東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2012年度 | 2013年度 | 2014年度
 医学部 医学科 薬理学講座
 Department of Pharmacology

教授:
  杉山 篤
講師:
  安東 賢太郎
助教:
  中瀬古寛子、中村裕二
大学院 博士課程
4年:  山﨑有希子、小原 浩、本田 淳、上総勝之、片木 淳
3年:  本川佳幸、渡辺雄大
2年:  曹 新、 横山浩史
1年:  谷川洋一
大学院 修士課程
1年:  岸江拓也
常勤研究生:
   Azjargal Enkhsaikhan
■ 概要
薬理学講座
遺伝子−臓器・器官レベルで得られた情報を生体に反映させ、統合的に解釈し、医療の現場に貢献できる研究を展開している。研究対象も薬物に限定せず、再生医学に基づいた治療手段や医療機器など、幅広い研究を総合的に推進している。
■ Keywords
Cardiovascular Pharmacology, Heart, Calcium, Ion channels, Long QT syndrome, Torsades de pointes, Atrial fibrillation, Microminipig, iPS
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文部科学省科学研究費(基盤研究(c))
 研究課題:スフィンゴシン1-リン酸受容体修飾薬による房室伝導ブロックの発生機序の解明  (研究代表者:杉山篤)
 研究補助金:1200000円  (代表)
2.  科学技術振興機構 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム
 研究課題:『医療用SPF生産技術』(課題番号:AS2116907E)に基づく『動物の創成技術移転』  (研究代表者:杉山篤)
 研究補助金:4800000円  (代表)
3.  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
 研究課題:超小型ミニブタを用いた慢性心不全病態モデル開発と新規治療法創成  (研究代表者:杉山篤)
 研究補助金:2000000円  (代表)
4.  文部科学省科学研究費(基盤研究(c))
 研究課題:難治性薬剤抵抗性高血圧に対する革新的な腎動脈交感神経アブレーション法の開発  (研究分担者:杉山篤)
 研究補助金:100000円  (分担)
その他
1.  東邦大学 共同研究費補助金
 研究課題:慢性心房細動に対する新規治療薬:強力かつ安全な停止薬の開発  (研究代表者:杉山篤)
 研究補助金:2500000円  (代表)
2.  東邦大学 研究科推進研究費
 研究課題:ヒトiPS由来心筋細胞を活用した薬物性新機能毒性の高精度予測システムの構築  (研究代表者:杉山篤)
 研究補助金:2500000円  (代表)
3.  東邦大学 プロジェクト研究費
 研究課題:Na+チャンネル修飾薬を用いたiPS由来心筋細胞シートの特徴付け  (研究代表者:中瀬古寛子、安東賢太郎)
 研究補助金:500000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  杉山 篤 :独立行政法人科学技術振興機構(JST)専門委員
2.  杉山 篤 :独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)採択審査委員
3.  杉山篤 :福島県立医科大学医学部非常勤講師
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  杉山篤 :日本薬理学会評議員・代議員, 日本心電学会評議員, 日本不整脈学会評議員, 日本循環制御医学会評議員, 日本安全性薬理研究会評議員, DIA Cardiac Safety Workshop プログラム委員, 日本循環薬理学会 幹事
2.  安東賢太郎 :日本薬理学会 学術評議員・代議員, 日本獣医循環器学会 理事, 日本安全性薬理研究会 評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















杉山 篤   教授
 3 7  4   1       3
(3)
 13
(11)
 2
(2)
 1
(1)
 13
(9)
 6
(1)
安東 賢太郎   講師
 3 5  4  1        1
(1)
 15
(13)
 1
(1)
 1
(1)
 
 4
(1)
中瀬古(泉) 寛子   助教
 1 4 1 3          2
(1)
 13
(12)
 
 1
(1)
 1
 3
(1)
中村 裕二   助教
 1 5 1 3          1
(1)
 14
(12)
 
 1
(1)
 1
 4
(1)
 8 2  1 0  0  7
(6)
 3
(3)
 15
(9)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 小原浩, 中村裕二, 本川佳幸, 山﨑有希子, 曹新, 中瀬古寛子, 安東賢太郎, 池田隆徳, 杉山篤:  アミオダロンおよびドロネダロンの心房・心室有効不応期に対する作用:ベプリジルおよびdl-ソロタールとの比較.  Progress in Medicine  34 (Suppl.1) :584 -587 , 2014
2. 小原浩, 中村裕二, 曹新, 横山浩史, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 村越伸行, 佐藤明, 青沼和隆, 高原章, 池田隆徳, 杉山篤:  腎デナベーションおよびアミオダロン慢性投与による心臓電気薬理学的作用の類似性:慢性房室ブロック犬モデルを用いての検討.  Progress in medicine  35 (Suppl.1) :342 -345 , 2015
3. Izumi-Nakaseko H, Nakamura Y, Cao X, Ohara H, Yamazaki Y, Ueda N, Ando K, Sugiyama A:  Effects of selective IKr channel blockade by E-4031 on ventricular electro-mechanical relationship in the halothane-anesthetized dogs.  European Journal of Pharmacology  740 :263 -270 , 2014
4. Okumura S, Fujita T, Cai W, Jin M, Namekata I, Mototani Y, Jin H, Ohnuki Y,
Tsuneoka Y, Kurotani R, Suita K, Kawakami Y, Hamaguchi S, Abe T, Kiyonari H,
Tsunematsu T, Bai Y, Suzuki S, Hidaka Y, Umemura M, Ichikawa Y, Yokoyama U, Sato
M, Ishikawa F, Izumi-Nakaseko H, Adachi-Akahane S, Tanaka H, Ishikawa Y.:  Epac1-dependent phospholamban phosphorylation mediates the cardiac response to stresses.  Journal of Clinical Investigation  124 (6) :2785 -2801 , 2014
5. Nakamura Y, Matsuo J, Miyamoto N, Ojima A, Ando K, Kanda Y, Sawada K, Sugiyama A, Sekino Y:  Assessment of testing methods for drug-induced repolarization delay and arrhythmias in an iPS cell-derived cardiomyocyte sheet: multi-site validation study.  Journal of pharmacological sciences  124 (4) :494 -501 , 2014
6. Yamazaki-Hashimoto Y, Nakamura Y, Ohara H, Cao X, Kitahara K, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Yamazaki H, Ikeda T, Yamazaki J, Sugiyama A:  Fluvoxamine by itself has potential to directly induce long QT syndrome at supra-therapeutic concentrations.  The Journal of Toxicological Sciences  40 (1) :33 -42 , 2015
7. Yagi Y, Nakamura Y, Kitahara K, Harada T, Kato K, Ninomiya T, Cao X, Ohara H, Izumi-Nakaseko H, Suzuki K, Ando K, Sugiyama A:  Analysis of onset mechanisms of a sphingosine 1-phosphate receptor modulator fingolimod-induced atrioventricular conduction block and QT-interval prolongation.  Toxicology and applied pharmacology  16 :39 -47 , 2014
総説及び解説
1. 中村裕二, 杉山篤:  開発中の抗不整脈薬の薬理作用を知る.  CARDIAC PRACTICE  26 (1) :55 -58 , 2015
2. 中瀬古(泉)寛子, 中村裕二, 曹新, 小原浩, 安東賢太郎, 杉山篤:  超小型ミニブタの開発経緯と病態モデル・評価系としての応用例.  心血管薬物療法  1 (2) :43 -48 , 2014
3. 杉山篤:  薬物性不整脈を取り巻く最近の話題と不整脈発生予測の指標.  心電図  34 (3) :267 -272 , 2014
4. 杉山篤:  非臨床・催不整脈モデルの進歩.  心電図  34 (3) :282 -286 , 2014
5. 安東賢太郎:  ICH S7Bの将来展望-in vivo, in vitro and in silicoの観点から.  心電図  34 (3) :314 -317 , 2014
6. 杉山篤, 山本恵司, 千葉克芳, 葛西千恵子, 林誠治, 堀井郁夫, 中村和市, 板野泰弘, 安東賢太郎:  薬物性催不整脈作用の統合的リスク予測.  心電図  34 (3) :334 -337 , 2014
7. 深瀬広幸, Boaz MENDZELEVSKI, 安東賢太郎, 金哲, 熊谷雄治, 中村浩己, 杉山篤:  新薬開発におけるCardiac Safety Paradigmの現状と展望.  臨床薬理  45 (5) :197 -199 , 2014
症例報告
1. 安東賢太郎, 中村裕二, 曹新, 渡辺雄大, 小原浩, 中瀬古(泉)寛子, 杉山篤:  カテーテルイントロデューサーにより外腸骨動脈に裂孔を形成し失血死したビーグル犬の1例.  動物の循環器  47 (1) :7 -11 , 2014
その他
1. 安東賢太郎, 中村裕二, 星合清隆, 岸江拓也, 柏木克彦, 曹新, 小原浩, 中瀬古(泉)寛子, 高原章, 赤坂喜清, 杉山篤:  正常犬と正常ブタ間でのジピリダモール負荷後の心電図変化の差異―側副血行路が冠盗流(coronary steal)の原因か?―.  心電図  35 (Suppl.1) :79 -80 , 2015
2. Sugiyama A:  Preface: Toho Journal of Medicine: The New Official English Publication of the Medical Society of Toho University.  Toho Journal of Medicine  1 (1) :1 -1 , 2015
■ 著書
1. 安東賢太郎, 杉山篤:  分子標的抗腫瘍薬の作用機序、副作用、適応を述べよ.  集中講義 薬理学  156-159.  株式会社メジカルビュー社,  東京, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎中瀬古(泉)寛子, 中村裕二, 安東賢太郎, 杉山篤: Effects of class I antiarrhythmic drugs on the electrical excitation and conduction in the human iPS cell-derived cardiomyocyte sheet.  第6回 日本安全性薬理研究会 学術年会,  東京,  2015/02
2. ◎渡辺雄大, 中村裕二, 曹新, 小原浩, 山崎有希子, 村山典恵, 杉山洋介, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 山崎浩史, 杉山篤: Apomorphine does NOT induce long QT syndrome: experimental evidence from in vivo canine models.  第6回日本安全性薬理研究会学術年会,  東京,  2015/02
3. ◎片木淳, 中村裕二, 曹新, 小原浩, 本田淳, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 杉山篤: Utility of halothane-anesthetized guinea pig as a model to assess the drug-induced QT-interval prolongation: why can dl-sotalol prolong the QT interval in vivo despite its weak inhibitory effect on hERG K+ channels in vitro?.  第6回日本安全性薬理研究会学術年会,  東京,  2015/02
4. ◎野村浩明, 中村裕二, 曹新, 本田淳, 片木淳, 小原浩, 中瀬古(泉)寛子, 佐藤吉沖, 安東賢太郎, 杉山篤: Electropharmacological effects of a selective EP4-receptor stimulation by ONO­AE1­329 assessed by the halothane-anesthetized canine model.  第6回日本安全性薬理研究会学術年会,  東京,  2015/02
5. ◎杉山篤, 中村裕二, 曹新, 小原浩, 中瀬古寛子, 安東賢太郎: 超小型ミニブタ:医学研究ツールとしての有用性.  平成26年度日本獣医師会 獣医学術学会年次大会(岡山),  岡山,  2015/02
6. ◎杉山篤, 中村裕二, 曹新, 小原浩, 山崎由希子, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎: 赤ワインビネガーの基礎および臨床研究.  第35回日本臨床薬理学会学術総会,  松山,  2014/12
7. ◎小原浩, 中村裕二, 曹新, 横山浩史, 中瀬古寛子, 安東賢太郎, 村越伸行, 佐藤明, 青沼和隆, 高原章, 池田隆徳, 杉山篤: 腎動脈デナベーションおよびアミオダロン慢性投与による心臓電気薬理学的作用の類似性:慢性房室ブロック犬モデルを用いての検討.  第19回アミオダロン研究会,  東京,  2014/09
8. ◎安東賢太郎, 中村裕二, 星合清隆, 岸江拓也, 柏木克彦, 曹新, 小原浩, 中瀬古(泉)寛子, 高原章, 赤坂喜清, 杉山篤: 正常犬と正常ブタ間でのdipyridamole 負荷後の心電図変化の差異: 側副血行路がcoronary stealの原因か?.  第41回比較心電図研究会,  東京,  2014/09
9. ◎Ohara H, Nakamura Y, Cao X, Yamazaki Y, Kitahara K, Nakaseko H, Ando K, Ikeda T, Sugiyama A: Efficacy of percussion pacing on the cardiac standstill model of the microminipig: Comparison with standard chest compression and ventricular pacing.  第29回日本不整脈学会/第31回日本心電学会 合同学術大会,  東京,  2014/07
10. ◎岸江拓也, 中村裕二, 曹新, 小原浩, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 杉山篤: 心筋イオンチャネル修飾薬の評価におけるMicrominipigの実験モデル動物としての有用性の検討.  第130回日本薬理学会関東部会,  東京,  2014/07
11. ◎杉山篤, 中村裕二, 曹新, 小原浩, 岸江拓也, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎: 臨床における催不整脈リスク評価の現状と課題-非臨床に求められるもの.  第41回日本毒性学会学術年会,  兵庫,  2014/07
12. ◎Nakamura Y, Ando K, Sugiyama A: Relationship between mechanical contraction and field potential in the human iPS cell-derived cardiomyocyte sheets: by using motion-vector method.  The 88th Annual Meetng of The Japanese Pharmacological Society,  Nagoya,  2015/03
13. ◎Izumi-Nakaseko H, Ando K, Sugimaya A: Electropharmacological characterization of the conduction property of a human iPS cell-derived cardiomyocyte sheet.  第88回日本薬理学会年会,  名古屋,  2015/03
14. ◎小原浩, 本田淳, 中村裕二, 野村浩明, 岸江拓也, Enkhsaikhan Azjargal, 曹新, 片木淳, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 杉山篤: 新規EP4受容体作動薬ONO-AE1-329の心血管作用:ハロセン麻酔犬による評価.  第88回日本薬理学会年会,  名古屋,  2015/03
15. ◎岸江拓也, 中村裕二, Enkhsaikhan Azjargal, 曹新, 小原浩, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 杉山篤: イオンチャネル抑制薬による心血管作用の評価モデルとしてのMicrominipig.  第88回日本薬理学会年会,  名古屋,  2015/03
16. ◎曹新, 中村裕二, 岸江拓也, 小原浩, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 杉山篤: テトラメチルピラジンの抗狭心作用:バソプレッシン誘発ラット狭心症モデルによる評価.  第88回日本薬理学会年会,  名古屋,  2015/03
国際学会
1. ◎Sugiyama A: Overview and raising issues.  The 5th DIA cardiac safety workshop in Japan,  Tokyo,  2014/10
2. ◎Sugiyama A: The current trends and issues on integrated cardiac safety.  The 5th DIA cardiac safety workshop in Japan,  Tokyo,  2014/10
3. ◎安東賢太郎: Impacts of CiPA on Cost-benefit Performance in a Drug Development.  第5回 DIAカーディアックセイフティ・ワークショップ,  東京,  2014/10
4. ◎曹新, Shengfeng Lu, 小原浩, 中村裕二, 中瀬古寛子, 安東賢太郎, Bing-Mei Zhu, Bin Xu, 杉山篤: Evaluation of efficacy and safety profile of electroacupuncture assessed in the chronic atrioventricular block canine model with severe hypertension and heart failure.  SAR-CAAM International Symposium of Acupuncture Research 2014,  北京, 中国,  2014/05
その他
1. ◎杉山篤, 中村裕二, 岸江拓也, 曹新, 小原浩, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎: 超小型ミニブタによる慢性心不全病態モデル開発と新規治療法創成.  私立大学戦略的研究基盤形成支援事業プログラム  平成26年度事業報告会,  東京,  2015/03
2. ◎杉山篤, 高原章: 慢性心房細動に対する新規治療薬:強力かつ安全な停止薬の開発 平成26年度東邦大学共同研究費補助金(学部を超えた共同研究)報告.  平成26年度 第11回東邦大学4学部合同学術集会,  千葉,  2015/03
3. ◎杉山篤: 薬剤性QT延長症候群と向精神薬.  Schizophrenia Forum,  東京,  2015/01
4. ◎小原浩, 北原健, 中村裕二, 藤野紀之, 田中光, 高原章, 小池秀樹, 浅田俊樹, 木下利雄, 鈴木健也, 湯澤ひとみ, 佐藤秀之, 福永俊二, 小林健三郎, 山﨑純一, 池田隆徳, 杉山篤: 抗インフルエンザ薬・Oseltamivirは史上最強の抗心房細動薬となるか?.  第62回臨床不整脈研究会,  東京,  2014/12
5. ◎岸江拓也, 曹新, 小原浩, 中村裕二, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 杉山篤: 心筋イオンチャネル修飾薬の評価におけるMicrominipigの実験モデル動物としての有用性の検討.  第68回東邦医学会総会,  東京,  2014/11
6. ◎杉山篤: ヒトiPS由来心筋細胞を活用した薬物性心機能毒性の高精度予測システムの構築.  第68回東邦医学会総会,  東京,  2014/11
7. ◎曹新, 岸江拓也, 小原浩, 中村裕二, 中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎, 杉山篤: Amantadineの心臓電気薬理学的作用:ハロセン麻酔犬モデルでの評価.  第68回東邦医学会総会,  東京,  2014/11
8. ◎中瀬古(泉)寛子, 安東賢太郎: Naチャンネル装飾薬を用いたiPS由来心筋細胞シートの特徴付け.  第68回東邦医学会総会,  東京,  2014/11
9. ◎渡辺雄大, 杉山篤: Apomorphineは薬物性QT延長症候群を誘発しない:ハロセン麻酔犬モデルおよび慢性房室.  第68回東邦医学会総会,  東京,  2014/11
10. ◎杉山篤: 臨床開発における心臓安全性評価:ICH E14ガイドラインに基づく心電図QT延長評価 ~薬物性QT延長に関する最新の状況について~.  「薬剤性QT/QTc延長」に関わる講演会,  東京,  2014/10
11. ◎杉山篤: 心臓安全性評価にかかわるICHガイドラインを取り巻く日米欧の最新情報.  安全性薬理学セミナー,  鹿児島,  2014/06
12. ◎杉山篤: 薬物性QT延長症候群およびその関連病態~現状と対策~.  臨床薬理セミナー,  東京,  2014/06
13. ◎本田淳, 杉山篤: EP4作動薬のPVループに対する作用:既存薬との比較.  第144回東邦医学会例会,  東京,  2014/06
14. ◎中村裕二, 本川佳幸: iPS細胞由来心筋細胞シートを用いた薬物性再分極遅延評価法の分析:多施設間バリデーション.  第144回東邦医学会例会,  東京,  2014/06
15. ◎片木淳, 杉山篤: ハロセン麻酔モルモットモデルを用いたQT延長薬のPK/PDの評価.  第144回東邦医学会例会,  東京,  2014/06
16. ◎杉山篤: 薬物性QT延長症候群およびその関連病態~現状と対策~.  再生医療セミナーTranslation,  鳥取,  2014/06
17. ◎杉山篤: 非臨床試験の観点から-心臓安全性評価にかかわるICHガイドラインを取り巻く日米欧の最新事情-.  心臓安全性評価(QT延長等を中心に)-非臨床試験と臨床試験の観点から-,  東京,  2014/05
18. ◎Sugiyama A: How to better read 12 leads ECG.  Lecture in OTOCH MANRAMBA UNIVERSITY OF MONGOLIA,  Ulaanbaatar, Mongolia,  2014/04
19. ◎Sugiyama A: How to better read 12 leads ECG.  Special lecture in Mongolian National University of Medical Sciences,  Ulaanbaatar, Mongolia,  2014/04
20. ◎Sugiyama A: Human induced pluripotent stem cell derived cardiomyocytes for predicting onset of drug-induced long QT syndrome.  Symposium: Drug use for cardiovascular decease in Mongolian National University of Medical Sciences,  Ulaanbaatar, Mongolia,  2014/04
21. ◎Sugiyama A: Drug-induced lethal arrhythmias.  Symposium: Drug use for cardiovascular decease in Mongolian National University of Medical Sciences,  Ulaanbaatar, Mongolia,  2014/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者