<<< 前 2020年度 | 2021年度 | 2022年度
 医学部 医学科 内科学講座 循環器内科学分野(佐倉)
 Division of Cardiovascular Medicine, Department of Internal Medicine (Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















清水 一寛   准教授
  1 1 6  1 1       3
(2)
 15
(9)
 1
(1)
 
 
 1
(1)
髙橋 真生   講師
   1 2          
 5
(2)
 
 
 
 1
(1)
飯塚 卓夫   助教
              
 5
(3)
 
 
 
 1
(1)
伊藤 拓朗   助教
    1          2
 5
(3)
 
 
 
 4
(1)
岩川 幹弘   助教
    2          
 2
(2)
 
 
 
 
木下 利雄   助教
    2          3
(1)
 9
(5)
 
 2
(2)
 
 1
(1)
清川 甫   助教
    2          
 8
(7)
 
 
 
 1
(1)
佐藤 修司   助教
   1 3          4
(3)
 7
(2)
 
 
 
 4
(1)
杉﨑 雄太   助教
              3
 3
(1)
 
 
 
 1
(1)
中神 隆洋   助教
   1           1
(1)
 11
(7)
 
 
 
 1
(1)
美甘 周史   助教
              1
 4
(2)
 
 
 2
 2
(1)
 0 4  1 0  0  17
(7)
 1
(1)
 2
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














清水 一寛   准教授
  1  1     3
(2)
 1
(1)
 
髙橋 真生   講師
  1       
 
 
飯塚 卓夫   助教
         
 
 
伊藤 拓朗   助教
         2
 
 
岩川 幹弘   助教
         
 
 
木下 利雄   助教
         3
(1)
 
 
清川 甫   助教
         
 
 
佐藤 修司   助教
  1       4
(3)
 
 
杉﨑 雄太   助教
         3
 
 
中神 隆洋   助教
  1       1
(1)
 
 
美甘 周史   助教
         1
 
 2
 0 4  1 0  0  17
(7)
 1
(1)
 2
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Shuji Sato, Kazuhiro Shimizu, Mao Takahashi, Motoyuki Masai, Osamu Nagakawa, Junji Uchino, Toshihiko Suzuki, Yuka Sato, Noriko Iwai, Kohji Shirai:  Changes in blood pressure and arterial stiffness monitored using the cardio–ankle vascular index during hemodialysis.  Frontiers in Physiology  : , 2023
2. Takahiro Nakagami, Kazuhiro Shimizu (CO), Keiichi Hirano, Hajime Kiyokawa, Masahiro Iwakawa, Yuki Ikeda, Takashi Akiba, Keiichiro Terayama, Akihiro Ogawa, Kohji Shirai:  Cardio-ankle vascular index reflects the efficacy of Waon therapy in heart failure patients.  International Heart Journal  63 ((6)) :1092 -1098 , 2022
3. ◎Tsuyoshi Tabata, Shuji Sato, Ruiko Ohno, Masahiro Iwakawa, Hajime Kiyokawa, Yukihiro Morinaga, Naoaki Tanji, Toshio Kinoshita, and Kazuhiro Shimizu(CO):  Cardio-vascular interaction evaluated by speckle-tracking echocardiography and cardio-ankle vascular index in hypertensive patients.  International Journal of Molecular Sciences  23 ((22)) :1 -12 , 2022
4. Nagayama D, Fujishiro K, Miyoshi T, Horinaka S, Suzuki K, Shimizu K, Saiki A, Shirai K:  Predictive ability of arterial stiffness parameters for renal function decline: a retrospective cohort study comparing cardio-ankle vascular index, pulse wave velocity and cardio-ankle vascular index 0.  Journal of hypertension  40 (7) :1294 -1302 , 2022
5. Daiji Nagayama, Kentaro Fujishiro, Toru Miyoshi, Shigeo Horinaka, Kenji Suzuki, Kazuhiro Shimizu, Atsuhito Saiki, Kohji Shirai:  Predictive ability of arterial stiffness parameters for renal function decline: a retrospective cohort study comparing cardio-ankle vascular index, pulse wave velocity and cardio-ankle vascular index0 (Online ahead of print.).  Journal of hypertension  : , 2022
6. Shimizu K, Takahashi M, Sato S, Saiki A, Nagayama D, Hitsumoto T, Takahara A, Shirai K:  Rapid Rise in Cardio-Ankle Vascular Index as a Predictor of Impending Cardiovascular Events -Smooth Muscle Cell Contraction Hypothesis for Plaque Rupture -.  Vascular health and risk management  18 :879 -886 , 2022
症例報告
1. ◎戸谷俊介, 蛭田啓之, 高橋啓, 本村昇, 清水一寛:  肺塞栓症の原因として右室内感染性心内膜炎か右室内腫瘍かの鑑別に難渋し最終的にCalcified amorphous tumorと診断した一例.  心臓  54 (7) :838 -843 , 2022
2. Sakai D, Ono R, Ichibayashi R:  Physical findings of crowned dens syndrome.  Clinical Case Reports  11 (1) :DOI: 10.1002/ccr3.6852 , 2023
3. Shimizu N, Ito T, Sato S, Sugiura Y, Tatsuno I:  Urothelial Carcinoma With Pulmonary Tumor Thrombotic Microangiopathy After Chemotherapy for Hodgkin Lymphoma.  Journal of Clinical Medicine Research  14 (8) :327 -333 , 2022
■ 著書
1. 清水一寛:  肺血栓塞栓症.  救急・集中治療 循環管理のすべて  347-353.  総合医学社,  東京、日本, 2022
2. 戸谷俊介, 清水一寛:  タコツボ症候群他と急性脳疾患.  自律神経  378-383.  中外医学社,  東京, 日本, 2022
■ 学会発表
国内学会
1. 杉﨑 雄太、木下 利雄、 鈴木 琢途、 清水 一寛、 蛭田 啓之、 清水 直美: 化学療法により洞不全症候群が改善しペースメーカ植え込みを 回避し得た悪性リンパ腫の1例.  第15回植込みデバイス関連冬季大会,  仙台,  2023/02
2. ◎小川明宏, 清水一寛, 神崎慎也, 中神隆洋, 清川甫, 池田裕樹, 木戸聡史, 白井厚治: 左室駆出率が保持された心不全患者のサルコペニアとCardio-Ankle Vascular Index.  第56回日本成人病学会,  東京,  2023/01
3. ◎杉﨑雄太, 木下利雄, 大野瑠衣子, 田中康二郎, 中神隆洋, 清水一寛, 池田隆徳: ストレート型10極電極カテーテルが下大静脈口付近のChiari網に捕捉された1例.  第35回臨床不整脈研究会,  品川, 東京,  2023/01
4. ◎池田裕樹, 高橋真生, 佐藤修司.: 若年肥満低換気症候群による慢性心不全増悪に対して循環不全の管理と呼吸器管理で救命しえた一例.  第265回関東甲信越地方会,  ステーションコンファレンス東京,  2022/12
5. ◎清水一寛: 和温療法の効果と Cardio Ankle Vascular.  第1回和温療法学会,  本郷、東京,  2022/11
6. ◎木下 利雄, 杉﨑 雄太, 田中 康二郎, 池田 拓史, 中神 隆洋, 清水 一寛, 池田 隆徳: 右房中隔側および右肺静脈前庭部を回路とし、左房側より心外膜接続のEntran ceを焼灼し停止に成功したBiatrial tachycardiaの一例.  カテーテルアブレーション関連秋季大会2022,  新潟、日本,  2022/11
7. ◎杉﨑 雄太, 木下 利雄, 田中 康二郎, 中神 隆洋, 清水 一寛: 左肺静脈ridgeを焼灼し治療に成功したマーシャル静脈を介する心房頻拍の1例.  カテーテルアブレーション秋季大会2022,  新潟,  2022/11
8. ◎清水一寛, 岩川幹弘, 大野瑠衣子, 鈴木琢途, 野中翔矢, 中神隆洋, 川添理代, 飯塚卓夫: 静脈血栓塞栓症に対するクリニカルパス診療の導入実績.  第29回肺塞栓症研究会・学術集会,  東京,  2022/11
9. 清水一寛: 血栓性合併症(PTS、PE)抑制を見据えたDVT治療とVTE治療クリニカルパス.  第29回肺塞栓症研究会・学術集会,  東京,  2022/11
10. ◎佐藤修司: 血液透析時の血圧変度とCAVI.  第4回 臨床血管健康研究会,  東京,  2022/10
11. ◎永澤 悦伸、先崎 希恵、八尾 雅、川上 聡士、相本 恵美、佐藤 修司、高橋 真生、高原 章: 基礎実験:ヘスパンダー負荷が家兎の大動脈と大腿動脈の血管弾性に及ぼす影響.  第4回臨床血管健康研究会,  東京,  2022/10
12. ◎伊藤拓朗, 野中翔矢, 戸谷俊介, 佐藤修司, 美甘周史, 飯塚卓夫: ValsalVa洞拡張にて診断カテーテル挿入困難であったが、冠動脈CT+FFRctにて虚血評価を行った一例.  第60回CVIT関東甲信越地方会,  大手町サンケイプラザ,  2022/10
13. ◎Takahiro Nakagami, Kazuhiro Shimizu, Keiichi Hirano, Hajime Kiyokawa, Masahiro Iwakawa, Yuki Ikeda, Takashi Akiba, Keiichiro Terayama, Akihiro Ogawa, Kohji Shirai: 心不全に対する和温療法の有効性とCAVIの関係.  第4回臨床血管健康研究会,  東京,  2022/10
14. ◎鈴木琢途, 美甘周史, 伊藤拓朗, 櫻井大雅, 飯塚卓夫, 高橋真生, 中神隆洋, 木下利雄, 清川甫, 佐藤修司, 杉崎雄太, 戸谷俊介, 野中翔矢, 池田裕樹, 清水一寛: ワクチン接種後の心筋炎において、ストレインの低下を認めた一例.  第265回 日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2022/09
15. ◎伊藤拓朗, 佐藤修司, 鈴木琢途, 吉田瑠衣子, 野中翔矢, 池田裕樹, 戸谷俊介, 杉崎雄太, 清川甫, 中神隆洋, 美甘周史, 木下利雄, 飯塚卓夫, 髙橋真生, 清水一寛: 心肺停止となるもカテーテル的血栓吸引、PCPS導入で救命しえた高齢重症肺血栓塞栓症の一例.  第265回日本循環器学会関東甲信越地方会,  ステーションコンファレンス東京5階,  2022/09
16. ◎佐藤 修司, 伊藤 拓朗, 田端 強志, 清水 一寛: 慢性血栓塞栓性肺高血圧症における血管機能指標cardio-ankle vascular index (CAVI)と心室リモデリングの関係.  第54回 日本動脈硬化学会総会・学術集会,  久留米,  2022/07
17. ◎永澤 悦伸, 先崎 希恵, 霜田 晃, 白取 広芸, 八尾 雅, 相本 恵美, 佐藤 修司, 髙橋 真生, 白井 厚治, 高原 章: 循環血液量の変化による大動脈、大腿動脈弾性能の変動 ー麻酔ウサギでの検討ー.  第54回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  久留米,  2022/07
18. ◎佐藤 修司, 川上 聡士, 戸谷 俊介, 伊藤 拓朗, 野中 翔矢, 美甘 周史, 飯塚 卓夫, 清水 一寛: 血管弾性指標cardio-ankle vascular index(CAVI)が冠動脈形成術後の臨床成績に与える影響.  第30回日本心血管インターベンション治療学会学術集会,  横浜,  2022/07
19. ◎佐藤修司、伊藤拓朗、田端強志、清水一寛: CTEPH における血管機能指標 (CAVI) と心室リモデリングの関係.  第7回日本肺高血圧・肺循環学会学術集会,  東京,  2022/07
20. ◎寺山圭一郎, 清水一寛, 小川明宏, 神崎慎也, 秋葉崇, 中神隆洋, 清川甫, 岩川幹弘: 心臓血管外科術後患者の退院時運動能力指標としてのCalf Ankle Index.  第28回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  沖縄(WEB),  2022/06
21. ◎秋葉崇, 小川明宏, 寺山圭一郎, 神﨑慎也, 池田裕樹, 戸谷俊介, 清川甫, 中神隆洋, 清水一寛: 心不全を呈した高度肥満症に対する包括的リハビリテーションの重要性.  第28回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  沖縄(WEB),  2022/06
22. ◎小川明宏, 清水一寛, 寺山圭一郎, 秋葉崇, 神﨑慎也, 中神隆洋, 清川甫, 池田裕樹, 木戸聡史, 白井厚治: 心疾患患者における最高酸素摂取量の規定因子としての動脈弾性能.  第28回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  沖縄(WEB),  2022/06
23. ◎神崎慎也, 小川明宏, 秋葉崇, 寺山圭一郎, 池田裕樹, 岩川幹弘, 清川甫, 中神隆洋, 清水一寛: 高齢心不全患者の動脈弾性能Cardio-Ankle Vascular IndexとShort Physical
Performance Batteryの関連.  第28回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  沖縄(WEB),  2022/06
24. ◎木下 利雄: 不整脈の診断とリスク評価に関するガイドラインを読み解く~心臓突然死予知の視点から:JANIES Studyの成果~.  第68回日本不整脈心電学会学術大会,  横浜、日本,  2022/06
25. ◎木下利雄, 杉﨑雄太, 池田拓史, 中神隆洋, 清水一寛, 池田隆徳: Comparisons of The Electrophysiological Features in Epicardial Connection and Gap Connection Using an Ultra-HighDensity Mapping System.  第68回日本不整脈心電学会学術大会,  横浜、日本,  2022/06
26. ◎Hiroshi Mikamo, Shoya Nonaka, Shunsuke todani, Takuro Ito, Shuji Sato, Takuo Iizuka: Successful endovascular treatment with an SFA-POP double CTO via contralateral crossover approach by OTW IVUS-guided wiring.  Japan Endovascular Treatment Conference 2022,  大阪,  2022/06
国際学会
1. ◎Kazuhiro Shimizu: A huge earthquake hardened arterial stiffness monitored with cardio-ankle vascular index -stress and cardiovascular events-.  European Society of Medicine Web conference in 2022,  WEB,  2022/08
その他
1. ◎美甘 周史、伊藤 拓朗、佐藤 修司、飯塚 卓夫: 当院におけるR2Pの使用経験.  R2P Case sharing ~R2Pの可能性を追求する~,  WEB,  2023/02
2. 美甘 周史、野中 翔矢、戸谷 俊介、伊藤 拓朗、佐藤 修司: EVT中にBalloon shaftが断裂するも回収し、血行再建術に成功したCLTIの一例.  第15回JPR研究会,  東京,  2023/01
3. ◎鈴木琢途, 美甘周史, 伊藤拓朗, 櫻井大河, 大野瑠衣子, 池田裕樹, 野中翔矢, 戸谷俊介, 杉崎雄太, 佐藤修司, 清川甫, 中神隆洋, 美甘周史, 木下利雄, 高橋真生, 清水一寛: 若年男性の急性心筋炎で両心房にストレインの低下を認めた一例.  第58回循環器合同カンファレンス,  千葉(WEB),  2022/07
4. ◎美甘 周史、野中 翔矢、戸谷 俊介、伊藤 拓朗、佐藤 修司、飯塚 卓夫: 治療に難渋した高度石灰化のCLTIの一例.  Percutaneous Peripheral Intervention Conference2022,  WEB,  2022/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者