<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 精神神経医学講座(大森・大橋)
 Department of Neuropsychiatry (Omori,Ohashi)

教授:
  水野 雅文
准教授:
  根本 隆洋
講師:
  片桐 直之
  辻野 尚久
  山口 大樹
■ 概要
医学部精神神経医学講座は本学医学部における精神医学の研究・教育・診療の中心として機能するべく、精神医学が対象とする生物・心理
・社会・倫理の各視点にバランスのとれた専門教育と研究の進展をめざしている。
本年度の構成は教授1、准教授1,講師1,助教8、ほか大学院生、シニアレジデント、レジデント、客員教授、客員講師数名であった。
診療は、本学医療センター大森病院メンタルヘルスセンター、大橋病院心の診療科を担当している。大森には精神科指定病床36床(閉鎖)
、保護室2床)を、また急性期リハビリテーション施設としてイル ボスコを有する。

研究面では、臨床に根ざした成果を治療場面に還元できる研究をめざしている。予防精神医学、精神科リハビリテーション、社会精神医学
、児童思春期精神医学、産業精神医学、臨床精神薬理学、脳神経画像医学などが主たる領域である。
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業  (研究課題番号:17k19856)
 研究課題:挑発的研究(萌芽)  (研究分担者:水野雅文, 笹木美佐)
 研究補助金:325000円  (分担)
その他
1.  日本医療研究開発機構委託研究開発  (研究課題番号:19dk0307069h0003)
 研究課題:「児童・思春期における心の健康発達・成長支援に関する研究」  (研究代表者:水野雅文)
 研究補助金:9000000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  水野雅文 :東京都地方精神保健福祉審議会委員, 東京都地方精神保健福祉審議会精神科地域医療部会長, 医道審議会医師分科会精神保健指定医資格審 査部会委員, NPO法人みなとネット 21副理事長, 全国精神障害者家族会新宿家族会顧問,東京都精神保健福祉協議会理事長  External Examiner, Li Ka Shing Faculty of Medicine, Department of Psychiatry, The University of Hong Kong、公益財団法人日本精神衛生会理事、公益財団法人日本学校保健会現代的な健康課題対応委員会委員、社会保険審査会医療専門研究会委員,一般社団法人 日本社会精神医学会 理事長
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















水野 雅文   教授
  4  7   1  1     
 12
(1)
 
 4
 
 2
根本 隆洋   准教授
 5 2 1 7  1        7
(3)
 6
(1)
 1
(1)
 3
 2
(2)
 2
片桐 直之   講師
 1   3          3
(1)
 4
(1)
 
 1
 
 1
辻野 尚久   講師
    6          
 7
 1
 2
 
 2
山口 大樹   講師
    3  1 1       1
 7
(1)
 
 3
 
 
相川 さやか   助教
    1          
 3
 
 
 
 
大岡 美奈子   助教
              1
 2
(1)
 
 
 
 
永本 晃子   助教
              
 1
 
 
 
 
舩渡川 智之   助教
    3  1        1
(1)
 6
 
 3
 
 2
松本 裕史   助教
 1   1          1
 2
 
 
 2
 
 7 1  3 0  0  14
(5)
 2
(1)
 4
(2)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Youji Takubo, Takahiro Nemoto, Yohei Obata, Yoko Baba, Taiju Yamaguchi, Naoyuki Katagiri, Naohisa Tsujino, Toshinori Kitamura and Masafumi Mizuno.:  Effectiveness of Kangaroo Care for a patient with postpartum depression and comorbid mother-infant bonding disorder.  Case Report in Psychiatry  :1 -6 , 2019
2. Onozato M, Uta A, Magarida A, Fukuoka N, Ichiba H, Tsujino N, Funatogawa T, Tagata H, Nemoto T, Mizuno M, Fukushima T:  Alterations in methionine to homocysteine ratio in individuals with first-episode psychosis and those with at-risk mental state.  Clinical biochemistry  77 :48 -53 , 2020
3. Onozato M, Umino M, Shoji A, Ichiba H, Tsujino N, Funatogawa T, Tagata H, Nemoto T, Mizuno M, Fukushima T:  Serum D- and L-lactate, pyruvate, and glucose levels in individuals with at-risk mental state and correlations with clinical symptoms.  Early Intervention in Psychiatry  1 :1 -1 , 2019
4. Kanie A, Kikuchi A, Haga D, Tanaka Y, Ishida A, Yorozuya Y, Matsuda Y, Morimoto T, Fukuoka T, Takazawa S, Hagiya K, Ozawa S, Iwata K, Ikebuchi E, Nemoto T, Roberts DL, Nakagome K.:  The Feasibility and Efficacy of Social Cognition and Interaction Training for Outpatients With Schizophrenia in Japan: A Multicenter Randomized Clinical Trial.  Frontiers in Psychiatry  10 :589 , 2019
5. Takashi Uchino, Takahiro Nemoto, Taiju Yamaguchi, Naoyuki Katagiri, Naohisa Tsujino, Yoshitaka Murakami, Kuniaki Tanaka, Masafumi Mizuno:  Associations Of Personality Traits With The Capacity-Performance Discrepancy Of Functional Outcome In Patients With Schizophrenia.  Neuropsychiatric Disease and Treatment  15 :2869 -2877 , 2019
6. Nemoto T, Uchino T, Aikawa S, Saito J, Matsumoto H, Funatogawa T, Yamaguchi T, Katagiri N, Tsujino N, Mizuno M.:  Social anxiety and negative symptoms as the characteristics of patients with schizophrenia who show competence-performance discrepancy in social functioning.  Psychiatry and Clinical Neurosciences  73 (7) :394 -399 , 2019
7. Kida H, Niimura H, Nemoto T, Ryu Y, Sakuma K, Mimura M, Mizuno M:  Community transition at younger ages contributes to good cognitive function outcomes in long-term hospitalized patients with schizophrenia spectrum disorder: A 15-year follow-up study with group-based trajectory modeling.  Psychiatry and Clinical Neurosciences  74 (2) :105 -111 , 2020
8. Tagata H, Tsujino N, Onozato M, Nemoto T, Fukushima T, Mizuno M:  Analyses of metabolites related to NMDA receptor in serum of antipsychotic-naïve individuals with at-risk mental state.  Toho Journal of Medicine  :1 -1 , 2020
総説及び解説
1. 根本隆洋:  精神病早期段階における病識と介入・支援.  精神医学  61 (12) :1437 -1445 , 2019
2. 田久保陽司、根本隆洋、渡辺雅子:  てんかんと妊娠.  精神科  35 (2) :160 -167 , 2019
3. 根本隆洋:  認知リハビリテーションの精神病発症危険状態(ARMS)への応用.  精神科  36 (3) :203 -209 , 2020
4. 根本隆洋:  インフルエンザ脳症とインフルエンザ治療薬による精神症状.  精神科治療学  34 (11) :1285 -1289 , 2019
5. 水野雅文:  高等学校での「精神疾患」の取り扱いをめぐって.  体育科教育  (8) :56 -57 , 2019
6. 水野雅文:  高等学校保健における精神疾患の扱い.  保健科教育研究  (4) :38 -43 , 2019
7. 片桐直之:  オーストラリアにおける精神保健・予防戦略の推移と日本での実践にむけての課題.  予防精神医学  4 (1) :51 -60 , 2020
8. 根本隆洋:  統合失調症をめぐる精神科医療の変化―病院から地域、そして早期介入へ―.  臨床精神医学  49 (2) :195 -202 , 2020
9. 内野敬、根本隆洋、水野雅文:  At Risk Mental Stateからの顕在発症.  臨床精神医学  (48) :841 -846 , 2019
症例報告
1. 松本裕史, 樋之口潤一郎, 新村秀人:  行動に促す治療者と不安で動けないクライエントとの間で 綱引きになった症例
―外来森田療法のアプローチ―.  精神療法  46 (1) :92 -100 , 2020
その他
1. 根本隆洋, 上野太郎, 水野雅文:  統合失調症の急性期における認知機能リハビリテーションの実行可能性に関する研究.  公益財団法人井之頭病院 研究紀要 平成三十年度  :7 -12 , 2019
■ 著書
1. 山口 大樹:  精神科医療におけるインフォームド・コンセント.  今日の治療指針2020版  1043-1044.  医学書院,  東京, 2020
2. 根本隆洋:  てんかんによる精神症状.  今日の治療指針 2020年版  1052-1054.  医学書院,  東京, 2020
3. 舩渡川 智之, 山口 大樹, 水野 雅文:  子どもによくみられる精神疾患―診断と治療のポイント 統合失調症・精神病発症危険状態.  小児内科51巻12号(12月号)  1954-1957.  東京医学社,  東京, 2019
4. Masafumi Mizuno. Naomi Inoue.:  Attenuated Psychosis Syndrome among Japanese Youth and Young Adults:.  Early Identification and Intervention.  311-322.  Springer Publisher,  Switzerland, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎ 小野里 磨優、雅樂 晏里沙、曲田 彩夏、福岡 尚実、一場 秀章、辻野 尚久、田形 弘実、舩渡川 智之、根本 隆洋、水野 雅文、福島 健: 初回エピソード精神病及び精神病発症危険状態におけるHcy-Met代謝の変動.  第140回 日本薬学会年会,  京都,  2020/03
2. 山口大樹1、小口芳世2、小塩靖崇3、片桐直之1、辻野直久1、根本隆洋1、水野雅文1: 一般成人におけるメンタルヘルスリテラシーのWEB調査.  第39回日本社会精神医学会学術総会,  福岡,  2020/03
3. ◎大岡美奈子,濱崎祐子,舩渡川智之,水野雅文: 親評価によるChild Behavior Checklist(CBCL)を用いた末期腎不全児の腎移植術前メンタルヘルスチェックの集計結果と今後の課題.  第60回日本児童青年精神医学会総会,  沖縄,  2019/12
4. 根本隆洋: 早期精神病における社交不安.  第23回日本精神保健・予防学会学術集会,  金沢市文化ホール,  2019/11
5. 片桐直之: ARMSにおける発症閾値下の精神病症状と大脳皮質-線条体-視床ループの変化についての研究.  第23回 日本精神保健・予防学会学術集会,  石川県金沢市高岡町15-1,  2019/11
6. ◎岩井桃子,根本隆洋,辻野尚久,田久保陽司,山口英理子,鹿島美納子,丸山昭子,三浦左千夫,齋藤寿昭,水野雅文: 京浜地区における在日外国人の精神科受診の実態について.  第23回日本精神保健・予防学会学術集会,  金沢市文化ホール,  2019/11
7. ◎根本隆洋: 地域の中でメンタルヘルスの向上と早期の相談を可能にする取り組み—MEICIS—.  日本精神障害者リハビリテーション学会第27回大阪大会,  関西大学千里山キャンパス、大阪府吹田市,  2019/11
8. ◎ 田形 弘実, 辻野 尚久, 小野里 磨優, 舩渡川 智之, 山口 大樹, 片桐 直之, 根本 隆洋, 福島 健, 水野 雅文: 抗精神病薬未服薬の早期精神病における血清中グルタミン酸代謝物の解析.  第29回日本臨床精神神経薬理学会,  福岡,  2019/10
9. ◎根本隆洋,内野敬,相川さやか,松尾悟志,間宮教之,和田葉,田久保陽司,山口大樹,片桐直之,辻野尚久,柴崎佳幸,宇佐美智浩,水野雅文: 統合失調症における社会機能と主観的ウェルビーイングの変化に対する社交不安症状の関与.  第29回日本臨床精神神経薬理学会,  福岡国際会議場,  2019/10
10. ◎松本裕史, 荒井悠, 今川弘, 塩野良太, 松村尭明, 髙橋晶子, 新村秀人, 木﨑英介, 當間実名雄, 水野雅文: 日記により「主観的虚構性」が明らかになり、治療が進展した体感異常の一例.  第37回日本森田療法学会,  浜松,  2019/10
11. ◎根本隆洋, 内野敬, 辻野尚久, 田久保陽司, 山口英理子, 岩井桃子, 小辻有美, 小塩靖崇, 鹿島美納子, 丸山昭子, 三浦左千夫, 藤井千代, 田中邦明, 清水徹男, 水野雅文: 地域特性に対応した精神保健医療早期相談・介入システムの構築について―MEICIS研究プロジェクトの概要―.  第39回日本精神科診断学会,  京都烏丸コンベンションホール,  2019/09
12. ◎根本隆洋、上野太郎、水野雅文: 統合失調症の急性期における認知機能リハビリテーションの実行可能性に関する研究.  第34回(平成30年度)公益財団法人井之頭病院 研究助成論文発表会,  東京都三鷹市 井之頭病院,  2019/07
13. ○片桐直之 山口大樹 辻野尚久 舩渡川智之 齋藤淳一 根本隆洋 水野雅文: ARMSにおける発症閾値下の精神病症状と線条体体積の縦断的変化.  2019年6月23日 第41回 日本生物学的精神医学会,  新潟県新潟市中央区万代島6番1号,  2019/06
14. ◎岡崇, 冠木敬之, 藤井崇博, 池田隆徳, 松原広己, 下川原裕人, 内藤貴教, 藤井毅郎, 中山智孝, 原英彦, 原文彦: ASD合併のCTEPHに対してBPAとASD閉鎖術にて根治を得た症例.  第4回日本肺高血圧肺循環学会学術集会,  浜松市,  2019/06
15. ○片桐 直之、根本 隆洋、山口 大樹、舩渡川 智之、相川 さやか、松本 裕史、大岡 美奈子、 永本 晃子、水野 雅文: 東邦大学医学部精神神経医学講座の紹介.  第115回日本精神神経学会学術総会,  新潟県新潟市中央区万代島6番1号,  2019/06
16. ◎根本隆洋, 相川さやか, 松尾悟志, 間宮教之, 和田葉, 田久保陽司, 山口英理子, 内野敬, 田形弘実, 紫藤佑介, 松村尭明, 馬場遥子, 松本裕史, 舩渡川智之, 柴崎佳幸, 宇佐美智浩, 山口大樹, 片桐直之, 辻野尚久, 水野雅文: 統合失調症における社会機能とQOLの変化に対する社交不安症状の関与.  第115回日本精神神経学会学術総会,  新潟市 朱鷺メッセ,  2019/06
17. ◎舩渡川智之, 大岡美奈子, 山口大樹, 片桐直之, 根本隆洋, 水野雅文: 中学校における学校と地域の精神保健医療の連携ネットワーク事例.  第115回日本精神神経学会学術総会,  新潟, 日本,  2019/06
18. 山口 大樹: 誰のための身体拘束か?〜高齢認知症患者における身体拘束の倫理的ジレンマ〜.  第115回日本精神神経学会学術総会,  新潟,  2019/06
19. 根本隆洋: 認知リハビリテーションのさらなる普及を目指して(指定討論).  第5回CEPD研究会,  国立精神・神経医療研究センター,  2019/05
国際学会
1. ◎Onozato M, Umino M, Shoji A, Ichiba H, Tsujino N, Funatogawa T, Tagata H, Nemoto T, Mizuno M, Fukushima T: Serum D- and L-lactate, pyruvate, and glucose levels in individuals with at-risk mental state and correlations with clinical symptoms.  The 11th Joint Seminar on Biomedical Sciences,  Krabi, Thailand,  2019/11
2. ◎Tsujino N, Tagata H, Onozato M, Sakamoto T, Funatogawa T, Kimura I, Katagiri N, Yamaguchi T, Nemoto T, Fukushima T, Mizuno M: Analyses of metabolites related to polyunsaturated fatty acids in serum of antipsychotic-naïve individuals with an 'at-risk mental state'(ARMS).  第6回アジア神経精神薬理学会 (AsCNP 2019),  福岡,  2019/10
3. Taiju Yamaguchi, MD, PhD1, Chiyo Fujii, MD, PhD2, Junichi Saito, MD1, Naoyuki Katagiri, MD, PhD1, Naohisa Tsujino, MD, PhD1, Takahiro Nemoto, MD, PhD1, Masafumi Mizuno , MD, PhD1: Why are suicide attempts by patients with schizophrenia difficult to predict?.  23th world congress social psychiatory,  ルーマニア・ブカレスト,  2019/10
4. Yoshiyo Oguchi MD, PhD1, ○Yasutaka Ojio PhD2, Taiju Yamaguchi MD, PhD3, Ryoichi Mori PhD4, Takahiro Nemoto MD, PhD3,: Survey on Mental Health Literacy among high school students in Japan.  23th world congress social psychiatory,  ルーマニア・ブカレスト,  2019/10
5. ◎Mayu Onozato, Maho Umino, Ayako Shoji, Hideaki Ichiba, Naohisa Tsujino, Tomoyuki Funatogawa, Hiromi Tagata, Takahiro Nemoto, Masafumi Mizuno, Takeshi Fukushima: Serum D- and L-lactate, pyruvate, and glucose levels in individuals with at-risk mental state and correlations with clinical symptoms.  The 4th International Conference of D-amino acid research (IDAR2019),  Tokyo,  2019/09
6. ◎Takahiro Nemoto: Recognition of early psychosis and its medication among psychiatrists and development of early intervention in the community-based integrated care system in Japan.  The 6th Asian Congress of Schizophrenia Research,  China, Nanjing, ExpoCenter,  2019/08
7. Masafumi Mizuno: Mental Health Care and Education in Schools to Promote seeking treatment for early psychosis in Japan.  6th Asian Congress of Schizophrenia Research,  Nanjing, China,  2019/08
その他
1. ◎ 小野里 磨優、曲田 彩夏、福岡 尚実、一場 秀章、辻野 尚久、田形 弘実、舩渡川 智之、根本 隆洋、水野 雅文、福島 健: 初回エピソード精神病及び精神病発症危険状態におけるHcy-Met代謝の変動.  東邦大学5学部合同学術集会,  東京,  2020/03
2. ◎ 福島 健、小野里 磨優、坂本 達弥、辻野 尚久、田形 弘実、 舩渡川 智之、 片桐 直之、根本 隆洋、水野 雅文: 精神病発症危険状態(ARMS)における血清中低分子濃度の解析.  東邦大学5学部合同学術集会,  東京,  2020/03
3. 根本隆洋: 地域の中でメンタルヘルスの向上と早期の相談を可能にする取り組み―MEICIS―.  山口県精神神経科診療所協会学術講演会,  山口グランドホテル、山口市,  2020/02
4. ◎松本裕史, 後藤麻佑: コミュニケーション ロールプレイと講義.  がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会(東邦大学医療センター大森病院),  東京都,  2019/12
5. ◎松本裕史, 後藤麻佑: コミュニケーション ロールプレイと講義.  がん等の診療に携わる医師等に対する緩和ケア研修会(東邦大学医療センター大森病院),  東京都,  2019/09
6. 根本隆洋: 精神科早期介入と地域包括ケアシステム.  川崎市精神科医会学術講演会,  神奈川県川崎市 川崎市医師会館,  2019/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者