<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 看護学部 看護学科 感染制御学研究室
 Department of Infection Control and Prevention

教授:
  小林 寅吉
准教授:
  勝瀬(金山)明子
助教:
  金坂 伊須萌
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















小林 寅吉   教授
博士(保健学)
  1  1          
 4
 
 1
 
 1
勝瀬(金山) 明子   准教授
博士(医学)
  1  1          
 4
 1
 
 1
 
金坂 伊須萌   助教
博士(理学)
  1 1           4
 
 
 1
 
 1
 0 1  0 0  0  4
(0)
 1
(0)
 1
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














小林 寅吉   教授
博士(保健学)
         
 
 
勝瀬(金山) 明子   准教授
博士(医学)
         
 1
 1
金坂 伊須萌   助教
博士(理学)
  1       4
 
 
 0 1  0 0  0  4
(0)
 1
(0)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Izumo Kanesaka, Takamitsu Ito, Ritsuko Shishido, Makoto Nagashima, Akiko Kanayama Katsuse, Hiroshi Takahashi, Shingo Fujisaki, Intetsu Kobayashi:  Does sub-culturing of positive MRSA blood cultures affect vancomycin MICs?.  Journal of Medical Microbiology  69 (8) :1095 -1099 , 2020
総説及び解説
1. 小林寅喆:  環境管理による院内(病院)感染防止-最新情報をふまえて-
3. 感染制御における耐性菌と環境管理(感染制御学の立場で).  日本防菌防黴学会誌  48 (12) :653 -663 , 2020
2. 小林寅喆:  緊急特集版 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)~防菌防黴の観点から~
4. インフルエンザの予防とマスクの感染予防効果.  日本防菌防黴学会誌  48 (9) :473 -475 , 2020
その他
1. 倉地里枝, 勝瀬(金山)明子 , 金坂伊須萌 , 山田和範, 落合匠, 小林寅喆:  入院時の患者における抗菌薬耐性腸内細菌の保菌状況.  東邦看護学会誌  18 (2) :13 -20 , 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎金坂伊須萌, 吉田直美, 谷川聡子, 大野章, 勝瀬(金山)明子, 小林寅喆: BD Phoenixを用いた抗菌薬感受性試験成績によるCA-MRSAの推定.  第69回日本感染症学会 東日本地方会学術集会,  東京,  2020/10
2. ◎金坂伊須萌、 吉田直美、谷川聡子、大野章、勝瀬(金山)明子、 小林寅喆: BD Phoenixを用いた抗菌薬感受性試験成績によるCA-MRSA推定に関する検討.  第68回日本化学療法学会総会,  神戸,  2020/09
3. ◎金坂伊須萌、谷川聡子、勝瀬(金山)明子、伊與田貴子、天野綾子、小山英明、松本哲、小林寅喆: 関東地方において分離されたNeisseria gonorrhoeaeに対する各種抗菌薬感受性に関する検討.  第68回日本化学療法学会総会,  神戸,  2020/09
4. ◎金坂伊須萌、山根夏枝、小山英明、松本哲、勝瀬(金山)明子、金子明寛、小林寅喆: 口腔内常在Neisseria sp.に対する各種抗菌薬感受性推移および第3世代セフェム薬耐性化に関する検討.  第40回日本歯科薬物療法学会学術大会,  神奈川,  2020/06
国際学会
1. ◎Akiko Kanayama Katsuse, Ayano Ashizuka, Satoko Tanikawa, Misato Enomoto, Izumo Kanesaka, Hiroshi Takahashi, Intetsu Kobayashi: Nasal Carriage of Staphylococcus aureus and Residual Efficacy of Alcohol-based Handrub Disinfectants.  ASMmicrobe2020,  COVID-19により開催中止、Onlineにて抄録公開,  2020/06
その他
1. ◎勝瀬明子, 谷川聡子, 榎本美郷, 金坂伊須萌, 小林寅喆: 回復期リハビリテーション施設の医療従事者におけるStaphylococcus aureus(黄色ブドウ球菌)の保菌に関する検討.  第17回 東邦大学5学部合同学術集会,  オンライン開催,  2021/03
  :Corresponding Author
  :本学研究者