<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 内科学講座 循環器内科学分野(大橋)
 Division of Cardiovascular Medicine Department of Internal Medicine (Ohashi)

教授:
  中村 正人
  諸井 雅男
准教授:
  原 英彦
講師:
  飯島 雷輔
助教:
  中村 啓二郎
  池田 長生
  宇都宮 誠
  榎本 善成
  矢﨑 義行
  新倉 寛輝
助教(任期):
  高亀 則博
  福井 遼
  粟屋 徹
  雨宮 勝嗣
  石井 梨奈
  牧野 健治
  山下 雄司
■ 概要
虚血性心疾患
大橋病院にて年間約100例の急性冠症候群の治療を施行しており、また、待機的な冠動脈インターベンションも年間200~300例行っている。冠動脈検査も700〜800例と行っている。血管内超音波や、光干渉断層法、プレッシャーワイヤー、血管内内視鏡検査などの装置を用いて虚血性心疾患の病態の解明や、効果の評価を主とした研究を行っている。また冠動脈以外にも、末梢血管(上下肢血管、腎動脈等)の治療や腎交感神経除神経術の治療も含めて年間約260例施行している。慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対して経皮的肺動脈拡張術も年間約80例施行しており年々数を増やしている。最近ではロボットを使用した冠動脈インターベンション治療も開始している。
不整脈疾患
当科ではHolter心電図、イベントレコーダー、T波交互脈(T W A)・心室遅延電位(L P)・Q T dispersionなどの非侵襲的検査、心臓電気生理学検査(E P S)・Head-Up-Tilt検査・カテーテルアブレーション・ペースメーカー・埋め込み型除細動器(I C D)・除細動機能付き心臓再同期療法(C R T -D)などの侵襲的検査治療を長年にわたり継続して行っている。アブレーション治療も年間約200例施行しており、これらの成果を精力的に国内外で発表し臨床に役立てている。
肺循環
急性肺塞栓症だけでなく、慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)を中心とした肺高血圧症にも積極的な治療を行っている。CTEPHに対するバルーン肺動脈形成術(BPA)は年間約80件を施行している。
心臓超音波検査
心不全の診断や治療に対しての指標に対して、組織ドップラーや、運動負荷心エコーを施行している。近年は、心房中隔欠損症や大動脈弁狭窄症や、僧帽弁閉鎖不全に対しての心疾患に対して経カテーテル的治療を積極的に施行しており、それらの評価にも力を入れている。
心臓核医学検査・冠動脈C T検査・心臓M R I検査
心臓核医学検査は従来の運動負荷および薬物心筋イメージングに加え、新しいトレーサーを用いた虚血性心疾患患者のリスク評価や、アミロイドーシスやサルコイドーシスなどの心筋症における診断の有用性の検討、心臓MRIやPETに関しても多施設共同で心筋障害・心筋血流評価の研究を積極的に行っている。また、心臓CT、大動脈C Tに関して320列マルチスライスCTを用いて冠動脈プラークの評価や経皮的大動脈弁置換術(T A V I)の術前評価など、より低侵襲的評価や治療評価を試みている。
心臓リハビリテーション
心疾患の予後改善を期待することのできる心臓リハビリテーションを行っており、心肺運動負荷試験(C P X)に基づいた運動処方を行い研究を行っている。
睡眠時無呼吸症候群
心不全の増悪因子といわれている睡眠時無呼吸に対して精査、専門的治療を行っている。
先天性心疾患、心臓弁膜症
先天性心疾患、心房中隔欠損症や卵円孔開存症に対して経皮的欠損孔閉鎖術や、後天性心疾患、大動脈弁狭窄に対する経皮的大動脈弁置換術(T A V I)、僧帽弁狭窄症に対する経皮的僧帽弁形成術(P T M C)、僧帽弁閉鎖不全症に対して経皮的僧帽弁クリッピング術、他にも経皮的左心耳閉鎖術等様々なストラクチャー異常に対しての治療をしており数を増やして居る。
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  ONCO DVT研究 第一三共(株)資金提供・医師主導型臨床研究
 研究課題:癌合併の下腿限局型深部静脈血栓症に対する最適な抗凝固療法の投与期間を検証する研究  (研究分担者:池田長生)
 研究補助金:50000円  (分担)
2.  厚生労働行政推進調査事業費  (研究課題番号:19CA2018)
 研究課題:パクリタクセルを用いた末梢血管治療デバイスの長期的安全性に関する研究  (研究代表者:中村 正人)
 研究補助金:11070000円  (代表)
3.  日本医療研究開発機構委託研究開発費  (研究課題番号:17ek0109263h0001)
 研究課題:慢性血栓塞栓性肺高血圧(CTEPH)に対するballon angioplasty(BPA)の有効性と安全性に関する多施設レジストリー研究  (研究分担者:中村正人)
 研究補助金:130000円  (分担)
4.  日本医療研究開発機構委託研究費  (研究課題番号:17ek0109263h0001)
 研究課題:慢性血栓塞栓性肺高血圧(CTEPH)に対するballon angioplasty(BPA)の有効性と安全性に関する多施設レジストリー研究  (研究協力者:池田長生)
 研究補助金:130000円  (協力)
5.  日本医療研究開発機構委託研究費  (研究課題番号:18ek0210097h0002)
 研究課題:循環器病医療の適正化に資するための、全国大規模データベースによるエビデンスの創出  (研究分担者:中村正人)
 研究補助金:75000000円  (分担)
6.  日本医療研究開発機構臨床研究・治験推進研究事業
 研究課題:レジストリを活用した慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対するエドキサバンの適応拡大のための第III相医師主導治験  (研究分担者:池田長生)
 研究補助金:650000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  原 英彦 :NPO法人Structure Club Japan (構造的心疾患研究会)理事長
2.  中村正人 :NPO法人リアルワールドデータを構築し明日の医療を支援する会理事長
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  ストラクチャークラブジャパン2019  (原英彦・当番幹事  )  ,東京  2019/05
2.  Tokyo Percutaneous cardiovascular Intervention Conference 2019  (中村正人・コースディレクター  )  ,東京  2019/07
3.  東京循環器研究会  (原英彦・世話人  )  ,東京  2019/07
4.  ストラクチャークラブジャパン・focus LAA  (原英彦・当番幹事  )  ,東京  2019/09
5.  大橋カルディオロジー  (中村正人・世話人  )  ,東京  2019/11
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  原 英彦 :JPIC(Japan Pediatric Interventional Cardiology学会)幹事, 日本循環器学会代議員, CVIT/ JPIC(Japan Pediatric Interventional Cardiology学会)教育委員・関東甲信越支部運営委員, 成人先天性心疾患カテーテル治療研究会運営委員
2.  諸井 雅男 :日本循環器学会評議員, 日本心臓病学会代議員, 日本画像医学会理事,
3.  中村 正人 :JET代表理事, 日本心血管画像動態学会理事, 日本経カテーテル心臓弁治療学会理事, 日本脈管学会評議員, 日本循環器学会評議員, 日本心臓病学会代議員, 日本心臓血管内視鏡学会理事, 日本冠疾患学会評議員, TOPICコースディレクター, CCTオーガナイジングコミッテー
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















中村 正人   教授
 1 10 3 18  5 4       14
(14)
 35
(5)
 3
 10
 2
(2)
 
諸井 雅男   教授
 1 4  3          1
(1)
 9
 
 3
 1
 
原 英彦   准教授
 7 2  4          12
(6)
 18
(3)
 2
(2)
 8
 
 
飯島 雷輔   講師
 2   2  1 2       5
(5)
 14
(1)
 
 6
 
 
小野 剛   助教
              1
 3
 
 
 
 
中村 啓二郎   助教
  3 1 1  1        
 17
 1
 4
 
 
池田 長生   助教
 2  4           3
(1)
 11
(2)
 1
 4
 
 
宇都宮 誠   助教
 3   2  3        7
(6)
 13
(3)
 2
 
 
 
長島 義宜   助教
  3            1
 25
 
 
 
 
山﨑 健司   助教
              3
 2
(1)
 
 
 
 
德江 政英   助教
              
 6
 1
 
 
 
榎本 善成   助教
  1  3          2
 6
 2
 3
 
 
新倉 寛輝   助教
   5           
 
 5
 2
 
 
橋本 剛   助教
   1 1          2
(2)
 9
 
 2
 
 
林 典行   助教
              
 1
 
 
 
 
矢﨑 義行   助教
   1 3          2
(1)
 
 1
 
 
 
 16 15  10 0  0  53
(36)
 18
(2)
 3
(2)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














中村 正人   教授
 1 3  5     14
(14)
 3
 2
(2)
諸井 雅男   教授
 1        1
(1)
 
 1
原 英彦   准教授
 7        12
(6)
 2
(2)
 
飯島 雷輔   講師
 2   1     5
(5)
 
 
小野 剛   助教
         1
 
 
中村 啓二郎   助教
  1  1     
 1
 
池田 長生   助教
 2 4       3
(1)
 1
 
宇都宮 誠   助教
 3   3     7
(6)
 2
 
長島 義宜   助教
         1
 
 
山﨑 健司   助教
         3
 
 
德江 政英   助教
         
 1
 
榎本 善成   助教
         2
 2
 
新倉 寛輝   助教
  5       
 5
 
橋本 剛   助教
  1       2
(2)
 
 
林 典行   助教
         
 
 
矢﨑 義行   助教
  1       2
(1)
 1
 
 16 15  10 0  0  53
(36)
 18
(2)
 3
(2)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 中村はるか, 粟屋徹, 原久男, 廣井透雄:  アスピリンおよびプラスグレルでのDAPT内服下でSATを発症した訪日外国人の1例.  Journal of Coronary Artery Disease  1 :9 -14 , 2019
2. 亀田柚妃花, 加藤全功, 井上凡, 矢口知征, 青木智之, 長島義宜, 根本尚彦, 安斎均, 荒木亘, 外山雅章:  大動脈弁狭窄症に両側褐色細胞腫を合併した透析患者に対する外科治療.  胸部外科  72 (11) :901 -904 , 2019
3. 亀田柚妃花, 加藤全功, 井上凡, 山崎信太郎, 佐原尚彦, 青木智之, 長島義宜, 根本尚彦, 安斎均, 荒木亘, 小林延行:  冠状動脈バイパス術後に顕在化したSGLT2阻害薬関連代謝性ケトアシドーシス.  胸部外科  72 (5) :354 -357 , 2019
4. 浅見雅子, 中村啓二郎, 諸井雅男, 中村正人:  S-ICD適応者の術前スクリーニングにおける皮下心電図波形による検証.  東邦医学会雑誌  66 (4) :221 -222 , 2019
5. 田尻勇太, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人:  MDCT検査による左心耳形態の評価 : 左心耳閉鎖デバイスへの応用.  東邦医学会雑誌  66 (4) :222 -222 , 2019
6. 粟屋徹, 南本亮吾, 窪田和雄, 久保田修司, 岡崎徹, 岡崎修,  原久男,  廣井秀雄,  廣江道昭, 諸井雅男:  ソマトスタチン受容体シンチグラフィーによる心臓サルコイドーシスの活動性炎症評価.  日本サルコイドーシス/肉牙腫性疾患学会雑誌  39 (1,2) :55 -58 , 2019
7. 諸井 雅男:  サルコイドーシスの心病変による不整脈や心不全に対する最新治療.  日本サルコイドーシス/肉牙腫性疾患学会雑誌  第39巻 (1号 2号 合冊号) :39 -43 , 2019
8. Takahara M, Iida O, Soga Y, Kodama A, Terashi H, Utsunomiya M, Okazaki J, Azuma N, The Spinach Study Investigators:  Duration From Wound Occurrence to Referral to a Vascular Center in Japanese Patients With Critical Limb Ischemia.  Annals of vascular  13 (1) :56 -62 , 2020
9. Chichareon P, Modolo R, Kogame N, Takahashi K, Chang C-C, Tomaniak M, Botelho R, Eeckhout E, Hofma S, Lazarova D-T, Kőszegi Z, Iñiguez A, Wykrzykowska J-J, Piek J-J, Garg S, Hamm C, Steg P-G, Jüni P, Vranckx P, Valgimigli M, Windecker S, Onuma Y, Serruys P-W:  Association of Diabetes With Outcomes in Patients Undergoing Contemporary Percutaneous Coronary Intervention: Pre-specified Subgroup Analysis From the Randomized GLOBAL LEADERS Study.  Atherosclerosis  295 :45 -53 , 2020
10. Inohara T, Kohsaka S, Yamaji K, Ishii H, Amano T, Uemura S, Kadota K, Kumamaru H, Miyata H, Nakamura M:  Risk stratification model for in-hospital death in patients undergoing percutaneous coronary intervention: a nationwide retrospective cohort study in Japan.  BMJ Open  9 (5) :e026683 -e026683 , 2019
11. Funatsu A, Anzai H, Komiyama K, Oi K, Araki H, Tanabe Y, Nakano M, Utsunomiya M, Mizuno A, Higashitani M, Nakamura S:  Stent implantation for May-Thurner syndrome with acute deep venous thrombosis: acute and long-term results from the ATOMIC (AcTive stenting for May-Thurner Iliac Compression syndrome) registry.  Cardiovascular Intervention and Therapeutics  34 (2) :131 -138 , 2019
12. Fujii T, Ikari Y, Hashimoto H, Kadota K, Amano T, Uemura S, Takashima H, Nakamura M; J-PCI Investigators:  Post-interventional adverse event risk by vascular access site among patients with acute coronary syndrome in Japan: observational analysis with a national registry J-PCI database.  Cardiovascular Intervention and Therapeutics  34 (4) :297 -304 , 2019
13. Soga Y, Fujihara M, Iida O, Kawasaki D, Hirano K, Yokoi H, Miyamoto A, Kichikawa K, Nakamura M, Ohki T, Diaz-Cartelle J, Gray WA, Müller-Hülsbeck S:  Japanese Patients Treated in the IMPERIAL Randomized Trial Comparing Eluvia and Zilver PTX Stents.  Cardiovascular and Interventional Radiology  43 (2) :215 -222 , 2020
14. Niikura H, Gössl M, Burns M, Tang L, Jay D, Sorajja P:  Simultaneous Deployment of Multiple Device Occluders and the Anchor Wire Technique for a Treatment of Paravalvular Defect of a Surgical Mitral Ring.  Cardiovascular intervention and therapeutics  34 (2) :191 -193 , 2019
15. Niikura H, G Schwartz J, Lin D, Lesser J, Sorajja P, Gössl M:  Transcatheter Closure of an Aorto-Right Ventricular Fistula After TAVR.  Cardiovascular intervention and therapeutics  34 (3) :290 -292 , 2019
16. Ikeda N, Kubota S, Okazaki T, Iijima R, Hara H, Hiroi Y, Nakamura M:  The predictors of complications in balloon pulmonary angioplasty for chronic thromboembolic pulmonary hypertension.  Catheterization and Cardiovascular Interventions  93 (6) :E349 -E356 , 2019
17. Numasawa Y, Inohara T, Ishii H, Yamaji K, Hirano K, Kohsaka S, Sawano M, Kuno T, Kodaira M, Umemura S, Kadota K, Amano T, Nakamura M, J-PCI Registry Investigators:  An Overview of Percutaneous Coronary Intervention in Dialysis Patients: Insights From a Japanese Nationwide Registry.  Catheterization and cardiovascular interventions : official journal of the Society for Cardiac Angiography & Interventions  94 (1) :E1 -E8 , 2019
18. Koruth J, Kuroki K, Iwasawa J, Enomoto Y, Viswanathan R, Brose R, Buck ED, Speltz M, Dukkipati SR, Reddy VY:  Preclinical Evaluation of Pulsed Field Ablation: Electrophysiological and Histological Assessment of Thoracic Vein Isolation.  Circ Arrhythm Electrophysiol  12 :e007781 , 2019
19. Suzuki N, Kozuma K, Nakamura S, Aramaki K, Saito S, Shibata Y, Nanasato M, Fujii K, Kusano H, Divine Ediebah, Nakamura M:  Absorb GT1 Bioresorbable Vascular Scaffold System ― 1-Year Post-Marketing Surveillance in Japan ―.  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  83 (12) :2460 -2465 , 2019
20. Suzuki N, Kozuma K, Nakamura S, Aramaki K, Saito S, Shibata Y, Nanasato M, Fujii K, Kusano H, Divine Ediebah, Nakamura M:  Absorb GT1 Bioresorbable Vascular Scaffold System - 1-Year Post-Marketing Surveillance in Japan.  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  83 (12) :2460 -2465 , 2019
21. Uemura S, Okamoto H, Nakai M, Nishimura K, Miyamoto Y, Yasuda S, Tanaka N, Kohsaka S, Kadota K, Saito Y, Tsutsui H, Komuro I, Ikari Y, Ogawa H, Nakamura M:  Primary Percutaneous Coronary Intervention in Elderly Patients With Acute Myocardial Infarction ― An Analysis From a Japanese Nationwide Claim-Based Database ―.  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  83 (6) :1229 -1238 , 2019
22. Yamamoto T, Yoshida N, Takayama M, Nakamura M, Tokyo CCU Network:  Temporal Trends in Acute Myocardial Infarction Incidence and Mortality Between 2006 and 2016 in Tokyo- Report From the Tokyo CCU Network.  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  83 (6) :1405 -1409 , 2019
23. Nakamura M, Kitazono T, Kozuma K, Sekine T, Nakamura S, Shiosakai K, Iizuka T:  Prasugrel for Japanese Patients With Ischemic Heart Disease in Long-Term Clinical Practice (PRASFIT-Practice II) - 1-Year Follow-up Results of a Postmarketing Observational Study.  Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society  84 (1) :101 -108 , 2019
24. Katagiri Y, Serruys PW, Asano T, Miyazaki Y, Chichareon P, Modolo R, Takahashi K, Kogame N, Wykrzykowska JJ, Piek JJ, Onuma Y.:  How does the failure of Absorb apply to the other bioresorbable scaffolds? An expert review of first-in-man and pivotal trials.  EuroIntervention  15 (1) :116 -123 , 2019
25. Serruys PW, Tomaniak M, Chichareon P, Modolo R, Kogame N, Takahashi K, Chang CC, Spitzer E, Walsh SJ, Adlam D, Hildick-Smith D, Édes I, van de Harst P, Krackhardt F, Tijssen JGP, Rademaker-Havinga T, Garg S, Steg PG, Hamm C, Jüni P, Vranckx P, Onuma Y, Verheugt FWA.:  Patient-oriented composite endpoints and net adverse clinical events with ticagrelor monotherapy following percutaneous coronary intervention: Insights from the randomized GLOBAL LEADERS trial.  EuroIntervention  15 (12) :e1090 -e1098 , 2019
26. Chang CC, Kogame N, Onuma Y, Byrne RA, Capodanno D, Windecker S, Morel MA, Cutlip DE, Krucoff MW, Stone GW, Lansky AJ, Mehran R, Spitzer E, Fraser AG, Baumbach A, Serruys PW.:  Defining Device Success for Percutaneous Coronary Intervention Trials: A Position Statement from the European Association of Percutaneous Cardiovascular Interventions of the European Society of Cardiology.  EuroIntervention  15 (13) :1190 -1198 , 2020
27. Katagiri Y, Onuma Y, Lurz P, Buszman P, J Piek J, J Wykrzykowska J, Asano T, Kogame N, Takahashi K, Chin Chang C, J de Winter R, W Serruys P, Wijns W, Collaborators:  Clinical Outcomes of Bioabsorbable Polymer Sirolimus-Eluting Stents Versus Durable Polymer Everolimus-Eluting Stents: Two-Year Follow-Up of the DESSOLVE III Trial.  EuroIntervention  15 (15) :e1366 -e1374 , 2020
28. Modolo R, Chichareon P, Kogame N, Asano T, Chang CC, de Winter RJ, Kaul U, Zaman A, Spitzer E, Takahashi K, Katagiri Y, Soliman OII, van Es GA, Morel MA, Onuma Y, Serruys PW.:  A prospective multicentre randomised all-comers trial to assess the safety and effectiveness of the thin-strut sirolimus-eluting coronary stent SUPRAFLEX: rationale and design of the Thin Strut Sirolimus-eluting Stent in All Comers Population vs Everolimus-eluting Stent (TALENT) trial.  EuroIntervention  15 (4) :e362 -e369 , 2019
29. Niikura H, Bae R, Gössl M, Lin D, Jay D, Sorajja P:  Transcatheter Therapy for Residual Mitral Regurgitation After MitraClip Therapy.  EuroIntervention  15 (6) :e491 -e499 , 2019
30. Chichareon P, Onuma Y, van Klaveren D, Modolo R, Kogame N, Takahashi K, Chang CC, Tomaniak M, Asano T, Katagiri Y, van Geuns RM, Bolognese L, Tumscitz C, Vrolix M, Petrov I, Garg S, Naber CK, Sabaté M, Iqbal J, Wykrzykowska JJ, Piek JJ, Spitzer E, Jüni P, Hamm C, Steg PG, Valgimigli M, Vranckx P, Windecker S, Serruys PW.:  Validation of the updated logistic clinical SYNTAX score for all-cause mortality in the GLOBAL LEADERS trial.  EuroIntervention  15 (6) :e539 -e546 , 2019
31. Kogame N, Modolo R, Tomaniak M, Cavalcante R, de Martino F, Tinoco J, Ribeiro EE, Mehran R, Campos CM, Onuma Y, Lemos PA, Serruys PW; Collaborators.:  Prasugrel monotherapy after PCI with the SYNERGY stent in patients with chronic stable angina or stabilised acute coronary syndromes: rationale and design of the ASET pilot study.  EuroIntervention  15 (6) :e547 -e550 , 2019
32. Serruys PW, Takahashi K, Chichareon P, Kogame N, Tomaniak M, Modolo R, Chang CC, Komiyama H, Soliman O, Wykrzykowska JJ, de Winter RJ, Ferrario M, Dominici M, Buszman P, Bolognese L, Tumscitz C, Benit E, Stoll HP, Hamm C, Steg PG, Onuma Y, Jüni P, Windecker S, Vranckx P, Colombo A, Valgimigli M:  Impact of long-term ticagrelor monotherapy following 1-month dual antiplatelet therapy in patients who underwent complex percutaneous coronary intervention: insights from the Global Leaders trial.  European Heart Journal  40 (31) :2595 -2604 , 2019
33. Chang C-C, Chichareon P, Modolo R, Takahashi K, Kogame N, Tomaniak M, Gao C, Royaards K-J, Cequier A, Oldroyd K, Steg P-G, Hamm C, Jüni P, Valgimigli M, Windecker S, Onuma Y, Stables R-H, Geuns R-J, Serruys P-W:  Association Between Post-Percutaneous Coronary Intervention Bivalirudin Infusion and Net Adverse Clinical Events: A Post Hoc Analysis of the GLOBAL LEADERS Study.  European Heart Journal , Cardiovascular Phamacotheraphy  6 (1) :22 -30 , 2020
34. Kogame N, Serruys P-W, Onuma Y:  Cracking (The Code Of) Coronary Artery Calcification to Win the Last Battle of Percutaneous Coronary Intervention: Still in the Middle of a Rocky Road.  European heart journal  41 (6) :797 -800 , 2020
35. Suzuki T, Yazaki Y, Adriaan A Voors, Donald J L Jones, Daniel C S Chan, Stefan D Anker , John G Cleland, Kenneth Dickstein, Gerasimos Filippatos, Hans L Hillege , Chim C Lang, Piotr Ponikowski, Nilesh J Samani, Dirk J van Veldhuisen, Faiez Zannad, Aeilko H Zwinderman , Marco Metra, Leong L Ng:  Association With Outcomes and Response to Treatment of Trimethylamine N-oxide in Heart Failure: Results From BIOSTAT-CHF.  European journal of heart failure  21 (7) :877 -886 , 2019
36. Yazaki Y, Salzano A, Nelson CP, Voors AA, Anker SD, Cleland JG, Lang CC, Metra M, Samani NJ, Ng LL, Suzuki T:  Geographical location affects the levels and association of trimethylamine N-oxide with heart failure mortality in BIOSTAT-CHF: a post-hoc analysis.  European journal of heart failure : journal of the Working Group on Heart Failure of the European Society of Cardiology  21 (10) :1291 -1294 , 2019
37. Shabana Cassambai, Andrea Salzano, Yazaki Y, Dennis Bernieh, Max Wong, M Zubair Israr, Liam M Heaney, Suzuki T:  Impact of Acute Choline Loading on Circulating Trimethylamine N-oxide Levels.  European journal of preventive cardiology  26 (17) :1899 -1902 , 2019
38. Ikeda N, Hiroi Y:  Cardiovascular disease and 1,5-anhydro-d-glucitol.  Global Health & Medicine  1 (2) :83 -87 , 2019
39. Akutsu K, Yoshino H, Shimokawa T, Ogino H, Kunihara T, Takahashi T, Usui M, Watanabe K, Tobaru T, Hagiya K, Shimizu W, Niino T, Kawata M, Masuhara H, Watanabe Y, Yoshida N, Yamamoto T, Nagao K, Takayama M, Fukui R, Tokyo CCU Network and Tokyo Acute Aortic Super Network:  Is systolic blood pressure high in patients with acute aortic dissection on first medical contact before hospital transfer?.  Heart and vessels  34 (11) :1748 -1757 , 2019
40. Andrea Salzano, Shabana Cassambai, Yazaki Y, Muhammad Zubair Israr, Dennis Bernieh, Max Wong, Suzuki T:  The Gut Axis Involvement in Heart Failure: Focus on Trimethylamine N-oxide.  Heart failure clinics  16 (1) :23 -31 , 2020
41. Sonck J, Miyazaki Y, Collet C, Onuma Y, Asano T, Takahashi K, Kogame N, Katagiri Y, Modolo R, Serruys PW, Bartorelli AL, Andreini D, Doenst T, Maureira JP, Plass A, La Meir M, Pompillio G:  Feasibility of planning coronary artery bypass grafting based only on coronary computed tomography angiography and CT-derived fractional flow reserve: a pilot survey of the surgeons involved in the randomized SYNTAX III Revolution trial.  Interactive cardiovascular and thoracic surgery  29 (2) :209 -216 , 2019
42. Kujime S, Hara H, Enomoto Y, Nakamura K, Yoshitama T, Noro M, Moroi M, Sugi K, Nakamura M:  Analysis of Heart Rate Variability in a Patient with Takotsubo Cardiomyopathy Syndrome on the Actual Onset Day.  International Heart Journal  60 (6) :1444 -1447 , 2019
43. Chichareon P, Modolo R, van Klaveren D, Takahashi K, Kogame N, Chang CC, Katagiri Y, Tomaniak M, Asano T, Spitzer E, Buszman P, Prokopczuk J, Fath-Ordoubadi F, Buysschaert I, Anderson R, Oldroyd KG, Merkely B, Garg S, Wykrzykowska JJ, Piek JJ, Jüni P, Hamm C, Steg PG, Valgimigli M, Vranckx P20, Windecker S, Onuma Y, Serruys PW:  Predictive ability of ACEF and ACEF II score in patients undergoing percutaneous coronary intervention in the GLOBAL LEADERS study.  International journal of cardiology  (286) :43 -50 , 2019
44. Niikura H, Gössl M, Sorajja P:  Transcatheter Mitral Valve Replacement With Tendyne.  Interventional Cardiology Clinics  8 (3) :295 -300 , 2019
45. Niikura H, Bae R, Gössl M, Sun B, Mudy K, Sorajja P:  Transcatheter Mitral Valve Repair of Recurrent Mitral Regurgitation Following Mitral Surgery.  JACC Cardiovascular interventions  12 (14) :1395 -1397 , 2019
46. Chichareon P, Modolo R, Kawashima H, Takahashi K, Kogame N, Chang C-C, Tomaniak M, Ono M, Walsh S, Suryapranata H, Cotton J, Koning R, Akin I, Kukreja N, Wykrzykowska J, Piek J-J, Garg S, Hamm C, Steg P-G, Jüni P, Vranckx P, Valgimigli M, Windecker S, Onuma Y, W Serruys P:  DAPT Score and the Impact of Ticagrelor Monotherapy During the Second Year After PCI.  JACC Cardiovascular interventions  13 (5) :634 -646 , 2020
47. Nakamura K, Hara H, Hashimoto H, Makino K, Assami M, Ishii R, Enomoto Y, Hashimoto G, Iijima R, Moroi M, Nakamura M:  Endoscopy for Incomplete Endothelialization and Left Atrial Appendage Occlusion With the Watchman Device.  JACC-Cardiovascular Interventions  13 (3) :391 -393 , 2020
48. Serruys PW, Kogame N, Onuma Y:  Was the Ball Inside or Outside the Court?: Ask the Hawk-Eye System.  JACC. Cardiovascular Interventions  12 (20) :2089 -2092 , 2019
49. Onuma Y, Kogame N, Serruys PW:  Unconfirmed Very Long-Term Clinical Benefit of Xience Over Cypher: Should We Reset Our Vision?.  JACC. Cardiovascular Interventions  12 (7) :648 -650 , 2019
50. Kogame N, Takahashi K, Tomaniak M, Chichareon P, Modolo R, Chang CC, Komiyama H, Katagiri Y, Asano T, Stables R, Fath-Ordoubadi F, Walsh S, Sabaté M, Davies JE, Piek JJ, van Geuns RJ, Reiber JHC, Banning AP, Escaned J, Farooq V, Serruys PW, Onuma Y:  Clinical Implication of Quantitative Flow Ratio After Percutaneous Coronary Intervention for 3-Vessel Disease.  JACC. Cardiovascular interventions  12 (20) :2064 -2075 , 2019
51. Tomaniak M, Chichareon P, Onuma Y, Deliargyris EN, Takahashi K, Kogame N, Modolo R, Chang CC, Rademaker-Havinga T, Storey RF, Dangas GD, Bhatt DL, Angiolillo DJ, Hamm C, Valgimigli M, Windecker S, Steg PG, Vranckx P, Serruys PW; GLOBAL LEADERS Trial Investigators.:  Benefit and Risks of Aspirin in Addition to Ticagrelor in Acute Coronary Syndromes: A Post Hoc Analysis of the Randomized GLOBAL LEADERS Trial.  JAMA Cardiology  4 (11) :1092 -1101 , 2019
52. Tomaniak M, Chichareon , Onuma Y, Deliargyris E-N, Takahashi K, Kogame N, Modolo R, Chang C-c, Havinga T-R, Storey R-F, Dangas G-D, Bhatt D-L, Angiolillo D-J, Hamm C, Valgimigli M, Windecker S, Steg P-G, Vranckx P, Serruys P-W, GLOBAL LEADERS Trial Investigators:  Benefit and Risks of Aspirin in Addition to Ticagrelor in Acute Coronary Syndromes: A Post Hoc Analysis of the Randomized GLOBAL LEADERS Trial.  JAMA Cardiology  4 (11) :1092 -1101 , 2019
53. Chichareon P, Modolo R, Kerkmeijer L, Tomaniak M, Kogame N, Takahashi K, Chang CC, Komiyama H, Moccetti T, Talwar S, Colombo A, Maillard L, Barlis P, Wykrzykowska J, Piek JJ, Garg S, Hamm C, Steg PG, Jüni P, Valgimigli M, Windecker S, Onuma Y, Mehran R, Serruys PW:  Association of Sex With Outcomes in Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention: A Subgroup Analysis of the GLOBAL LEADERS Randomized Clinical Trial.  JAMA Cardiology  5 (1) :21 -29 , 2020
54. Kang J, Park KW, Ki YJ, Park J, Rhee T, Kim CH, Han JK, Yang HM, Kang HJ, Koo BK, Nakamura M, Hamasaki T, Yokoi H, Cohen D, Kim HS:  Development and Validation of an Ischemic and Bleeding Risk Evaluation Tool in East Asian Patients Receiving Percutaneous Coronary Intervention.  Journal of Thrombosis and Haemostasis  119 (7) :1182 -1193 , 2019
55. Nakamura M, Ako J, Arai H, Hirayama A, Murakami Y, Nohara A, Uno K, Ozaki A, Harada-Shiba M:  Investigation into Lipid Management in Acute Coronary Syndrome Patients from the EXPLORE-J Study.  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  26 (6) :559 -572 , 2019
56. Nakamura S, Kawano Y, Nakajima K, Hase H, Joki N, Hatta T, Nishimura S, Moroi M, Nakagawa S, Kasai T, Kusuoka H, Takeishi Y, Momose M, Takehana K, Nanasato M, Yoda S, Nishina H, Matsumoto N, Nishimura T:  Prognostic study of cardiac events in Japanese patients with chronic kidney disease using ECG-gated myocardial Perfusion imaging: Final 3-year report of the J-ACCESS 3 study.  Journal of Nuclear Cardiology  26 (2) :431 -440 , 2019
57. Minamimoto R, Awaya T, Iwama K, Hotta M, Nakajima K, Hirai R, Okazaki O, Hiroi Y:  Significance of 11 C-PIB PET/CT in Cardiac Amyloidosis Compared With 99m Tc-aprotinin Scintigraphy: A Pilot Study.  Journal of Nuclear Cardiology  27 (1) :202 -209 , 2020
58. Iida O, Urasawa K, Komura Y, Soga Y, Inoue N, Hara H, Yajima J, Nakamura S, Ohki T, Ando H, Hirano K, Horita Y, Kichikawa K, Yokoi Y, Miyamoto A, Nakamura M, Takahara M, Mano T, Nanto S:  Self-Expanding Nitinol Stent vs Percutaneous Transluminal Angioplasty in the Treatment of Femoropopliteal Lesions: 3-Year Data From the SM-01 Trial.  Journal of endovascular therapy : an official journal of the International Society of Endovascular Specialists  26 (2) :158 -167 , 2019
59. Modolo R, Chichareon P, Kogame N, Dressler O, Crowley A, Ben-Yehuda O, Puskas J, Banning A, Taggart DP, Kappetein AP, Sabik JA, Onuma Y, Stone GW, Serruys PW:  Contemporary Outcomes Following Coronary Artery Bypass Graft Surgery for Left Main Disease.  Journal of the American College of Cardiology  73 (15) :1877 -1886 , 2019
60. Takahashi K, Serruys PW, Chichareon P, Chang CC, Tomaniak M, Modolo R, Kogame N, Magro M, Chowdhary S, Eitel I, Zweiker R, Ong P, Ottesen MM, Tijssen JGP, Wykrzykowska JJ, de Winter RJ, Garg S, Stoll HP, Hamm C, Steg PG, Onuma Y, Valgimigli M, Vranckx P, Carrie D, Windecker S:  Efficacy and Safety of Ticagrelor Monotherapy in Patients Undergoing Multivessel PCI.  Journal of the American College of Cardiology  74 (16) :2015 -2027 , 2019
61. Kubo S, Yamaji K, Inohara T, Kohsaka S, Tanaka H, Ishii H, Uemura S, Amano T, Nakamura M, Kadota K:  In-Hospital Outcomes After Percutaneous Coronary Intervention for Acute Coronary Syndrome With Cardiogenic Shock (from a Japanese Nationwide Registry [J-PCI Registry]).  The American journal of cardiology  123 (10) :1595 -1601 , 2019
62. Chang CC, Spitzer E, Chichareon P, Takahashi K, Modolo R, Kogame N, Tomaniak M, Komiyama H, Yap SC, Hoole SP, Gori T, Zaman A, Frey B, Ferreira RC, Bertrand OF, Koh TH, Sousa A, Moschovitis A, van Geuns RJ, Steg PG, Hamm C, Jüni P, Vranckx P, Valgimigli M, Windecker S, Serruys PW, Soliman O, Onuma Y:  Ascertainment of Silent Myocardial Infarction in Patients Undergoing Percutaneous Coronary Intervention (from the GLOBAL LEADERS Trial).  The American journal of cardiology  124 (12) :1833 -1840 , 2019
63. Ohno Y, Yamaji K, Kohsaka S, Inohara T, Amano T, Ishii H, Kadota K, Nakamura M, Nakazawa G, Yoshimachi F, Ikari Y, J-PCI Registry Investigators:  Incidence and In-Hospital Outcomes of Patients Presenting With Stent Thrombosis (from the Japanese Nationwide Percutaneous Coronary Intervention Registry).  The American journal of cardiology  125 (5) :720 -726 , 2020
64. Yasuda S, Kaikita K, Akao M, Ako J, Matoba T, Nakamura M, Miyauchi K, Hagiwara N, Kimura K, Hirayama A, Matsui K, Ogawa H, on behalf of the Atrial Fibrillation and Ischemic events with Rivaroxaban in patiEnts with stable coronary artery disease (AFIRE) Investigator:  Antithrombotic Therapy for Atrial Fibrillation with Stable Coronary Disease.  The New England journal of medicine  381 (12) :1103 -1113 , 2019
65. Tijssen RYG, Kerkmeijer LSM, Katagiri Y, Kraak RP, Takahashi K, Kogame N, Chichareon P, Modolo R, Asano T, Nassif M, Kalkman DN, Sotomi Y, Collet C, Hofma SH, van der Schaaf RJ, Arkenbout EK, Weevers APJD, Beijk MAM, Piek JJ, Tijssen JGP, Henriques JP, de Winter RJ1, Onuma Y, Serruys PW, Wykrzykowska JJ.:  The relationship of pre-procedural Dmax based sizing to lesion level outcomes in Absorb BVS and Xience EES treated patients in the AIDA trial.  The international journal of cardiovascular imaging  35 (7) :1189 -1198 , 2019
総説及び解説
1. 宇都宮誠, 中村正人:  炭酸ガス造影を安全に施行するために.  CATHLAB JIN  2 (2) :99 -101 , 2019
2. 原英彦:  経皮的左心耳閉鎖術の実際.  Cardio-Coagulation  6 (3) :168 -173 , 2019
3. 原英彦:  卵円孔開存のある潜因性脳梗塞再発予防のための経皮的卵円孔開存閉鎖術.  Cardio-Coagulation  7 (1) :28 -34 , 2020
4. 原英彦:  【奇異性脳塞栓症と深部静脈血栓症】卵円孔開存のある潜因性脳梗塞再発予防のための経皮的卵円孔開存閉鎖術.  Cardio-Coagulation  7 (1) :28 -34 , 2020
5. 池田長生:  高齢者CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)に対するカテーテル治療.  Geriatric Medicine  58 (3) :231 -234 , 2020
6. 飯島雷輔, 中村正人:  責任冠動脈を追え!PCIエキスパートになるための25カ条(第21条) ステント血栓症の分類 成因を理解し、正しく対策せよ.  Heart View  23 (10) :990 -996 , 2019
7. 池田長生, 中村正人:  デバイスの開発とその治療成績.  LISA  26 (6) :540 -543 , 2019
8. 宇都宮誠, 徳久順也, 中村正人:  疾患別で注視するべき特徴 病みの軌跡の違いと緩和ケアのポイント 末梢動脈疾患・重症下肢虚血.  Modern Physician  39 (11) :1040 -1043 , 2019
9. 中村正人:  安定冠動脈疾患の血行再建ガイドライン(2018年改訂版)についてー内科班長の立場からー.  Progress in Medicine  39 (6) :55 -59 , 2019
10. 原英彦:  左心耳閉鎖デバイス(WATCHMAN)の適応と有効性.  循環器内科  85 (5) :681 -685 , 2019
11. 原英彦:  左心耳閉鎖デバイス(WATCHMAN)の適応と有効性.  循環器内科  86 (4) :436 -439 , 2019
12. 原英彦:  左心耳閉鎖デバイス(Percutaneous left atrial appendage closure).  心臓  6 :583 -586 , 2019
13. 宇都宮誠, 中村正人:  重症下肢虚血に対する血管内治療.  糖尿病合併症  32 (2) :176 -180 , 2019
14. 原英彦:  新薬・新規デバイス紹介 卵円孔開存閉鎖デバイス.  脳血管病Trend Review  1 (1) :65 -65 , 2019
15. 井口保之, 岩間亨, 大木宏一, 片岡大治, 河野 浩之, 山上宏, 河村朗夫, 福井重文, 赤木禎治, 金澤英明, 原英彦, 日本脳卒中学会, 日本循環器学会, 日本心血管インターベンション治療学会, 三学会合同手引き作成委員会:  潜因性脳梗塞に対する経皮的卵円孔開存閉鎖術の手引き.  脳卒中  41 (5) :417 -441 , 2019
16. Komiyma H, Modolo R, Chang C-C, Chichareon P, Kogame N, Takahashi K, Tomaniak M, Onuma Y, Cuisset T, Fajadet J, Amin H, Rashdan I-A, Serruys P-W:  Interventional Cardiology 2018: The Year in Review.  EuroIntervention  14 (18) :e1861 -e1878 , 2019
17. Nakamura M:  What Is the Sweet Spot for Platelet Reactivity in Japanese Patients?.  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  27 (1) :1 -3 , 2020
18. HashimotoG, Fukui M, Sorajja P, L Cavalcante J:  Essential Roles for CT and MRI in Timing of Therapy in Tricuspid Regurgitation.  Progress in cardiovascular disease  62 (6) :459 -462 , 2019
症例報告
1. 石井梨奈, 中村啓二郎, 浅見雅子, 高木高人, 橋本晃, 榎本善成, 酒井毅, 野呂眞人, 杉薫, 諸井雅男, 中村正人:  薬剤抵抗性の頻脈性心房細動を有する低心機能心不全患者に対して房室結節アブレーションとHis束ペーシングによる治療を行った1例.  心臓  51 (Suppl.1) :121 -125 , 2019
2. 清水貴之, 中村啓二郎, 佐原尚彦, 安齋均, 野呂眞人, 中村正人, 杉 薫:  左室内膜側と大心臓静脈遠位部での通電にてアブレーションに成功した2種類のMitral annulus起源のPVCの1例.  心臓  51 (Suppl.1) :211 -218 , 2019
3. 遠藤梓, 清水貴之, 鄭雅誠, 矢口知征, 能戸辰徳, 佐原尚彦, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均:  ACE阻害薬による血管性浮腫が原因と考えられた気管切開を要した1例.  日本内科学会雑誌  108 (10) :2168 -2174 , 2019
4. 熊谷賢太, 豊田康豪, 西崎光弘, 杉薫, 五十嵐巌, 円城寺由久:  陳旧性心筋梗塞・CABG後の3種類の持続性心室頻拍に対し詳細なEntrainment Mappingを指標にしたカテーテルアブレーションが奏功した1例.  臨床心臓電気生理  42 :267 -274 , 2019
5. Ikeda N, Hatano M, Nagamatsu T, Nakamura M:  Successful right heart remodelling and subsequent pregnancy in a patient with vhronic thromboembolic pulmonary hypertension undergoing balloon pulmonary angioplasty:a case report.  European Heart Journal Case Reports  3 (2) :1 -6 , 2019
6. Ikeda N, Hatano M, Nagamatsu T, Nakamura M:  Successful Right Heart Remodelling and Subsequent Pregnancy in a Patient With Chronic Thromboembolic Pulmonary Hypertension Undergoing Balloon Pulmonary Angioplasty: A Case Report.  European Heart Journal, Case reports  3 (2) :1 -6 , 2019
7. Kobayashi N, HiranoK, Yamawaki M, Araki M, Sakai T, Sakamoto Y, Mori S, Tsutsumi M, Nauchi M, Sahara N, Honda Y, Makino K, Shirai S, Mizusawa M, Sugizaki Y, Nakano T, Fukagawa T, Kishida T, Kozai Y, Setonaga Y, Goda S, Ito Y:  Sustained Drug Retention After Paclitaxel-Coated Balloon Angioplasty for Superficial Femoral Artery Disease: Follow-up Intravascular Imaging.  SAGE open medical case reports  8 :2050313X20907825 -2050313X20907825 , 2020
その他
1. 中村正人:  安定冠動脈疾患の血行再建ガイドライン2018のポイント.  循環器内科  87 (2) :130 -135 , 2020
2. 飯島雷輔, 中村正人:  ST上昇型心筋梗塞.  薬局  70 (12) :17 -23 , 2019
■ 著書
1. 宇都宮誠,中村正人, 徳久順也:  末梢動脈疾患・重症下肢虚血.  循環器緩和ケアの実際  1040-1043.  (株)新興医学出版社,  東京, 2019
2. 飯島雷輔:  【責任冠動脈を追え!PCIエキスパートになるための25カ条】
 第21条:ステント血栓症の分類:成因を理解し,正しく対策せよ.  Heart View  20.  メジカルビュー社,  日本, 2019
3. 宇都宮誠, 中村正人:  炭酸ガス造影を安全に施行するために.  CATHLAB JIN  99-101.  メディカルアイ,  東京, 2019
4. 福井遼, 中村正人:  下肢閉塞性動脈硬化症.  日常診療に活かす診療ガイドラインUP-TO-DATE 2020~2021  237-242.  メディカルレビュー社,  東京, 2020
5. 中村正人:  急性冠症候群.  新臨床内科学  268-276.  医学書院,  東京, 2020
6. 中村正人:  不安定狭心症、非ST上昇型心筋梗塞.  今日の治療指針  379-380.  医学書院,  東京, 2020
7. 中村啓二郎, 杉薫:  房室結節亢進伝導.  循環器症候群  92-96.  株式会社日本臨牀社,  東京, 2019
8. 中村正人:  PCI手技と抗血栓療法.  循環器疾患の最新医療  21-24.  先端医療技術研究所,  東京, 2019
9. 中村正人:  急性冠症候群.  内科学書 改訂第9版  198-207.  中山書店,  東京, 2019
10. 飯島雷輔、中村正人:  ST上昇型心筋梗塞.  薬局  17-24.  南山堂,  日本, 2019
11. 宇都宮誠, 中村正人:  下肢閉塞性動脈硬化症.  ガイドライン外来診療2020  471-474.  日経BP,  東京, 2020
12. 中村正人:  虚血性心疾患の分類.  循環器症候群  7-11.  日本臨床社,  東京, 2019
13. 飯島雷輔 池田隆徳:    薬剤と疾患から探す循環器薬の使い方  200-211.  羊土社,  日本, 2020
■ 学会発表
国内学会
1. ◎小野剛, 平野庸介, 相川丞: 当院における心不全教育入院の試み.  第255回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2020/02
2. ◎森田浩嗣, 松本学, 長島義宜, 清水貴之, 安斎均, 根本尚彦, 能戸辰徳, 高江洲悟, 矢口知征: 急速に進行したALアミロイドーシスの一例.  第255回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2020/02
3. ◎清水貴之, 高江洲悟, 矢口知征, 能戸辰徳, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均, 中村啓二郎: カテーテルアブレーション、抗不整脈薬、深鎮静に抵抗性の心室頻拍に対して、胸部硬膜外麻酔が著効した一例.  第255回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2020/02
4. ◎中島詩織, 安斎均, 根本尚彦, 長島義宜, 清水貴之, 高江洲悟, 矢口知征, 能戸辰徳: 心房細動の塞栓による左主幹部急性心筋梗塞に対しImpellaとV-A ECMOを使用し救命できた一例.  第255回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2020/02
5. ◎長井蘭, 久保田修司, 葉山裕真, 中川尭, 岡崎徹, 山本正也, 岡崎修, 原久男, 廣井透雄, 岡慎一: 血友病における虚血性心疾患の診断と治療、5例の経験から.  第255回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2020/02
6. ◎榎本善成, 中村啓二郎, 石井梨奈, 浅見雅子, 橋本晃, 高木高人, 杉薫, 野呂眞人, 諸井雅男, 中村正人: 高齢者におけるリードレスペースメーカの効果と植込み手技の安全性について:経静脈リードペースメーカ植込みとの比較.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
7. ◎佐川竜馬, 高梨隼一, 別所郁夫, 森下正樹, 中村啓二郎, 榎本善成, 橋本晃, 浅見雅子, 石井梨奈, 中村正人: His束ペーシングと右室ペーシングの長期閾値変化の比較検討.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
8. ◎佐藤友理, 笹岡俊介, 宮本泰介, 錦織将, 川﨑誠, 名内雅宏, 佐原尚彦, 杉崎雄太, 酒井毅: ヒス束ペーシングの閾値変動.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
9. ◎酒井毅, 佐原尚彦, 名内雅宏, 杉崎雄太, 笹岡俊介, 宮本泰介, 佐藤友理, 錦織将, 中村啓二郎, 野呂眞人: 当院における左脚領域ペーシングの方法と成績ー右室造影による解剖学的アプローチの有用性ー.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
10. ◎松林俊佑, 小野剛, 原田美菜子, 平野庸介, 相川丞: .心室性頻拍を来した筋強直性ジストロフィーの1例.  第657回日本内科学会関東地方会,  東京,  2020/02
11. ◎佐原尚彦, 酒井毅, 杉崎雄太, 名内雅弘, 笹岡俊介, 宮本泰介, 佐藤友理, 錦織将, 中村啓二郎, 野呂眞人: TAVI後の遠隔期房室ブロックに対し左脚領域ペーシングが成功した1例.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
12. ◎佐藤友理, 笹岡俊介, 宮本泰介, 錦織将, 川﨑誠, 名内雅宏, 佐原尚彦, 杉崎雄太, 酒井毅: ヒス束ペーシングの成功・断念の因子の検討.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
13. ◎杉崎雄太, 酒井毅, 名内雅宏, 佐原尚彦, 笹岡俊介, 宮本泰介, 佐藤友理, 錦織将, 中村啓二郎, 野呂眞人: 当院における左脚領域ペーシングの閾値、波高値.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
14. ◎石井梨奈, 榎本善成, 浅見雅子, 高木高人, 橋本晃, 中村啓二郎, 野呂眞人, 諸井雅男, 杉薫, 中村正人: 高齢者におけるペースメーカー植込み後における予後とFrailtyの関連性.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
15. ◎大武健, 阿部匠平, 林嘉仁, 室田裕介, 藤田真吾, 椎名盛一, 清水貴之, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: CRT-D植込み患者の意識下ICD不適切作動に対して対応策に難渋した症例.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
16. ◎酒井毅, 佐原尚彦, 名内雅宏, 杉崎雄太, 笹岡俊介, 宮本泰介, 佐藤友理, 錦織将, 中村啓二郎, 野呂眞人: 左脚領域ペーシングの心電図の多様性と左室同期不全との関係.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
17. ◎酒井毅, 佐原尚彦, 名内雅宏, 杉崎雄太, 笹岡俊介, 宮本泰介, 佐藤友理, 錦織将, 中村啓二郎, 野呂眞人: 左脚領域ペーシング難渋例の検討.  第12回植込みデバイス関連冬季大会,  名古屋,  2020/02
18. ◎原英彦: 本邦における経皮的卵円孔開存閉鎖術の導入と解決すべき諸問題.  第31回JPIC学術集会,  那覇市,  2020/01
19. ◎鈴木恵美里, 相川丞, 平野庸介, 小野剛: 動脈管開存による高齢発症の右心不全と肺高血圧症に対し、経皮的動脈管閉鎖術を施行した1例.  第656回日本内科学会関東地方会,  東京,  2019/12
20. ◎亀田柚妃花, 加藤全功, 井上凡, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均, 今井康雄: 病理学的に大動脈中膜に粘液腫様変化を認めた胸部大動脈瘤破裂の一例.  第254回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/12
21. ◎中村正人: 安定冠動脈疾患の血行再建ガイドラインから学ぶ.  第254回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/12
22. ◎塚田伸彦, 鮫島雄祐, 高江洲悟, 矢口知征, 清水貴之, 能戸辰徳, 佐原尚彦 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: 急性上腸間膜動脈閉塞症に対して血管内治療が救命に有効であった4例.  第254回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/12
23. ◎三宅渉, 葉山裕真, 久保田修司, 中川堯, 岡崎徹, 山本正也, 岡崎修, 原久男, 廣井透雄: 急性心筋梗塞後に発症した心室性不整脈にランジオロールが奏功した1例.  第39回東京CCU研究会,  東京,  2019/12
24. ◎小宮山浩太, 中村正人, 田邊健吾, 藤本肇, 代田浩之, 山本剛, 長尾建, 高山守正: 急性心筋梗塞における院内予後を予測するTOMINリスクスコアの開発.  第39回東京CCU研究会,  東京,  2019/12
25. ◎藤本肇, 小宮山浩太, 原田和昌, 中村正人, 山本剛, 長尾建, 高山守正: 心不全を合併した高齢非ST上昇型急性心筋梗塞患者に対する早期血行再建術の有効性についての検討ー東京都CCUネットワークコホート研究ー.  第39回東京CCU研究会,  東京都,  2019/12
26. ◎中村正人: 革新的な医療機器開発を推進する国になるために必要な備えとは何か?ーここ十年の医療環境の変化ー.  ARIA2019,  福岡,  2019/11
27. ◎宇都宮誠: 私はこうして静脈インターベンションを始めました.  ARIA2019,  福岡,  2019/11
28. ◎中村正人: 高出血リスク患者のPCI後(12カ月以内)抗血栓療法は何が最適か?ーPENDULUM-MONO試験ー.  ARIA2019,  福岡,  2019/11
29. ◎中村正人: PTX安全性問題を考えるー今、出来ること(本邦のRCT+PMS統合解析)ー.  ARIA2019,  福岡,  2019/11
30. ◎藤田真吾, 阿部匠平, 室田裕介, 林嘉仁, 大武健, 清水貴之, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均, 中村啓二郎: 心房細動アブレーション時の術前抗凝固薬と術中ACTのコントロールについて.  カテーテルアブレーション関連秋季大会2019,  金沢市,  2019/11
31. ◎黒澤正義, 清水貴之, 高江洲悟, 矢口知征, 能戸辰徳, 長島義宜, 根本尚彦, 安斎均: Rivaroxabanにより消失した巨大左室内血栓の1例.  第655回日本内科学会関東地方会,  東京,  2019/11
32. ◎櫻井惇唱, 高江洲悟, 矢口知征, 清水貴之, 能戸辰徳, 長島義宜, 根本尚彦, 安斉均: 左冠動脈主幹部が完全閉塞したST上昇型急性心筋梗塞に対し早期にImpellaを使用し補助循環装置から離脱できた1例.  第655回日本内科学会関東地方会,  東京,  2019/11
33. ◎清水貴之, 中村啓二郎, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均, 杉薫: 心室ペーシング下でケント束を介した心室伝導と房室結節を介した逆伝導をHDグリッドで同時に確認した潜在性WPW症候群の1例.  カテーテルアブレーション関連秋季大会2019,  金沢市,  2019/11
34. ◎石井梨奈, 中村啓二郎, 山本純平, 鳥居俊介, 清水貴之, 豊田康豪, 高木高人, 佐原尚彦, 浅見雅子, 橋本晃, 榎本善成, 熊谷賢太, 酒井毅, 野呂眞人, 諸井雅男, 中村正人, 杉薫: 右肺静脈隔離ラインのGAP2箇所を介するマクロリエントリーで再発を認めた心房粗細動の1例.  カテーテルアブレーション関連秋季大会2019,  金沢市,  2019/11
35. ◎矢﨑義行: MCSによるバーチャル入退院支援カンファレンス.  第16回日本循環器看護学会,  東京,  2019/11
36. ◎飯島雷輔: PCI後のOMTとDAPTに関する最新の話題.  PCI Optimization by Physiology And Imaging 2019,  名古屋市,  2019/11
37. ◎原英彦: 最強のSHD治療 LAA Closure:Japanese style.  CCT 2019,  神戸市,  2019/10
38. ◎山﨑健司, 横内到, 佐藤学, 豊田康豪, 熊谷賢太, 杉薫: 両側腸骨動脈EVT後の浅大腿動脈EVTを山越えで施行したが、総腸骨動脈のステントがずれてしまいbail outした1例.  第55回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/10
39. ◎清水貴之, 関口誠, 高江洲悟, 矢口知征, 能戸辰徳, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: 高度屈曲の為大きく離断したCypherステントの慢性完全閉塞性病変に対しPCIを施行した一例.  第55回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/10
40. ◎能戸辰徳, 安斉均, 髙江州悟, 矢口知征, 清水貴之, 長島義宜, 根本尚彦: 下大静脈フィルター留置後の遠隔機血栓性閉塞に対しフィルター抜去およびステント留置にて治療した静脈性跛行患者の1例.  第55回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/10
41. ◎不破貴史, 宇都宮誠, 真壁伸, 山岸正, 村松俊哉, 小山豊, 井上直人: 断裂したワイヤーを内視鏡用生検管子で回収した一例.  第55回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/10
42. ◎林盛人, 藤田聡, 平元侑, 鈴木遼, 佐藤詳, 平井希, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 青木和哉, 伊藤圭介, 櫻井貴敏, 橋本剛, 木原英雄, 服部尚史, 岩渕聡: MRI 3D-VANE法による大動脈弓不安定プラークの評価.  日本脳神経外科学会第78回学術総会,  大阪,  2019/10
43. ◎中村正人: Lesson from AFIRE 試験 ~抗血栓療法の新展開~.  第33回日本心臓血管内視鏡学会,  大阪市,  2019/10
44. ◎北野奨真, 白石千桜, 伊藝博士, 池田みき, 川島正裕, 守尾嘉晃, 益田公彦, 赤川志のぶ, 當間重人, 木谷匡志: インフルエンザ感染後に器質化肺炎を呈した1例.  第654回日本内科学会関東地方会,  東京,  2019/10
45. ◎雨宮勝嗣, 原英彦, 葉山裕真, 石井梨奈, 牧野健治, 遠井悟, 粟屋徹, 福井遼, 武中宏樹, 伊勢亀友季子, 橋本剛, 榎本善成, 徳江政英, 宇都宮誠, 池田長生, 國正妙子, 飯島雷輔, 諸井雅男, 中村正人: 心腔内エコーガイド経皮的卵円孔開存閉鎖術が著効したPlatypnea-Orthodeoxia Syndrome(POS)の一例.  第253回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/09
46. ◎角田昇隆, 神馬崇宏, 進藤彰人, 勝然進, 箸方健宏, 岸幹夫, 生冨公康, 佐藤高栄, 松下匡史郎, 大西哲, 山﨑正雄, 原英彦: 卵円孔開存によるplatypnea-orthodeoxia syndromeに対して経皮的Amplatzer型閉鎖術を施行した一例.  第253回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/09
47. ◎雨宮勝嗣, 飯島雷輔, 山下雄司, 遠井悟, 福井遼, 宇都宮誠, 池田長生, 原英彦, 中村正人: 冠動脈中等度狭窄に対して安静時全周期比RFRとコントラストFFRによる評価.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
48. ◎原英彦: 心房細動と脳梗塞 -デバイス治療の現状―.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
49. ◎佐藤学, 横内到, 山崎健司, 大関泰宏, 豊田康豪, 田村進, 杉薫, 西村潤一, 村瀬俊文: EVAR術後のグラフト脚閉塞に対しベアステント留置にてbail outが可能であった1例.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
50. ◎池田長生,飯島雷輔, 原英彦, 中村正人: 慢性血栓塞栓性肺高血圧症への逆行性アプローチによるバルーン肺動脈形成術.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
51. ◎長島義宜, 根本尚彦, 能戸辰徳, 清水貴之, 高江洲悟, 矢口知征, 鮫島雄祐,
安齋均, 中村正人: ECMOを要した再発性心原性ショック患者の生存退院における至適心肺蘇生術の重要性.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
52. ◎宇都宮誠: 治療の実際&症例提示 BTK.  第28回日本心血管インターベンション治療,  名古屋市,  2019/09
53. ◎鎌田大雅, 上田澪, 山田俊介, 小林敏子, 渡邉節夫, 山崎健司, 杉薫: カテ台移乗時の足台を使用した転倒転落リスク軽減への取り組み.  第28回日本心血管インターベンション治療,  名古屋市,  2019/09
54. ◎原英彦: SHD治療における心エコーの重要性 Update.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
55. ◎原英彦: WATCHMAN™左心耳閉鎖システム-これからはじまる新たな左心耳閉鎖治療-.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
56. ◎小沼芳信, 大野雅文, 原弘典, 高亀則博, 高橋邦彰, 川嶋秀幸, Serruys P: 次世代Bioresorbable scaffoldについて: これまでのトライアルからの教訓を未来のBRSにどう活かすか.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
57. ◎中村正人: AMED研究成果とPCI後の抗血栓療法.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
58. ◎飯島雷輔: 冠動脈石灰化病変に対する治療戦略1.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
59. ◎飯島雷輔: MVD disease / SYNTAX.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
60. ◎飯島雷輔, 山下雄司, 雨宮勝嗣, 遠井悟, 福井遼, 宇都宮誠, 池田長生, 原英彦, 中村正人: 多枝病変に対する薬物コーティングバルーンとステントでのハイブリット治療の臨床成績.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
61. ◎飯島雷輔, 山下雄司, 雨宮勝嗣, 遠井悟, 福井遼, 宇都宮誠, 池田長生, 原英彦, 中村正人: 石灰化病変に対するスコアリングバルーンとロータブレーター後のDCB治療効果.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
62. ◎角谷慶人, 全完, 飯田修, 山本義人, 川崎大三, 山内靖隆, 新谷嘉章, 横井宏佳, 菅野晃靖, 的場聖明, 中村正人: 穿通が容易な大動脈・腸骨動脈慢性完全閉塞病変は、EVT後の臨床転帰が不良である:OMOTENASHIレジストリのサブ解析より.  第28回日本心血管インターベンション治療,  名古屋市,  2019/09
63. ◎小沼芳信, 高亀則博, 高橋邦彰, 大野雅文, 原弘典, 川嶋秀幸, Serruys P: アスピリン中止は安全なのか?: ASETトライアル.  第28回日本心血管インターベンション治療,  名古屋市,  2019/09
64. ◎Nakamura M, Suzuki N, Kozuma K: Absorb GT1 Bioresorbable Vascular Scaffold System: One-Year Post-Marketing Surveillance in Japan.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  Nagoya,  2019/09
65. ◎高江洲悟, 根本尚彦, 矢口知征, 能戸辰徳, 清水貴之, 長島義宜, 安斎均: Closure deviceを用いた経カテーテル的V-A ECMO抜去の有効性と安全性.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
66. ◎山﨑健司, 横内到, 佐藤学, 豊田康豪, 熊谷賢太, 杉薫: 急性冠症候群の二次心血管イベントに対しての各種ω3脂肪酸製剤による有効性の検討.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
67. ◎小沼芳信, 高亀則博, 高橋邦彰, Banning A, Escaned J, Serruys P: 三枝病変におけるpost procedural QFRによる予後予測.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
68. ◎中村正人: PCI, FFR and cost.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
69. ◎中村正人: PCI後の至適な抗血小板療法とは何か~プラスグレル日本人用量の再考~.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
70. ◎能戸辰徳, 高江洲悟, 矢口知正, 清水貴之, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: 透析を伴う閉塞性動脈硬化症(PAD)賢者におけるスタチンの有効性.  第67回日本心臓病学会,  名古屋市,  2019/09
71. ◎高橋慶子, 松本誉史, 田尻勇太, 猪原実, 李哲雄, 高木拓郎, 渡邊恒輔: 造影剤使用後に発熱と発疹を呈し、造影剤アレルギーとの鑑別を必要とした薬剤過敏症症候群の1例.  第653回日本内科学会関東地方会,  東京,  2019/09
72. ◎根本尚彦, 矢口知征, 鮫島雄祐, 高江洲悟, 清水貴之, 能戸辰徳, 長島義宜, 安齋均: ECMO導入した心肺蘇生患者における心肺蘇生関連合併症の検討.  第67回日本心臓病学会,  名古屋,  2019/09
73. ◎川村耕平, 中村純, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: 運動療法が重症下肢虚血患者の転帰に及ぼす影響.  第67回日本心臓病学会,  名古屋市,  2019/09
74. ◎池田長生, 飯島雷輔, 原英彦, 中村正人: 最新のカテーテル技術を応用したバルーン肺動脈形成術と薬物によるCTEPHへのhybrid treatment -The lower, the betterの実現へ-.  第67回日本心臓病学会,  名古屋市,  2019/09
75. 諸井雅男、◎本村昇: MCD/JCVSDを用いた外科内科の連携.  第67回 日本心臓病学会学術集会,  名古屋,  2019/09
76. ◎山下雄司, 吉玉隆, 中村正人: ビソノテープ12時間貼付の有用性.  第67回日本心臓病学会,  名古屋市,  2019/09
77. ◎能戸辰徳, 高江洲悟, 矢口知正, 清水貴之, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: 重症下肢虚血(CLI)患者におけるフレイルの特徴とその予後.  第67回日本心臓病学会,  名古屋市,  2019/09
78. ◎宇都宮誠: Better Outcome for PAD Treatments~ view from ACCESS, TARGET and TREAT ~.  Sapporp Live Demonstration Course 2019,  札幌市,  2019/09
79. ◎宇都宮誠: Current strategy of my SFA treatment.  第14回Japan Endovascular Symposium研究会,  東京,  2019/08
80. ◎宇都宮誠: CLIに対するEVT.  第14回Japan Endovascular Symposium研究会,  東京,  2019/08
81. ◎下山渉太, 小田部哲夫, 貫井勇介, 亀谷純, 東大輝, 小田真美子, 川崎真宏, 伊勢亀友季子, 小野剛, 武者芳朗, 海老原覚: 高齢心不全患者の自宅退院可否に関する検討ー多重ロジステック回帰分析を用いた転帰予測ー.  第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  枚方市, 大阪府,  2019/07
82. ◎石井梨奈, 遠井悟, 池田長生, 中村啓二郎, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: 肺炎球菌肺血症に合併した電撃性紫斑病の1例.  第652回日本内科学会関東地方会,  東京,  2019/07
83. ◎原英彦: 知っておくべきSHDインターベンションーPFOー.  TOPIC 2019,  東京,  2019/07
84. ◎原英彦: New Technology and StrategyーWatchmanとAmplatzer.  TOPIC 2019,  東京,  2019/07
85. ◎林盛人, 原英彦, 藤田聡, 木原英雄, 橋本剛, 平元侑, 中村啓二郎, 岩渕聡: 当院におけるBrain&Heartチームの結成.  第6回日本心血管脳卒中学会学術集会,  東京,  2019/06
86. ◎安斉均, 鮫島雄祐, 矢口知征, 高江洲悟, 清水貴之, 能戸辰徳, 佐原尚彦, 長島義宜, 根本尚彦: 4D CTAを用いた膝下動脈経皮的血行再建術後の開存率の評価.  第11回日本下肢救済・足病学会学術集会,  神戸市,  2019/06
87. ◎宇都宮誠, 雨宮勝嗣, 石井梨奈, 中村正人: クラゲ刺傷後に下肢チアノーゼを呈した一例.  第11回日本下肢救済・足病学会学術集会,  神戸市,  2019/06
88. ◎鈴木歩, 三浦里美, 吉野真奈実, 宇都宮誠, 中村正人: 在宅におけるフットケアの取り組み~訪問看護師の視点から~.  第11回日本下肢救済・足病学会学術集会,  神戸市,  2019/06
89. ◎高橋剛士, 徳江政英, 牧野健治, 遠井悟, 中村啓二郎, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: CPAPの忍容性により異なる転機をたどった大動脈解離の2例.  日本睡眠学会第44 回定期学術集,  名古屋市,  2019/06
90. ◎高木高人, 中村啓二郎, 高橋剛士, 遠井悟, 榎本善成, 徳江政英, 中村正人: The Association between the Severity of Sleep Apnea and Atrial Remodeling
with Atrial Fibrillation.  日本睡眠学会第44 回定期学術集会,  名古屋市,  2019/06
91. ◎遠井悟, 徳江政英, 髙橋剛士, 中村正人: 睡眠呼吸障害患者における血糖変動を検出する為の動脈血最小酸素飽和度予測値の検討.  日本睡眠学会第44回定期学術集会,  名古屋市,  2019/06
92. ◎沼田隆佑, 瀧聞浄宏, 武井黄太, 田中登, 小山智史, 大日方春香, 米原恒介, 岡村達, 原英彦, 安河内聰: 三尖弁置換術後の人工弁周囲逆流(paravalvular leakage: PVL)に対し、経カテーテル的PVL閉鎖術を施行した、Fontan術後左心低形成症候群の1例.  第55回日本小児循環器学会総会,  札幌,  2019/06
93. ◎池田長生, 久保田修司, 岡﨑徹, 飯島雷輔, 原英彦, 廣井透雄, 中村正人: バルーン肺動脈形成術における側副血行路活用の可能性.  第4回日本肺高血圧肺循環学会学術集会,  浜松市,  2019/06
94. ◎牧野健治, 池田長生, 井出志穂, 葉山裕真, 橋本剛, 大塚健紀, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: 慢性血栓塞栓性肺高血圧症患者における平均肺動脈圧の検討.  第4回日本肺高血圧肺循環学会学術集会,  浜松市,  2019/06
95. ◎雨宮勝嗣, 池田長生, 飯島雷輔, 原英彦, 中村正人, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均, 小林延行, 久保田修司, 廣井透雄: 急性肺塞栓症に対する直接経口抗凝固薬(DOAC)の血栓定量評価.  第4回日本肺高血圧肺循環学会学術集会,  浜松市,  2019/06
96. ◎岡崇, 冠木敬之, 藤井崇博, 池田隆徳, 松原広己, 下川原裕人, 内藤貴教, 藤井毅郎, 中山智孝, 原英彦, 原文彦: ASD合併のCTEPHに対してBPAとASD閉鎖術にて根治を得た症例.  第4回日本肺高血圧肺循環学会学術集会,  浜松市,  2019/06
97. ◎鮫島雄祐, 根本尚彦, 安齋均, 長島義宜, 佐原尚彦, 清水貴之, 高江洲悟, 能戸辰徳: 心不全を契機に診断し得た胆管癌患者の非細菌性心内膜炎の1例.  第252回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/06
98. ◎山本純平, 雨宮勝嗣, 髙橋剛士, 橋本剛, 榎本善成, 徳江政英, 宇都宮誠, 池田長生, 中村啓二郎, 飯島雷輔, 原英彦, 諸井雅男, 中村正人: 反復性心嚢液貯留に対して経皮的心膜開窓術が長期に有効であった一例.  第252回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/06
99. ◎薄田英樹, 岡﨑徹, 小玉千織, 長井蘭, 三宅渉, 葉山裕真, 久保田修司, 中川尭, 山本正也, 岡崎修, 原久男, 廣井透雄: 溶連菌感染後に急性心不全を発症した若年女性の一例.  第252回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/06
100. ◎堀越あゆみ, 山下雄司, 林典行, 久次米真吾, 浅原敏之, 吉玉隆: 腹腔鏡手術時にTorsade de Pointesを生じた1例.  第651回日本内科学会関東地方会,  東京,  2019/06
101. ◎平栗有沙, 藤崎純, 金子南紀子, 佐々木祐太, 高橋奎太, 大木晋輔, 前谷容, 中村正人, 林盛人, 岩渕聡: 頸動脈ステント術後の下肢痛原因検索にエコーが有用であった1例.  第38回日本脳神経超音波学会総会,  奈良,  2019/06
102. ◎林盛人, 藤田聡, 平元侑, 平井希, 鈴木遼, 齋藤紀彦, 中山晴雄, 青木和哉, 橋本剛, 岩渕聡: 急性期血栓回収術を施行した大動脈プラーク由来頸部内頚動脈閉塞症の1例.  第38回日本脳神経超音波学会総会,  奈良,  2019/06
103. ◎原英彦: 脳梗塞を予防する古くて新しいカテーテル治療:経皮的卵円孔開存閉鎖術とは?.  第40回 日本循環制御医学会総会,  軽井沢,  2019/06
104. ◎原英彦: 消化器専門医に知ってほしい抗血栓療法と新しい出血予防治療.  第97回日本消化器内視鏡学会総会,  東京,  2019/06
105. ◎雨宮勝嗣, 宇都宮誠, 石井梨奈, 中村正人: クラゲ刺傷後に足趾チアノーゼを呈した一例.  第47回日本血管外科学会,  名古屋市,  2019/05
106. ◎榎本善成, 中村啓二郎, 橋本晃, 石井梨奈, 浅見雅子, 高木高人, 久次米真吾, 中村正人, 酒井毅, 野呂眞人, 杉薫, 野上昭彦: 2種類のExitの存在が示唆された上部中隔型特発性左室心室頻拍(ILVT)の1例.  第49回臨床心臓電気生理研究会,  福岡市,  2019/05
107. ◎橋本剛: カテーテル治療時代に注目すべき左心耳の特徴と血栓.  第30回日本心エコー図学会,  松本市,長野県,  2019/05
108. ◎原英彦: MitraClip適応となる心エコー図所見の特徴.  第30回日本心エコー図学会,  松本市,長野県,  2019/05
109. ◎橋本剛: 人工弁周囲逆流治療におけるエコーイメージングの役割.  第30回日本心エコー図学会,  松本市,長野県,  2019/05
110. ◎宇都宮誠: PROVEN RESULTS, SUSTAINED DRUG RELEASE ―The First & Only Polymer DES for SFA, ELUVIA―.  第54回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/05
111. ◎山﨑健司, 横内到, 佐藤学, 豊田康豪, 熊谷賢太, 杉薫: 右冠動脈病変にALカテーテルでPCI施行し、近位部から大動脈へ解離を起こしたがステント留置にてbail outできた1例.  第54回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/05
112. ◎清水貴之, 高江洲悟, 矢口知征, 能戸辰徳, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: 冠動脈拡張部位の血栓形成により急性心筋梗塞を発症した3症例.  第54回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/05
113. ◎矢口知征, 原英彦, 橋本剛, 遠井悟, 雨宮勝嗣, 武中宏樹, 福井遼, 牧野健治, 宇都宮誠, 池田長生, 飯島雷輔, 徳江政英, 中村正人, 角田昇隆, 山崎正雄: 心腔内エコーガイド経皮的卵円孔開存閉鎖術が著効したPlatypnea-Orthodeoxia Syndromeの 一例.  第54回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会,  東京,  2019/05
114. ◎原英彦: 左心耳閉鎖術のコンセプトとエコーの重要性.  第30回日本心エコー図学会,  松本市,長野県,  2019/05
115. ◎牧野健治, 橋本剛, 井出志穂, 葉山裕真, 池田長生, 飯島雷輔, 原英彦, 鈴木真事, 諸井雅男, 中村正人: 慢性血栓塞栓性肺高血圧症患者における平均肺動脈圧の心エコー図による評価方法の検討.  第30回日本心エコー図学会,  松本市, 長野県,  2019/05
116. ◎佐々木祐太, 藤崎純, 金子南紀子, 平栗有沙, 大木晋輔, 中村正人, 前谷容: 静脈エコーが診断に有用であった腸骨静脈venous aneurysmの1例.  第44回日本超音波検査学会学術集会,  横浜市,  2019/04
117. ◎上月周, 毛利晋輔, 高原充佳, 椿本恵則, 新谷嘉章, 佐々木伸也, 福永匡史, 吉岡亮, 宇都宮誠, 加藤太門, 丹通直, 岡本槙, 三浦崇, 藤原昌彦, 志手淳也: どうやればPOBAを成功させられるか?IGNITE試験からの検討.  第28回日本心血管インターベンション治療,  名古屋市,  2019/09
118. ◎安齋均, 鮫島雄祐, 高江州悟, 矢口知征, 清水貴之, 能戸辰徳, 長島義宜, 根本尚彦: Impact of endoluminal bypass for repetitive recurrences after femoropopliteal artery stenting.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
119. ◎安齋均, 鮫島雄祐, 高江州悟, 矢口知征, 清水貴之, 能戸辰徳, 長島義宜, 根本尚彦: Long-term results of iliac vein stenting in patients with acute proximal
deep venous thrombosis.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
120. ◎能戸辰徳, 高江洲悟, 矢口知征, 清水貴之, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: Relationship between prognosis of lower limbs and peripheral artery calcification among patients with peripheral artery disease.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
121. ◎能戸辰徳, 高江洲悟, 矢口知征, 清水貴之, 長島義宜, 根本尚彦, 安齋均: Relationship between peripheral artery calcification and revascularization for peripheral artery disease.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
122. ◎尾崎行男, 片桐勇貴, 小沼芳信, 天野哲也, 村松崇, 上妻謙, 大辻悟, Serruys P, 伊刈裕二, 中村正人: CVITコンセンサスドキュメントPCI for AMI.  第28回日本心血管インターベンション治療,  名古屋市,  2019/09
123. ◎Nakamura M, Suzuki N, Kozuma K: Absorb GT1 Bioresorbable Vascular Scaffold System: One-Year Post-Marketing Surveillance in Japan.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
124. ◎上月周, 毛利晋輔, 高原充佳, 椿本恵則, 新谷嘉章, 佐々木伸也, 福永匡史, 吉岡亮, 宇都宮誠,
加藤太門, 丹通直, 岡本槙, 三浦崇, 藤原昌彦, 志手淳也: どうやればPOBAを成功させられるか? IGNITE試験からの検討.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
125. ◎中村正人: ガイドラインとコンセンサスドキュメント.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
126. ◎中村正人: Monotherapy in HBR patient Insights from PENDULUM Mono trial.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
127. ◎中村正人: Optimal DAPT therapy for high bleeding risk patients.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
128. ◎中村正人: パクリタキセルはPADの死亡を増やすのか?-日本のエビデンスを集めよう-.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
129. ◎艫居祐輔, 高原充佳, 藤原昌彦, 福永匡史, 岩崎祐介, 上月周, 佐々木伸也, 吉岡亮, 宇都宮誠,
椿本恵則, 三浦崇, 毛利晋輔, 白記達也, 曽我芳光, 安藤献児: TruePathデバイスを使用した鼠経靭帯以下の慢性閉塞性病変に対するEVT.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
130. ◎Hara H, Hashimoto G, Makino K, Amemiya K, Toi S, Fukui R, Utsunomiya M, Ikeda N, Iijima R, Nakamura M: Initial Experience of WATCHMAN Implantation for Left Atrial
Appendage Closure to Patients with Atrial Fibrillation in Salute Study.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
131. ◎山内靖隆, 高原充佳, 飯田修, 横井宏佳, 宮本明, 中村正人: 1年の大動脈腸骨動脈病変に対するステント再狭窄・閉塞の予測因子.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
132. ◎小沼芳信, 原弘典, 高亀則博, 高橋邦彰, 大野雅文, 川嶋秀幸, Escaned J, Serruys P: Physiological and functional assessment at 3 years after implantation of metallic stent and bioresorbable scaffold.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
133. ◎小沼芳信, 高橋邦彰, 高亀則博, 大野雅文, 川嶋秀幸, 原弘典: How to use 3D-OCT in bifurcation lesion: from joint consensus by European and Japanese bifurcation clubs.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
134. ◎武中宏樹, 飯島雷輔, 原英彦, 中村正人: Usefulness of Clinical Flowchart for achieving levels of LDL cholesterol value <70mg/dl in Acute Coronary Syndromes.  第28回日本心血管インターベンション治療学会,  名古屋市,  2019/09
国際学会
1. ◎Amemiya K, Ikeda N, Iijima R, Hara H, Nakamura M: APPROPRIATE TIMING TO CLOSE THE SESSION OF BALLOON PULMONARY ANGIOPLASTY FOR PATIENTS WITHCHRONIC THROMBOEMBOLIC PULMONARY HYPERTENSION.  ACC 2020,  Chicago, USA,  2020/03
2. ◎Ikeda N, Kubota S, Okazaki T, Iijima R, Hara H, Hiroi Y, Nakamura M: ASSOCIATION BETWEEN WORLD HEALTH ORGANIZATION FUNCTIONAL CLASS AND PULMONARY ARTERY PRESSURE AFTER BALLOON PULMONARY ANGIOPLASTY IN PATIENTS WITH CHRONIC THROMBOEMBOLIC PULMONARY HYPERTENSION.  ACC 2020,  Chicago, USA,  2020/03
3. ◎Makino K, Hashimoto G, Suzuki M, Hayama H, Otsuka T, Ikeda N, Iijima R, Hara H, Moroi M, Nakamura M: ASSESSMENT OF THE LEFT VENTRICULAR DIASTOLIC FUNCTION AFTER PERCUTANEOUS ATRIAL SEPTAL DEFECT CLOSURE IN CHRONIC PHASE.  ACC 2020,  Chikago, USA,  2020/03
4. ◎Saito S, Ikeda N, Nakamura M: GADOLINIUM CONTRAST BALLOON PULMONARY ANGIOPLASTY FOR A PATIENT WITH CHRONIC THROMBOEMBOLIC PULMONARY HYPERTENSION AND SEVERE IODINE ALLERGY.  ACC 2020,  Chicago, USA,  2020/03
5. ◎Tokue M, Ikeda N, Iijima R, Hara H, Shiba M, Nakamura M: THE ASSOCIATION BETWEEN SEVERE OBSTRUCTIVE SLEEP APNEA (OSA) PATIENTS WITH NORMAL EGFR AND LATENT KIDNEY DISEASE.  ACC 2020,  Chicgo, USA,  2020/03
6. ◎Noto T, Nemoto N, Anzai H: Comparison of Syntax Score and Calcification Score in Prognosis of Patients With Peripheral Artery Disease.  AHA 2019,  Philadelphia, USA,  2019/11
7. ◎Enomoto Y, Nakamura K, Ishii R, Noro M, Sugi K, Iijima R, Hara H, Moroi M, Nakamura M: Lesion size and adjacent tissue damage assessment with high power and short duration atrial ablation:Comparison to usual radiofrequency ablation power setting.  AHA 2019,  Philadelphia, USA,  2019/11
8. Niikura H, Sorajja P: Impact of Left Atrial Pressure on Long-term Outcomes in Patients with MitraClip Therapy.  AHA 2019,  フィラデルフィア、米国,  2019/11
9. ◎Shimizu T, Nakamura K, Sahara N, Enomoto Y,: A case of ablation to ventricular tachycardia in tetralogy of Fallot Repair with delayed potential as indicator.  APHRS 2019,  Bangkok, Thailand,  2019/10
10. ◎Nakamura K, Enomoto Y,: Atrial Functional Mitral and Tricuspid Regurgitation Associated with Biatrial remodeling predict Early Recurrence in Atrial Fibrillation Patients with Preserved Left Ventricular Ejection Fraction.  APHRS 2019,  Bangkok, Thailand,  2019/10
11. ◎Takagi T, Nakamura K, Enomoto Y,: Association between the Severity of Sleep Apnea and Atrial Remodeling with Atrial Fibrillation.  APHRS 2019,  Bangkok, Thailand,  2019/10
12. ◎Enomoto Y, Nakamura K: Lesion size and adjacent tissue damage assessment with high power and short duration atrial ablation: comparison to usual radiofrequency ablation power setting.  APHRS 2019,  Bangkok, Thailand,  2019/10
13. Niikura H, Sorajja P: Transcatheter Therapy for Residual MR and Iatrogenic ASD after MitraClip and ASD closure.  TCT 2019,  サンフランシスコ、米国,  2019/09
14. ◎Nakamura M: PENDULUM Registry: Relationship Between Platelet Reactivity and 1-Year Ischemic and Bleeding Outcomes After PCI.  TCT 2019,  San Francisco, USA,  2019/09
15. ◎Nakamura M: Safety of PTX Devices for PAD in Japan: Academic View.  TCT 2019,  San Francisco, USA,  2019/09
16. ◎Noto T: Relationship between prognosis of lower limbs and
peripheral artery calcification among patients with peripheral artery
disease.  TCT 2019,  San Francisco, USA,  2019/09
17. ◎Utsunomiya M: New Crossing Techniques for Complex Femoropopliteal Disease.  TCT 2019,  San Francisco, USA,  2019/09
18. ◎Kogame N: Clinical implication of quantitative flow ratio after percutaneous coronary intervention for three vessel disease.  TCT 2019,  San Francisco, USA,  2019/09
19. ◎Niikura H, Sorajja P, Goessl M, Bae R, Garcia S, Sun B, Askew J, Harris K, Fukui M, Stanberry L, Cavalcante L-J: Disease stages of structural and functional cardiac changes associate with outcomes in patients with mitral regurgitation receiving mitral valve intervention.  ESC Congress 2019,  Paris, FRANCE,  2019/09
20. ◎Noto T: Impact of statin therapy on EVT for PAD with decreased low-density lipoprotein cholesterol.  ESC 2019,  Paris, France,  2019/09
21. ◎Yazaki Y, Iijima R, Hara H, Moroi M, Nakamura M: Prognostic value of congestion status by bioelectrical impedance analysis and natriuretic peptide levels in acute heart failure with preserved versus reduced left ventricular ejection fraction.  ESC 2019,  Paris, France,  2019/09
22. ◎Kogame N, R. Modolo, P. Chichareon, Komiyama H, D. Taggart, J. Escaned, A. Banning, V. Farooq, Onuma Y, PW. Serruys: Clinical impact of residual SYNTAX score after physi ology guided state-of-art PCI in 3VD: insight from the SYNTAX II trial.  ESC 2019,  Paris, France,  2019/08
23. ◎Nakamura M, Ako J, Arai H, Hirayama A, Nohara A, Uno K, Ozaki A, Harada-Shiba M: EXPLORE-J: Lipid management and 2-year long-term clinical outcome in Japanese patients with acute syndrome.  ESC Congress 2019,  Paris, FRANCE,  2019/08
24. ◎Utsunomiya M: Tibial Data, Treatment & Current Trials in Asia Pacific.  The Amputation Prevention Symposium 2019,  Chicago, USA,  2019/08
25. ◎Niikura H, Goessl M, Lin D, Jay Desmond, Bae R, Sorajja P: Transcatheter therapy for residual mitral regurgitation after MitraClip therapy.  CVI 2019,  Denver, USA,  2019/07
26. ◎Niikura H, Lesser JR, Han BK, Goessl M, Fukui M, Sorajja P, Cavalcante JL: Computed Tomography Guided Approach for The Evaluation Of Elevated Prosthetic Valvular Gradients.  SCCT 2019,  Baltimore, USA,  2019/07
27. ◎Niikura H, Lesser JR, Han BK, Goessl M, Fukui M, Sorajja P, Cavalcante JL: Frequency of Surgical Valve Abnormalities on Cardiac Computed Tomography in Patients with and without Clinical Suspicion.  SCCT 2019,  Baltimore, USA,  2019/07
28. ◎Hara H: CONGRESS WELCOME WITH LIVE AND KEYNOTE LECTURE.  CSI Frankfurt 2019,  Frankfurt, Germany,  2019/06
29. ◎Hara H: Simultaneous repair of Sinus Valsalva perforation and mitral paravalvular leakage by AMPLATZER Vascular Plug.  CSI FRANKFURT 2019,  Frankfurt, Germany,  2019/06
30. ◎Amemiya K, Hara H, Toi S, Hashimoto G, Nakamura M: A case of recurrent pericardial effusion performed successful percutaneus balloon pericardiotomy.  CSI Frankfurt 2019,  Frankfurt , Germany,  2019/06
31. ◎Harada-Shiba M, Arai H, Nohara A, Sato K, Hirayama A, Ako J, Naito Y, Ozaki A, Nakamura M: NOVEL INSIGHTS FROM GENETIC AND CLINICAL DATA OF FAMILIAL HYPERCHOLESTEROLEMIA IN PATIENTS PRESENTING WITH ACUTE CORONARY SYNDROME: EXPLORE-J REGISTRY.  the 87th European Atherosclerosis Society Congress,  Maastricht, Netherlands,  2019/05
32. ◎Niikura H, Goessl M, Lin D, Jay Desmond, Bae R, Sorajja P: Transcatheter Mitral Valve Repair of Recurrent Mitral Regurgitation Following Mitral Surger.  SCAI 2019,  Las Vegas, USA,  2019/05
33. ◎Hara H: Complex PCI.  TCTAP 2019,  Seoul, Korea,  2019/04
その他
1. ◎粟屋徹: パラガングリオーマに心室中部たこつぼ型心筋症と冠攣縮狭心症を併発した一例.  第22回心世代核医学研究会,  東京,  2019/11
2. ◎諸井雅男: 心臓における新しいマクロファージイメージング法の開発.  第154回東邦医学会例会,  東邦大学医学部  大森臨床講堂(5号館B1F),  2019/06
3. ◎中村正人: 医療現場の視点.  第3回実践に基づく医療イノベーション研究会,  東京,  2019/06
4. ◎中村正人: 適応外使用のジレンマ.  第3回実践に基づく医療イノベーション研究会,  東京,  2019/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者