東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 薬学部 医療薬学教育センター/薬物治療学研究室
 Department of Pharmacology and Therapeutics

教授:
  高原 章
講師:
  永澤 悦伸
助教:
  相本 恵美
博士研究員:
  曹  新
■ 概要
1.心房細動の発生メカニズム
心房への伸展刺激は心房組織に様々な変化を生じさせ、心房細動の発生や維持に関与すると考えられている。当研究室では心房に対して慢性的な容量負荷を与えるモデル動物を作製し、心臓の形態的変化、電気生理学的変化および心房細動の持続性について検討している。容量負荷に加えてアルドステロンを投与すると心房細動持続時間が延長することを見出したので、そのメカニズムを解析している。
2.薬物によるQT間隔延長リスクの評価
抗ヒスタミン薬、消化管機能改善薬、統合失調症治療薬などの非循環器官用薬に、副作用として心筋のカリウムチャネルに対する抑制作用が報告され、心電図のQT間隔延長および致死性不整脈発生の危険性が指摘されている。ところがこの副作用は発生頻度が低いため、従来の安全性薬理試験の手法ではその危険性を検出できなかった。私達は薬物性QT延長症候群の患者の特徴に関する情報を基にしてモルモットやウサギを用いた評価モデルを考案し、QT延長症候群が症例報告されている薬物による催不整脈作用を検出することに成功している。小動物の生体位心臓から単相性活動電位(MAP)を記録できる電極カテーテルの開発や完全房室ブロックウサギの作成などの技術開発を通じ、薬物が生体心臓に及ぼす作用を高精度で検出することが可能となっている。
3.動物を用いたCAVI計測システムの構築
動脈硬化の発生メカニズム解明や合併症の発生予測には、動脈硬化の程度を経時的に繰り返し計測することは極めて重要であり、非侵襲的で簡便な手法であるCAVI(cardio-ankle vascular index)が注目されている。私たちは実験動物を用いたCAVI計測システムを開発し、CAVIが弾性動脈から筋性動脈にかけての血管緊張性を反映する指標として利用可能であることを明らかにした。動脈血管の構造と血管の生理機能や薬理作用との関係性が明確にされたことで、臨床生理検査で得られるCAVI値の変化と病態生理学との関係性を議論することが可能になった。CAVIが動脈硬化に関連した疾患のリスク指標として期待できる知見が蓄積されている。
■ Keywords
心房細動, QT延長症候群, 心筋イオンチャネル, 心不全, 心肥大, 高血圧, 動脈硬化, CAVI
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  学術研究助成基金助成金 研究活動スタート支援  (研究課題番号:17H07135)
 研究課題:容量負荷から拡張不全への移行過程、増悪因子および治療標的分子の解析  (研究代表者:曹 新)
 研究補助金:1000000円  (代表)
その他
1.  東邦大学学内共同研究費補助金
 研究課題:網膜動脈血流のリアルタイム定量評価技術を応用した非侵襲条件下における細動脈の機能評価法の確立  (研究代表者:高原 章, 分担研究者:永澤 悦伸, 相本 恵美, 堀 裕一, 柴 友明)
 研究補助金:2500000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の公的役職
1.  高原 章 :東邦大学医療センター佐倉病院 安全管理委員会委員・薬事審議会委員
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  高原 章 :日本薬理学会 学術評議員・代議員
2.  永澤 悦伸 :日本薬理学会 学術評議員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















高原 章   教授
博士(薬学)
   1 3          
 11
 
 4
 
 
永澤 悦伸   講師
博士(医学)
    2          1
 11
 1
 3
 
 
相本 恵美   助教
    2          1
 10
 1
 3
 
 
 0 1  0 0  0  2
(0)
 2
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Takahara A, Nozaki S, Ishiguro A, Okamura K, Cao X, Aimoto M, Nagasawa Y:  Selectivity of Ca2+ channel blockers for dilator actions on the isolated lower esophageal sphincter and aorta from rats.  Journal of Pharmacological Sciences  137 (1) :98 -100 , 2018
2. Chiba T, Sakuma K, Komatsu T, Cao X, Aimoto M, Nagasawa Y, Shimizu K, Takahashi M, Hori Y, Shirai K, Takahara A:  Physiological role of nitric oxide for regulation of arterial stiffness in anesthetized rabbits.  Journal of Pharmacological Sciences  :in press , 2018
3. Cao X, Nakamura Y, Izumi-Nakaseko H, Chiba K, Lubna NJ, Goto A, Hagiwara-Nagasawa M, Ando K, Naito AT, Takahara A, Sugiyama A:  Measurement of phosphodiesterase activity in the conduction system and contractile muscle of the rat heart: Evidence of regional difference.  Toho Journal of Medicine  4 (3) :103 -106 , 2018
4. Chiba K, Nakamura Y, Cao X, Fukuda S, Egi K, Hagiwara-Nagasawa M, Izumi-Nakaseko H, Ando K, Tanaka K, Naito AT, Sugiyama A:  Comparison of effects of phosphodiesterase inhibitors, a Rho-kinase inhibitor,
Ca2+-channel blockers and a K+-channel opener on isolated human internal mammary arteries.  Toho Journal of Medicine  :in press , 2018
その他
1. Shirai K, Takata M, Takahara A, Shimizu K:  Medical science is based on evidence (answer to Spronck et al.'s refutation: physics cannot be disputed).  Journal of Hypertension  36 (4) :958 -960 , 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎永澤 悦伸, 川上 聡士, 長澤(萩原) 美帆子, 曹 新, 大村 賢介, 小林 加寿子, 相本 恵美, 高原 章: In vivo ウサギ催不整脈モデルを用いた抗ヒスタミン薬アゼラスチンの催不整脈作用の検討.  第28回日本循環薬理学会,  東京,  2018/12
2. ◎岡本 洋介, ナイン イエイ アウン, 永澤 悦伸, 高木 大地, 尾野 恭一: ラット肺静脈心筋細胞におけるカテコラミン誘発性自動能の分子基盤.  第28回日本循環薬理学会,  東京,  2018/12
3. ◎相本 恵美, 灘 みづき, 八木 啓太, 江沢 亜耶, 福本 真利江, 恒岡 弥生, 長谷川 健志, 永澤 悦伸, 田中 光, 高原 章: 慢性的な容量負荷刺激は心房の構造的・電気的リモデリングを介して心房細動の持続化に寄与する ~TRPC3チャネルの役割~.  第28回日本循環薬理学会,  東京,  2018/12
4. ◎小松哲也, 柴 友明, 永澤悦伸, 相本恵美, 佐久間清, 千葉達夫, 曹 新, 高原 章, 松本 直, 堀 裕一: レーザースペックルフローグラフィーを用いたアドレナリン全身投与に対する白色家兎の眼循環応答と全身循環との関連.  第38回日本眼薬理学会,  長崎大学医学部記念講堂、長崎市,  2018/09
5. ◎木村 謙吾, 得居 岬, 永澤 悦伸, 有山 智博, 小林 加寿子, 曹 新, 相本 恵美, 石井 敏浩, 高原 章: 抗ヒスタミン薬メキタジンがイソフルラン麻酔モルモットの心室再分極相に与える影響.  第4回次世代を担う若手のためのレギュラトリーサイエンスフォーラム,  東京,  2018/09
6. ◎小松 和哉、相本 恵美、曹 新、永澤 悦伸、高原 章: Furosemideの慢性投与が心房細動の持続性に与える影響 ~慢性容量負荷モデルラットを用いた検討~.  第62回日本薬学会関東支部大会,  東京,  2018/09
7. ◎田中 有加, 相本 恵美, 曹 新, 永澤 悦伸, 高原 章: Amiodaroneの心房有効不応期延長作用はaldosterone慢性負荷により減弱するー心房細動モデルラットを用いた検討ー.  第62回日本薬学会関東支部大会,  東京,  2018/09
8. ◎白取 広芸, 霜田 晃, 佐久間 清, 曹 新, 相本 恵美, 永澤 悦伸, 高原 章: 昇圧薬が弾性動脈と筋性動脈の血管stiffnessに与える影響.  第62回日本薬学会関東支部大会,  東京,  2018/09
9. ◎佐久間 清, 小松 哲也, 白取 広芸, 霜田 晃, 千葉 達夫, 曹 新, 相本 恵美, 永澤 悦伸, 高原 章: 血管収縮薬の急性作用が動脈血管の硬さに及ぼす影響: アドレナリンとアンジオテンシンIIの作用比較.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
10. ◎小倉 健, 鈴木 啓太, 永澤 悦伸, 曹 新, 相本 恵美, 高原 章: Insulinが生体位心室筋の心筋再分極過程へ及ぼす影響 ~Isoflurane麻酔下モルモットを用いた検討~.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
11. ◎曹 新, 相本 恵美, 永澤 悦伸, 高原 章: 容量負荷に起因する拡張不全への進展過程の分析.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
12. ◎木村 謙吾, 得居 岬, 永澤 悦伸, 有山 智博, 小林 加寿子, 曹 新, 相本 恵美, 石井 敏浩, 高原 章: イソフルラン麻酔モルモットにおけるクロルフェニラミン、プロメタジン及びメキタジンのQT間隔への影響.  第20回応用薬理シンポジウム,  東京,  2018/08
国際学会
1. ◎Cao X, Nagasawa Y, Aimoto M, Zhu B, Tang Y, Takahara A: Analysis of the influence of chronic volume overload on ventricle.  2018 International Experimental Biology and Medicine Conference,  Chengdu, China,  2018/10
2. ◎Aimoto M, Cao X, Nagasawa Y, Takahara A: TRPC3 channel inhibitor pyrazole-3 suppresses atrial fibrillation in rats with aorto-venocaval shunt as a pathological condition of chronic volume overload.  The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology,  Kyoto,  2018/07
3. ◎Cao X, Nagasawa Y, Aimoto M, Takahara A: Analysis of therapeutic utility of a multi-ion channel inhibitor acehytisine for paroxysmal supraventricular tachycardia in anesthetized guinea pigs.  The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology,  Kyoto,  2018/07
4. ◎Nagasawa Y, Hagiwara-Nagasawa M, Shibuta S, Takada K, Kambayashi R, Nakajo M, Cao X, Aimoto M, Takahara A: Sensitivity of the acute atrioventricular block rabbit as a novel model for detecting drug-induced Torsade de Pointes arrhythmias.  The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology,  Kyoto,  2018/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者