(最終更新日:2020-04-20 22:40:11)
  イイジマ ライスケ   Iijima Raisuke
  飯島 雷輔
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大橋病院)
   職種   講師

学位


医学博士

刊行論文


1. 原著  Dual Antiplatelet Therapy for 6 Versus 18 Months After Biodegradable Polymer Drug-Eluting Stent Implantation. 2017/06
2. 原著  A pan-coronary artery angiographic study of the association between diabetes mellitus and progression or regression of coronary atherosclerosis. 2017/04
3. 原著  Utility of the SYNTAX score in predicting outcomes after coronary intervention for chronic total occlusion. 2016/12
4. 原著  Development of Integrated Backscatter Intravascular Ultrasound for Tissue Characterization of Peripheral Artery and Comparison with Angioscopy. 2016/10
5. 原著  Effect of Optimal Medical Therapy Before Procedures on Outcomes in Coronary Patients Treated With Drug-Eluting Stents. 2016/09
6. その他  PCI後のDAPDT投与期間は? 2016/09
7. 原著  Association of progression or regression of coronary artery atherosclerosis with long-term prognosis. 2016/07
8. 原著  High-sensitivity cardiac troponin T level is associated with angiographic complexity of coronary artery disease: a cross-sectional study. 2016/06
9. 総説  薬物溶出性ステント留置後の2剤による抗血小板療法の至適期間:12ヵ月VS.30ヵ月 2016/04
10. 原著  High-sensitivity cardiac troponin T level is associated with angiographic complexity of coronary artery disease: a cross-sectional study. 2016/01
全件表示(72件)

著書


1. 部分執筆  「薬剤と疾患から探す循環器薬の使い方」 2020/03/10
2. 部分執筆  ST上昇型心筋梗塞「薬局」 2019/11/01
3. 部分執筆  【責任冠動脈を追え!PCIエキスパートになるための25カ条】
 第21条:ステント血栓症の分類:成因を理解し,正しく対策せよ「Heart View」 2019/10/07
4. 部分執筆  DES後のOptimal DAPT期間「虚血性心疾患」 2018/08
5. 部分執筆  識る PCI後の抗血小板薬の治療効果を示す大規模臨床試験の歴史「特集 抗血小板薬治療の最前線」 2018/05/09
6. 部分執筆  冠動脈造影・左室造影「循環器診療スマートブック」 2018/03/10
7. 部分執筆  冠動脈造影「冠動脈造影」 2018/02
8. 部分執筆  ACSの二次予防: 抗血小板療法・DAPT「ACSの診断と治療はどこまで進歩したのか」 2017/10/01
9. 部分執筆  抗血小板療法の副作用とその対策~出血「抗血小板療法エキスパートの“勘どころ”」 2016/12
10. 部分執筆  Absorb BVSの臨床成績「生体吸収性スキャフォールド」 2016/11
全件表示(24件)

学会発表


1. ガイドラインの変遷から考える脂質治療最前線 (口頭発表,一般) 2017/11/04
2. Benefit of optimal medical therapy in patients with polyvascular disease undergoing drug-eluting stent implantation (ポスター,一般) 2017/08/28
3. ステント留置に適さない病変に対する薬物コーティングバルーンの効果 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/07/06
4. Benefit of Optimal Medical Therapy in Patients with Polyvascular Disease Undergoing Drug-Eluting Stent Implantation (口頭発表,一般) 2017/03/18
5. 新世代の冠動脈ステント時代におけるDAPTの方向性 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2016/12/10
6. 生体吸収性スキャフォルドの現状と未来 (口頭発表) 2016/12/01
7. 第3世代DESを極める 循環器内科の立場から (口頭発表,一般) 2016/12/01
8. 避けて通れないPCI合併症 (口頭発表,一般) 2016/12/01
9. 2枝閉塞に対するLate reperfusionの一例 (口頭発表,一般) 2016/11/19
10. Clinical experience of DCB in various coronary lesions (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2016/10/20
全件表示(207件)
プロフィール

職歴


1. 2008/11~2015/04 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 助教

受賞学術賞


1. 2008/11 JACCT最優秀演題 2008 (Presence of Polymer and Durability of Antirestenotic Efficacy in the DES era)