo Kanesaka:  Molecular characteristics and antimicrobial susceptibility of penicillinase-producing Neisseria gonorrhoeae isolates in Fukuoka, Japan from 1996 to 2018.  Journal of Global Antimicrobial Resistance  26 :45 -51 , 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎金坂伊須萌、谷川聡子、勝瀬(金山)明子、小林寅喆: 銅合金の各種細菌およびウイルスに対する抗菌力および不活化抗力の検討.  第36回日本環境感染学会総会・学術集会,  名古屋国際会議場,  2021/09
2. ◎榎本美郷、谷川総子、金坂伊須萌、勝瀬明子、小林寅喆: 手指消毒薬効果の持続時間および手指と鼻腔における細菌との関係について.  第36回日本環境感染学会総会・学術集会,  名古屋国際会議場,  2021/09
3. ◎勝瀬明子、金坂伊須萌、小林寅喆: 回復期リハビリテーション施設の医療従事者におけるStaphylococcus aureusの保菌に関する検討.  第36回日本環境感染学会総会・学術集会,  名古屋国際会議場,  2021/09
4. ◎金坂伊須萌, 大野章, 勝瀬(金山)明子, 大西真, 小林寅喆: 口腔内常在N. subflavaによるN. gonorrhoeaeのCTRX耐性獲得に関する検討.  第95回日本感染症学会学術講演会,  横浜,  2021/05
5. 小林寅吉: 抗MRSA薬に抵抗するStaphylococcus aureusの生存戦略.  第95回日本感染症学会学術講演会・第69回日本化学療法学会総会,  横浜市・Online,  2021/05
国際学会
1. ◎Akiko Kanayama Katsuse, Satoko Tanikawa, Misato Enomoto, Izumo Kanesaka, Hiroshi Takahashi, Intetsu Kobayashi: The Association between Persistant Nasal Carriage Rate of Staphylococcus aureus and Nose to Hand and Finger Transfer in Preclinical Nursing Students.  World microbe forum 2021,  Online Worldwide,  2021/06
2. T. Jitsukawa, N. Kawakami, K. Shimada, I. Kanesaka, I. Kobayashi, ◎S. Fujisaki: Identification and Functional Analysis of the Lipid Phosphatase Genes Involved in the Dephosphorylation of Polyprenyl Diphosphates and Polyprenyl Phosphates in Staphylococcus aureus.  World microbe forum 2021,  Online Worldwide,  2021/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者