<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 精神神経医学講座(大森・大橋)
 Department of Neuropsychiatry (Omori,Ohashi)

■ 当該年度の研究費受入状況
1.  日本医療研究開発機構(AMED)長寿障害総合研究事業
 研究課題:AYA世代の精神疾患高リスク群における予防的睡眠マネジメントに関する研究  (研究代表者:水野雅文)
 研究補助金:5000000円  (代表)
2.  厚生労働科学研究費補助金 障害者政策総合研究事業  (研究課題番号:19GC1015)
 研究課題:地域特性に対応した精神保健医療サービスにおける早期相談・介入の方法と 実施システム開発についての研究  (研究代表者:根本隆洋)
 研究補助金:15000000円  (代表)
3.  日本医療研究開発機構 障害者対策総合研究開発事業
 研究課題:社会認知機能に関する新たな検査バッテリーの開発  (研究分担者:根本隆洋)
 研究補助金:1000000円  (分担)
4.  日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓)  (研究課題番号:20K20603)
 研究課題:統合失調症の病前診断のマーカー開発:世界初AMPA受容体PET研究  (研究分担者:根本隆洋)
 研究補助金:800000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  根本隆洋 :社会保険診療報酬支払基金医科審査委員, NPO法人みなとネット21 理事
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  根本隆洋 :日本精神神経学会 代議員・精神神経学雑誌編集委員・専門医試験委員・PCNを育てるPIワーキンググループ委員, 日本社会精神医学会 評議員・倫理委員, 日本精神科診断学会 評議員, 日本精神保健・予防学会 副編集長, CEPD研究会 理事
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















水野 雅文   教授
  3  11   1       
 15
 
 
 
 
片桐 直之   准教授
    5          
 5
 
 
 
 
根本 隆洋   准教授
 4 3 2 8  5 1       4
(4)
 15
 
 
 
 
辻野 尚久   講師
    8          
 5
(1)
 
 
 
 
山口 大樹   講師
    4          1
 3
 
 
 
 
相川 さやか   助教
    1          
 
 
 
 
 
池田 竜   助教
              
 
 
 
 
 
大岡 美奈子   助教
              
 1
 
 
 
 
落 裕太   助教
              
 
 
 
 
 
角 朋世   助教
              
 
 
 
 
 
田形 弘実   助教
  1  3          
 2
 
 
 
 
永本 晃子   助教
              
 
 
 
 
 
舩渡川 智之   助教
 1  1 3          
 2
 
 
 
 
松村 尭明   助教
              
 
 
 
 
 
松本 裕史   助教
 1             
 
 
 
 
 
吉田 絢子   助教
              
 
 
 
 
 
 6 3  5 0  0  5
(4)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














水野 雅文   教授
         
 
 
片桐 直之   准教授
         
 
 
根本 隆洋   准教授
 4 2  5     4
(4)
 
 
辻野 尚久   講師
         
 
 
山口 大樹   講師
         1
 
 
相川 さやか   助教
         
 
 
池田 竜   助教
         
 
 
大岡 美奈子   助教
         
 
 
落 裕太   助教
         
 
 
角 朋世   助教
         
 
 
田形 弘実   助教
         
 
 
永本 晃子   助教
         
 
 
舩渡川 智之   助教
 1 1       
 
 
松村 尭明   助教
         
 
 
松本 裕史   助教
 1        
 
 
吉田 絢子   助教
         
 
 
 6 3  5 0  0  5
(4)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 内野 敬, 小辻 有美, 飯田 さとみ, 青木 瑛子, 塩澤 拓亮, 白幡 真教, 関 晶比古, 水野 雅文, 田中 邦明, 根本 隆洋:  若年者に向けたワンストップ相談センター「SODA」の試み―これまでの精神科早期介入から地域における早期相談・支援へ―.  精神神経学雑誌  123 (3) :126 -137 , 2021
2. 舩渡川智之:  Ⅱ ガイドラインに基づく外来での精神科薬物療法 患者背景に応じたポイントと注意点 小児.  調剤と薬局  27 (2) :144 -147 , 2021
3. Saito J, Nemoto T, Katagiri N, Hori M, Tagata H, Funatogawa T, Yamaguchi T, Tsujino N, Mizuno M:  Can reduced leftward asymmetry of white matter integrity be a marker of transition to psychosis in at-risk mental state?.  Asian Journal of Psychiatry  54 :102450 , 2020
4. Takubo Y‡, Nemoto T, Iwai M, Kashima M, Yamaguchi E, Maruyama A, Miura S, Saito H, Tsujino N, Mizuno M (‡: co-first author):  Demographic and clinical characteristics of foreign nationals accessing psychiatric services in Japan: a multicentre study in a metropolitan area.  BMC psychiatry  20 (1) :569 , 2020
5. Uekusa S, Onozato M, Umino M, Sakamoto T, Ichiba H, Tsujino N, Funatogawa T, Tagata H, Nemoto T, Mizuno M, Fukushima T:  Increased inosine levels in drug-free individuals with at-risk mental state: a serum metabolomics study.  Early Intervention in Psychiatry  1 :1 -1 , 2021
6. Onozato M, Umino M, Shoji A, Ichiba H, Tsujino N, Funatogawa T, Tagata H, Nemoto T, Mizuno M, Fukushima T:  Serum D- and L-lactate, pyruvate, and glucose levels in individuals with at-risk mental state and correlations with clinical symptoms.  Early Intervention in Psychiatry  14 (4) :410 -417 , 2020
7. Ojio Y, Mori R, Matsumoto K, Nemoto T, Sumiyoshi T, Fujita H, Morimoto T, Nishizono-Maher A, Fujii C, Mizuno M:  Innovative approach to adolescent mental health in Japan: School-based education about mental health literacy.  Early Intervention in Psychiatry  15 (1) :174 -182 , 2021
8. Nemoto T, Uchino T, Aikawa S, Matsuo S, Mamiya N, Shibasaki Y, Wada Y, Yamaguchi T, Katagiri N, Tsujino N, Usami T, Mizuno M:  Impact of changes in social anxiety on social functioning and quality of life in outpatients with schizophrenia: A naturalistic longitudinal study.  Journal of Psychiatric Research  131 :15 -21 , 2020
9. Uchino T, Nemoto T, Kojima A, Takubo Y, Kotsuji Y, Yamaguchi E, Yamaguchi T, Katagiri N, Tsujino N, Tanaka K, Mizuno M:  Effects of motivation domains on social functioning in schizophrenia with consideration
of the factor structure and confounding influences.  Journal of Psychiatric Research  133 :106 -112 , 2021
10. Sasabayashi D, Takayanagi Y, Takahashi T, Katagiri N, Sakuma A, Obara C, Katsura M, Okada N, Koike S, Yamasue H, Nakamura M, Furuichi A, Kido M, Nishikawa Y, Noguchi K, Matsumoto K, Mizuno M, Kasai K, Suzuki M:  Subcortical brain volume abnormalities in individuals with an at-risk mental state.  Schizophrenia bulletin  46 :834 -845 , 2020
11. Shido Y, Nemoto T, Saito J, Matsushima E, Kojima T, Mizuno M:  Characteristics of exploratory eye movements in individuals with attenuated psychotic syndrome.  Toho Journal of Medicine  6 (2) :82 -89 , 2020
12. Tagata H, Tsujino N, Onozato M, Nemoto T, Fukushima T, Mizuno M:  Analyses of metabolites related to NMDA receptor in serum of antipsychotic-naïve individuals with at-risk mental state.  Toho Journal of Medicine  6 (2) :90 -97 , 2020
13. Funatogawa T, Nemoto T, Yamaguchi T, Katagiri N, Tsujino N, Mizuno M:  Psychiatric Day Treatment Specific for Young Individuals with Early Psychosis: A Possible Contribution to Improve Their Functional Outcomes.  Toho Journal of Medicine  6 (4) :164 -171 , 2020
総説及び解説
1. 根本隆洋,内野敬:  若年者のうつ病対策と早期介入の役割―SODAの試み―.  Depression Strategy  11 (1) :13 -16 , 2021
2. 根本隆洋:  精神病性障害における不安とその対応.  精神科治療学  35 (12) :1323 -1328 , 2020
3. 田久保陽司, 根本隆洋, 渡辺雅子:  精神科における高齢者てんかん診療のこつを探る.  精神神経学雑誌  122 (6) :411 -423 , 2020
4. 根本隆洋, 小林啓之, 水野雅文:  精神科臨床評価マニュアル(改訂版) 3. 統合失調症スペクトラム障害および他の精神病性障害群 1) 早期精神病.  臨床精神医学  49 (8) :1239 -1247 , 2020
5. Mizuno M.:  Rethinking of “Psychosis” in the era of early intervention of mental health. Editorial.  Psychiatry and Clinical Neurosciences  (74) :225 -225 , 2020
症例報告
1. 松本裕史, 田形弘実, 根本隆洋, 水野雅文:  【研究の観点からみた症例報告】抗精神病薬により微弱な陽性症状が軽減し、社会的な機能障害の改善がみられたARMSの1例.  精神科  37 (2) :192 -197 , 2020
その他
1. 根本隆洋:  精神科早期介入と地域包括ケアシステム―MEICIS (Mental health and Early Intervention in the community-based Integrated care Systems)―.  一般社団法人 川崎市精神科医会 会報誌  9 :6 -7 , 2020
■ 著書
1. 根本隆洋:  幻覚(幻視、幻聴、幻臭など).  Current Decision Support  1.  プレシジョン,  東京, 2020
2. 岸本年史, 山室和彦, 秋山剛, 兼子幸一, 加藤隆弘, 桂川修一, 野口正行, 神山昭男, 森隆夫, 森川将行, 林偉明, 根本隆洋, 西村勝治, 岸本直子, 岡崎康輔, 伊藤トーマス克男, 中川柳田卿子, 西国幸四郎:    精神医療機関における外国人患者受入の現状と課題把握に関する調査  1-156.  厚生労働省課題 令和元年度障害者総合福祉推進事業,  東京, 日本, 2020
3. 田久保陽司:  バルプロ酸ナトリウム.  精神科のくすりハンドブック第3版  226-227.  総合医学社,  東京, 2020
4. 根本隆洋:  ゾニサミド.  精神科のくすりハンドブック第3版  228-229.  総合医学社,  東京, 2020
5. 根本隆洋:  トピラマート.  精神科のくすりハンドブック第3版  230-231.  総合医学社,  東京, 2020
6. 根本隆洋:  ガバペンチン.  精神科のくすりハンドブック第3版  258-259.  総合医学社,  東京, 2020
7. 根本隆洋、水野雅文:  統合失調症の早期段階の診療.  講座 精神疾患の臨床 統合失調症  94-102.  中山書店,  東京, 2020
■ 学会発表
国内学会
1. ◎根本隆洋: 統合失調症の早期段階および急性期に対するロナセンテープの新たな可能性.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
2. ◎田中智子,田形弘実,谷口茉佑,森田優里,舩渡川智之,根本隆洋,水野雅文: COVID-19流行下におけるイルボスコの対応.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
3. ◎望月大樹,片桐直之,根本隆洋,阿部逸郎,落裕太,田形弘実,梅澤志乃,水野雅文: 東邦大学医療センター大森病院におけるCOVID-19流行に対する精神科の対応.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
4. ◎煙山剛史,喜田恒,新村秀人,根本隆洋,三村將,佐久間啓,水野雅文: 統合失調症長期入院患者の地域移行支援における18年間の長期的転帰と地域生活の主観的評価.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
5. ◎喜田恒,新村秀人,根本隆洋,三村將,佐久間啓,水野雅文: 統合失調症長期入院患者の地域移行後18年間における全般的認知機能の推移.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
6. ◎根本隆洋,清水徹男,田中邦明,藤井千代,辻野尚久,内野敬,今村晴彦: シンポジウム5(S5) 日本精神保健・予防学会 精神疾患の早期介入・早期支援・予防の現在 精神科早期相談・支援の社会実装.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
7. ◎佐久間春奈,喜田恒,新村秀人,根本隆洋,三村將,佐久間啓,水野雅文: COVID-19による生活様式の変化やストレス負荷のため身体化や逸脱行為を繰り返し地域生活が困難となった中等度知的障害患者の一例.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
8. ◎山口英理子,小野坂益成,川下貴士,岩井桃子,丸山昭子,三浦左千夫,水野雅文,辻野尚久,根本隆洋: 在留ブラジル人を対象としたメンタルヘルス相談活動―在留外国人も利用しやすい地域包括ケアシステムに向けて―.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
9. ◎山口大樹,小口芳世,小塩靖崇,片桐直之,辻野尚久,根本隆洋,水野雅文: 一般成人におけるメンタルヘルスリテラシーのWEB調査.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
10. ◎小塩靖崇,森良一,松本和紀,根本隆洋,住吉太幹,藤田博一,盛本翼,西園マーハ文,藤井千代,水野雅文: 新学習指導要領に対応したメンタルヘルスリテラシー教育資材の開発.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
11. ◎森良一,根本隆洋,小塩靖崇,物部博文,田久保陽司,山口英理子,水野雅文: 中学生における精神疾患に関する教育の効果―授業前後での比較検討―.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
12. ◎田久保陽司,吹谷和代,相川祐里,岩井桃子,山口大樹,片桐直之,伊藤めぐむ,秋葉靖雄,辻野尚久,根本隆洋,水野雅文: COVID-19流行が産後の不安症状に与える影響:継続的データベースと診療録の調査結果から.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
13. ◎内野敬,根本隆洋,青木瑛子,山口大樹,片桐直之,辻野尚久,田中邦明,水野雅文: いかにクリニカル・リカバリーを動機付けるか―統合失調症における動機付けの志向性と社会機能に関する構造方程式モデリング―.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
14. ◎内野敬,小辻有美,飯田さとみ,青木瑛子,塩澤拓亮,水野雅文,田中邦明,根本隆洋: 若年者に向けたワンストップ相談センターSODAにおける早期相談・支援の取り組み.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
15. ◎米田みずき,喜田恒,新村秀人,根本隆洋,三村將,佐久間啓,水野雅文: COVID-19に感染している、周囲に感染を拡大させてしまうという頑固な心気妄想を伴ううつ病を発症した中年女性の一例.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
16. ◎鈴木将武,喜田恒,中村亮,新村秀人,根本隆洋,佐久間啓,水野雅文: 特別定額給付金が精神疾患を有する地域生活者に与えた影響―精神科デイケアの事例から―.  第40回日本社会精神医学会,  東京(Web),  2021/03
17. 吉橋博史、大岡美奈子、河野達夫、二川弘司、伊藤志帆、本田雅敬、鈴木寿人、山田茉未子、上原朋子、武内俊樹、小崎健次郎: 注意欠陥多動性障害と結合織異常を伴うCardiospondylocarpofacial症候群の一例.  第43回日本小児遺伝学会学術集会,  長野県,  2021/01
18. ◎阿部逸郎, 舩渡川智之, 田久保陽司, 片桐直之, 山口大樹, 根本隆洋, 水野雅文: 抑うつ及び精神病症状が先行した思春期の側頭葉てんかんの一例.  東邦大学5学部合同学術集会,  東京,  2020/11
19. ◎根本隆洋: シンポジウム87
地域に根差した精神保健医療早期相談・介入システムの構築―MEICISプロジェクト
精神障害にも対応した地域包括ケアシステムと早期相談・介入―MEICIS.  第116回日本精神神経学会学術総会,  仙台国際センター(WEB開催),  2020/09
20. ◎山口英理子: 増加する在留外国人とその精神障害―神奈川県横浜市鶴見区在住日系ブラジル人にみる支援の実態とニーズ.  第116回日本精神神経学会学術総会,  仙台国際センター(WEB開催),  2020/09
21. ◎内野敬: 大都市部における精神保健医療早期相談・支援システム―若年者ワンストップ相談センターSODAの試み―.  第116回日本精神神経学会学術総会,  仙台国際センター(WEB開催),  2020/09
22. ◎根本隆洋: ワークショップ8
精神神経誌に掲載される論文の書き方
研究の着眼と論文の書き方.  第116回日本精神神経学会学術総会,  仙台国際センター(WEB開催),  2020/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者