東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 精神神経医学講座(大森・大橋)
 Department of Neuropsychiatry (Omori,Ohashi)

教授:
  水野 雅文
准教授:
  根本 隆洋
講師:
  片桐 直之
  辻野 尚久
助教:
  山口 大樹
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















水野 雅文   教授
    1          
 4
 
 1
 
 
根本 隆洋   准教授
    1  2        1
 3
 1
 
 
 
片桐 直之   講師
    1          
 2
 
 1
 
 
辻野 尚久   講師
    1          
 
 
 1
 
 
山口 大樹   講師
    1          
 3
 
 1
 
 
相川 さやか   助教
   1           1
 
 
 1
 
 
池田 竜   助教
              
 
 
 
 
 
大岡 美奈子   助教
              
 
 2
 
 
 
蓮舎 寛子   助教
              
 
 
 
 
 
馬場 遥子   助教
              
 
 
 
 
 
舩渡川 智之   助教
              
 3
 
 1
 
 
松本 裕史   助教
              
 
 
 1
 
 
山口 大樹   助教
    1          
 3
 
 1
 
 
吉田 絢子   助教
              
 
 
 
 
 
 0 1  2 0  0  2
(0)
 3
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Aikawa S, Kobayashi H, Nemoto T, Matsuo S, Wada Y, Mamiya N, Yamaguchi T, Katagiri N, Tsujino N, Mizuno M:  Social anxiety and risk factors in patients with schizophrenia: Relationship with duration of untreated psychosis.  Psychiatry Research  263 :94 -100 , 2018
■ 著書
1. 根本隆洋:  認知機能リハビリテーション.  リカバリーのためのワークブック 回復を目指す精神科サポートガイド  236-243.  中央法規,  東京, 2018
2. 根本隆洋:  不安への対処方法.  リカバリーのためのワークブック 回復を目指す精神科サポートガイド  72-93.  中央法規,  東京, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎根本隆洋: 精神障害をもつ人の旅行に対する意識と現状―予備的調査―.  第11回 日本旅行医学会 東京大会,  KFC Hall & Rooms, 東京都墨田区両国,  2018/11
2. ◎相川さやか, 根本隆洋, 山口大樹, 片桐直之, 水野雅文: 統合失調症患者における社交不安とリスク因子-精神病未治療期間との関連‐.  第18回精神疾患と認知機能研究会,  海運クラブ 東京都千代田区,  2018/11
3. ◎山川翔太郎, 田久保陽司, 舩渡川智之, 山口大樹, 片桐直之, 根本隆洋, 水野雅文: 体感幻覚を呈したてんかん精神病の1例.  第114回東京精神医学会学術集会,  ステーションコンファレンス東京 東京都千代田区,  2018/11
4. ◎田久保陽司, 舩渡川智之, 山口大樹, 根本隆洋, 渡辺雅子, 水野雅文: 側頭葉切除術後に生じた精神病症状に伴う衝動行為に対して精神療法が奏功した一例.  第52回日本てんかん学会学術集会,  パシフィコ横浜 横浜市,  2018/10
国際学会
1. ◎Ooka M, Oka T, Matsuo Y, Saito K, Ebishima K, Kuge R, Hiratani M, Ogino K: A new picture-book style rating tool is feasible for children with attention deficit 
hyperactivity disorder to reveal their self-understanding.  IACAPAP 2018,  Pregue, Czech Republic,  2018/07
2. ◎Ooka M, Oka T, Matsuo Y, Saito K, Ebishima K, Kuge R, Hiratani M, Ogino K: Comparison between self- and proxy-reported behaviors in children with attention deficit hyperactivity disorder using a picture-book style tool.  IACAPAP 2018,  Pregue, Czech Republic,  2018/07
3. ◎Takahiro Nemoto, Takashi Uchino, Sayaka Aikawa, Tomoyuki Funatogawa, Hiroshi Matsumoto, Taiju Yamaguchi, Naoyuki Katagiri, Naohisa Tsujino, Kei Sakuma, Masafumi Mizuno: Competence-performance discrepancy in social functioning in patients with schizophrenia: The impact of social anxiety.  6th Schizophrenia International Research Society Conference,  Firenze Fiera Conference Center, Florence, Italy,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者