東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 外科学講座 一般・消化器外科学分野(大橋)
 Division of General and Gastroenterological Surgery, Department of Surgery (Ohashi)

教授:
  草地 信也
  斉田 芳久
准教授:
  渡邉 学
講師:
  浅井 浩司
  榎本 俊行
  岡本 康
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















草地 信也   教授
  3            
 5
(2)
 
 2
(2)
 
 
斉田 芳久   教授
 1 3            
 2
 
 2
(2)
 
 
渡邉 学   准教授
  3  1          
 3
 
 3
(2)
 
 
浅井 浩司   講師
 3             3
 
 1
(1)
 1
(1)
 
 
榎本 俊行   講師
  2            
 2
 
 1
(1)
 
 
岡本 康   講師
              
 
 
 
 
 
秋山 美和   助教
              
 1
 
 
 
 
桐林 孝治   助教
              1
(1)
 1
(1)
 
 
 
 1
齋藤 智明   助教
  3            
 3
 
 2
(2)
 
 
髙橋 亜紗子   助教
              
 
 
 
 
 
長尾 さやか   助教
  1            
 
 
 
 
 
西牟田 浩伸   助教
              1
(1)
 1
(1)
 
 
 
 
萩原 令彦   助教
              
 2
(2)
 
 
 
 
渡邊 良平   助教
              
 
 
 
 
 
 4 0  0 0  0  5
(2)
 1
(1)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. 斉田芳久, 長尾さやか, 横内幸:  虫垂疾患の鑑別と手術適応.  手術  72 (8) :1203 -1207 , 2018
症例報告
1. 浅井浩司,渡邉 学,齋藤智明,斉田芳久,前谷 容,草地信也:  消化管ステント留置により術前経口摂取を可能とした膵頭十二指腸切除の2例.  日本臨床外科学会雑誌  79 (3) :578 -584 , 2018
2. 浅井浩司,渡邉 学,松清 大,齋藤智明,鯨岡 学,森山穂高,榎本俊行,斉田芳久,原 英彦,草地信也:  無症候性肝動脈瘤に対してステント支援下コイル塞栓術を施行した1例.  臨牀と研究  95 (5) :557 -560 , 2018
3. 浅井浩司,渡邉 学,松清 大,齋藤智明,鯨岡 学,森山穂高,榎本俊行,斉田芳久,大原関利章,草地信也:  CA19-9上昇を認めた膵内副脾に発生した類皮嚢胞の1例.  臨牀と研究  95 (6) :669 -672 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎前田徹也, 草地信也, 船橋公彦, 後藤麻佑, 伊藤悠子, 大塚由一郎, 新妻 徹, 三鴨廣繁, 竹末芳生, 炭山嘉伸: 消化器外科術後における抗菌薬関連性腸炎の現状-JPICS’15 サブ解析-.  第73回日本消化器外科学会総会,  鹿児島市,  2018/07
2. ◎浅井浩司,渡邉 学,松清 大,齋藤智明,鯨岡 学,森山穂高,片桐美和,榎本俊行,斉田芳久,草地信也: 急性胆嚢炎に対する腹腔鏡下手術における単孔式腹腔鏡下手術用デバイスを応用した手術指導の工夫.  第73回日本消化器外科学会総会,  鹿児島,  2018/07
3. ◎浅井浩司,渡邉 学,齋藤智明,森山穂高,鯨岡 学,榎本俊行,斉田芳久,草地信也: 急性胆嚢炎に対する早期腹腔鏡下胆嚢摘出術-修練医の先生に知っていただきたい基礎知識-.  第7回サマーセミナー in 沖縄,  沖縄,  2018/07
4. ◎Asai K, Watanabe M, Saito T, Kujiraoka M, Moriyama H, Kusachi S: Instruction of laparoscopic cholecystectomy in acute cholecystitis using single-incisional laparoscopic surgery device.  The 30th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery,  横浜,  2018/06
5. ◎Nishimuta.H,Kiribayashi.T,Hagiwara.O,Niitsuma.T,Ito.K,Kusachi.S: 5 cases of pleurodesis treatment for bilateral malignant pleural effusion.  第58回日本呼吸器学会学術講演会(Annals of The Japanese Respiratory Society),  大阪,  2018/04
6. ◎Kiribayashi.T,Nishimuta.H,Hagiwara.O,Niitsuma.T,Ito.K,Kusachi.S,: Examination of The Rate of Quitting to Smoke among Smoker Patients who Underwent Lung Cancer Operation.  第58回日本呼吸器学会学術講演会(Annals of The Japanese Respiratory Society),  大阪,  2018/04
国際学会
1. ◎Kujiraoka.M,Kuroda.M,Asai.K,Watanabe.M,Matsukiyo.H,Saito.Toriyama.H,Saida.Y,Kusachi.S,: Comprehensive Diagnosis and Severity Evaluation for Acute Cholecystitis Using Metagenomic Approach.  "International Association of Surgeons,Gastroenterologists and Oncologists,  東京,  2018/04
2. ◎Asai K, Watanabe M, Saito T, Kujiraoka M, Moriyama H, Katagiri M, Enomoto T, Saida Y, Kusachi S: Timing of laparoscopic cholecystectomy for acute cholecystitis using propensity score matching.  International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists Continuing Medical Education: Advanced Post-Graduate Course in Tokyo 2018,  東京,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者