<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 精神神経医学講座(大森・大橋)
 Department of Neuropsychiatry (Omori,Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















水野 雅文   教授
    2          
 
 
 
 
 
根本 隆洋   准教授
   1 1  3 2       
 
 
 
 
 
片桐 直之   講師
    1          
 
 
 
 
 
辻野 尚久   講師
    1          
 
 
 
 
 
山口 大樹   講師
    1          
 
 
 
 
 
舩渡川 智之   助教
    1          
 
 
 
 
 
 0 1  3 0  0  0
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Nemoto T, Takeshi K, Niimura H, Tobe M, Ito R, Kojima A, Saito H, Funatogawa T, Yamaguchi T, Katagiri N, Tsujino N, Mizuno M:  Feasibility and acceptability of cognitive rehabilitation during the acute phase of schizophrenia.  Early Intervention in Psychiatry  1 :1 -1 , 2020
その他
1. Ojio Y, Mori R, Matsumoto K, Nemoto T, Sumiyoshi T, Fujita H, Morimoto T, Nishizono-Maher A, Fujii C, Mizuno M:  Innovative approach to adolescent mental health in Japan: School-based education about mental health literacy.  Early Intervention in Psychiatry  1 :1 , 2020
■ 著書
1. 岸本年史, 山室和彦, 秋山剛, 兼子幸一, 加藤隆弘, 桂川修一, 野口正行, 神山昭男, 森隆夫, 森川将行, 林偉明, 根本隆洋, 西村勝治, 岸本直子, 岡崎康輔, 伊藤トーマス克男, 中川柳田卿子, 西国幸四郎:    精神医療機関における外国人患者受入の現状と課題把握に関する調査  1-156.  厚生労働省課題 令和元年度障害者総合福祉推進事業,  東京, 日本, 2020
2. 田久保陽司:  バルプロ酸ナトリウム.  精神科のくすりハンドブック第3版  226-227.  総合医学社,  東京, 2020
3. 根本隆洋:  ゾニサミド.  精神科のくすりハンドブック第3版  228-229.  総合医学社,  東京, 2020
4. 根本隆洋:  トピラマート.  精神科のくすりハンドブック第3版  230-231.  総合医学社,  東京, 2020
5. 根本隆洋:  ガバペンチン.  精神科のくすりハンドブック第3版  258-259.  総合医学社,  東京, 2020
  :Corresponding Author
  :本学研究者