東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2017年度 | 2018年度 | 2019年度
 看護学部 看護学科 感染制御学研究室
 Department of Infection Control and Prevention

教授:
  小林 寅吉
准教授:
  勝瀬(金山) 明子
助教:
  金坂 伊須萌
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















小林 寅吉   教授
博士(保健学)
   1           
 3
 
 2
 
 
勝瀬(金山)明子   准教授
博士(医学)
    1          
 3
 
 2
 
 
金坂 伊須萌   助教
博士(理学)
    1          2
 1
 1
 1
 
 
 0 1  0 0  0  2
(0)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Intetsu Kobayashi, Izumo Kanesaka, Akiko Kanayama Katsuse, Hiroshi Takahashi, Ryo Okumura, Yasuhiro Nakanishi, Akihiro Kaneko:  Gene expression analysis in the potent bactericidal activity of sitafloxacin against Streptococcus pneumoniae.  Journal of Infection and Chemotherapy  25 (4) :322 -324 , 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎金坂伊須萌, 吉田直美, 勝瀬(金山)明子, 小林 寅喆: 臨床より分離された市中感染型および病院感染型MRSAのバイオフィルム形成能および生存生に関する検討.  第33回バイオフィルム学会学術集会,  福岡,  2019/07
2. ◎伊藤隆光, 金坂伊須萌, 勝瀬明子, 小山英明, 松本哲, 小林寅喆: 肺炎患者より検出された多剤耐性Streptococcus pneumoniae の細菌学的性状.  第67回日本化学療法学会総会,  東京,  2019/05
3. ◎金坂伊須萌, 勝瀬(金山)明子, 相羽由詞, 渡邊真弥, 崔龍洙, 小林寅喆: Daptomycin非感受性MRSAにおける同薬感受性化に関する細菌学的解析.  第67回日本化学療法学会総会,  東京,  2019/05
国際学会
1. ◎Izumo Kanesaka, Tatsuya Ishikawa, Ritsuko Shishido, Makoto Nagashima, Takamitsu Ito, Akiko Kanayama Katsuse, Hiroshi Takahashi, Intetsu Kobayashi: Clinical and Bacteriological Study of Direct Vancomycin MICs from MRSA Positive Blood Cultures.  ASM microbe2019,  San Francisco, 米国,  2019/06
2. Takamitsu Ito, Izumo Kanesaka, Akira Ohno, Akiko Kanayama Katsuse, Hideaki Koyama, Satoru Matsumoto, Hiroshi Takahashi, Intetsu Kobayashi: Bacteriological Characterization of a Multi-Drug Resistant Strepococcus pneumoniae Isolate: Changing Epidemiology of pneumococcus Post-National Vaccine Program for Seniors in Japan.  ASMmicrobe2019,  San Francisco, 米国,  2019/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者