<<< 前 2022年度 | 2023年度 | 2024年度
 医学部 医学科 精神神経医学講座(佐倉)
 Department of Neuropsychiatry (Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















片桐 直之   准教授
    3          
 
 
 
 
 
林 果林   准教授
  1            3
(3)
 
 
 
 
 
 0 0  0 0  0  3
(3)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














片桐 直之   准教授
         
 
 
林 果林   准教授
         3
(3)
 
 
 0 0  0 0  0  3
(3)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 會田友里佳, 林果林, 端こず恵,, 中嶋希和, 松崎淳人, 齋木厚人, 桂川修一:  減量・代謝改善手術候補者における肥満および食行動と抑うつ・不安の関連.  心身医学  64 (3) :264 -273 , 2024
2. Tsutomu Takahashi, Naoyuki Katagiri, Yuko Higuchi, Shimako Nishiyama, Yu Arai, Hiromi Tagata, Suzie Lavoie, Patrick D. McGorry, Barnaby Nelson, Alison R. Yung, Tommaso Boldrini, Takahiro Nemoto, Masafumi Mizuno, Michio Suzuki, Adrea Polarif:  Nomenclature for psychosis risk in Japan: survey results from high-risk individuals, caregivers, and mental health professionals.  Schizophrenia research  :in press , 2024
■ 学会発表
国内学会
1. 林 果林: 心理社会面を考慮した肥満症診療について ~今後の課題と見立て方~.  第31回西日本肥満研究会 教育セミナー,  久留米大学,  2024/07
2. 林 果林: 肥満症の治療における心身医療の重要性 ~オベシティスティグマと心理社会的問題を考える~.  第65回日本心身医学会総会,  東京 一橋講堂,  2024/06
3. 林果林: 第3部:減量治療を支えるチーム医療 減量治療における精神科治療について.  第15回肥満症総合治療セミナー,  新大阪丸ビル別館,  2024/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者