(最終更新日:2021-06-18 15:19:27)
  ナカムラ ケイジロウ   Nakamura Keijiro
  中村 啓二郎
   所属   東邦大学  医学部 医学科(大橋病院)
   職種   講師

学位


医学博士

刊行論文


1. 原著  The Association of Cardio-Ankle Vascular Index (CAVI) with Biatrial Remodeling in Atrial Fibrillation 2021/06/01
2. 原著  Usefulness of an Isoproterenol infusion to differentiate a Left Atrial Appendage Thrombus in a patient with non-valvular atrial fibrillation. 2021/01
3. 原著  The impact of sleep apnea on right atrial structural remodeling with atrial fibrillation. 2020/06
4. 症例報告  2種類のExitの存在が示唆された上部中隔型特発性左室心室頻拍の1例 2020/05
5. 原著  Endoscopy for Incomplete Endothelialization and Left Atrial Appendage Occlusion With the Watchman Device 2020/02/10
6. 原著  S-ICD適応者の術前スクリーニングにおける皮下心電図波形による検証 2019/12
7. 症例報告  左室内膜側と大心臓静脈遠位部での通電にてアブレーションに成功した2種類のMitral annulus起源のPVCの1例 2019/12
8. 症例報告  薬剤抵抗性の頻脈性心房細動を有する低心機能心不全患者に対して房室結節アブレーションとHis束ペーシングによる治療を行った1例 2019/12
9. 原著  Analysis of Heart Rate Variability in a Patient with Takotsubo Cardiomyopathy Syndrome on the Actual Onset Day. 2019/11/30
10. 症例報告  鑑別に苦渋した心室瘤を伴う持続性心室頻拍の1例 2019/03
全件表示(25件)

著書


1. 部分執筆  房室結節亢進伝導「循環器症候群」 2019/11
2. 部分執筆  1-4.カテーテル操作の基本
アブカテ操作の基本とコツ,教えます「本当は教えたくないカテーテルアブレーションがうまくいくカラクリ」 2018/02
3. 部分執筆  念のため抗凝固療法もおさらい~除細動を行うときの薬物治療は?「抗血小板療法エキスパートの“勘どころ”」 2016/12

学会発表


1. VT回路のEntrance部位のSource-Sink MismatchによるFunctional Conduction Blockの存在が示唆された陳旧性心筋梗塞の1例 (口頭発表,一般) 2020/10/24
2. Brain & Heartチームの結成意義と有用性 -横断的脳卒中診療体制の構築- (口頭発表,一般) 2020/08/23
3. Impact of renal dysfunction on the prognosis of patients with heart failure complicated with atrial fibrillation; From DPC database analysis (口頭発表,一般) 2020/07
4. Impact of tricuspid regurgitation for bi-atrial remodeling in atrial fibrillation with preserved left ventricular function (ポスター,一般) 2020/07
5. Safety and Feasibility of the Leadless Pacemaker Implantation in patients with octogenarian: Comparison to conventional trans-venous single chamber pacemaker (ポスター,一般) 2020/07
6. The Effect of Mitral Regurgitation and Tricuspid Regurgitation on Recurrence of Atrial Fibrillation after Ablation (ポスター,一般) 2020/07
7. The Frailty score predicts clinical outcomes after implanting trans-venous pacemaker in patients over aged 80 years old (ポスター,一般) 2020/07
8. カテーテルアブレーション、抗不整脈薬、深鎮静に抵抗性の心室頻拍に対して、胸部硬膜外麻酔が著効した一例 (口頭発表,一般) 2020/02/22
9. His束ペーシングと右室ペーシングの長期閾値変化の比較検討 (ポスター,一般) 2020/02/08
10. 高齢者におけるリードレスペースメーカの効果と植込み手技の安全性について:経静脈リードペースメーカ植込みとの比較 (ポスター,一般) 2020/02/08
全件表示(124件)
プロフィール

職歴


1. 2008/07~2010/03 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 助教
2. 2010/03~2014/12 東邦大学 医学部 医学科(佐倉病院) 助教
3. 2015/10~2021/04 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 助教
4. 2021/05~ 東邦大学 医学部 医学科(大橋病院) 講師

科研費研究者番号


20366181