<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 理学部 化学科 高分子化学教室
 Polymer Chemistry Laboratory

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















長谷川 匡俊   教授
  5 3           4
(1)
 17
 
 
 
 
石井 淳一   准教授
  5  2          3
(1)
 18
 
 
 
 
 0 3  0 0  0  7
(2)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 市川克樹, 石井淳一, 長谷川匡俊:  核水素化ピロメリット酸二無水物(H-PMDA)より得られる溶液加工性透明ポリイミド(7)低熱膨張特性改善に対する新規なジアミンの効果.  ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2019  2019 :101 -103 , 2019
2. 長澤祐里, 石井淳一, 長谷川匡俊:  溶液加工性透明ポリイミド(5)セルロースナノファイバーとの複合化.  ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2019  2019 :104 -106 , 2019
3. 星野克尚, 佐藤寛貴, 石井淳一, 長谷川匡俊:  新規な脂環式テトラカルボン酸二無水物より得られる溶液加工性透明ポリイミド(2).  ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2019  2019 :107 -109 , 2019
4. 鈴木幸太, 佐伯真由美, 石井淳一, 長谷川匡俊:  超低弾性率ポリイミド(14)銅箔接着強度の改善.  ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2019  2019 :95 -97 , 2019
5. 林 史弥, 横山直樹, 石井淳一, 長谷川匡俊:  溶媒可溶性低熱膨張ポリイミド(8)フレキシブルプリント配線基板用カバー材への応用.  ポリイミド・芳香族高分子 最近の進歩2019  2019 :98 -100 , 2019
6. Hasegawa M, Takahashi S, Tsukuda S, Hirai T, Ishii J,Yamashina Y, Kawamura Y:  Symmetric and asymmetric spiro-type colorless poly(ester imide)s with low coefficients of thermal expansion, high glass transition temperatures, and excellent solution-processability.  Polymer  169 :167 -184 , 2019
7. Hasegawa M, Saito T, Tsujimura Y:  Poly(ester imide)s possessing low coefficients of thermal expansion and low water Absorption (IV). Effects of ester-linked tetracarboxylic dianhydrides with longitudinally extended structures.  Polymers for Advanced Technologies  31 (3) :389 -406 , 2020
8. Hasegawa M, Tokunaga R, Hashimoto K, Ishii J:  Crosslinkable polyimides obtained from a reactive diamine and the effect of crosslinking on the thermal properties.  Reactive and Functional Polymers  139 :181 -188 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. 長谷川匡俊: 新規なフレキシブル回路基板用耐熱樹脂.変性ポリイミド.  Insulation 2019,  東京,  2019/11
2. ◎坂口勇二, 石井淳一, 長谷川匡俊: ベンゾアゾール環を含むポリイミド(17)超耐熱性と低熱膨張特性を同時に達成するための新規モノマーの開発.  第27回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議,  東京,  2019/11
3. ◎寺田慶彦, 石井淳一, 長谷川匡俊: 新規スピロ型モノマーより得られる透明ポリイミド(2).  第27回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議,  東京,  2019/11
4. ◎深山卓哉, 石井淳一, 長谷川匡俊, 渡部大輔: ビスノルボルナンテトラカルボン酸二無水物より得られる溶液加工性無色透明ポリイミド(5).  第27回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議,  東京,  2019/11
5. ◎星野克尚, 佐藤寛貴, 石井淳一, 長谷川匡俊: 新規な脂環式テトラカルボン酸二無水物より得られる溶液加工性透明ポリイミド(5).  第27回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議,  東京,  2019/11
6. ◎長井聖那, 石井淳一, 長谷川匡俊: 芳香環含有ビスノルボルナン型テトラカルボン酸二無水物より得られる透明ポリイミド(2).  第27回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議,  東京,  2019/11
7. ◎林 史弥, 横山直樹, 石井淳一, 長谷川匡俊: 溶媒可溶性低熱膨張ポリイミド(11)フレキシブルプリント配線基板用カバー材への応用.  第27回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議,  東京,  2019/11
8. 石井淳一: 特殊モノマーを用いたポリイミドの機能改善効果.  第27回日本ポリイミド・芳香族系高分子会議,  東京,  2019/11
9. ◎坂口勇二, 石井淳一, 長谷川匡俊: ベンゾアゾール環を含むポリイミド(16)超耐熱性と低熱膨張特性を同時に達成するための新規モノマーの開発.  第68回高分子討論会,  福井,  2019/09
10. ◎寺田慶彦, 石井淳一, 長谷川匡俊: 新規スピロ型モノマーより得られる透明ポリイミド.  第68回高分子討論会,  福井,  2019/09
11. ◎深山卓哉, 石井淳一, 長谷川匡俊, 渡部大輔: ビスノルボルナンテトラカルボン酸二無水物より得られる溶液加工性無色透明ポリイミド(4).  第68回高分子討論会,  福井,  2019/09
12. ◎星野克尚, 佐藤寛貴, 石井淳一, 長谷川匡俊: 新規な脂環式テトラカルボン酸二無水物より得られる溶液加工性透明ポリイミド(4).  第68回高分子討論会,  福井,  2019/09
13. ◎石井淳一, 鈴木幸太, 佐伯真由美, 長谷川匡俊: 超低弾性率ポリイミド(17)銅箔接着性改善の検討.  第68回高分子討論会,  福井,  2019/09
14. ◎長井聖那, 石井淳一, 長谷川匡俊: 芳香環含有ビスノルボルナン型テトラカルボン酸二無水物より得られる透明ポリイミド.  第68回高分子討論会,  福井,  2019/09
15. ◎林 史弥, 横山直樹, 石井淳一, 長谷川匡俊: 溶媒可溶性低熱膨張ポリイミド(10)フレキシブルプリント配線基板用カバー材への応用.  第68回高分子討論会,  福井,  2019/09
16. ◎石井淳一, 市倉綾人,石原悠葵, 今泉雄太, 齋藤小侑, 関根あゆ美, 長谷川匡俊: 超低弾性率ポリイミド(16)リン含有化合物による難燃性の改善.  第68回高分子年次大会,  大阪,  2019/05
17. ◎長谷川匡俊, 高橋信也, 佃 壮一, 石井淳一, 山科友香理, 河村芳範: 低熱膨張性,透明性,耐熱性および溶液加工性を有する対称および非対称スピロ構造含有ポリエステルイミド(2).  第68回高分子年次大会,  大阪,  2019/05
18. ◎深山卓哉, 石井淳一, 長谷川匡俊, 渡部大輔: ビスノルボルナンテトラカルボン酸二無水物より得られる溶液加工性無色透明ポリイミド(3).  第68回高分子年次大会,  大阪,  2019/05
19. ◎星野克尚, 佐藤寛貴, 石井淳一, 長谷川匡俊: 新規な脂環式テトラカルボン酸二無水物より得られる溶液加工性透明ポリイミド(3).  第68回高分子年次大会,  大阪,  2019/05
20. ◎長谷川匡俊, 市川克樹, 石井淳一: 核水素化ピロメリット酸二無水物(H-PMDA)より得られる溶液加工性透明ポリイミド(8)低熱膨張特性改善に対する新規なジアミンの効果.  第68回高分子年次大会,  大阪,  2019/05
21. ◎林 史弥, 横山直樹, 石井淳一, 長谷川匡俊: 溶媒可溶性低熱膨張ポリイミド(9)フレキシブルプリント配線基板用カバー材への応用.  第68回高分子年次大会,  大阪,  2019/05
22. ◎Hasegawa M, Takahashi S, Tsukuda S, Ishii J, Yamashina Y, Kawamura Y: Symmetric and Asymmetric Spiro-type Poly(ester imide)s with Low Thermal Expansion Properties, Optical Transparency, Heat Resistance, and Solution-processability (3).  第68回高分子討論会,  福井,  2019/09
  :Corresponding Author
  :本学研究者