東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 理学部 生物学科 機能生物学部門 生体調節学研究室
 Laboratory of Regulatory Biology

教授:
  岩室 祥一
准教授:
  蓮沼 至
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















岩室 祥一   教授
    1  1        1
(1)
 17
(15)
 
 
 
 
蓮沼 至   准教授
    1          3
(2)
 12
(11)
 
 
 
 
 0 0  1 0  0  4
(3)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Nakano M, Hasunuma I, Minagawa A, Iwamuro S, Yamamoto K, Kikuyama S, Machida T, Kobayashi T.:  Possible involvement of thyrotropin-releasing hormone receptor 3 in the release of prolactin in the metamorphosing bullfrog larvae.  General and Comparative Endocrinology  267 :36 -44 , 2018
■ 著書
1. 岩室祥一:  抗菌ペプチド:多様な機能をもつ第一次防御機構の主役.  動物学の百科事典  186-187.  丸善出版,  東京, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. 鈴木麻奈美、◎稲村有里子、小川大輔、蓮沼至、岩室祥一: 両生類の抗菌ペプチドは植物の病原体にも効果がある.  日本動物学会関東支部第71回大会,  中央大学後楽園キャンパス(東京),  2019/03
2. ◎田中夕理、小谷野泉、山中菜々子、岩室祥一: ヒストンH3分子の抗菌活性と細胞毒性活性は異なる領域に由来する.  第41回日本分子生物学会年会,  パシフィコ横浜(横浜市),  2018/11
3. 近藤綾音、川名夏未、斎藤海斗、田中夕理、◎岩室祥一: 微生物、培養細胞、及びカイコ幼虫を用いたヒストン混合物の細胞障害性の検証.  第41回日本分子生物学会年会,  パシフィコ横浜(横浜市),  2018/11
4. ◎岩佐亜美、大和田孝祐、岩室祥一、菊山榮、蓮沼至: 成体アカハライモリ大脳における分裂細胞の分化運命の検証.  第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム仙台大会,  東北大学青山コモンズ(仙台市),  2018/11
5. ◎金谷実咲、伊藤真知、蓮沼至、岩室祥一、菊山榮、小林哲也: Cathelicidin-B1のウズラのファブリキウス嚢における発現部位の特定、ならびに生理機能の探索.  第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム仙台大会,  東北大学青山コモンズ(仙台市),  2018/11
6. ◎小川大輔、蓮沼至、小林哲也、菊山榮、岩室祥一: サドガエル生体防御ペプチドの抗菌ならびに細胞毒性作用機構の解析.  第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム仙台大会,  東北大学青山コモンズ(仙台市),  2018/11
7. ◎池田卓聡、須藤百合子、岩室祥一、菊山榮、蓮沼至: アカハライモリ新規プロラクチン受容体の機能および発現解析.  第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム仙台大会,  東北大学青山コモンズ(仙台市),  2018/11
8. ◎中島康人、小野慧、豊田ふみよ、岩室祥一、菊山榮、蓮沼至: アカハライモリメソトシン受容体のリガンド応答性の検証.  第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム仙台大会,  東北大学青山コモンズ(仙台市),  2018/11
9. ◎中野真樹、岩室祥一、小林哲也、山本和俊、菊山榮、蓮沼至: アフリカツメガエル3型甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン受容体(TRHR3)の構造と機能性発言の検討.  第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム仙台大会,  東北大学青山コモンズ(仙台市),  2018/11
10. ◎中野真樹、内山愛里、小林浩志、藤澤静香、望月拓也、小林哲也、菊山榮、蓮沼至、岩室祥一: 両生類脳における生体防御ペプチドの機能探索.  第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム仙台大会,  東北大学青山コモンズ(仙台市),  2018/11
11. 葉山舜、渡辺智美、菊山榮、岩室祥一、◎蓮沼至: ウシガエル幼生甲状腺のサイロキシン放出におよぼすプロラクチンの影響.  第43回日本比較内分泌学会大会およびシンポジウム仙台大会,  東北大学青山コモンズ(仙台市),  2018/11
12. ◎岩佐亜美、大和田孝祐、岩室祥一、菊山榮、蓮沼至: 成体アカハライモリ大脳における分裂細胞の分化運命の検証.  日本動物学会第89回札幌大会(震災のためバーチャル発表),  札幌コンベンションセンター(札幌市),  2018/09
13. ◎金谷実咲、伊藤真知、蓮沼至、岩室祥一、菊山榮、小林哲也: ウズラのファブリキウス嚢におけるCathelicidin-B1 mRNA発現細胞の同定と合成Cathelicidin-B1ペプチドの生理機能.  日本動物学会第89回札幌大会(震災のためバーチャル発表),  札幌コンベンションセンター(札幌市),  2018/09
14. ◎小川大輔、蓮沼至、小林哲也、菊山榮、岩室祥一: サドガエル生体防御ペプチドの抗菌ならびに細胞毒性作用機構の解析.  日本動物学会第89回札幌大会(震災のためバーチャル発表),  札幌コンベンションセンター(札幌市),  2018/09
15. ◎中野真樹、岩室祥一、小林哲也、山本和俊、菊山榮、蓮沼至: 3型甲状腺ホルモン放出ホルモン受容体(TRHR3)のリガンド応答性の検証.  日本動物学会第89回札幌大会(震災のためバーチャル発表),  札幌コンベンションセンター(札幌市),  2018/09
16. ◎田中夕理、斎藤海斗、小谷野泉、中野真樹、岩室祥一: ヒストンH3分子における抗菌性及び細胞毒性を発揮する領域の特定とその作用機序.  日本動物学会第89回札幌大会(震災のためバーチャル発表),  札幌コンベンションセンター(札幌市),  2018/09
17. 須藤百合子、岩室祥一、菊山榮、◎蓮沼至: 有尾両生類アカハライモリにおける新規プロラクチン受容体の同定.  日本動物学会第89回札幌大会(震災のためバーチャル発表),  札幌コンベンションセンター(札幌市),  2018/09
18. ◎蓮沼至、中野真樹、岩室祥一、菊山榮、小林哲也: ウシガエル下垂体前葉のプロラクチン放出に関わる甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン受容体の同定.  第33回下垂体研究会学術集会,  桂浜荘(高知市),  2018/08
  :Corresponding Author
  :本学研究者