東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 外科学講座 一般・消化器外科学分野(大森)
 Division of General and Gastroenterological Surgery, Department of Surgery (Omori)

教授:
  金子 弘真
  黒岩 実
  島田 英昭
  船橋 公彦
准教授:
  緒方 秀昭
  小池 淳一
  大塚 由一郎
講師:
  田村 晃
  土屋 勝
■ 概要
当科の診療概要
平成15年6 月に、東邦大学医学部外科学講座旧第1講座と旧第2講座が組織改正により統合され、東邦大学医学部外科学講座(大森)一般・消化器外科となりました。当科では、消化器部門(上部消化管、下部消化管、肝胆膵)、乳腺・甲状腺部門、小児外科部門、そして本学の特色でもある総合診療科外科学に医師を派遣、さらには医療安全管理部や栄養治療センターの責任者も当科から輩出しています。癌を中心とした各専門分野のみならず外科学総論から一般外科的疾患である急性腹症、虫垂炎、鼡径ヘルニア、痔核など外科学(呼吸器外科、心臓血管外科を除く)をすべて網羅された幅広い範囲で、それぞれの専門医が診療を担当しています。そのため、外科の専門医育成や初期研修は非常に充実したプログラムで行われています。 それぞれ臓器別に診療グループは構成され、各分野の治療と治療成績の向上と全人的外科医師の育成を目指しています。一方、消化器の各臓器はそれぞれ密接に関連しているため、各臓器の専門グループは他の専門グループと常に連携を取りながら診療に携わっています。
手術においては癌を取り扱うことが多く、安全性と根治性を損なわず、かつ手術後の生活の質(Quality of life: QOL)の低下を最小限にとどめることを重視します。そのため、内視鏡手術を最大限に適用していることが特徴です。新しい先進的医療技法の開発研究も進めており、内視鏡肝切除に関しては世界的に注目され、国内外から手術見学のための来訪者を多く迎えています。
診療対象年齢は小児から老齢者の方まで、疾病は腹部救急疾患から悪性腫瘍まで特定の疾患のみに片寄らず、患者さんを全人的にとらえることができる、すべての一般外科および消化器外科に精通する経験豊かなオールラウンドな医師を擁しています。その総手術件数は年間約1300例であり、高齢化社会にあたり種々の合併症を有する症例、他科との連携による集学的治療に精通しており、患者さんのQOLを充分配慮した診療を行っています。
現在教室員50余名、同門200余名を擁する伝統ある教室であり、研究や学会活動、レジデント・研修医・医学生への教育にも力をいれています。経験豊富で研究にも意欲を持ったスタッフにより、臨床と研究の成果を海外に向けて発信しています。
■ Keywords
腹腔鏡下肝切除術, 腹腔鏡下大腸手術, 腹腔鏡下胃切除術, 化学療法
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  日本医療研究開発機構研究費 革新的がん医療実用化研究事業
 研究課題:根治切除後食道癌のNY-ESO-1抗原発現陽性例に対するIMF-001の多施設共同無作為化比較試験(第II相臨床試験)  (研究分担者:島田英昭 他、研究代表者:珠玖洋(三重大学))
 研究補助金:3000000円  (分担)
2.  日本医療研究開発機構研究費 次世代がん医療創生研究事業(研究領域D・ユニット型)  (研究課題番号:16cm0106403h0001)
 研究課題:タンパク質・ペプチド修飾解析による早期がん・リスク疾患診断のための血液バイオマーカーの開発  (研究分担者:島田英昭 他、研究代表者:本田一文(国立がん研究センター))
 研究補助金:500000円  (分担)
3.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C  (研究課題番号:16K10520)
 研究課題:RalAとNY-ESO-1を標的とした食道癌血清抗体モニタリングに関する研究  (研究代表者:島田英昭)
 研究補助金:910000円  (代表)
4.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C  (研究課題番号:16K10519)
 研究課題:胃癌患者血清RaLA抗体モニタリングによる再発・予後・治療感受性診断に関する検討  (研究代表者:名波竜規、分担研究者:島田英昭、大嶋陽幸)
 研究補助金:780000円  (代表)
5.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C  (研究課題番号:15K10117)
 研究課題:複数のSEREX抗原を同時標的とした胃癌血清抗体診断法の開発  (研究代表者:谷島聡、分担研究者:島田英昭)
 研究補助金:780000円  (代表)
6.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C  (研究課題番号:26462029)
 研究課題:大腸癌切除例における血清RalA抗体の術前後のモニタリングと臨床応用  (研究代表者:小池淳一、分担研究者:島田英昭、牛込充則、鈴木孝之)
 研究補助金:1430000円  (代表)
7.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C  (研究課題番号:26460951)
 研究課題:血清バイオマーカーTYMPによる胃癌XP療法の効果予測とモニタリング  (研究分担者:島田英昭、名波竜規、五十嵐良典、研究代表者:菊池由宣)
 研究補助金:350000円  (分担)
8.  日本学術振興会 学術研究助成基金助成金 基盤研究C  (研究課題番号:26462000)
 研究課題:遺伝子医薬と分子標的薬剤によるp53経路活性化に基づく消化器癌に対する治療法開発  (研究分担者:島田英昭、研究代表者:田川雅敏(千葉県がんセンター))
 研究補助金:100000円  (分担)
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第78回日本臨床外科学会総会  (会長 : 金子弘真 )  ,東京(品川)  2016/11
2.  第36回日本分子腫瘍マーカー研究会  (当番世話人 : 島田英昭 )  ,横浜市  2016/10
3.  第14回日本免疫治療学研究会学術集会  (会長 : 島田英昭 )  ,東京(文京区)  2017/02
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  金子弘真 :日本消化器外科学会評議員・広報委員・カリキュラム委員 、日本外科学会代議員・選挙管理・選挙制度検討委員・専門医試験委員、日本臨床外科学会評議員・編集委員、日本肝胆膵外科学会評議員・内視鏡外科関連委員会委員長・編集委員・学会賞選考委員、日本内視鏡外科学会評議員・日本内視鏡外科学会技術審査委員、日本腹部救急医学会評議員、日本外科感染症学会評議員・教育委員、肝臓内視鏡外科研究会代表世話人、膵臓内視鏡外科研究会世話人、手術手技研究会世話人、外科侵襲サイトカイン研究会世話人、マイクロターゼ研究会評議員、肝癌治療シミュレーション研究会世話人、癌とリンパ節研究会世話人、Sentinel Node Navigation Surgery 研究会世話人、関東膵癌化学療法研究会世話人、城南周術期感染・管理懇話会世話人、城南外科侵襲研究会世話人、城南地区内視鏡外科研究会代表世話人、東京肝臓内視鏡外科フォーラム代表世話人、 Fellow of the American College of Surgeons (F.A.C.S.) , Editorial Board Member of Journal of Hepato-Bliary-Pancreatic Science, National Editor of International Association of Surgeons, Gstroenterologists and Oncologists (IASGO), Society of Laparoendoscopic Surgeons (SLS), International Delegate、Director in Hepato-biliary Surgery of IRCAD France, Visiting professor, Show Chwan Health Care System, ASIA IRCAD, Honorary professor, PLA Artillery General Hospital, Member of International Society of Surgery (ISS), Member of Endoscopic and Laparoscopic Surgeons of Asia (ELSA), Member of International Society of Surgery (ISS), Visiting professor, Show Chwan Health Care System, ASIA IRCAD Guest Professor, Xiamen University, Honorary professor, PLA Artillery General Hospital
2.  島田英昭 :日本食道学会 理事・評議員・総務委員会委員長・プログラム検討委員会担当理事・委員長・会誌編集委員会担当理事・副委員長・会則委員会委員・国際委員会委員・財務委員会委員, 日本消化器外科学会 評議員・外科系学会社会保険委員会連合代表委員・保険診療委員会委員・英文機関紙創刊準備委員会委員, 日本胃癌学会評議員・研究推進委員・ガイドライン委員会委員, 日本癌治療学会がん診療ガイドライン作成・改訂委員会専門委員・広報・渉外委員会専門委員,日本癌学会評議員, 日本臨床外科学会評議員, 日本分子腫瘍マー カー研究会世話人・幹事, 外科分子細胞治療研究会世話人・代表幹事, 外保連委員, 南東京がん疼痛緩和研究会 世話人, 日本外科学会 代議員・英文誌編集委員会・情報・広報委員会・保険診療委員会・財務委員会, 城南消化器疾患懇話会世話人, 胃・食道外科フォーラム世話人, 胃術後障害研究会施設代表者, Fellow of the American College of Surgeons (F.A.C.S.), Associate Editor of Gastric Cancer, Associate Editor of Esophagus, Associate Editor of Annals of Thoracic Cardiovascular Surgery, Associate Editor of Surgery Today, Associate Editor of J Hepatobiliary-Pancreas Science, Associate Editor of Ann Gastroenterological Surgery
3.  船橋公彦 :日本大腸肛門病学会評議員・学会誌編集委員, 東京ストーマリハビリテーション研究会会長, 日本外科学会邦文誌編集幹事, 日本ストーマ排泄リハビリテーション学会理事・評議員・プロジェクト企画員会委員長, 日本臨床外科学会評議員, 大腸疾患外科療法研究会幹事, 大腸クリニカルオンコロジー研究会世話人, 城南地区大腸疾患懇談会幹事
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















金子 弘真   教授
医学博士
 2 7  14   1  1     4
(3)
 150
(17)
 10
(10)
 25
(5)
 4
(4)
 
島田 英昭   教授
医学博士
  3 1 15   2  1     6
(5)
 96
(11)
 1
 7
(1)
 1
(1)
 
船橋 公彦   教授
博士(医学)
 1 5  4          1
(1)
 65
(7)
 
 5
 1
(1)
 
黒岩 実   教授
医学博士
 2     3  1      2
(1)
 20
(1)
 
 
 
 
緒方 秀昭   准教授
博士(医学)
  2       1     2
 21
(3)
 1
(1)
 4
(3)
 
 1
小池 淳一   准教授
博士(医学)
  3 1 4          5
(1)
 42
(5)
 1
 5
 
 
大塚 由一郎   准教授
博士(医学)
 2 2 1 5  1   1     8
(8)
 39
(1)
 3
(3)
 8
 3
(3)
 
大塚 由一郎   講師
博士(医学)
 2 2 1 5  1   1     8
(8)
 39
(1)
 3
(3)
 8
 3
(3)
 
田村 晃   講師
博士(医学)
  1            
 13
 
 3
 
 
土屋 勝   講師
博士(医学)
  1  1          5
 40
(4)
 2
 6
(1)
 
 
栗原 聰元   講師
学士(医学)
 1 3  1          6
(2)
 33
(4)
 
 3
 
 
栗原 聰元   助教
学士(医学)
 1 3  1          6
(2)
 33
(4)
 
 3
 
 
酒井 正人   助教
  1            2
 14
(2)
 
 
 
 
谷島 聡   助教
博士(医学)
  1  3  1 1       7
(1)
 28
 2
 2
 
 
石井 淳   助教
博士(医学)
  1  1          3
 42
(5)
 1
 8
(1)
 
 
伊東 俊秀   助教
学士(医学)
  1            
 2
 
 
 
 
牛込 充則   助教
博士(医学)
  2  2          6
(1)
 36
(4)
 1
 3
 
 
片桐 敏雄   助教
 1  1 1          4
(1)
 41
(5)
 1
 8
(1)
 
 
塩川 洋之   助教
学士(医学)
  3 1 1          5
 35
(6)
 
 4
 
 
前田 徹也   助教
学士(医学)
  2  2          6
 37
(3)
 1
 8
(1)
 
 
馬越 俊輔   助教
              1
 9
(2)
 
 
 
 1
皆川 輝彦   助教
学士(医学)
              
 1
 
 
 
 
金子 奉暁   助教
学士(医学)
 1 1            3
 32
(5)
 
 3
 
 
新井 賢一郎   助教
学士(医学)
  1            
 3
 
 
 
 
大嶋 陽幸   助教
博士(医学)
    2  1        4
 31
(1)
 
 4
 
 
久保田 喜久   助教
博士(医学)
  1  2          5
 38
(4)
 1
 8
(1)
 
 
鈴木 隆   助教
博士(医学)
   1    2       5
 27
 1
 3
 
 
名波 竜規   助教
博士(医学)
   1 1   1       3
 33
(1)
 
 4
 
 
竹山 照明   助教
学士(医学)
              1
 19
(2)
 
 2
 
 
久保田 伊哉   助教
学士(医学)
  1            4
 13
(2)
 
 3
(2)
 
 
鈴木 孝之   助教
学士(医学)
  3 1 1          2
 42
(10)
 
 4
 
 
尾作 忠知   助教
学士(医学)
              1
 21
(1)
 
 
 
 
長嶋 康雄   助教
学士(医学)
 1 1            6
 34
(5)
 
 2
 
 
甲田 貴丸   助教
学士(医学)
 3 1  1          8
(1)
 34
(5)
 
 5
 
 
齊藤 芙美   助教
学士(医学)
  1      1      5
 14
(2)
 2
(1)
 1
(1)
 
 
今村 茂樹   助教
              
 6
 
 2
 
 
木村 和孝   助教
  1            1
 6
(2)
 1
 2
(1)
 
 
 17 9  7 2  0  135
(35)
 32
(18)
 12
(12)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 黒岩 実、 酒井正人、西 明:  この一冊でわかる甲状腺疾患  異所性甲状腺.  小児外科  48 (10) :1023 -1027 , 2016
2. 金子奉暁, 船橋公彦, 後藤麻佑, 吉田公彦, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 長嶋康雄, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 金子弘真:  直腸切断術後の会陰創管理における陰圧閉鎖療法の有用性.  日本大腸肛門病学会雑誌  69 (7) :367 -373 , 2016
3. 三塚幸夫, 金澤真作, 丸山憲一, 工藤岳秀, 八鍬恒芳, 久保田伊哉, 齋藤芙美, 吉田美穂, 緒方秀昭, 原田昌彦:  JABTS36/ワークショップ3/フローイメージング研究部会企画
乳房造影超音波のプロトコルとレポートの標準化に向けて
当院における乳房造影超音波検査のプロトコルとレポート 良悪性判定.  乳腺甲状腺超音波医学  6 (1) :87 -90 , 2017
4. 金子弘真:  特集 目で見る腹腔鏡下肝切除-エキスパートに学ぶ!巻頭言 新たな時代を迎えた腹腔鏡下肝切除.  臨床外科  72 (3) :250 -262 , 2017
5. 清水友理, 新部 譲, 島田英昭, 菊池由宣, 谷島 聡, 寺原敦朗:  【食道癌の放射線治療】食道癌通過障害症状に対する放射線治療の有効性についての遡及的検討.  臨床放射線  61 (8) :993 -1000 , 2016
6. Wu D, Hiroshima K, Yusa T, Ozaki D, Koh E, Sekine Y, Matsumoto S, Nabeshima K, Sato A, Tsujimura T, Yamakawa H, Tada Y, Shimada H, Tagawa M:  Usefulness of p16/CDKN2A fluorescence in situ hybridization and BAP1 immunohistochemistry for the diagnosis of biphasic mesothelioma.  Annals of diagnostic pathology  26 :31 -37 , 2017
7. Jiang Y, Zhong B, Kawamura K, Morinaga T, Shingyoji M, Sekine I, Tada Y, Tatsumi K, Shimada H, Hiroshima K, Tagawa M.:  Combination of a third generation bisphosphonate and replication-competent adenoviruses augments the cytotoxicity on mesothelioma.  BMC cancer  16 :455 , 2016
8. Ak G, Tada Y, Shimada H, Metintas S, Ito M, Hiroshima K, Tagawa M, Metintas M:  Midkine is a potential novel marker for malignant mesothelioma with different prognostic and diagnostic values from mesothelin.  BMC cancer  17 (1) :212 , 2017
9. Koike J, Funahashi K, Yoshimatsu K, Yokomizo H, Kan H, Yamada T, Ishida H, Ishibashi K, Saida Y, Enomoto T, Katsumata K, Hisada M, Hasegawa H, Koda K, Ochiai T, Sakamoto K, Shiokawa H, Ogawa S, Itabashi M, Kameoka S:  Efficacy and safety of neoadjuvant chemotherapy with oxaliplatin, 5-fluorouracil, and levofolinate for T3 or T4 stage II/III rectal cancer: the FACT trial.  Cancer chemotherapy and pharmacology  79 (3) :519 -525 , 2017
10. Hoshino I, Nagata M, Takiguchi N, Nabeya Y, Ikeda A, Yokoi S, Kuwajima A, Tagawa M, Matsushita K, Yajima S,Shimada H:  A panel of autoantibodies against multiple tumor-associated antigens for detecting gastric cancer.  Cancer science  108 (3) :308 -315 , 2017
11. Hiroshima K, Wu D, Hasegawa M, Koh E, Sekine Y, Ozaki D, Yusa T, Walts AE, Marchevsky AM, Nabeshima K, Tada Y, Shimada H, Tagawa M.:  Cytologic Differential Diagnosis of Malignant Mesothelioma and Reactive Mesothelial Cells With FISH Analysis of p16.  Diagnostic cytopathology  44 (7) :591 -598 , 2016
12. Baba Y, Baba H, Yamamoto S, Shimada H, Shibata T, Miyazaki T, Yoshikawa T, Nakajima Y, Tsuji Y, Shimokawa M, Kitagawa Y, Aiba K:  Chemotherapy-induced nausea and vomiting is less controlled at delayed phase in patients with esophageal cancer: a prospective registration study by the CINV Study Group of Japan.  Diseases of the esophagus : official journal of the International Society for Diseases of the Esophagus / I.S.D.E  30 (2) :1 -7 , 2017
13. Nanami T, Shimada H, Yajima S, Oshima Y, Matsushita K, Nomura F, Nagata M, Tagawa M, Otsuka S, Kuwajima A, Kaneko H:  Clinical significance of serum autoantibodies against Ras-like GTPases, RalA, in patients with esophageal squamous cell carcinoma.  Esophagus  13 (2) :167 -172 , 2016
14. Narushima K, Shimada H, Matsubara H, Yamada S, Kakinuma S, Morioka K, Shimada Y:  Establishment of a DEN‑induced mouse model of esophageal squamous cell carcinoma metastasis.  Esophagus  14 (2) :131 -137 , 2017
15. Koi M, Garcia M, Choi C, Kim HR, Koike J, Hemmi H, Nagasaka T, Okugawa Y, Toiyama Y, Kitajima T, Imaoka H, Kusunoki M, Chen YH, Mukherjee B, Boland CR, Carethers JM.:  Microsatellite Alterations With Allelic Loss at 9p24.2 Signify Less-Aggressive Colorectal Cancer Metastasis.  Gastroenterology  150 (4) :944 -955 , 2016
16. Takahashi Y, Katagiri S, Ariizumi SI, Kotera Y, Egawa H, Wakabayashi G, Kaneko H, Yamamoto M:  Laparoscopic Hepatectomy: Current State in Japan Based on the 4th Nationwide Questionnaire.  Gastroenterology research and practice  2017 :6868745 , 2017
17. Kaibori M, Nitta H, Hayashi M, Takemura S, Nagano H, Matsui K, Ikoma H, Nakai T, Yasunaga M, Kido M, Aoki T, Rikiyama T, Sano K, Kudo A, Katagiri S, Otsuka Y, Kuroki T, Nomi T, Yano K, Endo I, Ueno M, Kanazawa A, Terajima H, Ko S, Honda G, Seyama Y, Sunagawa H, Aibara T.:  Questionnaire survey on work motivations of gastrointestinal and hepatobiliary pancreatic surgeons enrolled in a Japanese national interdisciplinary program.  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  23 (11) :697 -702 , 2016
18. Kawaguchi Y, Hasegawa K, Wakabayashi G, Cherqui D, Geller D, Buell J, Kaneko H, Han HS, Strasberg S, Kokudo N:  Survey results on daily practice in open and laparoscopic liver resections from 27 centers participating in the second International Consensus Conference.  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  23 (5) :283 -288 , 2016
19. Shiozawa K, Watanabe M, Ikehara T, Matsukiyo Y, Kogame M, Kikuchi Y, Otsuka Y, Kaneko H, Igarashi Y, Sumino Y.:  Comparison of contrast-enhanced ultrasonograpy with Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI in the diagnosis of liver metastasis from colorectal cancer.  Journal of clinical ultrasound : JCU  45 (3) :138 -144 , 2017
20. Shiokawa H, Funahashi K, Kaneko H, Teramoto T:  Long-term assessment of anorectal function after extensive resection of the internal
anal sphincter for treatment of low-lying rectal cancer near the anus.  Journal of the Anus, Rectum and Colon  1 (1) :29 -34 , 2017
21. Shindo E, Nanki T, Kusunoki N, Shikano K, Kawazoe M, Sato H, Kaneko K, Muraoka S, Kaburaki M, Akasaka Y, Shimada H, Hasunuma T, Kawai S:  The growth factor midkine may play a pathophysiological role in rheumatoid arthritis.  Modern rheumatology / the Japan Rheumatism Association  27 (1) :54 -59 , 2017
22. Kobayashi S, Hoshino T, Hiwasa T, Satoh M, Rahmutulla B, Tsuchida S, Komukai Y, Tanaka T, Matsubara H, Shimada H, Nomura F, Matsushita K.:  Anti-FIRs (PUF60) auto-antibodies are detected in the sera of early-stage colon cancer patients.  Oncotarget  7 (50) :82493 -82503 , 2016
23. Nakamura R, Tomiyoshi G, Shinmen N, Kuroda H, Kudo T, Doi H, Mine S, Machida T, Kamitsukasa I, Wada T, Aotsuka A, Kobayashi E, Yoshida Y, Matsutani T, Iwadate Y, Mori M, Uzawa A, Muto M, Sugimoto K, Kuwabara S, Takemoto M, Hattori A, Kobayashi K, Kawamura H, Ishibashi R, Yokote K, Iwata Y, Harada J, Kobayashi Y, Terada J, Matsumura T, Sakao S, Tatsumi K, Ohno M, Chen PM, Nishi E, Ono K, Kimura T, Kitamura K, Takizawa H, Kashiwado K, Shimada H, Ito M, Goto K, Zhang XM, Kimura R, Wang H, Taira A, Arita E, Ashino H, Iwase K, Hiwasa T.:  An Anti-Deoxyhypusine Synthase Antibody as a Marker of Atherosclerosis-Related Cerebral Infarction, Myocardial Infarction, Diabetes Mellitus,and Chronic Kidney Disease.  SM Atherosclerosis Journal  1 (1) :1001 , 2017
24. Kawaguchi Y, Otsuka Y, Kaneko H, Nagai M, Nomura Y, Yamamoto M, Otani M, Ohashi Y, Sugawara K, Koike D, Ishida T, Kokudo N, Tanaka N.:  Comparisons of financial and short-term outcomes between laparoscopic and open hepatectomy: benefits for patients and hospitals.  Surgery Today  46 (5) :535 -542 , 2016
25. Suzuki Takashi, Shimada H, Nanami T, Oshima Y, Yajima S, Ito M, Washizawa N, Kaneko H:  Hyperfibrinogenemia is associated with inflammatory mediators and poor prognosis in patients with gastric cancer.  Surgery today  46 (12) :1394 -1401 , 2016
26. Katagiri T, Otsuka Y, Horgan S, Sandler BJ, Jacobsen GR, Coker AM, Tsuchiya M, Maeda T, Kaneko H:  Feasibility and Technique for Transvaginal Natural Orifice Transluminal Endoscopic Surgery Liver Resection: A Porcine Model.  Surgical laparoscopy, endoscopy & percutaneous techniques  27 (1) :e6 -e11 , 2017
27. Tsuji A, Sunakawa Y, Ichikawa W, Nakamura M, Kochi M, Denda T, Yamaguchi T, Shimada K, Takagane A, Tani S, Kotaka M, Kuramochi H, Furushima K, Koike J, Yonemura Y, Takeuchi M, Fujii M, Nakajima T.:  Early Tumor Shrinkage and Depth of Response as Predictors of Favorable Treatment Outcomes in Patients with Metastatic Colorectal Cancer Treated with FOLFOX Plus Cetuximab (JACCRO CC-05).  Targeted Oncology  11 (6) :799 -806 , 2016
28. Shiratori F, Shimada H, Nagata M, Kubota Y, Otsuka Y, Kaneko H:  Serum galectin-1 autoantibodies in patients with hepatocellular carcinoma.  Toho Journal of Medicine  2 (2) :67 -72 , 2016
29. Suzuki A, Shimada H, Kubota K, Takahashi O, Kishida A, Kaneko H.:  High postoperative neutrophil-lymphocyte ratio is associated with poor outcomes after curative resection for locally advanced gastric cancer.  Toho Journal of Medicine  2 (4) :123 -128 , 2016
総説及び解説
1. 長嶋康雄, 船橋公彦:  【消化管ストーマ造設と閉鎖のきほんの(き)】 緩和ストーマ造設と周術期管理.  WOC Nursing  5 (2) :77 -86 , 2017
2. 栗原聰元, 船橋公彦, 鈴木孝之, 小池淳一, 金子弘真, 松島 誠:  手術手技 直腸脱に対する直接縫合固定による腹腔鏡下直腸固定術(suture rectopexy).  手術  70 (10) :1339 -1344 , 2016
3. 黒岩実:  【周産期医学必修知識第8版】新生児編 鼠径ヘルニア、臍ヘルニア.  周産期医学  46 (増刊) :794 -796 , 2016
4. 大塚由一郎, 金子弘真:  【新/アトラスで学ぶ達人の手術】 肝・胆・膵・脾の手術 腹腔鏡下肝外側区域切除術.  消化器外科  39 (5) :782 -789 , 2016
5. 船橋公彦, 栗原聰元:  【目で見る肛門疾患】直腸脱の治療 腹腔鏡手術.  成人病と生活習慣病  46 (12) :1569 -1574 , 2016
6. 金澤真作, 三塚幸夫, 緒方秀昭, 加藤良二:  JABTS36/ワークショップ3/フローイメージング研究部会企画
乳房造影超音波のプロトコルとレポートの標準化に向けて
乳腺診療における乳房蔵置超音波検査のプロトコルとレポート.  乳腺甲状腺超音波医学  6 (1) :85 -86 , 2017
7. 片桐敏雄, 大塚由一郎, 田村 晃, 土屋 勝, 久保田喜久, 石井 淳, 前田徹也, 今村茂樹, 木村和孝, 野崎達夫, 金子弘真:  【胆管系合併症のすべて-その予防とリカバリー】 胆管狭窄 腹腔鏡下胆嚢摘出時の術中胆管狭窄のチェックと予防.  臨床外科  71 (7) :826 -830 , 2016
8. 大塚由一郎, 金子弘真:  【最新の内視鏡外科手術の適応と注意点】 肝臓疾患.  臨床外科  72 (1) :28 -32 , 2017
9. Shimada H, Fukagawa T, Haga Y, Oba K.:  Does remnant gastric cancer really differ from primary gastric cancer? A systematic review of the literature by the Task Force of Japanese Gastric Cancer Association.  Gastric Cancer  19 (2) :339 -349 , 2016
10. Yuichiro Otsuka, Masaru Tsuchiya, Toshio Katagiri, Yoshihisa Kubota, Jun Ishii, Tetsuya Maeda, Hironori Kaneko:  Indications and technique for laparoscopic liver resection in patients with hepatocellular carcinoma and liver cirrhosis.  Hepatoma Research  2 :241 -247 , 2016
11. Takahara T, Wakabayashi G, Konno H, Gotoh M, Yamaue H, Yanaga K, Fujimoto J, Kaneko H, Unno M, Endo I, Seto Y, Miyata H, Miyazaki M, Yamamoto M.:  Comparison of laparoscopic major hepatectomy with propensity score matched open cases from the National Clinical Database in Japan.  Journal of Hepato-Biliary-Pancreatic Sciences  23 (11) :721 -734 , 2016
症例報告
1. 馬越智子, 岡野直樹, 岸本有為, 松井哲平, 五十嵐良典, 吉田公彦, 前田徹也, 大塚由一郎, 小林純子, 栃木直文, 若山 恵, 根本哲生, 渋谷和俊:  EUS-FNAが診断に有用であった十二指腸癌の1例.  Progress of Digestive Endoscopy  88 (1) :124 -125 , 2016
2. 福士剛蔵, 中野 茂, 松野高久, 新井典岳, 廣瀬元彦, 佐藤真司, 五十嵐良典, 住野泰清, 塩川洋之, 船橋公彦, 根本哲生, 渋谷和俊:  小腸MALTリンパ腫の1例.  Progress of Digestive Endoscopy  89 (1) :124 -125 , 2016
3. 甲田貴丸, 小池淳一, 益原大志, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鈴木孝之, 澤口悠子, 片柳智之, 藤井毅郎, 渡邉善則, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真:  大腸癌術後再発に対する化学療法中に合併した胸部解離性大動脈瘤食道穿破の1 例.  癌と化学療法  43 (12) :1815 -1817 , 2016
4. 早乙女壮彦, 二本柳康博, 名取一彦, 栃木直文, 酒井 謙, 小原明, 鈴木賢一, 藤代健太郎, 小嶋靖子, 三上哲夫, 須磨崎真, 矢内俊, 澁谷和俊:  歩行障害で発症した小児悪性腫瘍の1例.  東邦医学会雑誌  63 (3) :201 -215 , 2016
5. 白鳥史明, 本田善子, 島田英昭, 金子弘真, 島田長人:  胃空腸吻合+Braun吻合術後に腸重積症をきたした1例.  日本外科系連合学会誌  41 (5) :755 -761 , 2016
6. 甲田貴丸, 田中荘一, 尾田典隆, 松田保秀:  高齢Parkinson病患者に合併した柿胃石症の1例.  日本高齢消化器病学会誌  18 (2) :101 -104 , 2016
7. 甲田貴丸, 田中荘一, 中井勝彦, 川上和彦, 木村浩三, 野中雅彦, 松田 聡, 尾田典隆1, 新井賢一郎, 相川佳子, 松田保秀:  グリセリン浣腸に起因する直腸損傷の4例.  日本大腸肛門病学会雑誌  69 (7) :379 -386 , 2016
8. Suzuki Takayuki, Shimada H, Ushigome M, Koike J, Funahashi K, Nemoto T, Kaneko H:  Three-year monitoring of serum p53 antibody during chemotherapy and surgery for stage IV rectal cancer.  Clinical Journal of Gastroenterology  9 (2) :55 -58 , 2016
9. Yoshino Y, Funahashi K, Okada R, Miura Y, Suzuki Takayuki, Koda T, Yoshida K, Koike J, Shiokawa H, Ushigome M, Kaneko T, Nagashima Y, Goto M, Kurihara A, Kaneko H:  Severe Fournier's gangrene in a patient with rectal cancer: case report and literature review.  World journal of surgical oncology  14 (1) :234 , 2016
その他
1. 金子弘真:  最終講義 新たな外科手術手技の導入と検証 腹腔鏡下肝切除術.  東邦医学会雑誌  64 (1) :16 -20 , 2017
■ 著書
1. 黒岩 実:  小腸・大腸.  標準小児外科学  189-198.  医学書院,  東京, 2017
2. 大塚由一郎, 金子弘真:  Ⅳ腹腔鏡下肝膵切除 1.腹腔鏡下肝切除.  肝胆膵高難度外科手術  282-295.  医学書院,  東京, 2016
3. 大嶋陽幸, 谷島聡, 名波竜規, 鈴木隆, 島田英昭:  各論23 p53抗体.  分子腫瘍マーカー診療ガイドライン  199-204.  金原出版,  東京都, 2016
4. 谷島 聡, 鈴木 隆, 島田英昭:  各論4 食道癌.  分子腫瘍マーカー診療ガイドライン  54-59.  金原出版,  東京都, 2016
5. 島田英昭(日本分子腫瘍マーカー研究会 診療ガイドライン委員会 委員長):  初版 序.  分子腫瘍マーカー診療ガイドライン  ii-iii.  金原出版,  東京都, 2016
6. 黒岩実:  疾患編 栄養障害・代謝性疾患・消化器疾患 急性虫垂炎.  【ガイドラインと最新文献による小児科学レビュー2016-'17】  72-79.  総合医学社,  東京都, 2016
7. 黒岩 実:  保護者の身近な訴えに応える.  小児科外来の鑑別診断術  -迷ったときの道しるべ-  261-265.  中山書店,  東京, 2016
8. ◎関口隆三, 金澤真作:  術前薬物療法前・中・後の遺残腫瘍の評価.  乳房ソナゾイド造影超音波診断ガイドブック  105-108.  南江堂,  東京、日本, 2016
9. ◎Fumi Saito, Hideaki Shimada, Hideaki Ogata, Takafumi Otsuka, Tetsuo Nemoto, Kazutoshi Shibuya & Hironori Kaneko:  Detection of the early phase of esophageal cancer progression into lamina propria mucosae by the serum p53 antibody.  Detection of the early phase of esophageal cancer progression into lamina propria mucosae by the serum p53 antibody  366-369.  Esophugus,  日本, 2017
10. Otsuka Y, Kaneko H:  Usefulness of ICG Fluorescence Imaging in Laparoscopic Resection.  ICG Fluorescence Imaging and Navigation Surgery  397-408.  Springer,  tokyo, 2016
11. Minoru Kuroiwa:  Part4 Abdominal Wall.  Operative General Surgery in Neonates and Infants  149-153.  Springer Japan,  Netherlands, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎菊池由宣, 伊藤正朗, 根本哲生, 谷島 聡, 塩澤一惠, 名波竜規, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 渡邉 学, 五十嵐良典, 住野泰清, 島田英昭: 胃癌におけるTYMP の血清値と病理学的発現との検討.  第89回日本胃癌学会総会,  広島市,  2017/03
2. ◎星野 敢, 滝口伸浩, 鍋谷圭宏, 高山 亘, 池田 篤, 千葉 聡, 外岡 亨, 有光秀仁, 柳橋浩男, 知花朝史, 永田松夫, 島田英昭: 胃癌検出バイオマーカーとしての自己抗体の有用性の検討.  第89回日本胃癌学会総会,  広島市,  2017/03
3. ◎大嶋陽幸, 島田英昭, 白鳥史明, 澤口悠子, 三浦康之, 鈴木 隆, 名波竜規, 谷島 聡, 金子弘真: 胃癌切除症例における血清p53抗体価の術後持続陽性例の検討.  第89回日本胃癌学会総会,  広島市,  2017/03
4. ◎名波竜規, 白鳥史明, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鷲澤尚宏, 島田英昭, 金子弘真, 栃木直文, 根本哲生, 渋谷和俊: 神経内分泌腫瘍が疑われ手術を行った胃glomus 腫瘍の1例.  第89回日本胃癌学会総会,  広島市,  2017/03
5. ◎鈴木 隆, 島田英昭, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鷲澤尚宏, 金子弘真: 術前化学療法を施行した進行胃癌症例における血漿fibrinogen 値の意義.  第89回日本胃癌学会総会,  広島市,  2017/03
6. ◎谷島 聡, 長嶋康雄, 酒井隆光, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 菊池由宣, 根本哲生, 島田英昭, 金子弘真: 血清p53抗体の陽性転化と同時に胃癌再発を認めた進行胃癌の一例.  第89回日本胃癌学会総会,  広島市,  2017/03
7. ◎長嶋康雄, 谷島 聡, 高地良介, 酒井隆光, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 密田亜希, 渋谷和俊, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: イレウス管が誘因と考えられる胃癌術後再発による結腸閉塞術後の成人腸重積の1 例.  第53回日本腹部救急医学会総会,  横浜市,  2017/03
8. ◎本田善子, 吉野 優, 鈴木孝之, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真, 瓜田純久, 島田長人: 当科の虫垂炎治療について.  第53回日本腹部救急医学会総会,  横浜市,  2017/03
9. ◎鷲澤尚宏, 長沼広和, 鈴木敦, 内島知香, 長嶋康雄, 大嶋陽幸, 中村芽以子, 中西将, 五月女祐一, 柳野紗智子: NST 専門療法士の受験に必要な実地修練受講者の背景.  第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会,  岡山市,  2017/02
10. 長嶋康雄、船橋公彦、金子弘真、保刈伸代、斉藤容子、守口淳子、川口貴美子: 直腸癌手術における一時的ストーマの検討.  第34回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会,  名古屋,  2017/02
11. ◎島田英昭, 須磨崎真: 固形癌患者における癌抗原特異的血清IgG 抗体の解析―バイオマーカーとしての意義―.  第14回日本免疫治療学研究会学術集会,  東京都,  2017/02
12. ◎牛込充則、 鈴木孝之、 大塚隆文: 大腸癌における血清自己抗体の解析.  第149回 東邦医学会,  東京,  2017/02
13. ◎小嶋靖子, 福士茉莉子, 松岡正樹, 羽賀洋一, 高橋浩之, 水村 直, 渋谷和俊, 黒岩 実, 小原 明: 化学療法終了後のPET/CTで偽陽性を呈したMature B cell leukemiaの2例.  第58回日本小児血液・がん学会学術集会,  品川, 東京,  2016/12
14. ◎久保田喜久, 大塚由一郎, 片桐敏雄, 土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 松本 悠, 金子弘真: ICG 蛍光法を用いた完全腹腔鏡下S2 亜区域切除術.  第29回日本内視鏡外科学会総会,  横浜市,  2016/12
15. ◎小池淳一, 船橋公彦, 塩川洋之, 牛込充則, 甲田貴丸, 栗原聰元, 島田英昭, 金子弘真: 下部直腸癌に対するTAMIS-ISR の検討~ RPS への応用も含めて~.  第29回日本内視鏡外科学会総会,  横浜市,  2016/12
16. ◎片桐敏雄, 前田徹也, 石井 淳, 久保田喜久, 土屋 勝, 大塚由一郎, 田村 晃, 島田英昭, 金子弘真: ICG 蛍光法胆管造影ナビゲーションの有用性.  第29回日本内視鏡外科学会総会,  横浜市,  2016/12
17. ◎大塚由一郎, 片桐敏雄, 久保田喜久, 土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 松本 悠, 木村和孝, 金子弘真: シンポジウム9「安全確実な腹腔鏡下肝切除に必要な知識と技術」安全確実な腹腔下肝部分切除術を行うために.  第29回日本内視鏡外科学会総会,  横浜市,  2016/12
18. ◎土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 片桐敏雄, 久保田喜久, 澤口悠子, 竹山照明, 岡田 嶺, 後藤麻佑, 大塚由一郎, 金子弘真: 腹腔鏡下膵体尾部切除術を安全に施行し定型化するためのHALS の重要性.  第29回日本内視鏡外科学会総会,  横浜市,  2016/12
19. ◎塩川洋之, 船橋公彦, 小池淳一, 栗原聰元, 金子奉暁, 鏡 哲, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 牛込充則, 澤口悠子, 吉野 優, 島田英昭, 金子弘真: 教室における高齢者大腸疾患患者に対する鏡視下手術の成績.  第29回日本内視鏡外科学会総会,  横浜市,  2016/12
20. ◎牛込充則, 塩川洋之, 小池淳一, 三上哲夫, 栃木直文, 若山 恵, 川田幸太, 三浦康之, 木村和孝, 甲田貴丸, 須磨崎真, 久保田喜久, 島田英昭, 船橋公彦, 金子弘真: 大腸ステント留置後に腹腔鏡下同時切除をしえた同時性肝転移を伴う閉塞性大腸癌の2例.  第29回日本内視鏡外科学会総会,  横浜市,  2016/12
21. ◎栗原聰元, 船橋公彦, 後藤麻佑, 吉野 優, 吉田公彦, 鏡 哲, 甲田貴丸, 鈴木孝之, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 小池淳一, 渡邊正志, 島田英昭, 金子弘真: 直腸脱に対する腹腔鏡下直腸固定術について.  第29回日本内視鏡外科学会総会,  横浜市,  2016/12
22. ◎甲田貴丸, 船橋公彦, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 島田英昭, 金子弘真: ロイコメチレンブルーを用いた術中神経染色による神経損傷回避の試み.  第29回日本内視鏡外科学会総会,  横浜市,  2016/12
23. ◎島田脩平,森谷菜央,平林将明,淡路敦子,緒方公平,日根幸太郎,玉置一智,斉藤敬子,水書教雄,荒井博子,川瀬泰浩,酒井正人,黒岩実,与田仁志: 嚢胞性仙尾部奇形腫の2例.  第61回日本新生児成育医学会・学術集会,  大阪,東京,  2016/12
24. ◎前田徹也, 土屋 勝, 石井 淳, 岡田 嶺, 澤口悠子, 今村茂樹, 松本 悠, 久保田喜久, 片桐敏雄, 大塚由一郎, 金子弘真: 膵頭十二指腸切除術における栄養評価と手術部位感染の関連.  第29回日本外科感染症学会総会学術集会,  東京都,  2016/12
25. ◎島田英昭: 食道癌臨床研究の実践.  第17回臨床研究セミナー(日本臨床外科学会・日本外科学会),  東京都,  2016/11
26. ◎塩川洋之, 小池淳一, 牛込充則, 金子奉暁, 栗原聰元, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 吉田公彦, 島田英昭, 船橋公彦, 金子弘真: Transanal Minimally Invasive Surgery (TAMIS)を用いて腹腔鏡を完遂しえた下部直腸癌同時性多発肝転移・狭骨盤肥満患者の1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
27. ◎岡田 嶺, 佐藤行彦, 松本 浩, 三吉 博, 甲斐敏弘, 蓮見直彦, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 巨大な腹腔内膿瘍を呈した虫垂憩室炎の一例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
28. ◎岡田 嶺, 土屋 勝, 吉田公彦, 後藤麻佑, 澤口悠子, 竹山照明, 松本 悠, 前田徹也, 石井 淳, 久保田喜久, 片桐敏雄, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 膵神経内分泌腫瘍切除後、繰り返す多発異時性肝転移に対して再肝切除により長期生存を得た1例 .  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
29. ◎吉野 優, 鷲澤尚宏, 白鳥史明, 甲田貴丸, 小池淳一, 小嶋邦昭, 船橋公彦, 金子弘真: 皮膚欠損部の植皮術におけるオルニチン含有食品の投与.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
30. ◎吉野 翔, 戸倉夏木, 中野太郎, 上田一夫, 横井正秀, 高塚純, 中野重徳: 縫合処置における当院での結紮時の工夫について.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
31. ◎牛込充則, 小池淳一, 三浦康之, 今村茂樹, 大久保政孝, 甲田貴丸, 木村和孝, 塩川洋之, 栗原聰元, 島田英昭, 船橋公彦, 金子弘真: StageIII大腸がんに対する開腹手術と腹腔鏡手術の長期成績の比較.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
32. ◎栗原聰元, 船橋公彦, 松島 誠, 吉田公彦, 長嶋康雄, 甲田貴丸, 鏡 哲, 鈴木孝之, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 小池淳一, 渡邊正志, 島田英昭, 金子弘真: 直腸脱に対するAltemeier法について.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
33. ◎甲田貴丸, 船橋公彦, 塩川洋之, 金子奉暁, 小池淳一, 牛込充則, 鈴木孝之, 長嶋康雄. 吉野 優, 栗原聰元, 金子弘真: ISR 術後に長期にわたって遷延する排便障害の危険因子.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
34. ◎甲田貴丸, 谷島 聡, 大嶋陽幸, 名波竜規, 鈴木 隆, 栃木直文, 根本哲生, 渋谷和俊, 島田英昭, 金子弘真: PET-CT検査にて集積を認めた胃異所性膵の一例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
35. ◎黒岩 実, 大久保和範, 酒井正人, 金子弘真: 小児の非穿孔性虫垂炎と膿瘍形成例に対する保存治療とTULAA.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
36. ◎酒井正人, 黒岩 実, 石岡伸規, 金子弘真: 当科で経験した小児後腹膜奇形腫6例の検討.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
37. ◎小池淳一, 船橋公彦, 塩川洋之, 牛込充則, 甲田貴丸, 栗原聰元, 島田英昭, 金子弘真: 進行下部直腸癌のTME に対する肛門操作先行の有用性.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
38. ◎須磨崎真, 緒方秀昭, 吉田美穂, 金子弘真: フレーム型リトラクターを使用した乳腺の摘出生検手技.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
39. ◎石井 淳, 土屋 勝, 前田徹也, 岡田 嶺, 澤口悠子, 松本 悠, 竹山照明, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 金子弘真: 膵頭十二指腸切除術後膵液瘻Grade C 症例に関する検討.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
40. ◎石岡伸規, 黒岩 実, 酒井正人, 金子弘真: 新生児の胸骨部皮下腫瘤として発症した気管支原性嚢胞の1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
41. ◎谷島 聡, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 白鳥史明, 酒井隆光, 澤口悠子, 松本 悠, 鷲澤尚宏, 島田英昭, 金子弘真: 筋温存と術野展開を工夫した食道癌頚部郭清.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
42. ◎長谷川知愛,木村和孝,松本 悠,皆川輝彦,長谷部行健: 初期研修医段階での腹腔鏡下手術カメラアシストの経験.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
43. ◎長嶋康雄, 土屋 勝, 岡田 嶺, 澤口悠子, 竹山照明, 久保田喜久, 石井 淳, 片桐敏雄, 前田徹也, 酒井正人, 大塚由一郎, 黒岩 実, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 膵・胆管合流異常に対する治療成績の検討.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
44. ◎田波末佳, 澤口悠子, 前田徹也, 岡田 嶺, 竹山照明, 久保田喜久, 石井 淳, 片桐敏雄, 土屋 勝, 大塚由一郎, 密田亜希, 栃木直文, 若山 恵, 渋谷和俊, 金子弘真: 肺癌術後膵転移の1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
45. ◎土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 片桐敏雄, 久保田喜久, 後藤麻佑, 岡田 嶺, 澤口悠子, 竹山照明, 松本 悠, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 膵臓癌切除後におけるCA19-9正常化の意義.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
46. ◎白鳥史明, 島田英昭, 伊藤正朗, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 金子弘真: 日本人における食道癌とABO 式血液型による関連性の検討.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
47. ◎本田善子, 島田長人, 吉野 優, 鈴木孝之, 瓜田純久, 金子弘真: 約12年間の小腸穿孔症例の検討.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
48. ◎本田善子, 島田長人, 吉野 優, 鈴木孝之, 下田浩輝, 松島正浩, 鷲澤尚宏, 瓜田純久, 金子弘真: 胃瘻交換に伴う合併症からみた交換時の注意点.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
49. ◎名波竜規, 島田長人, 谷島 聡, 長嶋康雄, 吉野 優, 鈴木孝之, 本田善子, 島田英昭, 金子弘真: 腹腔鏡下子宮全摘術後に臍ヘルニア嵌頓を生じた一例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
50. ◎鈴木 隆, 島田英昭, 酒井隆光, 高地良介, 長嶋康雄, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鷲澤尚宏, 金子弘真: 食道亜全摘術における腹腔鏡補助下胃管作成時の経胃管空腸瘻造設術の工夫.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
51. ◎齊藤芙美, 緒方秀昭, 吉田美穂, 久保田伊哉, 伊藤俊秀, 金子弘真: 3次性副甲状腺機能亢進症における副甲状腺摘出術の治療効果の検討.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
52. ◎久保田伊哉, 緒方秀昭, 吉田美穂, 齊藤芙美, 金子弘真: 当科におけるレンバチニブの使用経験.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
53. ◎久保田喜久, 大塚由一郎, 片桐敏雄, 土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 松本 悠, 小池淳一, 船橋公彦, 金子弘真: 大腸癌多発肝転移に対する腹腔鏡下肝切除術.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
54. ◎金子弘真: ―事上磨錬の日々―肝臓外科における内視鏡下手術の導入.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
55. ◎松井秀仁, 片桐敏雄, 前田徹也, 石井 淳, 久保田喜久, 土屋 勝, 大塚由一郎, 島田英昭, 金子弘真: ICG 蛍光法を用いた術中ナビゲーションが有用であった腹腔鏡下肝嚢胞天蓋切除術の2例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
56. ◎松本 悠, 島田英昭, 名波竜規, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦, 金子弘真: 切除不能・進行再発胃癌に対するweekly nab-paclitaxel療法.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
57. ◎須磨崎真, 甲田貴丸, 川田幸太, 石岡伸規, 三浦康之, 今村茂樹, 木村和孝, 塩川洋之, 牛込充則, 栗原聰元, 小池淳一, 栃木直文, 渋谷和俊, 船橋公彦, 金子弘真: 腹腔鏡下に切除しえた回盲部悪性リンパ腫による腸重積の1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
58. ◎島田英昭: 消化器外科医 現場からの声~消化器外科医の素朴な疑問~.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
59. ◎片桐敏雄, 前田徹也, 石井 淳, 土屋 勝, 久保田喜久, 大塚由一郎, 金子弘真: ビデオシンポジウム06「内視鏡下手術でのトラブル 次の一手!(肝・胆・膵)」鏡視下肝胆道領域手術での胆管損傷に対するICG 蛍光法の有用性.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
60. ◎本田善子, 島田長人, 吉野 優, 岡田 嶺, 鈴木孝之, 竹山照明, 瓜田純久, 金子弘真: 腹壁瘢痕ヘルニア再発例からみた修復のポイント.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
61. ◎澤口悠子, 土屋 勝, 後藤麻佑, 岡田 嶺, 竹山照明, 久保田喜久, 牛込充則, 前田徹也, 石井 淳, 片桐敏雄, 大塚由一郎, 渋谷和俊, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 若年女性に発生し、術後急性増悪を呈した巨大膵粘液産性嚢胞腫瘍(MCN)の1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
62. ◎吉田美穂, 齊藤芙美, 久保田伊哉, 緒方秀昭, 日野眞人, 金子弘真: 豊胸手術後50年経過し両側乳癌を発症した一例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
63. ◎戸倉夏木,吉野 翔,中野太郎,上田一夫,横井正秀,高塚 純,中野重徳,船橋公彦,島田英昭,金子弘真: S状結腸憩室炎による膀胱瘻を形成し、小腸瘻および皮膚瘻を合併した1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
64. ◎後藤麻佑, 酒井正人, 黒岩 実, 金子弘真: 臍部孤状切開によりLadd手術を行った新生児中腸軸捻転の1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
65. ◎高地良介, 島田英昭, 酒井隆光, 松本 悠, 長嶋康雄, 名波竜規, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 栃木直文, 渋谷和俊, 鷲澤尚宏, 金子弘真: 血清抗p53抗体が陰性化した食道癌切除例の5年経過.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
66. ◎三浦康之, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 船橋公彦, 鷲澤尚宏, 島田英昭, 金子弘真: 食道内異物に対して完全胸腔鏡下異物摘出術後、膿胸を併発した1例.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
67. ◎斉藤芙美, 緒方秀昭, 久保田伊哉, 尾作忠知, 日野眞人, 金子弘真: HER2陰性乳癌におけるnab-paclitaxel plus gemcitabine (GnP)療法の効果と安全性.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
68. ◎前田徹也, 土屋 勝, 石井 淳, 岡田 嶺, 澤口悠子, 松本 悠, 今村茂樹, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 金子弘真: 膵頭十二指腸切除術後ドレーン管理に関する検討.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
69. ◎大嶋陽幸, 島田英昭, 須磨崎真, 白鳥史明, 澤口悠子, 三浦康之, 松本 悠, 竹山照明, 鈴木 隆, 名波竜規, 谷島 聡, 金子弘真: 食道癌・胃癌患者におけるAgaricus blazei (アガリクス)の血液生化学検査に対する影響の解析.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
70. ◎木村和孝, 鷲澤尚宏, 須磨崎真, 石岡伸規, 梶原庸司, 酒井隆光, 酒井正人, 黒岩 実, 島田英昭, 金子弘真: 2010年診療報酬以降の大学病院におけるNST と急性期外科診療.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
71. ◎齊藤芙美, 後藤麻佑, 酒井正人, 久保田伊哉, 緒方秀昭, 渋谷和俊, 黒岩 実, 金子弘真: 小児頚部に発症したCastleman病の手術経験.  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
72. 藤尾幸司、大城充、澤谷哲央、加藤礼、大嶋陽幸、豊岡正裕、菊地博達、村上雅彦: 胆嚢結石症に対する体外衝撃波による結石破砕(ESWL)の検討.  第78回日本臨床外科学会,  東京,  2016/11
73. ◎久保田喜久, 大塚由一郎, 片桐敏雄, 石井 淳, 前田徹也, 松本 悠, 土屋 勝, 金子弘真: 大腸癌両葉多発肝転移に対する腹腔鏡下肝切除術.  第10回肝臓内視鏡外科研究会,  東京都,  2016/11
74. ◎片桐敏雄, 大塚由一郎, 久保田喜久, 土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 金子弘真: 2 回の開腹肝切除術後に腹腔鏡下肝部分切除を施行した1 例.  第10回肝臓内視鏡外科研究会,  東京都,  2016/11
75. ◎塩川洋之, 船橋公彦, 小池淳一, 金子奉暁, 牛込充則, 栗原聰元, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 鏡 哲, 吉田公彦, 寺本龍生, 金子弘真: 教室における下部直腸癌に対するISRの排便機能の長期成績.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
76. ◎吉野 優, 鏡 哲, 田村 晃: 大腸癌術後補助療法(mFOLFOX6)施行中に高アンモニア血症を繰り返した1例.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
77. ◎牛込充則, 小池淳一, 鈴木孝之, 塩川洋之, 栗原聰元, 金子奉暁, 吉野 優, 長嶋康雄, 甲田貴丸, 吉田公彦, 澤口悠子, 大久保和範, 島田英昭, 船橋公彦, 金子弘真: 大腸癌手術症例における創部SSI発生因子の検討.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
78. ◎鏡 哲, 吉野 優, 田村 晃: Oxaliplatin再投与によりアナフィラキシーショックを来した虫垂癌の1例.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
79. ◎金子奉暁, 後藤麻佑, 船橋公彦, 吉田公彦, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 吉野 優, 金子弘真: 腹会陰式直腸切断術の会陰創に対する陰圧閉鎖療法を用いた新しい創管理.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
80. ◎甲田貴丸, 田中荘一, 中井勝彦, 川上和彦, 木村浩三, 野中雅彦, 松田 聡, 新井賢一郎, 尾田典隆, 相川佳子, 松田保秀: Low anterior resection syndrome (LARS)に影響する因子の検討.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
81. ◎松田 聡, 松田保秀, 中井勝彦, 川上和彦, 木村浩三, 野中雅彦, 田中荘一, 尾田典隆, 相川佳子, 新井賢一郎: 低位筋間痔瘻に対するLigation of the Intersphincteric Fistula Tract (LIFT)変法の手術手技と短期成績.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
82. ◎相川佳子, 田中荘一, 松田 聡, 松田保秀, 川上和彦, 中井勝彦, 木村浩三, 野中雅彦, 尾田典隆, 新井賢一郎: 痛みゼロの痔核手術に向けた取り組み.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
83. ◎長嶋康雄, 船橋公彦, 甲田貴丸, 鈴木孝之, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 島田英昭, 金子弘真: cT4症例における腹腔鏡補助下手術の検討.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
84. ◎鈴木孝之, 船橋公彦, 小池淳一, 大久保和範, 三浦康之, 吉田公彦, 甲田貴丸, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 栗原聰元, 島田英昭, 金子弘真: 大腸癌術前後の血清p53検査の意義.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
85. ◎牛込充則, 小池淳一, 吉田公彦, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 金子奉暁, 塩川洋之, 栗原聰元, 澤口悠子, 吉野 優, 島田英昭, 船橋公彦, 金子弘真: StageII, III大腸がんに対する開腹手術と腹腔鏡手術の長期成績の比較..  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
86. ◎栗原聰元, 船橋公彦, 小池淳一, 金子奉暁, 鈴木孝之, 塩川洋之, 牛込充則, 甲田貴丸, 吉田公彦, 長嶋康雄, 大久保和範, 石岡伸規, 鏡 哲, 後藤麻佑, 澤口悠子, 吉野 優, 吉野 翔, 渡邊正志, 島田英昭, 金子弘真: シンポジウム1「肛門疾患治療のForefront(ビデオ)」痔瘻に対する内肛門括約筋温存術(LIFT変法)について.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
87. ◎甲田貴丸, 船橋公彦, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鈴木孝之, 島田英昭, 金子弘真: 神経線維腫症I型に合併した内陰部動脈瘤破裂の1例.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
88. ◎小池淳一, 船橋公彦, 塩川洋之, 金子奉暁, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 吉田公彦, 鏡 哲, 長嶋康雄, 吉野 優, 栗原聰元, 島田英昭, 金子弘真: 下部直腸癌に対する会陰先行TAMIS-TMEの手技とpit fall.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
89. ◎大久保和範, 甲田貴丸, 船橋公彦, 小池淳一, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鈴木孝之, 三浦康之, 須磨崎真, 鏡 哲, 長嶋康雄, 吉野 優, 栗原聰元, 栃木直文, 根本哲生, 渋谷和俊, 島田英昭, 金子弘真: 虫垂粘液嚢腫を疑い腹腔鏡下回盲部切除を施行した2例.  第71回日本大腸肛門病学会学術集会,  伊勢市,  2016/11
90. ◎甲田貴丸, 小池淳一, 益原大志, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鈴木孝之, 吉田公彦, 三浦康之, 澤口悠子, 片柳智之, 藤井毅郎, 渡邉善則, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 大腸癌術後再発に対する化学療法中に合併した胸部大動脈瘤食道穿破の一例.  第14回日本消化器外科学会大会(JDDW2016),  神戸市,  2016/11
91. ◎牛込充則, 小池淳一, 吉田公彦, 三浦康之, 鈴木孝之, 澤口悠子, 塩川洋之, 金子奉暁, 栗原聰元, 甲田貴丸, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 切除不能大腸癌におけるALBI scoreによる群別予後予測の試み.  第14回日本消化器外科学会大会(JDDW2016),  神戸市,  2016/11
92. ◎栗原聰元 , 船橋公彦, 小池淳一, 吉田公彦, 鈴木孝之, 石岡伸親, 澤口悠子, 吉野優, 吉野 翔, 後藤麻佑, 後藤友彦, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 鏡 哲, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 渡邊正志, 島田英昭, 金子弘真: 直腸脱に対する完全腹腔鏡下直腸固定術と小開腹併用直腸固定術の比較検討.  第14回日本消化器外科学会大会(JDDW2016),  神戸市,  2016/11
93. ◎後藤麻佑, 船橋公彦, 金子奉暁, 小池淳一, 塩川洋之, 牛込充則, 栗原聰元, 鈴木孝之, 吉田公彦, 長嶋康雄, 三浦康之, 島田英昭, 金子弘真: 直腸切断術後における会陰創感染の検討.  第14回日本消化器外科学会大会(JDDW2016),  神戸市,  2016/11
94. ◎小池淳一, 船橋公彦, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 吉田公彦, 鏡 哲, 村山健二, 三浦康之, 栗原聰元, 島田英昭, 金子弘真: High risk 直腸癌に対する術前SOX療法導入の試み.  第14回日本消化器外科学会大会(JDDW2016),  神戸市,  2016/11
95. ◎谷島 聡, 島田英昭, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 名波竜規, 鈴木孝之, 牛込充則, 小池淳一, 船橋公彦, 金子弘真: 消化管癌における血清p53抗体の有用性と今後の展望.  第14回日本消化器外科学会大会(JDDW2016),  神戸市,  2016/11
96. ◎鈴木 隆, 島田英昭, 酒井隆光, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鷲澤尚宏, 金子弘真: cStageII/III食道癌における術前化学療法群と手術先行群の治療成績の比較.  第14回日本消化器外科学会大会(JDDW2016),  神戸市,  2016/11
97. ◎須磨崎真, 伊藤正朗, 谷島 聡, 澤口悠子, 名波竜規, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 根本哲生, 澁谷和俊, 島田英昭, 金子弘真: 胃癌手術症例における血清VEGFR2値の臨床病理学的意義は?.  第14回日本消化器外科学会大会(JDDW2016),  神戸市,  2016/11
98. ◎島田長人, 本田善子, 鈴木孝之, 吉野 優, 瓜田純久, 金子弘真: シンポジウム7「腹壁瘢痕ヘルニア手術の手技と成績」腹壁瘢痕ヘルニアにおける単純閉鎖+ソフトメッシュ修復術の検討.  第14回日本ヘルニア学会学術集会,  東京都,  2016/10
99. ◎本田善子, 吉野 優, 鈴木孝之, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真, 瓜田純久, 島田長人: 12年間で経験した鼠径部ヘルニアに伴う鼠径部子宮内膜症症例の検討.  第14回日本ヘルニア学会学術集会,  東京都,  2016/10
100. ◎赤石純子, 杉野公則, 近藤哲夫, 田中智章, 齊藤慶幸, 尾作忠知, 前田哲代, 大宜見由奈, 正木千恵, 友田智哲, 鈴木章史, 松津賢一, 宇留野隆, 大桑恵子, 北川亘, 長濱充二, 伊藤公一: 甲状腺低分化癌における病理診断基準別の予後について.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
101. ◎長濱充二, 鈴木章史, 三浦昌朋, 新岡丈典, 大桑恵子, 宇留野隆, 松津賢一, 友田智哲, ヘイムス規予美, 赤石純子, 正木千恵, 大宜見由奈, 前田哲代, 尾作忠知, 田中智章, 斎藤慶幸, 北川亘, 杉野公則, 伊藤公一: レンバチニブの維持期血中濃度を指標にした新規治療法の開発-第一報-.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
102. ◎北川亘, 大桑恵子, 宇留野隆, 松津賢一, 鈴木章史, 友田智哲, ヘイムス規予美, 赤石純子, 正木千恵, 大宜見由奈, 前田哲代, 尾作忠知, 斉藤慶幸, 田中智章, 長濱充二, 杉野公則, 伊藤公一: 高周波・超音波コンバインエネルギーデバイス(サンダービートOpen Fine Jaw)を使用した甲状腺手術.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
103. ◎鈴木章史, 長濱充二, 杉野公則, 田中智章, 齋藤慶幸, 尾作忠知, 前田哲代, 大宜見由奈, ヘイムス規予美, 赤石純子, 友田智哲, 松津賢一, 宇留野隆, 大桑恵子, 北川亘, 伊藤公一: Lenvatinib 治療でdose intensity を高めるために~増量症例の経験.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
104. ◎齊藤芙美, 緒方秀昭, 吉田美穂, 土方麻衣, 久保田伊哉, 伊藤俊秀, 金子弘真: 腎性副甲状腺機能亢進症に対する副甲状腺摘出術において摘出が困難であった因子の検討.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
105. ◎松津賢一, 杉野公則, 齋藤慶彦, 田中智章, 大宜見由奈, 前田哲代, 尾作忠知, 正木千恵, 赤石純子, ヘイムス規予美, 友田智哲, 鈴木章史, 宇留野隆, 大桑恵子, 北川亘, 長濱充二, 高見博, 伊藤公一: 非進行性甲状腺乳頭癌(T1N0M0)における予防的外側区域郭清は、リンパ節再発を減らすか?.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
106. ◎正木千恵, 杉野公則, 齋藤尚子, 齋藤慶幸, 田中智章, 大宜見由奈, 前田哲代, 尾作忠知, 赤石純子, ヘイムス規予美, 友田智哲, 鈴木章史, 松津賢一, 宇留野隆, 大桑恵子, 北川亘, 長濱充二, 伊藤公一: 甲状腺癌におけるレンバチニブの治療効果発現時期探索のための前向きコホート研究.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
107. ◎前田哲代, 杉野公則, 大桑恵子, 友田智哲, 田中智章, 齋藤慶幸, 尾作忠知, 大宜見由奈, 正木千恵, 赤石純子, ヘイムス規予美, 鈴木章史, 松津賢一, 宇留野隆, 北川亘, 長濱充二, 伊藤公一: 原発性副甲状腺機能亢進症に対する局在診断の検討.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
108. ◎大宜見由奈, 宇留野隆, 亀山香織, 齋藤慶幸, 田中智章, 前田哲代, 尾作忠知, 正木千恵, 赤石純子, ヘイムス規予美, 友田智哲, 松津賢一, 鈴木章史, 大桑恵子, 北川亘, 長濱充二, 杉野公則, 伊藤公一: 明細胞型甲状腺乳頭癌5 例の臨床病理学的検討.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
109. ◎大桑恵子, 宇留野隆, 松津賢一, 鈴木章史, 友田智哲, ヘイムス規予美, 赤石純子, 正木千恵, 大宜見由奈, 前田哲代, 尾作忠知, 齋藤慶幸, 田中智章, 北川亘, 長濱充二, 杉野公則, 伊藤公一: 術中intactPTH モニタリング測定値の評価-クライテリアを満たさない手術成功症例の検討-.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
110. ◎田中智章, 宇留野隆, 齋藤慶幸, 前田哲代, 尾作忠知, 大宜見由奈, 正木千恵, 赤石純子, ヘイムス規予美, 友田智哲, 鈴木章史, 松津賢一, 大桑恵子, 北川亘, 長濱充二, 杉野公則, 伊藤公一: 穿刺吸引細胞診における,乳頭癌の疑陽性例の検討.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
111. ◎尾作忠知, 杉野公則, 齊藤慶幸, 田中智章, 前田哲代, 大宜見由奈, 正木千恵, ヘイムス規予美, 赤石純子, 友田智哲, 松津賢一, 宇留野隆, 大桑恵子, 北川亘, 長濱充二, 伊藤公一: 小児および若年者甲状腺分化癌の臨床的特徴および治療成績の検討.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
112. ◎北川亘, 宇留野隆, 友田智哲, 大桑恵子, 松津賢一, 鈴木章史, ヘイムス規予美, 赤石純子, 正木千恵, 大宜見由奈, 前田哲代, 尾作忠知, 田中智章, 斉藤慶幸, 長濱充二, 杉野公則, 伊藤公一: 甲状腺手術における術中持続神経モニタリング(CIONM)の使用経験.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
113. ◎友田智哲, 杉野公則, 齋藤慶幸, 田中智章, 大宜見由奈, 前田哲代, 尾作忠知, 正木千恵, 赤石純子, ヘイムス規予美, 鈴木章史, 松津賢一, 宇留野隆, 大桑恵子, 北川亘, 長濱充二, 伊藤公一: 甲状腺乳頭癌再発リンパ節の増大スピードは生命予後に関与しているか?.  第49回日本甲状腺外科学会学術集会,  甲府市,  2016/10
114. ◎渡邊ともね, 岩本桃子, 朴 成和, 小嶋一幸, 布部創也, 設楽紘平, 深川剛生, 藤城光弘, 小田一郎, 島田英昭, 小野裕之, 山口研成, 富塚太郎, 東 尚弘: 胃がんのがん医療の均てん化指標の測定に関する研究.  第54回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2016/10
115. ◎小井戸薫雄, 西田純幸, 石川 剛, 江川新一, 石井 淳, 菅野良秀, 柳本泰明, 古倉 聡, 森本創世子, 大庭真梨, 江口英利, 島田英昭, 森田智視, 杉山治夫: 進行膵癌に対するゲムシタビン併用WT1ペプチドワクチン療法ランダム化第Ⅱ相臨床試験.  第54回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2016/10
116. ◎大塚 由一郎: 日本内視鏡外科学会技術認定医取得に向けた対応①.  第21回 肝臓内視鏡外科研究会ハンズオンセミナー,  川崎,  2016/10
117. ◎島田脩平,大久保和範、酒井正人、小嶋靖子、高橋浩之、小原明、黒岩実: 頸部腫瘤として発症した限局型Castleman病の女児例.  第51回日本小児外科学会関東甲信越地方会,  山梨,日本,  2016/10
118. ◎岡田弥生, 石川文雄, 齊藤芙美, 緒方秀昭: 低酸素培養下における乳癌細胞のMAPK およびAkt-mTOR を介したCXCR4 発現に関する研究.  第75回日本癌学会学術総会,  横浜,  2016/10
119. ◎盛永敬郎, グエンタオ, チョンボウヤア, 久保秀司, 関根郁夫, 多田裕司, 巽浩一郎, 島田英昭, 廣島健三, 田川雅敏: 細胞周期促進は増殖性アデノウイルスによるアポトーシスを増強する.  第75回日本癌学会学術総会,  横浜市,  2016/10
120. ◎石川剛, 西田純幸, 江川新一, 小井戸薫雄, 石井淳, 菅野良秀, 柳本泰明, 古倉聡, 森本創世子, 大庭真梨, 岡芳弘, 杉山治夫: 進行膵癌に対するゲムシタビン併用WT1 ペプチドワクチン療法のランダム化第2相試験.  第75回日本癌学会学術総会,  横浜市,  2016/10
121. ◎久保田伊哉, 島田英昭, 吉田美穂, 齊藤芙美, 緒方秀昭, 金子弘真: 血清p53 抗体モニタリングが有用であった術前化学療法後に切除した乳癌の1例.  第36回日本分子腫瘍マーカー研究会,  横浜市,  2016/10
122. ◎山下 拓, 塩谷彰浩, 島田英昭: 頭頸部癌に対する血清midkine 測定の意義.  第36回日本分子腫瘍マーカー研究会,  横浜市,  2016/10
123. 大塚由一郎、片桐敏雄, 久保田喜久、石井 淳、土屋 勝、前田徹也、木村和孝、松本 悠、金子弘真、 山角 卓、今市佳也、安部竜也、伊藤 南海美、吉田実知: 腹腔鏡下肝切除術の手術手技.  第4回チーム医療からみた周術期管理実践セミナー,  東京,  2016/09
124. ◎前田徹也, 土屋 勝, 石井 淳, 岡田 嶺, 今村茂樹, 松本 悠, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 金子弘真: 胆道癌に対する膵頭十二指腸切除術前の胆道ドレナージに関する検討.  第52回日本胆道学会学術集会,  横浜市,  2016/09
125. ◎島田長人, 本田善子, 竹山照明, 髙地良介, 岡田嶺, 河越尚幸, 田中英樹, 竹本育聖, 城戸 秀倫, 佐々木陽典, 石井孝政, 渡邉 利泰, 前田正, 原 規子, 宮崎 泰斗, 財 祐明, 中嶋 均, 瓜田 純久.: 「腹壁ヘルニアの鑑別疾患:立位で膨隆が出現し臥位で消失する疾患」.  13回日本病院総合診療医学会学術総会,  東京,  2016/09
126. ◎本田善子, 廣田愛,藤岡直樹, 須磨崎さやか, 岡田嶺 竹山照明, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 貴島祥, 佐藤高広, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 渡邉 利泰, 宮崎 泰斗, 財 祐明, 島田長人, 中嶋 均, 瓜田 純久.: 虫垂炎と虫垂内検出菌について.  第13回日本病院総合診療医学会学術総会,  東京,  2016/09
127. ◎大塚 由一郎、片桐 敏雄: みんながやるべきラパロ肝右葉切除.  第9回 TKB,  軽井沢,  2016/09
128. ◎島田長人, 本田善子, 竹山照明, 高地良介, 岡田嶺, 河越尚幸, 田中英樹, 竹本育聖, 城戸秀倫, 佐々木陽典, 石井孝政, 渡邉利泰, 前田正, 原規子, 宮崎泰斗, 財裕明, 中嶋均, 瓜田純久.: 病院総合診療に外科医は寄与できるか?.  第13回日本病院総合診療医学会学術総会,  東京,  2016/09
129. ◎大久保和範, 酒井正人, 黒岩 実, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 腸回転異常を伴わない特発性小腸捻転の1例.  第842回外科集談会,  東京都,  2016/09
130. ◎廣田愛, 本田善子, 須磨崎さやか, 藤岡直樹, 岡田嶺, 竹山照明, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 貴島祥, 佐藤高広, 佐々木陽典, 石井孝政, 前田正, 宮﨑泰斗, 渡邉利泰, 財裕明, 中嶋均, 島田長人, 瓜田純久. 右下腹部痛で来院し腸管の異物(竹串)穿通の診断で大腸内視鏡下摘出した一例: 右下腹部痛で来院し腸管の異物(竹串)穿通の診断で大腸内視鏡下摘出した一例.  第13回日本病院総合診療医学会学術総会,  東京,  2016/09
131. ◎土屋 勝,石井 淳,前田徹也,片桐敏雄,久保田喜久,松本 悠,今村茂樹,長嶋康雄,澤口悠子,竹山照明,岡田 嶺,大塚由一郎,金子弘真: End GIA Tri-stapleTM reinforce を用いた腹腔鏡下膵体尾部切除術後に難治性膵液瘻を発症した1 例.  第43回日本膵切研究会,  東京都,  2016/08
132. ◎前田徹也,土屋 勝,石井 淳,岡田 嶺,澤口悠子,松本 悠,今村茂樹,久保田喜久,片桐敏雄,大塚由一郎,金子弘真: 膵頭十二指腸切除術における周術期ドレーン管理.  第43回日本膵切研究会,  東京都,  2016/08
133. ◎大塚 由一郎: 手術手技のポイント①.  第20回 肝臓内視鏡外科研究会ハンズオンセミナー,  富士宮,  2016/08
134. ◎菊池由宣, 林 明美, 中村陽一, 松本高広, 渡辺和美, 祖父江由紀子, 堀 孔美恵, 有山智博, 村上好恵, 石井敏浩, 島田英昭: 東邦大学におけるがん多職種連携を目指したがんプロフェッショナル養成事業.  第14回日本臨床腫瘍学会学術集会,  神戸,  2016/07
135. ◎渡邊晶子, 平林将明, 吉澤和子, 緒方公平, 日根幸太郎, 斉藤敬子, 玉置一智, 水書教雄, 荒井博子, 川瀬泰浩, 酒井正人, 黒岩 実, 小松陽樹, 横山愛子, 与田仁志: 後天性CMV感染の関与を疑った超低出生体重児のPNAC(parenteral nutrition associated cholestasis)の1例.  第52回日本周産期・新生児医学会学術集会,  富山市,  2016/07
136. ◎伊藤 歩, 大路斐子, 上山 怜, 森山 梓, 日根幸太郎, 前村俊満, 片桐由起子, 中田雅彦, 黒岩 実, 与田仁志, 森田峰人: 胎児期に胎児腸管拡張を認め診断に苦慮した小腸軸捻転の2症例.  第52回日本周産期・新生児医学会学術集会,  富山市,  2016/07
137. ◎森谷菜央,日根幸太郎,平林将明,渡邊晶子,緒方公平,斎藤敬子,玉置一智,水書教雄,荒井博子,川瀬泰浩,酒井正人,黒岩 実,大路斐子,中田雅彦,与田仁志: 胎児期発症の特発性小腸軸捻転症による腹膜炎の一例.  第52回日本周産期・新生児医学会学術集会,  富山,  2016/07
138. ◎甲田 貴丸, 田中 荘一, 川上 和彦, 中井 勝彦, 木村 浩三, 野中 雅彦, 松田 聡, 尾田 典隆, 相川 佳子, 松田 保秀: low anterior resection syndrome scoreを用いた大腸癌術後排便機能評価.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
139. ◎酒井 隆光, 島田 英昭, 白鳥 史明, 名波 竜規, 大嶋 陽幸, 鈴木 隆, 谷島 聡, 鷲澤 尚宏, 船橋 公彦, 金子 弘真: 残胃癌の臨床病理学的特徴はU領域胃癌と違うのか?.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
140. ◎小池淳一, 船橋公彦, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁,鈴木孝之, 甲田貴丸, 栗原聰元, 島田英昭, 金子弘真: 下部直腸癌に対するTAMIS-TMEによる腹腔鏡下ISRの手技と解剖学的ランドマーク.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
141. ◎須磨崎 真, 大嶋 陽幸, 名波 竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 山﨑 有浩, 島田 英昭, 金子 弘真, 根本 哲生, 澁谷 和俊: 血清p53抗体モニタリングが有用であった胃周囲リンパ節への転移を認めた現発不明腺癌の1例.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
142. ◎前田 徹也土屋 勝, 石井 淳, 松本 悠, 今村 茂樹, 長嶋 康雄, 久保田 喜久, 片桐 敏雄, 大塚 由一郎, 金子 弘真: 膵頭十二指腸切除術における周術期感染性合併症と対策.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
143. ◎谷島 聡, 鈴木 隆, 白鳥 史明, 酒井 隆光, 名波 竜規, 大嶋 陽幸, 鷲澤 尚宏, 根本 哲生, 島田 英昭, 金子 弘真: 食道癌術前化学療法症例において血清p53抗体は治療抵抗性と関連するか?.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
144. ◎土屋 勝, 前田 徹也, 石井 淳, 久保田 喜久, 片桐 敏雄, 長嶋 康雄, 今村 茂樹, 松本 悠, 大塚 由一郎, 金子 弘真: 膵消化管神経内分泌腫瘍切除例における検討.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
145. ◎島田英昭, 深川 剛生, 芳賀 克夫, 大庭 幸治: 残胃癌の臨床病理学的特徴に関するシステマチックレビュー.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
146. ◎久保田 喜久, 大塚 由一郎, 片桐 敏雄, 土屋 勝, 石井 淳, 前田 徹也, 牛込 充則, 小池 淳一, 船橋 公彦, 金子 弘真: 同時性肝外転移・再発病変を有した大腸癌肝転移切除例の検討.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
147. ◎栗原 聰元, 船橋 公彦, 鈴木 孝之, 金子 奉暁, 牛込 充則, 塩川 洋之, 小池 淳一, 渡邊 正志, 島田 英昭, 金子 弘真: 痔瘻に対する経肛門的超音波によるナビゲーション手術.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
148. ◎石井 淳, 土屋 勝, 前田 徹也, 今村 茂樹, 松本 悠, 久保田 喜久, 片桐 敏雄, 田村 晃, 大塚 由一郎, 金子 弘真: 膵頭十二指腸切除術後膵液瘻Grade C症例おける術後因子の検討.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
149. ◎島田英昭: 【JSGS Science of the Year2016(学術部門)】p53を分子標的とした食道癌の抗体診断と遺伝子治療.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
150. ◎鈴木 孝之, 船橋 公彦, 栗原 聰元, 小池 淳一, 金子 奉暁, 牛込 充則, 塩川 洋之, 島田 英昭, 金子 弘真: 高齢者の直腸脱に対する腹腔鏡下直腸固定術の手術成績.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
151. ◎金子 奉暁, 船橋 公彦, 小池 淳一, 栗原 聰元, 塩川 洋之, 牛込 充則, 甲田 貴丸, 鈴木 孝之, 長嶋 康雄, 金子 弘真: 術前化学放射線療法を併用し経肛門吻合手術を行った下部直腸癌21例の検討.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
152. ◎三浦 康之, 鷲澤 尚宏, 名波 竜規, 鈴木 隆, 大嶋 陽幸, 谷島 聡, 船橋 公彦, 島田 英昭, 金子弘真: 開腹幽門側胃切除症例に腸瘻造設・経管栄養は有益か?.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
153. ◎大嶋 陽幸, 島田 英昭, 白鳥 史明, 澤口 悠子, 三浦 康之, 鈴木 隆, 名波 竜規, 谷島 聡, 鷲澤 尚宏, 金子 弘真: 胃癌切除症例における血清p53抗体価の臨床的意義について.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
154. ◎鷲澤 尚宏, 甲田 貴丸, 長嶋 康雄, 竹山 照明, 名波 竜規, 大嶋 陽幸, 土屋 勝, 船橋 公彦, 島田 英昭, 金子 弘真: 術前のFrailty判定を目的としたBody Composition測定の方法.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
155. ◎澤口 悠子, 大嶋 陽幸, 白鳥 史明, 三浦 康之, 鈴木 隆, 名波 竜規, 谷島 聡, 鷲澤 尚宏, 島田 英昭, 金子 弘真: 胃癌切除症例におけるCA72-4の臨床的有用性について.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
156. ◎長谷川慶,正田八州穂,島田修平,中川智亮,福田雄介,黒岩実,本山治: 尿路感染症が発見契機となった膣留膿症の一乳児例.  第51回日本小児腎臓病学会学術集会,  名古屋市,  2016/07
157. ◎鷲澤尚宏, 後藤麻佑, 長沼広和, 鈴木 敦, 村上友紀, 内島知香, 前田徹也, 金子奉暁, 鈴木 隆, 名波竜規, 谷島 聡, 土屋 勝, 島田英昭, 金子弘真: 国内市販脂肪乳剤の変更に伴う血中脂肪酸濃度の推移.  日本外科代謝栄養学会第53回学術集会,  東京都,  2016/07
158. ◎鷲澤尚宏, 大嶋陽幸, 長嶋康雄, 須磨崎眞, 村山健二, 梶原康司, 石岡伸規, 三浦 康之, 甲田貴丸, 船橋公彦, 黒岩 実, 渡邊正志: 経鼻胃管と胃痩による経管栄養のストレス.  日本外科代謝栄養学会第53回学術集会,  東京都,  2016/07
159. ◎酒井隆光, 大嶋陽幸, 白鳥史明, 名波竜規, 鈴木 隆, 谷島 聡, 島田英昭, 金子弘真: 当院の食道癌手術における術前鼻腔培養と術後合併症に関する検討.  第70回日本食道学会学術集会,  東京都,  2016/07
160. ◎谷島 聡, 島田英昭, 鈴木 隆, 酒井隆光, 松本 悠, 名波竜規, 大嶋陽幸, 鷲澤尚宏, 白鳥史明, 金子弘真: 食道胃管吻合部の良性狭窄に対し切除・再吻合を施行した2 手術例.  第70回日本食道学会学術集会,  東京都,  2016/07
161. ◎三浦康之, 島田英昭, 鈴木 隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鷲澤尚宏, 金子弘真: 食道癌術後腸瘻再造設した4 例.  第70回日本食道学会学術集会,  東京都,  2016/07
162. ◎鈴木 隆, 島田英昭, 酒井隆光, 白鳥史明, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鷲澤尚宏, 金子弘真, 根本哲生: 食道扁平上皮癌における術前リンパ節診断精度の検討.  第70回日本食道学会学術集会,  東京都,  2016/07
163. ◎吉田公彦, 牛込充則, 三浦康之, 甲田貴丸, 鈴木孝之, 金子奉暁, 塩川洋之, 栗原聰元, 小池淳一, 船橋公彦, 金子弘真, 江嶋 梢, 栃木直文, 根本哲生, 渋谷和俊: 閉塞性大腸癌 同時性肝転移を呈した家族性大腸腺腫症の一例.  第85回大腸癌研究会,  大阪市,  2016/07
164. ◎牛込充則, 小池淳一, 吉田公彦, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 金子奉暁, 塩川洋之, 栗原聰元, 金子弘真, 船橋公彦: 当科における開腹手術と腹腔鏡手術の検討.  第85回大腸癌研究会,  大阪市,  2016/07
165. ◎久保田伊哉, 島田英昭, 緒方秀昭, 馬越俊輔, 齊藤芙美, 吉川芙久美, 須磨崎真, 根本哲生, 渋谷和俊, 金子弘真: 血清p53抗体が異常高値(100u/ml超)を呈した進行乳癌の3切除例.  第24回日本乳癌学会学術総会,  東京都,  2016/06
166. ◎三塚 幸夫, 緒方 秀昭, 馬越 俊輔, 久保田 伊哉, 尾作 忠知, 齊藤 芙美, 須磨崎 真, 吉川芙久美, 金子 弘真: Invenia ABUSの使用経験.  第24回日本乳癌学会学術総会,  東京都,  2016/06
167. ◎緒方 秀昭, 齊藤 芙美, 吉田 美穂, 馬越 俊輔, 尾作 忠知, 久保田 伊哉, 金澤 真作, 吉川芙久美, 須磨崎 真, 三塚 幸夫, 金子 弘真: 後期高齢者(75歳以上)乳癌患者診療における予後因子の検討.  第24回日本乳癌学会学術総会,  東京都,  2016/06
168. ◎馬越 俊輔, 島田 英昭, 久保田 伊哉, 緒方 秀昭, 尾作 忠知, 齊藤 芙美, 須磨崎 真, 吉川芙久美, 根本 哲生, 金子弘真: 術後4年目に陰性化した血清p53抗体陽性乳癌の1例.  第24回日本乳癌学会学術総会,  東京都,  2016/06
169. ◎小池淳一, 船橋公彦, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 鏡 哲, 吉田公彦, 栗原聰元, 島田英昭, 金子弘真: パルスオキシメーターによる消化管壁内血流の定量的評価の試み.  第41回日本外科系連合学会学術集会,  大阪市,  2016/06
170. ◎竹山照明, 島田長人, 高地良介, 岡田 嶺, 澤口悠子, 本田善子, 金子弘真: 臀部鈍的外傷(尻餅)によると思われる小腸穿孔性腹膜炎の1 例.  第41回日本外科系連合学会学術集会,  大阪市,  2016/06
171. ◎岡田弥生, 齊藤芙美, 石川文雄, 緒方秀昭: 化学療法が無効なTN type乳癌増殖機構の新規イメージングシステムを用いた研究.  第24回日本乳癌学会学術総会,  東京,  2016/06
172. ◎金澤 真作, 三塚 幸夫, 齊藤 芙美, 尾作 忠知, 久保田 伊哉, 馬越 俊輔, 門屋 健吾, 佐藤 礼美, 森山 彩子, 瓜田 祐, 吉田 豊, 田中 宏, 根本 哲生, 渋谷 和俊, 緒方 秀昭: Trastuzumabが乳癌腫瘍内血流におよぼす影響の検討.  第24回日本乳癌学会学術総会,  東京都,  2016/06
173. ◎齊藤 芙美, 緒方 秀昭, 須磨崎 真, 吉川芙久美, 尾作 忠知, 久保田 伊哉, 馬越 俊輔, 岩平 佳子, 金子 弘真: 乳房再建後の感染症併発によるtissue expander抜去症例の検討.  第24回日本乳癌学会学術総会,  東京都,  2016/06
174. ◎塩川洋之, 船橋公彦, 小池淳一, 牛込充則, 金子奉暁, 栗原聰元, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 鏡 哲, 島田英昭, 金子弘真: 膀胱浸潤のS 状結腸癌に対する膀胱合併切除・回腸再建よるAugmentation の1 例.  第41回日本外科系連合学会学術集会,  大阪市,  2016/06
175. ◎甲田貴丸, 小池淳一, 益原大志, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鈴木孝之, 澤口悠子, 酒井隆光, 村山健二, 片柳智之, 藤井毅郎, 渡邉善則, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 大腸癌術後再発に対する化学療法中に合併した胸部大動脈瘤食道穿破の一例.  第38回日本癌局所療法研究会,  東京都,  2016/06
176. ◎金子弘真: 腹腔鏡下肝切除:その変遷と新たなステップに向けて.  第14回横須賀消化器病セミナー,  横須賀市,  2016/06
177. ◎金子弘真: 肝臓外科手術における新たな術式の検証 ~肝胆膵領域におけるカルバペネム系抗菌薬の役割~.  大森学術講演会,  さいたま市,  2016/06
178. ◎岡田 嶺, 島田 英昭, 久保田 喜久, 片桐 敏雄, 石井 淳, 前田 徹也, 土屋 勝, 大塚 由一郎, 金子 弘真: 術後の血清p53 抗体モニタリングが無再発を反映していた血清p53 抗体単独陽性胆管癌の1切除例.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
179. ◎今村 茂樹,片桐 敏雄,大塚 由一郎,松本 悠,長嶋 康雄,久保田 喜久,石井 淳,前田 徹也,土屋 勝,金子 弘真: 肝外突出型巨大肝血管腫に対し腹腔鏡下肝実質切離において自動縫合器が有用であった一例.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
180. ◎石井 淳, 土屋 勝, 前田徹也, 今村茂樹, 松本 悠, 長嶋康雄, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 金子弘真: 膵頭十二指腸切除術後膵液瘻Grade C 症例の危険因子.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
181. ◎前田徹也, 土屋 勝, 石井 淳, 今村茂樹, 松本 悠, 長嶋康雄, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚 由一郎, 金子弘真: 膵全摘術における周術期管理とその成績.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
182. ◎片桐 敏雄, 木村 和孝, 前田 徹也 ,石井 淳, 久保田 喜久, 土屋 勝, 大塚 由一郎, 田村 晃,島田 英昭, 金子 弘真: ICG 蛍光法を用いた腹腔鏡下胆管造影ナビゲーションの有用性.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
183. ◎久保田喜久, 大塚由一郎, 片桐敏雄, 土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 小池淳一, 船橋公彦, 金子弘真: 大腸癌肝転移に対する腹腔鏡下肝部分切除の適応と手技.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
184. ◎土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 片桐敏雄, 久保田喜久, 長嶋康雄, 松本 悠, 今村茂樹, 大塚由一郎, 金子弘真: IPMN 切除症例に対する国際診療ガイドラインからみた悪性度評価の検討.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
185. ◎久保田喜久, 大塚由一郎, 片桐敏雄, 土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 小池淳一, 船橋公彦, 金子弘真: 初回手術に腹腔鏡下肝切除を施行した大腸癌肝転移残肝再発に対する再肝切除.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
186. ◎松本 悠, 前田徹也, 土屋 勝, 石井 淳, 今村茂樹, 長嶋康雄, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村晃, 大塚由一郎, 栃木直文, 根本哲生, 渋谷和俊, 金子弘真: 膵頭部癌および膵尾部巨大粘液性嚢胞腫瘍に対し根治術を行った1 例.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
187. ◎長嶋康雄, 石井 淳, 今村茂樹, 松本 悠, 久保田喜久, 片桐敏雄, 前田徹也, 土屋 勝, 田村 晃, 大塚由一郎, 金子弘真: 術前診断困難であった膵尾部癌の1 例.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
188. ◎木村和孝, 土屋 勝, 前田徹也, 石井 淳, 片桐敏雄, 久保田喜久, 長嶋康雄, 今村茂樹, 松本 悠, 大塚由一郎, 金子弘真: 腹腔鏡下脾動静脈温存膵体尾部切除術を安全に施行するために.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
189. ◎金澤真作, 三塚幸夫, 緒方秀昭, 加藤良二: 乳房造影超音波のプロトコルとレポートの標準化み向けて.  第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  京都,  2016/05
190. ◎三塚幸夫, 金澤真作, 丸山憲一, 工藤岳秀, 八鍬恒芳, 馬越俊輔, 久保田伊哉, 齊藤芙美, 尾作忠知, 緒方秀昭, 原田昌彦: 当院における乳房双栄超音波検査のプロトコルとレポート -良悪性判定-.  第36回日本乳腺甲状腺超音波医学会学術集会,  京都,  2016/05
191. ◎甲田貴丸, 船橋公彦, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 金子奉暁, 鈴木孝之, 島田英昭, 金子弘真: ロイコメチレンブルーを用いた術中神経染色の試み.  第26回骨盤外科機能温存研究会,  東京都,  2016/05
192. ◎三塚幸雄, 金澤真作, 丸山憲一, 工藤岳秀, 八鍬恒芳, 馬越俊輔, 久保田伊哉, 齊藤芙美, 緒方秀昭, 原田昌彦: ドプラ、SMI、造影超音波による血流描出の比較.  日本超音波医学会第89回学術集会,  品川,  2016/05
193. ◎齊藤芙美, 緒方秀昭, 吉田美穂, 金澤 憲, 須磨崎真, 尾作忠知, 久保田伊哉, 馬越俊輔, 伊藤俊秀, 金子弘真: 3次性副甲状腺機能亢進症に対する副甲状腺摘出術の治療効果の検討.  第28回日本内分泌外科学会総会,  横浜市,  2016/05
194. ◎酒井正人,黒岩 実,後藤麻佑,緒方公平,剣持孝博,斉藤敬子,与田仁志: 術前に診断し臍部小切開法で施行できた小児腸回転異常症の2 例.  第53回日本小児外科学会学術集会,  福岡市,  2016/05
195. ◎金子弘真: 腹腔鏡下肝切除:新たなステップに向けて.  第48回兵庫県手術手技研究会,  神戸市,  2016/05
196. ◎渡邊正志, 中澤恵子, 寺田享志, 久保田美紀, 内藤智子, 藤田茂: Team STEPPS導入の問題点.  第18回日本医療マネジメント学会学術総会,  福岡,  2016/04
197. ◎寺田享志, 中澤惠子, 内藤智子, 渡邊正志, 藤田茂, 久保田美紀: 急性疼痛管理チームによる適正な術後疼痛管理方法の検討.  第18回日本医療マネジメント学会学術総会,  福岡,  2016/04
198. ◎大嶋陽幸, 島田英昭, 須磨崎真, 白鳥史明, 澤口悠子, 三浦康之, 松本 悠, 竹山照明, 鈴木 隆, 名波竜規, 谷島 聡, 金子弘真: 食道癌・胃癌患者におけるAgaricus blazei(アガリクス)の免疫学的効果の解析.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
199. ◎長嶋康雄, 土屋 勝, 今村茂樹, 松本 悠, 久保田喜久, 石井 淳, 片桐敏雄, 前田徹也, 大塚由一郎, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 当科における膵・胆管合流異常に対する治療成績についての検討.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
200. ◎本田善子, 澤口悠子, 竹山照明, 島田英昭, 金子弘真, 瓜田純久, 島田長人: 当科で入院した大腸憩室炎穿孔・膿瘍形成症例について(12 年間の統計).  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
201. ◎鈴木 隆, 島田英昭, 高地良介, 白鳥史明, 三浦康之, 名波竜規, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鷲澤尚宏, 金子弘真: 食道癌における治療前血清p53 抗体の予後因子としての意義.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
202. ◎栗原聰元, 船橋公彦, 渡邊正志, 甲田貴丸, 鈴木孝之, 金子奉暁, 牛込充則, 塩川洋之, 小池淳一, 島田英昭, 金子弘真: 痔核周術期における抗血栓療法の管理.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
203. ◎黒岩 実, 酒井正人, 須磨崎真, 西 明, 山本英輝, 鈴木 完: 小児の性腺原発胚細胞腫瘍の臨床的検討―性腺外胚細胞腫瘍との比較―.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
204. ◎須磨崎真, 大嶋陽幸, 鈴木 隆, 名波竜規, 谷島 聡, 船橋公彦, 島田英昭, 金子弘真: 幽門側胃切除術の術式に伴う手術侵襲の比較.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
205. ◎石井 淳, 土屋 勝, 前田徹也, 今村茂樹, 松本 悠, 長嶋康雄, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 金子弘真: 膵頭十二指腸切除術後膵液瘻Grade C 症例に関する検討.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
206. ◎前田徹也, 土屋 勝, 石井 淳, 松本 悠, 今村茂樹, 長嶋康雄, 久保田喜久, 片桐敏雄, 田村 晃, 大塚由一郎, 金子弘真: 膵頭十二指腸切除術における栄養評価と手術部位感染の関連.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
207. ◎谷島 聡, 島田英昭, 伊藤正朗, 白鳥史明, 竹山照明, 鈴木隆, 名波竜規, 大嶋陽幸, 鷲澤尚宏, 根本哲生, 金子弘真: 胃癌における血清NY-ESO-1 抗体と組織アレイを用いた臨床病理学的検討.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
208. ◎土屋 勝, 前田徹也, 石井 淳, 長嶋康雄, 松本 悠, 今村茂樹, 久保田喜久, 片桐敏雄, 小林達彦, 大塚由一郎, 金子弘真: 75 歳以上高齢者の膵頭十二指腸手術症例における術後合併症の危険因子に対する検討.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
209. ◎島田英昭: 固形癌に対する分子診断と分子治療の展望.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
210. ◎片桐敏雄, 大塚由一郎, 久保田喜久, 木村和孝, 土屋 勝, 前田徹也, 石井 淳, 島田英昭, 金子弘真: 75 歳以上の高齢者肝癌に対する術後せん妄の検討.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
211. ◎名波竜規, 島田英昭, 白鳥史明, 松本 悠, 三浦康之, 竹山照明, 鈴木 隆, 大嶋陽幸, 谷島 聡, 鷲澤尚宏, 根本哲生, 金子弘真: 食道癌・胃癌における新規自己抗体である血清RalA 抗体の解析.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
212. ◎多田裕司, 巽浩一郎, 田川雅敏, 島田英昭, 廣島健三: 切除不能悪性胸膜中皮腫を対象としたNK4遺伝子発現型アデノウイルスベクターによる第1相臨床試験.  第18回外科分子細胞治療研究会,  大阪市,  2016/04
213. ◎久保田伊哉, 島田英昭, 馬越俊輔, 尾作忠知, 齊藤芙美, 根本哲生, 緒方秀昭, 金子弘真: 術前化学療法を施行した局所進行乳癌手術症例における血清p53 抗体の検討.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
214. ◎久保田喜久, 大塚由一郎, 片桐敏雄, 土屋 勝, 石井 淳, 前田徹也, 小池淳一, 船橋公彦, 金子弘真: 大腸癌肝転移に対する腹腔鏡下肝部分切除術の意義.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
215. ◎牛込充則, 小池淳一, 鈴木孝之, 島田英昭, 甲田貴丸, 吉田公彦, 岡田 嶺, 金子奉暁, 栗原聰元, 鏡 哲, 吉野 翔, 船橋公彦, 塩川洋之, 長嶋康雄, 澤口悠子,金子弘真: 大腸癌血清p53 抗体値と補助化学療法の関連性についての検討.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
216. ◎金子奉暁, 船橋公彦, 小池淳一, 栗原聰元, 塩川洋之, 牛込充則, 鈴木孝之, 甲田貴丸, 長嶋康雄, 金子弘真: 透析患者に対する大腸癌手術の合併症および予後の検討.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪市,  2016/04
217. ◎金澤真作, 緒方秀昭, 藺藤祐哉, 鍋倉大樹, 川満健太郎, 佐藤礼実, 門屋健吾, 高木隆一, 田中宏, 岡住慎一, 加藤良二: 乳房造影超音波検査のtime to peakで解析した術前化学療法効果判定が乳癌手術に与える影響.  第116回日本外科学会定期学術集会,  大阪,  2016/04
218. ◎Shimada H: Plenary Session「Japanese gastric cancer treatment guidelines」The Concepts of Upcoming Guideline for Gastric Cancer Treatment.  89th Annual Meeting of the Japanese Gastric Cancer Association(第89回日本胃癌学会総会),  Hroshima,  2017/03
219. ◎Okada Y, Saito F, Ishikawa F, Ogata H: Study of CXCR4 expression related with MAPK and/or Akt-mTOR on bone metastasis from breast cancer.  第45回日本免疫学会学術集会,  沖縄,  2016/12
220. ◎Otsuka Y, Katagiri T, Kaneko H: Laparoscopic resection of liver tumor - for beneficial, reliable and successful surgery.  The 58th Annual Meeting of the Japanese Society of Gastroenterology・The 14th Annual Meeting of the Japanese Society of Gastroenterological Surgery(JDDW2016),  Kobe,  2016/11
221. ◎Tagawa M, Morinaga T, Zhong B, Nguyen TT, Kubo S, Sekine I, Tada Y, Tatsumi K, Shimada H, Hiroshima K.: A MDMX inhibitor produces cytotoxicity in a p53-independent manner but achieves synergistic actions with MDM2 inhibitors.  The 75th Annual Meeting of the Japanese Cancer Association,  Yokohama,  2016/10
222. ◎大塚 由一郎, 土屋 勝, 久保田 喜久, 片桐 敏雄, 前田 徹也, 石井 淳, 長嶋 康雄, 松本 悠, 今村 茂樹, 金子 弘真: Technical refinement and stylization of laparoscopic liver resection.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
223. ◎船橋 公彦, 小池 淳一, 塩川 洋之, 牛込 充則, 金子 奉暁, 鈴木 孝之, 長嶋 康雄, 甲田 貴丸, 栗原 聰元, 金子 弘真: A bottom-up technique in laparoscopic intersphincteric resection for lower rectal cancer.  第71回日本消化器外科学会総会,  徳島市,  2016/07
224. ◎Otsuka Y, Nitta H, Wakabayashi G, Kaneko H: Current status of laparoscopic liver surgery in Japan-Education, popularization and qualification for future development.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
国際学会
1. ◎Kaneko H: Video session:How I do it(Liver surgery).  ELSA Visionary Summit 2017,  Seoul,Korea,  2017/02
2. Fumi Saito, Miho Yoshida, Natsuko Kurihara, Yorichika Kubota, Hideali Ogata, Hironori Kaneko: Breast reconstruction surgery at our hospital : risk factors for complications after immediate reconstruction.  28th annual Meeting of Asia Pacific Endocrine Conference,  Bali, Indonesia,  2017/02
3. Hideaki Ogata, Fumi Saito, Miho Yoshida, Natsuko Kurihara, Yorichika Kubota, Hironori Kaneko: Post operative prognostic factor in breast cancer in patients > 80 years : A retrospective single - center analysis.  28th annual Meeting of Asia Pacific Endocrine Conference,  Bali, Indonsia,  2017/02
4. ◎Fumi Saito, Hideaki Ogaat, Yorichika Kubota: Breast reconstruction surgery at our hospital;risk factors for complication after immediate reconstruction.  The 27th Annual Meeting of Asia-Pacific Endocrine Conference,  バリ,  2017/02
5. ◎Matsumoto T, Nishina T, Niibe Y, Yamashita H, Katsui K, Terahara A, Kataoka M, Shimada H, Jingu K: Severe toxicity risk factor analysis for oligo-recurrence in the lymph nodes (LN) of esophagus carcinoma: from multi-institutional retrospective study.  Gastrointestinal Cancer Symposiumu 2017 (ASCO-GI 2017),  Sanf Fancisco, USA,  2017/01
6. ◎H Ogata, M Tsuneizumi, G Kutomi, Yuko Kawai, Keiko Hosoya, K Sugisaki,
N Katsumata, T Uomori,K Miura, T Kitabatake, K Senuma, M Suda, M Kurata, Y Nitta,
N Yonemoto, J Matsuoka, M Saito: Difference between 1st and 2nd generation serotonin receptor antagonists in triplet antiemetic therapy for highly emetogenic chemotherapy in breast cancer patients – according to recent multi-institutional double-blind randomized clinical research on the AC regimen.  San Antonio Breast cancer Symposium,  San Antonio, Texas, USA,  2016/12
7. ◎Kaneko H: Laparoscopic liver resection in hepatocellular carcinoma.  4th International Symposium for Hepato-Pancreato-Biliary Surgery,  Hongkong,  2016/12
8. ◎Kaneko H: Therapeutic strategy of colorectal liver metastases by laparoscopic liver resection.  4th International Symposium for Hepato-Pancreato-Biliary Surgery,  Hongkong,  2016/12
9. ◎Shimada N, Honda Y, Suzuki T, Yoshino Y, Kaneko H, Urita Y.: The Prevention of Reherniation in Anterior Component Separation Technique.  The 12th International Congress of the Asia Pacific Hernia Society.2016,  Tokyo,  2016/10
10. ◎Honda Y, Shimada N, Yoshino Y, Suzuki T, Kaneko H, Urita Y.: Operation case study of Inguinal hernia after radical prostatectomy for prostate cancer.  The 12th International Congress of the Asia Pacific Hernia Society.2016,  Tokyo,  2016/10
11. ◎Funahashi K, Kurihara A, Suzuki Takayuki, Matsuda S, Ushigome M, Koda T, Koike J, Shiokawa H, Kaneko T, Kaneko H: Feasibility of laparoscopic suture rectopexy for elderly Japanese patients ≥ 85 years of
age with full-thickness rectal prolapse.  40th World Congress of the International College of Surgeons(ICS Kyoto 2016),  Kyoto,  2016/10
12. ◎Kaneko H: Current status of laparoscopic liver surgery in Japan.  40th World Congress of the International College of Surgeons(ICS Kyoto 2016),  Kyoto,  2016/10
13. ◎Kimura K, Funahashi K, Koike J, Shiokawa H, Ushigome M, Koda T, Kaneko T, Yoshino Y, Kaneko H: Successful TAMIS-APR for lower rectal cancer patient with severe respiratory dysfunction: a case report.  40th World Congress of the International College of Surgeons(ICS Kyoto 2016),  Kyoto,  2016/10
14. ◎Yajima S, Shimada H, Suzuki Takashi, Nanami T, Oshima Y, Ito M, Nemoto T, Kaneko H: Is Tissue Microarray Appropriate to Evaluate NY-ESO-1 Antigen Expression in Patients
with Gastric Cancer? -Comparative Study with Serum NY-ESO-1 antibodies-.  40th World Congress of the International College of Surgeons(ICS Kyoto 2016),  Kyoto,  2016/10
15. ◎Yoshino Y, Funahashi K, Okada R, Miura Y, Suzuki Takayuki, Koda T, Koike J, Shiokawa H, Ushigome M, Kaneko T, Goto M, Kuriharara A: Severe Fournier's gangrene in a patient with rectal cancer: case report and literature review.  40th World Congress of the International College of Surgeons(ICS Kyoto 2016),  Kyoto,  2016/10
16. ◎Okazumi S, Narushima K, Akutsu Y, Kato R, Shimada H, Matsubara H: The analysis method of the histological effect of heavy ion radiotherapy for esophageal cancer using 11C-methionine PET-CT.  The 15th World Congress of the International Society for Diseases of the Esophagus(ISDE 2016),  Singapore,  2016/09
17. ◎Shimada H, Yajima S, Suzuki Takashi, Oshima Y, Nanami T, Shiratori F, Kaneko H: Useful serum biomarkers in pretreatment staging of esophageal cancer.  The 15th World Congress of the International Society for Diseases of the Esophagus(ISDE 2016),  Singapore,  2016/09
18. ◎Suzuki Takashi, Shimada H, Nanami T, Oshima Y, Yajima S, Kaneko H: Hyperfibrinogenemia is associated with various inflammatory mediators and poor prognosis in patients with esophageal cancer.  The 15th World Congress of the International Society for Diseases of the Esophagus(ISDE 2016),  Singapore,  2016/09
19. ◎Yajima S, Shimada H, Suzuki Takashi, Nemoto T, Oshima Y, Nanami T, Shiratori F, Kaneko H: Serum p53-antibody positive esophageal Squamous cell carcinoma had a low sensitivity to chemotherapy.  The 15th World Congress of the International Society for Diseases of the Esophagus(ISDE 2016),  Singapore,  2016/09
20. ◎Ishii J, Tsuchiya M, Maeda T, Okada R, Sawaguchi Y, Matsumoto Y, Takeyama T, Kubota Yoshihisa, Katagiri T, Otsuka Y, Kaneko H: Influence of the Reconstruction Method on Delayed Gastric Emptying after Pylorus-Preserving Pancreaticoduodenectomy.  26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2016),  Seoul, Korea,  2016/09
21. ◎Katagiri T, Otsuka Y, Maeda T, Ishii J, Kubota Yoshihisa, Tamura A, Shimada H, Kaneko H: Feasibility and safety using the ICG fluorescence cholangiography in laparoscopic cholecystectomy and deroofing for liver cyst.  26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2016),  Seoul, Korea,  2016/09
22. ◎Kubota Yoshihisa, Otsuka Y, Tsuchiya M, Ishii J, Katagiri T, Maeda T, Koike J, Funahashi K, Kaneko H: Surgical indications and technique for laparoscopic partial hepatectomy for colorectal liver metastases.  26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2016),  Seoul, Korea,  2016/09
23. ◎Maeda T, Tsuchiya M, Ishii J, Okada R, Imamura S, Matsumoto Y, Nagashima Y, Kubota Yoshihisa, Katagiri T, Tamura A, Otsuka Y, Kaneko H: Perioperative management and outcome after total pancreatectomy.  26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2016),  Seoul, Korea,  2016/09
24. ◎Sawaguchi Y, Tsuchiya M, Maeda T, Ishii J, Katagiri T, Kubota Yoshihisa, Takeyama T, Okada R, Yoshino Y, Kajiwara Y, Ishioka N, Otsuka Y, Kaneko H: Total pancreatectomy for metachronous multiple pancreatic metastasis from renal cell carcinoma: report of 2 cases.  26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2016),  Seoul, Korea,  2016/09
25. ◎Kaneko H: Current Status of Laparoscopic Liver Resection in Japan.  26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2016),  Seoul, Korea,  2016/09
26. ◎Koike J, Kaneko H: Short-Term Surgical Outcome of TAMIS-TME for the Distal Rectal Cancer.  26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2016),  Seoul, Korea,  2016/09
27. ◎Ushigome M, Koike J, Shiokawa H, Suzuki Takayuki, Yoshida K, Koda T, Miura Y, Kurihara A, Shimada H, Funahashi K, Kaneko H: Comparison study of the long-term outcomes between open surgery and laparoscopic surgery for StageII and III colorectal cancer (CRC).  26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2016),  Seoul, Korea,  2016/09
28. ◎Ishioka N, Kaneko H: A Case of the Transverse Colon Penetration of the Giant Ovarian Carcinoma.  26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2016),  Seoul, Korea,  2016/09
29. ◎Kajiwara Y, Maeda T, Tsuchiya M, Ishii J, Kubota Y, Katagiri T, Tamura A, Otsuka Y, Kikuchi Y, Okubo Y, Nemoto T, Shibuya K, Kaneko H: Neuroendocrine Carcinoma of The Duodenal Papilla : Report of a Case.  26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2016),  Seoul, Korea,  2016/09
30. ◎Otsuka Y, Kimura K, Sawaguchi Y, Kajiwara Y, Matsumoto Y, Tsuchiya M, Kubota Yoshihisa, Ishii J, Katagiri T, Maeda T, Kaneko H: Technical standardization of laparoscopic liver resection.  26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2016),  Seoul, Korea,  2016/09
31. ◎Tsuchiya M, Kimura K, Maeda T, Ishii J, Kubota Yoshihisa, Katagiri T, Matsumoto Y, Kajiwara Y, Ishioka N, Otsuka Y, Kaneko H: Laparoscopic splenic vessels preserving distal pancreatectomy for pancreatic tumor.  26th World Congress of the International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO 2016),  Seoul, Korea,  2016/09
32. ◎Tsuchiya M, Washizawa N, Maeda T, Ishii J, Katagiri T, Kubota Yoshihisa, Koda T, Nagashima Y, Matsumoto Y, Imamura S, Otsuka Y, Kaneko H: The efficacy of preoperative nutritional assessment for palliative biliary and gastrointestinal bypass of unresectable pancreatic cancer.  The 20th meeting of the International Association of Pancreatology (IAP),  Sendai,  2016/08
33. ◎Kaneko H: Lunch symposium: 3D experience in laparoscopic liver surgery.  1st ASEAN LAPAROSCOPIC HPB SURGERY CONFERENCE 2016,  BANGKOK,  2016/07
34. ◎Kaneko H: Master video session:hemihepatectomy.  1st ASEAN LAPAROSCOPIC HPB SURGERY CONFERENCE 2016,  BANGKOK,  2016/07
35. ◎Kaneko H: Master video session:central sectionectomy Laparoscopic left lateral.  1st ASEAN LAPAROSCOPIC HPB SURGERY CONFERENCE 2016,  BANGKOK,  2016/07
36. ◎Kaneko H: Liver session1: Consensus conference 1st in 2009 and 2nd in 2014 for laparoscopic hepatectomy.  1st ASEAN LAPAROSCOPIC HPB SURGERY CONFERENCE 2016,  BANGKOK,  2016/07
37. ◎Kaneko H: Liver session2: Challenges in laparoscopic hepatectomy.  1st ASEAN LAPAROSCOPIC HPB SURGERY CONFERENCE 2016,  BANGKOK,  2016/07
38. ◎Yuichiro Otsuka, Hironori Kaneko: Useful maneuvers for laparoscopic liver resection.  1st ASEAN Laparoscopic HPB Surgery Conference 2016,  Bangkok, Thailand,  2016/07
39. ◎Yuichiro Otsuka, Hironori Kaneko: Application of ultrasound for laparoscopic surgery.  1st ASEAN Laparoscopic HPB Surgery Conference 2016,  Bangkok, Thailand,  2016/07
40. ◎M Tsuneizumi, M Saito, H Ogata, G Kutomi, Yuko Kawai, Keiko Hosoya, K Sugisaki,
N Katsumata, N Yonemoto, J Matsuoka2: Trial of antiemetic triplet therapy comparing palonosetron and granisetron in breast cancer patients receiving AC chemotherapy: Double blind randomised comparative phase III study.  MASCC/ISOO (Annual Meeting on Supportive Care in Cancer),  Adelade, Australia,  2016/06
その他
1. 島田英昭: ランチョンセミナー「分子腫瘍マーカーを指標とする胃癌化学療法の考え方~TPを中心として~」共催:中外製薬株式会社.  第50回制癌剤適応研究会,  徳島市,  2017/03
2. ◎金子弘真: 新たな術式として腹腔鏡下肝切除の普及と検証.  京都外科医会3月例会,  京都,  2017/03
3. ◎金子弘真: 腹腔鏡下肝切除術の変遷と検証.  第7回城南消化器内視鏡外科研究会,  東京,  2017/03
4. ◎船橋公彦: 直腸癌に対する究極の肛門温存術-安全で安心できる手術の提供に向けての課題-.  第148回神奈川県臨床外科医学会集談会,  横浜市,  2017/02
5. ◎金子弘真: 腹腔鏡下肝切除術:その検証と方向性.  第21回群馬県内視鏡外科研究会 鏡視下手術実技セミナー・学術集会,  前橋市,  2017/01
6. ◎鏡 哲: 学術セミナー「中心静脈ポート留置主義と合併症対策」(共催:アルフレッサファーマ株式会社/東レ株式会社).  第78回日本臨床外科学会総会,  東京都,  2016/11
7. ◎竹山照明: 慢性小腸拡張症に対して漢方薬が奏功した1例. 第78回日本臨床外科外科学会総会サテライトシンポジウム(共催 株式会社ツムラ).  第26回外科漢方フォーラム学術集会,  東京都,  2016/11
8. ◎城戸秀倫, 水村直, 白神伸之, 寺原敦朗, 馬越俊輔, 緒方秀昭, 井形 聡.: FDG-PET/CTで骨病変局在困難例で,x-SPECT骨シンチが生検部位検出に有効であった1例.  第70回東邦医学会総会,  東京,  2016/11
9. ◎鈴木研裕, 指導:金子弘真: 胃 癌Stage II/IIIの術後患者における好中球リンパ球数比と予後の関係.  第70回東邦医学会総会,  東京都,  2016/11
10. ◎大塚 由一郎: JSES技術認定医取得に向けて.  第2回 東北腹腔鏡下肝切除ハンズオンセミナー,  郡山,  2016/11
11. ◎島田英昭: 食道癌・胃癌における臨床外科学の最前線.  第78回千葉県外科医会,  千葉市,  2016/11
12. ◎金子弘真: 腹腔鏡下肝切除:その現状と今後の展開.  第6回東葛消化器がんセミナー,  浦安市,  2016/10
13. ◎大塚 由一郎: 安全な腹腔鏡下肝切除の普及を目指して.  第1回 南大阪肝胆膵内視鏡外科研究会,  大阪,  2016/10
14. 大塚 由一郎: ランチョンセミナー7「LS-07 肝切除再考~より安全な手術を行うために注意すべきポイントとは~」共催 :オリンパス株式会社.  第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会,  大阪市,  2016/06
15. ◎大塚 由一郎: JSES技術認定医取得に向けて.  第1回 東北腹腔鏡下肝切除ハンズオンセミナー,  郡山,  2016/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者