<<< 前 2020年度 | 2021年度 | 2022年度
 医学部 医学科 生化学講座/生化学分野
 Department of Biochemistry Division of Medical Biochemistry

教授:
  中野 裕康
准教授:
  森脇 健太
講師:
  土屋 勇一
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  国立研究開発法人日本医療研究開発機構 革新的先端研究開発支援事業  (研究課題番号:22gm1210002s0103)
 研究課題:NASHにおける肝リモデリングを制御する細胞間相互作用の解明と革新的診断・治療法創出への応用  (研究分担者:中野 裕康)
 研究補助金:14000000円  (分担)
2.  2022年度文部科学省科学研究費 基盤研究(B)  (研究課題番号:20H03475)
 研究課題:新規細胞死ネクロプトーシスの新たな制御機構の解明  (研究代表者:中野 裕康)
 研究補助金:3900000円  (代表)
3.  AMED新興・再興感染症研究基盤創生事業(多分野融合研究領域)  (研究課題番号:22wm0325050h0002)
 研究課題:制御性ネクローシスから挑む感染防御機構と感染症発症機構の真の理解  (研究代表者:森脇 健太)
 研究補助金:2000000円  (代表)
4.  2022年度文部科学省科学研究費 基盤研究(B)  (研究課題番号:22H02835)
 研究課題:炎症性細胞死ネクロプトーシスを制御するタンパク質複合体の時空間的制御機構の解明  (研究代表者:森脇 健太)
 研究補助金:5000000円  (代表)
5.  2022年度文部科学省科学研究費 基盤研究(B)  (研究課題番号:21H02658)
 研究課題:細胞の極性を制御する遺伝子の組織、個体での機能とその分子機構の解明  (研究分担者:森脇 健太)
 研究補助金:500000円  (分担)
6.  2022年度文部科学省科学研究費 基盤研究(C)  (研究課題番号:20K11589)
 研究課題:非アルコール性脂肪性肝炎に対する増殖因子を介した肝臓修復機構の解明と治療への応用  (研究代表者:土屋 勇一)
 研究補助金:1100000円  (代表)
7.  2022年度文部科学省科学研究費 基盤研究(C)  (研究課題番号:20K05238)
 研究課題:敗血症モデルにおける計画的ネクローシスのFRETイメージング  (研究代表者:村井 晋)
 研究補助金:1040000円  (代表)
8.  2022年度文部科学省科学研究費 基盤研究(B)  (研究課題番号:20H03475)
 研究課題:新規細胞死ネクロプトーシスの新たな制御機構の解明  (研究分担者:関 崇生)
 研究補助金:500000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  中野 裕康 :日本Cell Death学会理事長
2.  中野 裕康 :日本免疫学会評議委員
3.  中野 裕康 :日本生化学会代議員
4.  森脇 健太 :日本Cell Death学会評議委員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















中野 裕康   教授
    3          1
 4
(1)
 
 1
 
 
中野 裕康   教授
    3          1
 4
(1)
 
 1
 
 
森脇 健太   准教授
    1          
 2
 
 
 
 
土屋 勇一   講師
              
 
 
 
 
 
関 崇生   助教
    2          1
 1
(1)
 
 
 
 
村井 晋   助教
   1           1
 
 
 
 
 
 0 1  0 0  0  4
(0)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














中野 裕康   教授
         1
 
 
中野 裕康   教授
         1
 
 
森脇 健太   准教授
         
 
 
土屋 勇一   講師
         
 
 
関 崇生   助教
         1
 
 
村井 晋   助教
  1       1
 
 
 0 1  0 0  0  4
(0)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Shin Murai, Kanako Takakura, Kenta Sumimoto, Kenta Moriwaki, Kenta Terai, Sachiko Komazawa-Sakon, Takao Seki, Yoshifumi Yamaguchi, Tetuo Mikami, Kimi Araki, Masaki Ohmuraya, Michiyuki Matsuda, Hiroyasu Nakano:  Generation of transgenic mice expressing a FRET biosensor, SMART, that responds to necroptosis.  Communications Biology  in press : , 2022
2. Soh Yamazaki, Naohiro Inohara, Masaki Ohmuraya, Yousuke Tsuneoka, Hideo Yagita, Takaharu Katagiri, Takashi Nishina , Tetuo Mikami, Hiromasa Funato, Kimi Araki, Hiroyasu Nakano:  IκBζ controls IL-17-triggered gene expression program in intestinal epithelial cells that restricts colonization of SFB and prevents Th17-associated pathologies.  Mucosal Immunology  in press :in press , 2022
3. Tomohiko Murakami , Yoshifumi Takahata, Kenji Hata, Kosuke Ebina, Katsutoshi Hirose, Lerdluck Ruengsinpinya, Yuri Nakaminami, Yuki Etani, Sachi Kobayashi Takashi Maruyama, Hiroyasu Nakano, Takehito Kaneko, Satoru Toyosawa, Hiroshi Asahara, Riko Nishimura:  Semaphorin 4D induces articular cartilage destruction and inflammation in joints by transcriptionally reprogramming chondrocytes.  Science Signaling  15 :eabl5304 , 2022
4. Takahisa MIyao, Maki Miyauchi, S Thomas Kelly, Tommy W Terooatea, Tatsuya Ishikawa, Eugene Oh, Sotaro Hirai, Kenta Horie, Yuki Takakura, Houko Ohki, Mio Hayama, Yuya Maruyama, Takao Seki, Hiroto Ishii, Haruka Yabukami, Masaki Yoshida, Azusa Inoue, Asako Sakaue- Sawano, Atsushi Miyawaki, Masafumi Muratani, Aki Minoda, Nobuko Akiyama, Taishin Akiyama:  Integrative analysis of scRNA- seq and scATAC- seq revealed transit-amplifying thymic epithelial cells expressing
autoimmune regulator.  eLife  11 (e73998) : , 2022
■ 学会発表
国内学会
1. ◎土屋勇一, 関崇生, 田中稔, 中野裕康: FGF18は肝星細胞を活性化して肝線維化を誘導する.  第95回日本生化学会大会,  名古屋,  2022/11
2. 中野 裕康: 新規ネクローシス様細胞死と疾患.  第86回日本皮膚科学会 東部支部学術大会,  新潟市,  2022/08
3. ◎関 崇生, 三好 嗣臣, 森脇 健太, 山崎 創, 米原 伸, 中野 裕康: Mice lacking death ligand-induced cell death develop Pneumocystis pneumonia.  第30回日本 Cell Death 学会学術集会,  東京, 日本,  2022/06
4. ◎村井 晋、隅山 健太、森脇 健太、高倉 加奈子、山口良文、駒澤 幸子、寺井 健太、松田 道行、中野 裕康: SMART Tg マウスを用いた急性腎障害によるネクロプトーシスの in vivo FRET 解析.  第30回日本Cell Death学会学術集会,  東京,  2022/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者