東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 医学部 医学科 薬理学講座
 Department of Pharmacology

教授:
  杉山 篤
教授(寄付講座):
  松本明郎
教授(寄付講座):
  武井義則
講師:
  中瀬古(泉) 寛子
助教:
  長澤(萩原)美帆子、神林隆一、布井啓雄
大学院 博士課程
4年:  谷川洋一、千葉浩輝
2年:  近藤嘉紀
1年:  光井英晃、後藤 愛
大学院 修士課程
1年:  神保江莉加
■ 概要
薬理学講座
遺伝子-臓器・器官レベルで得られた情報を生体に反映させ、統合的に解釈し、医療の現場に貢献できる研究を展開しています。研究対象も薬物に限定せず、再生医学に基づいた治療手段や医療機器の開発など、幅広い研究を総合的に推進しています。薬理学講座では、若い人材を募集しています(医学部出身者、他学部出身者)。興味のある方、ご連絡ください。出身学部は問いません。4年制学部卒業者:医科学専攻(修士課程、2年制)、6年制学部卒業者・修士課程修了者:医学専攻(博士課程、4年制)

加齢薬理学講座
臨床機関と協力して超高齢者の薬物治療の課題を収集し、基礎研究を通じて得られた解決案に基づいて薬物治療の至適化を図る取り組みを行なっています。

細胞治療学講座
老化遅延細胞の移植による老化改善をモデルに、老化を抑制・拮抗するメカニズムの解析を行い、健康寿命を延伸する老化制御法の研究を行っています。
■ Keywords
Cardiovascular Pharmacology, Heart, Calcium, Ion channels, Long QT syndrome, Torsades de pointes, Atrial fibrillation, Microminipig, iPS, Nitric oxide, Gas pharmacology
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED) 医薬品等規制調和・評価研究事業
 研究課題:ヒトiPS分化細胞技術を応用した医薬品の心毒性評価法の開発と国際標準化に関する研究  (研究協力者:杉山篤)
 研究補助金:4000000円  (協力)
2.  文部科学省科学研究費 挑戦的研究(萌芽)
 研究課題:認知機能の老化を制御する新規脂肪組織ー脳連関の研究  (研究代表者:武井義則)
 研究補助金:2500000円  (代表)
3.  文部科学省科学研究費 基盤研究(c)
 研究課題:ヒトiPS細胞由来心筋細胞の特徴付けによる催不整脈性リスク指標の確立  (研究代表者:中瀬古寛子)
 研究補助金:800000円  (代表)
4.  文部科学省科学研究費(若手研究(B))
 研究課題:心房細動薬物治療における有効不応期延長作用の病態薬理学的意義の解明  (研究代表者:長澤(萩原)美帆子)
 研究補助金:1100000円  (代表)
5.  文部科学省科学研究費(若手研究(B))
 研究課題:心静止に対するパーカッションペーシングの有効性の証明とその作用機序の解明  (研究代表者:和田剛)
 研究補助金:900000円  (代表)
その他
1.  加齢薬理学講座(寄付講座種別B)(寄付講座責任者:杉山篤)
 研究課題:加齢薬理学  (研究代表者:松本明郎)
 研究補助金:15000000円  (代表)
2.  細胞治療学講座(寄付講座種別B)(寄付講座責任者:杉山篤)
 研究課題:細胞治療学  (研究代表者:武井義則)
 研究補助金:15000000円  (代表)
3.  第一三共奨学寄付プログラム
 研究課題:筋小胞体Ca2+/ATPase(SERCA)機能改善薬の心房細動治療への応用研究:心臓電気薬理作用および抗心房細動作用に関するin vivo動物モデルを用いた評価  (研究代表者:杉山篤)
 研究補助金:300000円  (代表)
4.  アステラス アカデミック サポート
 研究課題:リアノジン受容体拡張期Ca2+リークの抑制が拡張不全型心不全の病態に及ぼす作用  (研究代表者:杉山篤)
 研究補助金:100000円  (代表)
5.  東邦大学ダイバーシティ推進センター事業 平成31年度<前期>
 研究課題:研究活動支援員派遣制度  (研究代表者:中瀬古寛子)
 研究補助金:100000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  杉山篤 :Visiting Professor Otoch Manramba University of Mongolia, 国立研究開発法人科学技術振興機構専門委員, 福島県立医科大学医学部非常勤講師, Visiting Professor Mongolian National University of Medical Sciences, 大阪大学大学院薬学研究科PRP/PharmaTrain教育コース非常勤講師, 早稲田大学稲門医師会校友会講座「社会と医療」講師、和洋女子大学客員教授
2.  中瀬古寛子 :和洋女子大学客員教授
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第141回日本薬理学会関東部会  (部会長 : 杉山篤 )  ,東京  2019/10
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  杉山篤 :日本薬理学会 代議員・学術評議員, 日本不整脈心電学会 評議員, 日本安全性薬理研究会 役員, 稲門医学会 基礎医学委員会委員, DIA Cardiac Safety Workshop プログラム委員, 日本腫瘍循環器学会 評議員, 日本循環薬理学会 幹事, ノルディック&ポールウオーク学会 理事
2.  松本明郎 :日本NO学会 評議員, 日本薬理学会 代議員・学術評議員
3.  中瀬古寛子 :日本生理学会 男女共同参画推進委員会委員・評議員, 日本薬理学会 学術評議員・代議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















杉山 篤   教授
 4  1 9  2 1       6
(4)
 31
(8)
 7
(7)
 7
(2)
 3
(3)
 
中瀬古(泉) 寛子   講師
 1 1 1 7          6
(3)
 27
(8)
 
 3
 
 
神林 隆一   助教
  1 3 5  1        3
 29
(10)
 3
 2
 
 
長澤(萩原) 美帆子   助教
  1  8          1
 33
(10)
 1
 4
 
 
布井 啓雄   助教
    3          5
 27
(8)
 1
 1
 
 
 5 5  3 0  0  21
(7)
 12
(7)
 3
(3)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Izumi-Nakaseko H, Fujiyoshi M, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Chiba K, Kambayashi R, Naito AT, Ando K, Kanda Y, Ishii I, Sugiyama A:  Dasatinib can impair left ventricular mechanical function but may lack proarrhythmic effect: a proposal of non-clinical guidance for predicting clinical cardiovascular adverse events of tyrosine kinase inhibitors.  Cardiovascular Toxicology  20 :58 -70 , 2019
2. Tanikawa Y, Hagiwara-Nagasawa M, Kambayashi R, Goto A, Chiba K, Kitta K, Hoshiai K, Izumi-Nakaseko H, Naito AT, Sugiyama A:  Characterization of microminipig as a laboratory animal for safety pharmacology study by analyzing fluvoxamine-induced cardiovascular and dermatological adverse
reactions.  Cardiovascular toxicology  19 (5) :412 -421 , 2019
3. Kambayashi R, Hagiwara-Nagasawa M, Kondo Y, Yeo ZJ, Goto A, Chiba K, Nunoi Y, Izumi-Nakaseko H, Leow JWH, Venkatesan G, Matsumoto A, Chan ACY, Sugiyama A:  How the deuteration of dronedarone can modify its cardiovascular profile: in vivo characterization of electropharmacological effects of poyendarone, a deuterated analogue of dronedarone.  Cardiovascular toxicology  :in press , 2019
4. Kambayashi R, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Chiba K, Izumi-Nakaseko H, Naito AT, Matsumoto A, Sugiyama A:  Experimental analysis of the onset mechanism of TdP reported in an LQT3 patient during pharmacological treatment with serotonin-dopamine antagonists against insomnia and nocturnal delirium.  Heart and Vessels  :in press , 2019
5. Duval S, Pepe PE, Aufderheide TP, Goodloe JM, Debaty G, Labarère J, Sugiyama A, Yannopoulos D:  Optimal combination of compression rate and depth during cardiopulmonary resuscitation to achieve functionally favorable survival.  JAMA Cardiology  :10.1001/jamacardio.2019.2717 , 2019
6. Täubel J, Prasad K, Rosano G, Ferber G, Wibberley H, Cole ST, Van Langenhoven L, Fernandes S, Djumanov D, Sugiyama A:  Effects of the fluoroquinolones moxifloxacin and levofloxacin on the QT subintervals: sex differences in ventricular repolarization.  Journal of clinical pharmacology  :in press , 2019
7. Sugiyama A, Hagiwara-Nagasawa M, Kambayashi R, Goto A, Chiba K, Naito AT, Kanda Y, Matsumoto A, Izumi-Nakaseko H:  Analysis of electro-mechanical relationship in human iPS cell-derived cardiomyocytes sheets under proarrhythmic condition assessed by simultaneous field potential and motion vector recordings.  Journal of pharmacological sciences  140 (4) :317 -320 , 2019
8. Goto A, Hagiwara-Nagasawa M, Chiba K, Kambayashi R, Nunoi Y, Izumi-Nakaseko H, Matsumoto A, Kanda Y, Matsumoto A, Sugiyama A:  Pharmacological β-adrenoceptor blockade can augment torsadogenic action of IKr inhibitor: Comparison of proarrhythmic effects of d-sotalol and dl-sotalol in the chronic atrioventricular block dogs.  Journal of pharmacological sciences  141 :86 -89 , 2019
9. Goto A, Sakamoto K, Hagiwara-Nagasawa M, Kambayashi R, Chiba K, Nunoi Y, Izumi-Nakaseko H, Matsumoto A, Sugiyama A:  Utilization of the chronic atrioventricular block cynomolgus monkey as an in vivo model to evaluate drug interaction-associated torsade de pointes.  Journal of pharmacological sciences  :in press , 2019
10. Kambayashi R, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Chiba K, Izumi-Nakaseko H, Naito AT, Matsumoto A, Sugiyama A:  In vivo characterization of rate-dependent impact on the QT interval of microminipig assessed by atrial electrical pacing: Development of correction formulae of QT interval.  The Journal of Veterinary Medical Science  81 (12) :1735 -1739 , 2019
その他
1. 杉山篤:  感覚器領域における薬物治療の最近の進歩.  東邦医学会雑誌  66 (2) :104 -104 , 2019
2. 杉山篤:  研究者にとっての論文十ヶ条.  東邦医学会雑誌  :in press , 2020
3. 中瀬古(泉)寛子:  研究室訪問:東邦大学医学部薬理学講座.  日本薬理学雑誌  155 (1) :57 -57 , 2020
4. 杉山篤:  第141回日本薬理学会関東部会.  日本薬理学雑誌  155 (1) :57 -57 , 2020
5. 杉山篤, 長澤(萩原)美帆子, 神林隆一, 後藤愛, 千葉浩輝, 安東賢太郎, 内藤篤彦, 中瀬古(泉)寛子:  拡張不全型心不全(HFpEF)に対する新しい薬物治療法の開発.  冲中記念成人病研究所 年報45  (45) :98 -101 , 2019
■ 著書
1. 杉山篤:  VOL.2 主な疾患と薬(1).  薬の基礎知識  DVD.  株式会社医学映像教育センター,  東京, 2019
2. 杉山篤:  VOL.1 薬とは.  薬の基礎知識  DVD.  株式会社医学映像教育センター,  東京, 2019
3. 神林隆一, 杉山篤:  徐脈性不整脈.  ヨーロッパ心臓病学会 心血管薬物療法 ハンドブック  241-250.  認定NPO法人 日本心血管協会(JCVA),  京都, 2020
■ 学会発表
国内学会
1. ◎後藤愛, 長澤(萩原)美帆子, 神林隆一, 布井啓雄, 千葉浩輝, 中瀬古(泉)寛子, 松本明郎, 杉山篤: Lamotrigineによる心血管有害作用に対する安全域の分析:ハロセン麻酔犬モデルでの検討.  第93回日本薬理学会年会,  横浜,  2020/03
2. ◎千葉浩輝, 長澤(萩原)美帆子, 神林隆⼀, 後藤愛, 原司, 天谷亮介, 布井啓雄, 中瀬古(泉)寛子, 松本紋子, 松本明郎, 杉山篤: チロシンキナーゼ阻害薬imatinibによる左室拡張障害の発生機序の検討.  第93回日本薬理学会年会,  横浜,  2020/03
3. ◎長澤(萩原)美帆子,神林隆一,後藤愛,千葉浩輝,布井啓雄,和田剛,中瀬古(泉)寛子,松本明郎,杉山篤: Analysis of in vivo electropharmacological effects of vanoxerine.  第93回日本薬理学会年会,  横浜,  2020/03
4. ◎布井啓雄, 神林隆一, 長澤(萩原)美帆子, 千葉浩輝, 後藤愛, 中瀬古(泉)寛子, 松本明郎, 渡邉善則, 杉山篤: Electropharmacological analysis of ranolazine in vivo using the halothane-anesthetized dogs.  第93回日本薬理学会年会,  横浜,  2020/03
5. ◎杉山篤、神林隆一、長澤(萩原)美帆子、布井啓雄、武井義則、中瀬古(泉)寛子: 病態の科学を修得するための医学部薬理学実習.  第93回日本薬理学会年会,  横浜,  2020/03
6. ◎近藤嘉紀、長澤(萩原)美帆子、神林隆一、後藤愛、千葉浩輝、布井啓雄、中瀬古(泉)寛子、松本明郎、杉山篤: ハロセン麻酔犬を用いたaciclovirの電気薬理学的作用の評価:抗ウイルス薬の心血管安全性薬理学における評価手法の提案.  第11回日本安全性薬理研究会学術年会,  東京,  2020/02
7. ◎後藤愛, 坂本憲吾, 長澤(萩原)美帆子, 神林隆一, 千葉浩輝, 布井啓雄, 中瀬古(泉)寛子, 松本明郎, 杉山篤: 慢性房室ブロックサルを用いた静注および経口moxifloxacin投与のtorsade de pointes誘発性の評価.  第11回日本安全性薬理研究会学術年会,  東京,  2020/02
8. ◎神林隆一, 長澤(萩原)美帆子, 近藤嘉紀, Zhi Jie Yeo, 後藤愛, 千葉浩輝, 布井啓雄, 中瀬古(泉)寛子, Jacqueline Wen Hui Leow, Gopalakrishnan Venkatesan, 松本明郎, Eric Chun Yong Chan, 杉山篤: 重水素化がdronedaroneの心血管薬理作用に与える影響の評価:ハロセン麻酔犬を用いたdronedarone重水素化誘導体poyendaroneの電気薬理学的特徴づけ.  第11回日本安全性薬理研究会学術年会,  東京,  2020/02
9. ◎千葉浩輝, ⻑澤(萩原)美帆⼦, 神林隆⼀, 後藤愛, 布井啓雄, 中瀬古(泉)寛⼦, 松本明郎, 杉⼭篤: 生薬甘草の煎液(甘草湯)の洞房結節/心室固有調律自動能および心室再分極に対する作用の実験的評価.  第11回日本安全性薬理研究会学術年会,  東京,  2020/02
10. ◎布井啓雄, 千葉浩輝, 長澤(萩原)美帆子, 後藤愛, 神林隆一, 中瀬古(泉)寛子, 松本明郎, 渡邉善則, 杉山篤: 非定型抗精神病薬risperidoneによるtorsade de pointes(TdP)に対する安全域の評価:慢性房室ブロック犬による解析.  第11回日本安全性薬理研究会学術年会,  東京,  2020/02
11. ◎千葉浩輝, 奈良和彦: 甘草の抗不整脈作用および催不整脈作用の定量的評価.  第155回東邦医学会例会,  東京,  2020/02
12. ◎後藤愛, 中瀬古(泉)寛子, 長澤(萩原)美帆子, 千葉浩輝, 神林隆一, 布井啓雄, 松本明郎, 杉山篤: β受容体遮断は薬物性IKr抑制によるtorsade de pointes(TdP)の誘発率を高める:Sotalol光学異性体を用いた検討.  第29回日本循環薬理学会,  香川,  2019/11
13. ◎中瀬古(泉)寛子, 藤吉正哉, 長澤(萩原)美帆子, 後藤愛, 千葉浩輝, 神林隆一, 内藤篤彦, 安東賢太郎, 諫田泰成, 石井伊都子, 杉山 篤: ダサチニブは左心機能を低下するが、催不整脈作用を示さない:チロシンキナーゼ阻害薬の心血管有害事象の予測プロトコルの開発.  第29回日本循環薬理学会,  香川,  2019/11
14. ◎後藤愛, 長澤(萩原)美帆子, 神林隆一, 坂本憲吾, 千葉浩輝, 布井啓雄, 中瀬古(泉)寛子, 松本明郎, 杉山篤: 慢性房室ブロックサルの薬物相互作用に基づくtorsade de pointes発生を予測する試験系としての有用性の評価.  第141回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/10
15. ◎光井英晃, 長澤(萩原)美帆子, 神林隆一, 布井啓雄, 千葉浩輝, 後藤愛, 中瀬古(泉)寛子, 坂本憲吾, 高原章, 松本明郎, 杉山篤: 完全房室ブロックカニクイザルにおける薬物性TdP発生の形態学的・機能的・電気生理学的必要条件.  第141回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/10
16. ◎市川 智彬, 神林 隆一, 長澤(萩原)美帆子, 高原 章, 杉山 篤: 慢性房室ブロック犬は発作性心房細動に対する有効な薬物を検出可能なモデルとして有用である.  第141回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/10
17. ◎神林隆一, 長澤(萩原)美帆子, 後藤愛, 千葉浩輝, 布井啓雄, 中瀬古(泉)寛子, 松本明郎, 杉山篤: 慢性房室ブロック犬の心房を6週間以上高頻度電気刺激すると持続性心房細動を誘発できる:薬理学的・解剖学的・組織学的・遺伝学的解析による心房細動持続化の機序解明.  第141回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/10
18. ◎川上 聡士, 永澤 悦伸, 長澤(萩原) 美帆子, 大村 賢介, 小林 加寿子, 相本 恵美, 高原 章: 古典的抗ヒスタミン薬クレマスチンの催不整脈作用 −ウサギ催不整脈モデルを用いた致死性不整脈の発生およびその前兆現象の分析−.  第141回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/10
19. ◎中瀬古(泉)寛子, 藤吉正哉, 長澤(萩原)美帆子, 後藤愛, 千葉浩輝, 神林隆一, 内藤篤彦, 安東賢太郎, 諫田泰成, 石井伊都子, 杉山篤: ダサチニブは左心機能を低下するが、催不整脈作用を示さない:チロシンキナーゼ阻害薬のヒト心血管有害作用を予測する非臨床的評価方法の開発.  第141回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/10
20. ◎布井啓雄, 千葉浩輝, 後藤愛, 神林隆一, 長澤(萩原)美帆子, 中瀬古(泉)寛子, 松本明郎, 渡邉善則, 杉山篤: 非定型抗精神病薬risperidoneによるtorade de pointes(TdP)の発生:慢性房室ブロック犬を用いた安全域の評価.  第141回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/10
21. ◎中瀬古(泉)寛子, 杉山篤: 抗がん薬の心血管有害作用検出のための非臨床的評価プロトコルの提案.  第2回日本腫瘍循環器学会学術集会,  旭川,  2019/09
22. ◎光井英晃, 長澤(萩原)美帆子, 神林隆一, 布井啓雄, 千葉浩輝, 後藤愛, 中瀬古(泉)寛子, 坂本憲吾, 高原章, 松本明郎, 杉山篤: 完全房室ブロックサルにおける薬物性TdP発生の必要条件.  第21回応用薬理シンポジウム,  静岡,  2019/09
23. ◎後藤愛, 布井啓雄, 長澤(萩原)美帆子, 千葉浩輝, 神林隆一, 中瀬古(泉)寛子, 松本明郎, 杉山篤IKr抑制により生じるQT延長はβ遮断薬の併用により悪性化する.  第21回応用薬理シンポジウム,  静岡,  2019/09
24. ◎布井啓雄, 後藤愛, 千葉浩輝, 神林隆一, 長澤(萩原)美帆子, 中瀬古(泉)寛子, 松本明郎,渡邉善則, 杉山篤: Microminipigの電気薬理学的特徴付け:マルチイオンチャネル遮断薬bepridilを用いたイヌとの比較検討.  第21回応用薬理シンポジウム,  静岡,  2019/09
25. ◎其田貴美枝, 関根祐子, 山田緑, 森野正倫重, 杉山篤: 在宅医療におけるスマートフォン対応家庭血圧測定器の運用に関する考察.  第24回日本在宅ケア学会学術集会,  仙台,  2019/07
26. ◎杉山篤: 薬物治療とウォーキング~薬物治療を受けている際のウォーキングの注意点~.  第8回日本ノルディック・ウォーク学会学術​大会,  山梨,  2019/07
27. ◎後藤愛, 千葉浩輝, 布井啓雄, 神林隆一, 長澤(萩原)美帆子, 中瀬古(泉)寛子, 杉山篤: IKr遮断薬による二次性QT延長症候群の病態に対するβ受容体遮断の影響の検討.  第140回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/07
28. ◎光井英晃, 長澤(萩原)美帆子, 神林隆一, 布井啓雄, 千葉浩輝, 後藤愛, 中瀬古(泉)寛子, 坂本憲吾, 高原章, 杉山篤: 薬物性torsade de pointes(TdP)発生に必要な個体側の素因:房室ブロックカニクイザルモデルでの検討.  第140回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/07
29. ◎千葉浩輝, 後藤愛, 神林隆一, 長澤(萩原)美帆子, 布井啓雄, 中瀬古(泉)寛子, 杉山篤: チロシンキナーゼ阻害薬imatinibの心血管作用:ハロセン麻酔犬での評価.  第140回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/07
30. ◎布井啓雄, 千葉浩輝, 後藤愛, 神林隆一, 長澤(萩原)美帆子, 中瀬古(泉)寛子, 渡邉善則, 杉山篤: Microminipigの電気薬理学的特徴付け;多イオンチャネル遮断薬bepridilでの検討.  第140回日本薬理学会関東部会,  東京,  2019/07
31. ◎神保江莉加, 小林哲郎, 杉山篤: 緩徐進行 1 型糖尿病(SPIDDM)における膵内外分泌腺異常.  第154回東邦医学会例会,  東京,  2019/06
32. ◎杉山篤, 長澤(萩原)美帆子, 神林隆一, 後藤愛, 千葉浩輝, 布井啓雄, 中瀬古(泉)寛子: 心房細動に対するリズム治療の標的因子と薬理学的修飾手段.  第4回J-ISCP年次学術集会(国際心血管薬物療法学会日本部会),  東京,  2019/06
33. ◎杉山篤, 長澤(萩原)美帆子, 神林隆一, 後藤愛, 千葉浩輝, 布井啓雄, 和田剛, 中瀬古(泉)寛子: 呼気相気道内圧陰性化の有用性:死に至る悪性循環を伴う薬物性心原性ショック患者を救うための新しい治療戦略.  第4回J-ISCP年次学術集会(国際心血管薬物療法学会日本部会),  東京,  2019/06
34. ◎杉山篤, 和田剛, 長澤(萩原)美帆子, 神林隆一, 後藤愛, 千葉浩輝, 布井啓雄, 中瀬古(泉)寛子,: 心肺蘇生成功率に対するβ遮断薬の影響.  第4回J-ISCP年次学術集会(国際心血管薬物療法学会日本部会),  東京,  2019/06
35. ◎中瀬古(泉)寛子, 藤吉正哉, 長澤(萩原)美帆子, 安東賢太郎, 内藤篤彦, 石井伊都子, 杉山篤: チロシンキナーゼ阻害薬のヒト心血管有害作用を予測する非臨床的評価方法の開発.  第4回J-ISCP年次学術集会(国際心血管薬物療法学会日本部会),  東京,  2019/06
36. ◎Izumi-Nakaseko H, Chiba K, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Nunoi Y, Kambayashi R, Matsumoto A, Kanda Y, Naito T-A, Sugiyama A: Physiological properties of excitation-contraction relationships in human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes sheets.  第97回日本生理学会大会,  大分,  2020/03
37. ◎Sugiyama A, Hagiwara-Nagasawa M, Kambayashi R, Goto A, Chiba K, Nunoi Y, Izumi-Nakaseko Y, Matsumoto A: Cardiac mechano-physiology: physiology and pathophysiology of the mechano-electrical coupling.  第97回日本生理学会大会,  大分,  2020/03
38. ◎Kambayashi R, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Chiba K, Nishiyama R, Oyama S, Nunoi Y, Izumi-Nakaseko H, Matsumoto A, Sugiyama A: Characterization of anti-atrial fibrillatory effect of anti-influenza drug oseltamivir assessed by the persistent atrial fibrillation dog, halothane-anesthetized dog and patch-clamp study.  第93回日本薬理学会年会,  横浜,  2020/03
39. ◎Izumi-Nakaseko H, Chiba K, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Nunoi Y, Kambayashi R, Matsumoto A, Kanda Y, Naito T-A, Sugiyama A: Development and assessment of a new in vitro platform of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes for evaluating the drug-induced biological phenomena predicting clinically observed cardiac effects.  第93回日本薬理学会年会,  横浜,  2020/03
国際学会
1. ◎Hagiwara-Nagasawa M, Kambayashi R, Matsumoto A, Sugiyama A: Effect of Negative Expiratory Airway Pressure on the Systemic Circulation: A New Strategy to Salvage Patients with Cardiogenic Shock.  第84回⽇本循環器学会学術集会, Asian Pacific Society of Cardiology Congress 2020,  京都,  2020/03
2. ◎Kambayashi R, Hagiwara-Nagasawa M, Matsumoto A, Sugiyama A: How the Deuteration of Dronedarone Can Modify its Cardiovascular Profile: a New Strategy for Optimizing Efficacy and Adverse Effects.  第84回⽇本循環器学会学術集会, Asian Pacific Society of Cardiology Congress 2020,  京都,  2020/03
3. ◎Kambayashi R, Nunoi Y, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Chiba K, Izumi-Nakaseko H, Sugiyama A: In vivo characterization of rate-dependent change in QT interval of microminipig assessed by atrial electrical pacing: Development of correction formulae of QT interval.  The 11th Joint Seminar on Biomedical Sciences,  Krabi, Thailand,  2019/11
4. ◎Nunoi Y, Kambayashi R, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Chiba K, Wada T、Izumi-Nakaseko H, Matsumoto A、Watanabe Y, Sugiyama A: Electrophysiological characterization of microminipig as a laboratory animal for pharmacological study by analyzing bepridil-induced cardiovascular responses.  The 11th Joint Seminar on Biomedical Sciences,  Krabi, Thailand,  2019/11
5. ◎Taubel J, Coates S, Prasad K, Rosano G, Langenhoven LV, Fernandes S, Sugiyama A: Influence of calcium blockade on the QT effects of a meal.  The American College of Clinical Pharmacology Annual Meeting 2019,  Chicago, USA,  2019/09
6. ◎Täubel J, Prasad K, Rosano G, Ferber G, Wibberley H, Cole ST, Langenhoven LV, Fernandes S, Djumanov D, Sugiyama A: Effects of the fluoroquinolones moxifloxacin and levofloxacin on the QT subintervals: sex differences in ventricular repolarization.  ESC 2019 European Society of Cardiology,  Paris, France,  2019/09
7. ◎Sugiyama A: Negative expiratory airway pressure: a new strategy to salvage patients with cardiogenic shock from a vicious cycle leading to death.  Symposium on the recent advance in the mechano-physiology,  Minneapolis, USA,  2019/08
8. ◎Sugiyama A: Development of educational equipment for medical professionals.  Symposium on the recent advance in the mechano-physiology,  Minneapolis, USA,  2019/08
9. ◎Sugiyama A: Impact of cardiac massage and β-blocker pretreatment on the success rate of cardiopulmonary resuscitation assessed by the canine ischemia/reperfusion-induced ventricular fibrillation model.  Symposium on the recent advance in the mechano-physiology,  Minneapolis, USA,  2019/08
10. ◎Sugiyama A: How to simulate the efficacy of head-up tilt in educational equipment.  Symposium on the recent advance in the mechano-physiology,  Minneapolis, USA,  2019/08
11. ◎Sugiyama A: Introduction of basic understanding of clinical electropharmacology: How to read 12 leads ECG.  Symposium of recent advance of cardiovascular pharmacology: from basic to clinical,  四川省成都, 中華人民共和国,  2019/08
12. ◎Sugiyama A: Substrates of rhythm control therapy against atrial fibrillation, and strategy for their pharmacological modification.  Symposium of recent advance of cardiovascular pharmacology: from basic to clinical,  四川省成都, 中華人民共和国,  2019/08
13. ◎Sugiyama A: Prediction and quantification of torsadogenic potential of drugs using classical and new assay models.  Symposium of recent advance of cardiovascular pharmacology: from basic to clinical,  四川省成都, 中華人民共和国,  2019/08
14. ◎Kambayashi R, Hagiwara-Nagasawa M, Goto A, Chiba K, Ichikawa T, Izumi-Nakaseko H, Naito AT, Takahara A, Sugiyama A: Electrophysiological profile and proarrhythmic potential of atrial selective anti-atrial fibrillatory drug AVE0118 in the anesthetized chronic atrioventricular block dogs.  第66回日本不整脈心電学会,  横浜,  2019/07
その他
1. ◎杉山篤: 東邦大学における医工連携の取り組み ~大学発知財の実用化への模索~.  熊本・大分・宮崎 医療機器メーカーへの展示・商談会in本郷,  東京,  2019/12
2. ◎杉山篤: 心臓マッサージの仕組みと大事な3つのコツ.  東邦大学第58回大森祭公開講座,  東京,  2019/10
3. ◎杉山篤: 心電図測定法:Phase I 試験での経験.  臨床研究部門セミナー,  福岡,  2019/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者