(最終更新日:2020-09-10 13:23:34)
  ハスヌマ イタル   Hasunuma Itaru
  蓮沼 至
   所属   東邦大学  理学部 生物学科
   職種   准教授

学位


博士(理学)

刊行論文


1. 総説  Some aspects of the hypothalamic and pituitary development, metamorphosis, and reproductive behavior as studied in amphibians. 2019/06/27
2. 総説  Roles of arginine vasotocin receptors in the brain and pituitary of submammalian vertebrates. 2013/07
3. 原著  Two novel gonadotropin-teleasing hormones (GnRHs) from the urochordate ascidian, Halocynthia roretzi: implication on the origin of vertebrate GnRH isoforms. 2013/05
4. 原著  Localization of three types of arginine vasotocin receptors in the brain and pituitary of the newt Cynops pyrrhogaster 2010/12
5. 総説  Hormone-mediated reproductive behavior in the red-bellied newt 2009/05
6. 原著  Molecular cloning of three types of arginine vasotocin receptor in the newt, Cynops pyrrhogaster 2007/05

学会発表


1. アカハライモリメソトシン受容体のリガンド応答性に関する解析 (ポスター,一般) 2020/03/14
2. 成体アカハライモリ大脳における新生神経細胞の機能 (ポスター,一般) 2019/11/09
3. 短鎖脂肪酸はウズラ免疫器官の抗菌ペプチド発現を高める (ポスター,一般) 2019/11/09
4. 細胞外ヒストンの普遍的細胞毒性 (口頭発表,一般) 2019/09/14
5. 成体アカハライモリ大脳における神経新生 (口頭発表,一般) 2019/09/14
6. ウズラのハーダー腺内の抗菌ペプチドmRNA 発現は短鎖脂肪酸の経口摂取により上昇する (口頭発表,一般) 2019/09/12
プロフィール

職歴


1. 2011/04~2018/03 東邦大学 理学部 生物学科 講師
2. 2018/04~ 東邦大学 理学部 生物学科 准教授

研究課題・受託研究・科研費


1. 2011/04~2012/03  有尾両生類の求愛行動発現制御の内分泌学的解析  (キーワード:脳・神経、生体分子、生理学、生理活性、比較内分泌学)
2. 2011/04~2012/03  両生類の皮膚に見る生き残り戦略:感染防御における外分泌と内分泌系の相互作用  (キーワード:比較内分泌、生体防御、抗菌ペプチド、免疫内分泌)
3. 2011/04~2012/03  両生類をモデルとした脳下垂体機能調節機構研究の新展開  
4. 2012/04~2015/03  抗菌ペプチドの有する生体防御の多機能性とその生理学的意義の解析  
5. 2012/04~2014/03  有尾両生類の求愛行動発現に関わるホルモンの協調作用メカニズム  (キーワード:求愛行動、有尾両生類、ホルモン)