<<< 前 2022年度 | 2023年度 | 2024年度
 医学部 医学科 内科学講座 循環器内科学分野(佐倉)
 Division of Cardiovascular Medicine, Department of Internal Medicine (Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















清水 一寛   准教授
   1           1
 2
(1)
 1
(1)
 
 
 
木下 利雄   講師
    1          
 3
(1)
 
 
 
 
伊藤 拓朗   助教
    1          
 1
 
 
 
 1
岩川 幹弘   助教
    1          
 2
(1)
 
 
 
 
佐藤 修司   助教
    1          
 2
 
 
 
 1
杉﨑 雄太   助教
    1          
 1
 
 
 
 
中神 隆洋   助教
    1          
 1
 
 
 
 
美甘 周史   助教
    1          
 2
 
 
 1
 
 0 1  0 0  0  1
(0)
 1
(1)
 1
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














清水 一寛   准教授
  1       1
 1
(1)
 
木下 利雄   講師
         
 
 
伊藤 拓朗   助教
         
 
 
岩川 幹弘   助教
         
 
 
佐藤 修司   助教
         
 
 
杉﨑 雄太   助教
         
 
 
中神 隆洋   助教
         
 
 
美甘 周史   助教
         
 
 1
 0 1  0 0  0  1
(0)
 1
(1)
 1
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. ◎Kazuhiro Shimizu, Takeshi Sasaki, Shunsuke Todani, Takuro Ito, Masahiro Iwakawa, Yuta Sugizaki, Shuji Sato, Takahiro Nakagami, Hiroshi Mikamo, Toshio Kinoshita:  Effect of a 3-Month Single-Drug Approach Using Rivaroxaban for Symptomatic Proximal Deep Vein Thrombosis.  Circulation Reports  :217 -222 , 2024
症例報告
1. Togawa M, Ikeda T, Konishi K, Ichibayashi R:  Repeated Hemolytic Streptococcal Infections in Soft Tissue Eosinophilic Granulomatosis (Kimura’s Disease): A Case Report.  Cureus Journal of Medical Science  16 (4) :e57811 -doi:10.7759/cureus.57811 , 2024
■ 学会発表
国内学会
1. ◎清水一寛, 田端強志, 岩川幹弘, 池田裕樹, 池田拓史, 野中翔矢, 佐藤修司, 中神隆洋, 美甘周史, 木下利雄: サクビトリルバルサルタンの高血圧症患者におけるCAVIの改善.  第56回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  神戸,  2024/07
2. ◎渡邉康弘, 野中翔矢, 山岡周平, 中村祥子, 堀川修, 山口崇, 佐藤修司, 戸谷俊介, 杉崎雄太, 伊藤拓郎, 美甘周史, 木下利雄, 清水一寛, 齋木厚人: ペマフィブラートが血管機能検査CAVIに及ぼす影響についての前向き観察研究(中間報告).  第56回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  兵庫県神戸市,  2024/07
3. ◎田端強志, 清水一寛, 瀧口真央, 守永幸大, 清水彩未, 丹治直映, 岩川幹弘, 木下利雄: トルエン中毒患者の心筋障害の検出に左室長軸方向ストレインが有用であった1例.  第35回日本心エコー図学会,  姫路,  2024/04
国際学会
1. ◎Kazuhiro Shimizu: Treatments of the patients with high CAVI.  The 21th Chinese International Congress of Vascular Medicine (CCVM 2024),  成都,  2024/06
その他
1. 美甘 周史、野中 翔矢、戸谷 俊介、伊藤 拓朗、佐藤 修司: 両膝関節拘縮のため治療オプションに制限があったCLTIの一例.  第11回千葉EVT研究会,  千葉,  2024/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者