東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 内科学講座 循環器内科学分野(大橋)
 Division of Cardiovascular Medicine Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  中村 正人
  諸井 雅男
准教授:
  原 英彦
講師:
  飯島 雷輔
助教:
  中村 啓二郎
  池田 長生
  宇都宮 誠
  榎本 善成
  矢﨑 義行
助教(任期):
  福井 遼
  粟屋 徹
  雨宮 勝嗣
  牧野 健治
  山下 雄司
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















中村 正人   教授
 1 2 2 13  1 1       9
(9)
 59
(19)
 1
 9
 2
(2)
 
諸井 雅男   教授
    2          
 4
 
 1
 1
 
原 英彦   准教授
    2          9
(4)
 14
(3)
 2
(2)
 2
 
 
飯島 雷輔   講師
    1          4
(4)
 12
(1)
 
 1
 
 
池田 長生   助教
 1  2           3
(1)
 9
(2)
 
 
 
 
宇都宮 誠   助教
 1   1  1        6
(4)
 11
(3)
 2
 
 
 
榎本 善成   助教
              
 2
 
 
 
 
小野 剛   助教
              
 1
 
 
 
 
德江 政英   助教
              
 5
 
 
 
 
中村 啓二郎   助教
              
 3
 
 
 
 
長島 義宜   助教
              1
 12
 
 
 
 
新倉 寛輝   助教
              
 
 1
 1
 
 
橋本 剛   助教
              1
(1)
 8
(1)
 
 1
 
 
矢﨑 義行   助教
   1 1          
 
 1
 
 
 
山﨑 健司   助教
              2
 2
(1)
 
 
 
 
 3 5  2 0  0  35
(23)
 7
(2)
 3
(2)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Inohara T, Kohsaka S, Yamaji K, Ishii H, Amano T, Uemura S, Kadota K, Kumamaru H, Miyata H, Nakamura M:  Risk stratification model for in-hospital death in patients undergoing percutaneous coronary intervention: a nationwide retrospective cohort study in Japan.  BMJ Open  9 (5) :e026683 -e026683 , 2019
2. Funatsu A, Anzai H, Komiyama K, Oi K, Araki H, Tanabe Y, Nakano M, Utsunomiya M, Mizuno A, Higashitani M, Nakamura S:  Stent implantation for May-Thurner syndrome with acute deep venous thrombosis: acute and long-term results from the ATOMIC (AcTive stenting for May-Thurner Iliac Compression syndrome) registry.  Cardiovascular Intervention and Therapeutics  34 (2) :131 -138 , 2019
3. Fujii T, Ikari Y, Hashimoto H, Kadota K, Amano T, Uemura S, Takashima H, Nakamura M; J-PCI Investigators.:  Post-interventional adverse event risk by vascular access site among patients with acute coronary syndrome in Japan: observational analysis with a national registry J-PCI database.  Cardiovascular Intervention and Therapeutics  :ahead of print -ahead of print , 2019
4. Ikeda N, Kubota S, Okazaki T, Iijima R, Hara H, Hiroi Y, Nakamura M:  The predictors of complications in balloon pulmonary angioplasty for chronic thromboembolic pulmonary hypertension.  Catheterization and Cardiovascular Interventions  93 (6) :E349 -E356 , 2019
5. Uemura S, Okamoto H, Nakai M, Nishimura K, Miyamoto Y, Yasuda S, Tanaka N, Kohsaka S, Kadota K, Saito Y, Tsutsui H, Komuro I, Ikari Y, Ogawa H, Nakamura M:  Primary Percutaneous Coronary Intervention in Elderly Patients With Acute Myocardial Infarction ― An Analysis From a Japanese Nationwide Claim-Based Database ―.  Circulation Journal  83 (6) :1229 -1238 , 2019
6. Yamamoto T, Yoshida N, Takayama M, Tokyo CCU Network:  Temporal Trends in Acute Myocardial Infarction Incidence and Mortality Between 2006 and 2016 in Tokyo- Report From the Tokyo CCU Network.  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  83 (6) :1405 -1409 , 2019
7. Salzano A, Israr MZ, Yazaki Y, Heaney LM, Kanagala P, Singh A, Arnold JR, Gulsin GS, Squire IB, McCann GP, Ng LL, Suzuki T:  Combined use of trimethylamine N-oxide with BNP for risk stratification in heart failure with preserved ejection fraction: findings from the DIAMONDHFpEF study.  European Journal of Preventive Cardiology  :ahead of print -ahead of print , 2019
8. Yazaki Y, Salzano A, Nelson CP, Voors AA, Anker SD, Cleland JG, Lang CC, Metra M, Samani NJ, Ng LL, Suzuki T:  Geographical location affects the levels and association of trimethylamine N-oxide with heart failure mortality in BIOSTAT-CHF: a post-hoc analysis.  European journal of heart failure : journal of the Working Group on Heart Failure of the European Society of Cardiology  :ahead of print -ahead of print , 2019
9. Kang J, Park KW, Ki YJ, Park J, Rhee T, Kim CH, Han JK, Yang HM, Kang HJ, Koo BK, Nakamura M, Hamasaki T, Yokoi H, Cohen D, Kim HS:  Development and Validation of an Ischemic and Bleeding Risk Evaluation Tool in East Asian Patients Receiving Percutaneous Coronary Intervention.  Journal of Thrombosis and Haemostasis  119 (7) :1182 -1193 , 2019
10. Nakamura M, Ako J, Arai H, Hirayama A, Murakami Y, Nohara A, Uno K, Ozaki A, Harada-Shiba M:  Investigation into Lipid Management in Acute Coronary Syndrome Patients from the EXPLORE-J Study.  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  26 (6) :559 -572 , 2019
11. Nakamura M:  What is the Sweet Spot for Platelet Reactivity in Japanese Patients?.  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  :ahead of print -ahead of print , 2019
12. Awaya T, Kodama C, Yamamoto M, Okazaki O, Hara H, Hiroi Y, Moroi M:  A case of prominent coronary plaque regression with statin therapy.  Journal of Cardiovascular Computed Tomography  :ahead of print -ahead of print , 2019
13. Nakamura S, Kawano Y, Nakajima K, Hase H, Joki N, Hatta T, Nishimura S, Moroi M, Nakagawa S, Kasai T, Kusuoka H, Takeishi Y, Momose M, Takehana K, Nanasato M, Yoda S, Nishina H, Matsumoto N, Nishimura T:  Prognostic study of cardiac events in Japanese patients with chronic kidney disease using ECG-gated myocardial Perfusion imaging: Final 3-year report of the J-ACCESS 3 study.  Journal of Nuclear Cardiology  26 (2) :431 -440 , 2019
14. Iida O, Urasawa K, Komura Y, Soga Y, Inoue N, Hara H, Yajima J, Nakamura S, Ohki T, Ando H, Hirano K, Horita Y, Kichikawa K, Yokoi Y, Miyamoto A, Nakamura M, Takahara M, Mano T, Nanto S:  Self-Expanding Nitinol Stent vs Percutaneous Transluminal Angioplasty in the Treatment of Femoropopliteal Lesions: 3-Year Data From the SM-01 Trial.  Journal of endovascular therapy : an official journal of the International Society of Endovascular Specialists  26 (2) :158 -167 , 2019
15. Kubo S, Yamaji K, Inohara T, Kohsaka S, Tanaka H, Ishii H, Uemura S, Amano T, Nakamura M, Kadota K:  In-Hospital Outcomes After Percutaneous Coronary Intervention for Acute Coronary Syndrome With Cardiogenic Shock (from a Japanese Nationwide Registry [J-PCI Registry]).  The American journal of cardiology  123 (10) :1595 -1601 , 2019
16. Yasuda S, Kaikita K, Akao M, Ako J, Matoba T, Nakamura M, Miyauchi K, Hagiwara N, Kimura K, Hirayama A, Matsui K, Ogawa H, on behalf of the Atrial Fibrillation and Ischemic events with Rivaroxaban in patiEnts with stable coronary artery disease (AFIRE) Investigator:  Antithrombotic Therapy for Atrial Fibrillation with Stable Coronary Disease.  The New England journal of medicine  :ahed of print -ahed of print , 2019
総説及び解説
1. 宇都宮誠, 中村正人:  炭酸ガス造影を安全に施行するために.  CATHLAB JIN  2 (2) :99 -101 , 2019
2. 池田長生, 中村正人:  デバイスの開発とその治療成績.  LISA  26 (6) :540 -543 , 2019
3. 中村正人:  安定冠動脈疾患の血行再建ガイドライン(2018年改訂版)についてー内科班長の立場からー.  Progress in Medicine  39 (6) :55 -59 , 2019
症例報告
1. Ikeda N, Hatano M, Nagamatsu T, Nakamura M:  Successful right heart remodelling and subsequent pregnancy in a patient with vhronic thromboembolic pulmonary hypertension undergoing balloon pulmonary angioplasty:a case report.  European Heart Journal Case Reports  open access :1 -6 , 2019
■ 著書
1. 宇都宮誠, 中村正人:  炭酸ガス造影を安全に施行するために.  CATHLAB JIN  99-101.  メディカルアイ,  東京, 2019
2. 中村正人:  急性冠症候群.  内科学書 改訂第9版  198-207.  中山書店,  東京, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎雨宮勝嗣, 飯島雷輔, 山下雄司, 遠井悟, 福井遼, 宇都宮誠, 池田長生, 原英彦, 中村正人: 冠動脈中等度狭窄に対して安静時全周期比RFRとコントラストFFRによる評価.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
2. ◎原英彦: 心房細動と脳梗塞 -デバイス治療の現状―.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
3. ◎佐藤学, 横内到, 山崎健司, 大関泰宏, 豊田康豪, 田村進, 杉薫, 西村潤一, 村瀬俊文: EVAR術後のグラフト脚閉塞に対しベアステント留置にてbail outが可能であった1例.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
4. ◎池田長生,飯島雷輔, 原英彦, 中村正人: 慢性血栓塞栓性肺高血圧症への逆行性アプローチによるバルーン肺動脈形成術.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
5. ◎長島義宜, 根本尚彦, 能戸辰徳, 清水貴之, 高江洲悟, 矢口知征, 鮫島雄祐,
安齋均, 中村正人: ECMOを要した再発性心原性ショック患者の生存退院における至適心肺蘇生術の重要性.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
6. ◎宇都宮誠: 治療の実際&症例提示 BTK.  第28回日本心血管インターベンション治療,  名古屋市,  2019/09
7. ◎鎌田大雅, 上田澪, 山田俊介, 小林敏子, 渡邉節夫, 山崎健司, 杉薫: カテ台移乗時の足台を使用した転倒転落リスク軽減への取り組み.  第28回日本心血管インターベンション治療,  名古屋市,  2019/09
8. ◎原英彦: WATCHMAN™左心耳閉鎖システム-これからはじまる新たな左心耳閉鎖治療-.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
9. ◎原英彦: SHD治療における心エコーの重要性 Update.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
10. ◎小沼芳信, 大野雅文, 原弘典, 高亀則博, 高橋邦彰, 川嶋秀幸, Serruys P: 次世代Bioresorbable scaffoldについて: これまでのトライアルからの教訓を未来のBRSにどう活かすか.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
11. ◎中村正人: AMED研究成果とPCI後の抗血栓療法.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
12. ◎飯島雷輔: 冠動脈石灰化病変に対する治療戦略1.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
13. ◎飯島雷輔: MVD disease / SYNTAX.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
14. ◎飯島雷輔, 山下雄司, 雨宮勝嗣, 遠井悟, 福井遼, 宇都宮誠, 池田長生, 原英彦, 中村正人: 石灰化病変に対するスコアリングバルーンとロータブレーター後のDCB治療効果.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
15. ◎飯島雷輔, 山下雄司, 雨宮勝嗣, 遠井悟, 福井遼, 宇都宮誠, 池田長生, 原英彦, 中村正人: 多枝病変に対する薬物コーティングバルーンとステントでのハイブリット治療の臨床成績.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
16. ◎角谷慶人, 全完, 飯田修, 山本義人, 川崎大三, 山内靖隆, 新谷嘉章, 横井宏佳, 菅野晃靖, 的場聖明, 中村正人: 穿通が容易な大動脈・腸骨動脈慢性完全閉塞病変は、EVT後の臨床転帰が不良である:OMOTENASHIレジストリのサブ解析より.  第28回日本心血管インターベンション治療,  名古屋市,  2019/09
17. ◎小沼芳信, 高亀則博, 高橋邦彰, 大野雅文, 原弘典, 川嶋秀幸, Serruys P: アスピリン中止は安全なのか?: ASETトライアル.  第28回日本心血管インターベンション治療,  名古屋市,  2019/09
18. ◎Nakamura M, Suzuki N, Kozuma K: Absorb GT1 Bioresorbable Vascular Scaffold System: One-Year Post-Marketing Surveillance in Japan.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  Nagoya,  2019/09
19. ◎高江洲悟, 根本尚彦, 矢口知征, 能戸辰徳, 清水貴之, 長島義宜, 安斎均: Closure deviceを用いた経カテーテル的V-A ECMO抜去の有効性と安全性.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
20. ◎山﨑健司, 横内到, 佐藤学, 豊田康豪, 熊谷賢太, 杉薫: 急性冠症候群の二次心血管イベントに対しての各種ω3脂肪酸製剤による有効性の検討.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
21. ◎小沼芳信, 高亀則博, 高橋邦彰, Banning A, Escaned J, Serruys P: 三枝病変におけるpost procedural QFRによる予後予測.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
22. ◎中村正人: PCI, FFR and cost.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
23. ◎中村正人: PCI後の至適な抗血小板療法とは何か~プラスグレル日本人用量の再考~.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
24. ◎能戸辰徳, 高江洲悟, 矢口知正, 清水貴之, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: 透析を伴う閉塞性動脈硬化症(PAD)賢者におけるスタチンの有効性.  第67回日本心臓病学会,  名古屋市,  2019/09
25. ◎根本尚彦, 矢口知征, 鮫島雄祐, 高江洲悟, 清水貴之, 能戸辰徳, 長島義宜, 安齋均: ECMO導入した心肺蘇生患者における心肺蘇生関連合併症の検討.  第67回日本心臓病学会,  名古屋,  2019/09
26. ◎川村耕平, 中村純, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: 運動療法が重症下肢虚血患者の転帰に及ぼす影響.  第67回日本心臓病学会,  名古屋市,  2019/09
27. ◎池田長生, 飯島雷輔, 原英彦, 中村正人: 最新のカテーテル技術を応用したバルーン肺動脈形成術と薬物によるCTEPHへのhybrid treatment -The lower, the betterの実現へ-.  第67回日本心臓病学会,  名古屋市,  2019/09
28. ◎山下雄司, 吉玉隆, 中村正人: ビソノテープ12時間貼付の有用性.  第67回日本心臓病学会,  名古屋市,  2019/09
29. ◎能戸辰徳, 高江洲悟, 矢口知正, 清水貴之, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: 重症下肢虚血(CLI)患者におけるフレイルの特徴とその予後.  第67回日本心臓病学会,  名古屋市,  2019/09
30. ◎宇都宮誠: Better Outcome for PAD Treatments~ view from ACCESS, TARGET and TREAT ~.  Sapporp Live Demonstration Course 2019,  札幌市,  2019/09
31. ◎宇都宮誠: CLIに対するEVT.  第14回Japan Endovascular Symposium研究会,  東京,  2019/08
32. ◎宇都宮誠: Current strategy of my SFA treatment.  第14回Japan Endovascular Symposium研究会,  東京,  2019/08
33. ◎下山渉太, 小田部哲夫, 貫井勇介, 亀谷純, 東大輝, 小田真美子, 川崎真宏, 伊勢亀友季子, 小野剛, 武者芳朗, 海老原覚: 高齢心不全患者の自宅退院可否に関する検討ー多重ロジステック回帰分析を用いた転帰予測ー.  第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  枚方市, 大阪府,  2019/07
34. ◎原英彦: 知っておくべきSHDインターベンションーPFOー.  TOPIC 2019,  東京,  2019/07
35. ◎原英彦: New Technology and StrategyーWatchmanとAmplatzer.  TOPIC 2019,  東京,  2019/07
36. ◎林盛人, 原英彦, 藤田聡, 木原英雄, 橋本剛, 平元侑, 中村啓二郎, 岩渕聡: 当院におけるBrain&Heartチームの結成.  第6回日本心血管脳卒中学会学術集会,  東京,  2019/06
37. ◎安斉均, 鮫島雄祐, 矢口知征, 高江洲悟, 清水貴之, 能戸辰徳, 佐原尚彦, 長島義宜, 根本尚彦: 4D CTAを用いた膝下動脈経皮的血行再建術後の開存率の評価.  第11回日本下肢救済・足病学会学術集会,  神戸市,  2019/06
38. ◎宇都宮誠, 雨宮勝嗣, 石井梨奈, 中村正人: クラゲ刺傷後に下肢チアノーゼを呈した一例.  第11回日本下肢救済・足病学会学術集会,  神戸市,  2019/06
39. ◎鈴木歩, 三浦里美, 吉野真奈実, 宇都宮誠, 中村正人: 在宅におけるフットケアの取り組み~訪問看護師の視点から~.  第11回日本下肢救済・足病学会学術集会,  神戸市,  2019/06
40. ◎高橋剛士, 徳江政英, 牧野健治, 遠井悟, 中村啓二郎, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: CPAPの忍容性により異なる転機をたどった大動脈解離の2例.  日本睡眠学会第44 回定期学術集,  名古屋市,  2019/06
41. ◎高木高人, 中村啓二郎, 高橋剛士, 遠井悟, 榎本善成, 徳江政英, 中村正人: The Association between the Severity of Sleep Apnea and Atrial Remodeling
with Atrial Fibrillation.  日本睡眠学会第44 回定期学術集会,  名古屋市,  2019/06
42. ◎遠井悟, 徳江政英, 髙橋剛士, 中村正人: 睡眠呼吸障害患者における血糖変動を検出する為の動脈血最小酸素飽和度予測値の検討.  日本睡眠学会第44回定期学術集会,  名古屋市,  2019/06
43. ◎池田長生, 久保田修司, 岡﨑徹, 飯島雷輔, 原英彦, 廣井透雄, 中村正人: バルーン肺動脈形成術における側副血行路活用の可能性.  第4回日本肺高血圧肺循環学会学術集会,  浜松市,  2019/06
44. ◎牧野健治, 池田長生, 井出志穂, 葉山裕真, 橋本剛, 大塚健紀, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: 慢性血栓塞栓性肺高血圧症患者における平均肺動脈圧の検討.  第4回日本肺高血圧肺循環学会学術集会,  浜松市,  2019/06
45. ◎雨宮勝嗣, 池田長生, 飯島雷輔, 原英彦, 中村正人, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均, 小林延行, 久保田修司, 廣井透雄: 急性肺塞栓症に対する直接経口抗凝固薬(DOAC)の血栓定量評価.  第4回日本肺高血圧肺循環学会学術集会,  浜松市,  2019/06
46. ◎岡崇, 冠木敬之, 藤井崇博, 池田隆徳, 松原広己, 下川原裕人, 内藤貴教, 藤井毅郎, 中山智孝, 原英彦, 原文彦: ASD合併のCTEPHに対してBPAとASD閉鎖術にて根治を得た症例.  第4回日本肺高血圧肺循環学会学術集会,  浜松市,  2019/06
47. ◎鮫島雄祐, 根本尚彦, 安齋均, 長島義宜, 佐原尚彦, 清水貴之, 高江洲悟, 能戸辰徳: 心不全を契機に診断し得た胆管癌患者の非細菌性心内膜炎の1例.  第252回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/06
48. ◎山本純平, 雨宮勝嗣, 髙橋剛士, 橋本剛, 榎本善成, 徳江政英, 宇都宮誠, 池田長生, 中村啓二郎, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: 反復性心嚢液貯留に対して経皮的心膜開窓術が長期に有効であった一例.  第252回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/06
49. ◎薄田英樹, 岡﨑徹, 小玉千織, 長井蘭, 三宅渉, 葉山裕真, 久保田修司, 中川尭, 山本正也, 岡崎修, 原久男, 廣井透雄: 溶連菌感染後に急性心不全を発症した若年女性の一例.  第252回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/06
50. ◎平栗有沙, 藤崎純, 金子南紀子, 佐々木祐太, 高橋奎太, 大木晋輔, 前谷容, 中村正人, 林盛人, 岩渕聡: 頸動脈ステント術後の下肢痛原因検索にエコーが有用であった1例.  第38回日本脳神経超音波学会総会,  奈良,  2019/06
51. ◎林盛人, 藤田聡, 平元侑, 平井希, 鈴木遼, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 青木和哉, 橋本剛, 岩渕聡: 急性期血栓回収術を施行した大動脈プラーク由来頸部内頚動脈閉塞症の1例.  第38回日本脳神経超音波学会総会,  奈良,  2019/06
52. ◎原英彦: 消化器専門医に知ってほしい抗血栓療法と新しい出血予防治療.  第97回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2019/06
53. ◎雨宮勝嗣, 宇都宮誠, 石井梨奈, 中村正人: クラゲ刺傷後に足趾チアノーゼを呈した一例.  第47回日本血管外科学会,  名古屋市,  2019/05
54. ◎榎本善成, 中村啓二郎, 橋本晃, 石井梨奈, 浅見雅子, 高木高人, 久次米真吾, 中村正人, 酒井毅, 野呂眞人, 杉薫, 野上昭彦: 2種類のExitの存在が示唆された上部中隔型特発性左室心室頻拍(ILVT)の1例.  第49回臨床心臓電気生理研究会,  福岡市,  2019/05
55. ◎橋本剛: カテーテル治療時代に注目すべき左心耳の特徴と血栓.  第30回日本心エコー図学会,  松本市,長野県,  2019/05
56. ◎原英彦: MitraClip適応となる心エコー図所見の特徴.  第30回日本心エコー図学会,  松本市,長野県,  2019/05
57. ◎橋本剛: 人工弁周囲逆流治療におけるエコーイメージングの役割.  第30回日本心エコー図学会,  松本市,長野県,  2019/05
58. ◎宇都宮誠: PROVEN RESULTS, SUSTAINED DRUG RELEASE ―The First & Only Polymer DES for SFA, ELUVIA―.  第54回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/05
59. ◎山﨑健司, 横内到, 佐藤学, 豊田康豪, 熊谷賢太, 杉薫: 右冠動脈病変にALカテーテルでPCI施行し、近位部から大動脈へ解離を起こしたがステント留置にてbail outできた1例.  第54回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/05
60. ◎清水貴之, 高江洲悟, 矢口知征, 能戸辰徳, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: 冠動脈拡張部位の血栓形成により急性心筋梗塞を発症した3症例.  第54回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/05
61. ◎矢口知征, 原英彦, 橋本剛, 遠井悟, 雨宮勝嗣, 武中宏樹, 福井遼, 牧野健治, 宇都宮誠, 池田長生, 飯島雷輔, 徳江政英, 中村正人, 角田昇隆, 山崎正雄: 心腔内エコーガイド経皮的卵円孔開存閉鎖術が著効したPlatypnea-Orthodeoxia Syndromeの 一例.  第54回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/05
62. ◎原英彦: 左心耳閉鎖術のコンセプトとエコーの重要性.  第30回日本心エコー図学会,  松本市,長野県,  2019/05
63. ◎牧野健治, 橋本剛, 井出志穂, 葉山裕真, 池田長生, 飯島雷輔, 原英彦, 鈴木真事, 諸井雅男, 中村正人: 慢性血栓塞栓性肺高血圧症患者における平均肺動脈圧の心エコー図による評価方法の検討.  第30回日本心エコー図学会,  松本市, 長野県,  2019/05
64. ◎佐々木祐太, 藤崎純, 金子南紀子, 平栗有沙, 大木晋輔, 中村正人, 前谷容: 静脈エコーが診断に有用であった腸骨静脈venous aneurysmの1例.  第44回日本超音波検査学会学術集会,  横浜市,  2019/04
65. ◎上月周, 毛利晋輔, 高原充佳, 椿本恵則, 新谷嘉章, 佐々木伸也, 福永匡史, 吉岡亮, 宇都宮誠, 加藤太門, 丹通直, 岡本槙, 三浦崇, 藤原昌彦, 志手淳也: どうやればPOBAを成功させられるか?IGNITE試験からの検討.  第28回日本心血管インターベンション治療,  名古屋市,  2019/09
66. ◎安齋均, 鮫島雄祐, 高江州悟, 矢口知征, 清水貴之, 能戸辰徳, 長島義宜, 根本尚彦: Impact of endoluminal bypass for repetitive recurrences after femoropopliteal artery stenting.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
67. ◎安齋均, 鮫島雄祐, 高江州悟, 矢口知征, 清水貴之, 能戸辰徳, 長島義宜, 根本尚彦: Long-term results of iliac vein stenting in patients with acute proximal
deep venous thrombosis.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
68. ◎能戸辰徳, 高江洲悟, 矢口知征, 清水貴之, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: Relationship between prognosis of lower limbs and peripheral artery calcification among patients with peripheral artery disease.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
69. ◎能戸辰徳, 高江洲悟, 矢口知征, 清水貴之, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: Relationship between peripheral artery calcification and revascularization for peripheral artery disease.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
70. ◎尾崎行男, 片桐勇貴, 小沼芳信, 天野哲也, 村松崇, 上妻謙, 大辻悟, Serruys P, 伊刈裕二, 中村正人: CVITコンセンサスドキュメントPCI for AMI.  第28回日本心血管インターベンション治療,  名古屋市,  2019/09
71. ◎Nakamura M, Suzuki N, Kozuma K: Absorb GT1 Bioresorbable Vascular Scaffold System: One-Year Post-Marketing Surveillance in Japan.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
72. ◎上月周, 毛利晋輔, 高原充佳, 椿本恵則, 新谷嘉章, 佐々木伸也, 福永匡史, 吉岡亮, 宇都宮誠,
加藤太門, 丹通直, 岡本槙, 三浦崇, 藤原昌彦, 志手淳也: どうやればPOBAを成功させられるか? IGNITE試験からの検討.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
73. ◎中村正人: Monotherapy in HBR patient Insights from PENDULUM Mono trial.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
74. ◎中村正人: Optimal DAPT therapy for high bleeding risk patients.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
75. ◎中村正人: パクリタキセルはPADの死亡を増やすのか?-日本のエビデンスを集めよう-.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
76. ◎中村正人: ガイドラインとコンセンサスドキュメント.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
77. ◎艫居祐輔, 高原充佳, 藤原昌彦, 福永匡史, 岩崎祐介, 上月周, 佐々木伸也, 吉岡亮, 宇都宮誠,
椿本恵則, 三浦崇, 毛利晋輔, 白記達也, 曽我芳光, 安藤献児: TruePathデバイスを使用した鼠経靭帯以下の慢性閉塞性病変に対するEVT.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
78. ◎Hara H, Hashimoto G, Makino K, Amemiya K, Toi S, Fukui R, Utsunomiya M, Ikeda N, Iijima R, Nakamura M: Initial Experience of WATCHMAN Implantation for Left Atrial
Appendage Closure to Patients with Atrial Fibrillation in Salute Study.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
79. ◎山内靖隆, 高原充佳, 飯田修, 横井宏佳, 宮本明, 中村正人: 1年の大動脈腸骨動脈病変に対するステント再狭窄・閉塞の予測因子.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
80. ◎小沼芳信, 原弘典, 高亀則博, 高橋邦彰, 大野雅文, 川嶋秀幸, Escaned J, Serruys P: Physiological and functional assessment at 3 years after implantation of metallic stent and bioresorbable scaffold.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
81. ◎小沼芳信, 高橋邦彰, 高亀則博, 大野雅文, 川嶋秀幸, 原弘典: How to use 3D-OCT in bifurcation lesion: from joint consensus by European and Japanese bifurcation clubs.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
82. ◎武中宏樹, 飯島雷輔, 原英彦, 中村正人: Usefulness of Clinical Flowchart for achieving levels of LDL cholesterol value <70mg/dl in Acute Coronary Syndromes.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
国際学会
1. ◎Noto T: Relationship between prognosis of lower limbs and
peripheral artery calcification among patients with peripheral artery
disease.  TCT 2019,  San Francisco, USA,  2019/09
2. ◎Utsunomiya M: New Crossing Techniques for Complex Femoropopliteal Disease.  TCT 2019,  San Francisco, USA,  2019/09
3. ◎Kogame N: Clinical implication of quantitative flow ratio after percutaneous coronary intervention for three vessel disease.  TCT 2019,  San Francisco, USA,  2019/09
4. ◎Niikura H,: Disease stages of structural and functional cardiac changes associate with outcomes in patients with mitral regurgitation receiving mitral valve intervention.  ESC 2019,  Paris, France,  2019/09
5. ◎Niikura H: Disease stages of structural and functional cardiac changes associate with outcomes in patients with mitral regurgitation receiving mitral valve intervention.  ESC Congress 2019,  Paris, FRANCE,  2019/09
6. ◎Noto T: Impact of statin therapy on EVT for PAD with decreased low-density lipoprotein cholesterol.  ESC 2019,  Paris, France,  2019/09
7. ◎Yazaki Y, Iijima R, Hara H, Moroi M, Nakamura M: Prognostic value of congestion status by bioelectrical impedance analysis and natriuretic peptide levels in acute heart failure with preserved versus reduced left ventricular ejection fraction.  ESC 2019,  Paris, France,  2019/09
8. ◎Kogame N, R. Modolo, P. Chichareon, Komiyama H, D. Taggart, J. Escaned, A. Banning, V. Farooq, Onuma Y, PW. Serruys: Clinical impact of residual SYNTAX score after physi ology guided state-of-art PCI in 3VD: insight from the SYNTAX II trial.  ESC 2019,  Paris, France,  2019/08
9. ◎Nakamura M, Ako J, Arai H, Hirayama A, Nohara A, Uno K, Ozaki A, Harada-Shiba M: EXPLORE-J: Lipid management and 2-year long-term clinical outcome in Japanese patients with acute syndrome.  ESC Congress 2019,  Paris, FRANCE,  2019/08
10. ◎Utsunomiya M: Tibial Data, Treatment & Current Trials in Asia Pacific.  The Amputation Prevention Symposium 2019,  Chicago, USA,  2019/08
11. ◎Hara H: CONGRESS WELCOME WITH LIVE AND KEYNOTE LECTURE.  CSI Frankfurt 2019,  Frankfurt, Germany,  2019/06
12. ◎Hara H: Simultaneous repair of Sinus Valsalva perforation and mitral paravalvular leakage by AMPLATZER Vascular Plug.  CSI FRANKFURT 2019,  Frankfurt, Germany,  2019/06
13. ◎Amemiya K, Hara H, Toi S, Hashimoto G, Nakamura M: A case of recurrent pericardial effusion performed successful percutaneus balloon pericardiotomy.  CSI Frankfurt 2019,  Frankfurt , Germany,  2019/06
14. ◎Harada-Shiba M, Arai H, Nohara A, Sato K, Hirayama A, Ako J, Naito Y, Ozaki A, Nakamura M: NOVEL INSIGHTS FROM GENETIC AND CLINICAL DATA OF FAMILIAL HYPERCHOLESTEROLEMIA IN PATIENTS PRESENTING WITH ACUTE CORONARY SYNDROME: EXPLORE-J REGISTRY.  the 87th European Atherosclerosis Society Congress,  Maastricht, Netherlands,  2019/05
その他
1. ◎諸井雅男: 心臓における新しいマクロファージイメージング法の開発.  第154回東邦医学会例会,  東邦大学医学部  大森臨床講堂(5号館B1F),  2019/06
2. ◎中村正人: 適応外使用のジレンマ.  第3回実践に基づく医療イノベーション研究会,  東京,  2019/06
3. ◎中村正人: 医療現場の視点.  第3回実践に基づく医療イノベーション研究会,  東京,  2019/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者