(最終更新日:2022-01-09 17:01:07)
  カタギリ ナオユキ   Katagiri Naoyuki
  片桐 直之
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大森病院)
   職種   准教授

学位


医学博士

刊行論文


1. 総説  精神病の発症に抗う脳内変化 2018/06
2. 原著  Symptom recovery and relationship to structure of corpus callosum in individuals with an 'at risk mental state' 2018/02/28
3. 原著  Increased Occipital Gyrification and Development of Psychotic Disorders in Individuals with an At-Risk Mental State: A Multicenter Study 2017/11
4. 原著  Reduced thickness of the anterior cingulate cortex in individuals with an at-risk mental state who later develop psychosis 2017/07

著書


1. 部分執筆  自伝的記憶、作話、視覚性記憶障害、純粋健忘症候群、情動と記憶「やさしい高次機能障害用語事典」 2018/12
2. 部分執筆  早期発見・早期治療「リカバリーのためのワークブック」 2018/06/30

学会発表


1. At-risk mental stateにおける前頭-線条体-視床ループの生物学的変化 (口頭発表,一般) 2021/07/15
2. 抑うつ及び精神病症状が先行した思春期の側頭葉てんかんの一例 (口頭発表,一般) 2020/11
3. 精神病発症危険状態(ARMS)における血清中低分子濃度の解析 (口頭発表,一般) 2020/03/07
4. 山口大樹, 小口芳世, 小塩靖崇, 片桐直之, 辻野直久, 根本隆洋, 水野雅文: 一般成 人におけるメンタルヘルスリテラシーの WEB 調査. 第 39 回日本社会精神医学会学術 総会, 福岡, 2020.03 (口頭発表,一般) 2020/03
5. Symptom recovery and relationship to resilience of fronto -striato-thalamic circuit in individuals with an ‘at risk mental state’. (口頭発表,特別・招待講演等) 2020/01
6. ARMSにおける発症閾値下の精神病症状と大脳皮質-線条体-視床ループの変化についての研究 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2019/11/29
7. Analyses of metabolites related to polyunsaturated fatty acids in serum of antipsychotic-naïve individuals with an 'at-risk mental state'(ARMS) (ポスター,一般) 2019/10/11
8. 抗精神病薬未服薬の早期精神病における血清中グルタミン酸代謝物の解析 (口頭発表,一般) 2019/10/11
9. 統合失調症における社会機能と主観的ウェルビーイングの変化に対する社交不安症状の関与 (ポスター,一般) 2019/10/11
10. ARMSにおける発症閾値下の精神病症状と線条体体積の縦断的変化 (口頭発表,一般) 2019/06/23
全件表示(173件)
プロフィール

職歴


1. 2008/03~2018/03 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 助教
2. 2018/04~2021/02 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 講師
3. 2021/03~ 東邦大学 医学部 医学科(大森病院) 准教授

科研費研究者番号


70459759

受賞学術賞


1. 2021/08 BPNP2021 注目演題賞

研究課題・受託研究・科研費


1. 2020/04~2022/03  精神病発症危険状態(ARMS)の回復と皮質-線条体-視床回路の変化に関する 研究