東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 看護学部 看護学科 感染制御学研究室
 Department of Infection Control and Prevention

教授:
  小林 寅吉
講師:
  勝瀬(金山)明子
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















小林 寅吉   教授
博士(保健学)
  1 1 4  1 1       1
 8
 1
 1
 
 
勝瀬(金山)明子   講師
博士(医学)
  1 1 3  1        3
 5
 
 2
 
 
金坂 伊須萌   助教
修士(理学)
 1  1 3          3
 6
 1
 1
 
 
 1 3  2 0  0  7
(0)
 2
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 金坂伊須萌, 伊與田貴子, 天野綾子, 小山英明, 松本哲, 勝瀬(金山)明子, 小林寅喆:  関東地方において分離されたNeisseria gonorrhoeaeに対する各種抗菌薬感受性推移および第3世代セフェム耐性化に関する検討.  日本性感染症学会誌  in (;) :press , 2018
2. Akiko Kanayama Katsuse, Masako Takishima, Miyuki Nagano, Kyoko Kikuchi, Hiroshi Takahashi, Akihiro Kaneko,Intetsu Kobayashi:  Cross-contamination of bacteria-colonized pierced earring holes and
fingers in nurses is a potential source of health care-associated
infections.  American journal of infection control  In Press :https://doi.org/10.1016/j.ajic.2018.06.006 , 2018
3. Masatoshi Tanaka, Ryusaburo Furuya, Intetsu Kobayashi, Izumo Kanesaka, Akira Ohno, Akiko K Katsuse:  Antimicrobial resistance and molecular characterization of Neisseria gonorrhoeae isolates in Fukuoka, Japan, from 1996 to 2016.  Global Antimicrobial Resistance  in (:) :press , 2018
4. Kawakami, N., Shimada, K., Fujita, T., Kanesaka, I., Kobayashi, I., and Fujisaki, S.:  Construction of Staphylococcus aureus mutant deficient in the undecaprenol kinase gene, dgkA, and elucidation of the role of undecaprenol kinase in the metabolism of undecaprenyl phosphate.  Journal of Biological Macromolecules  18 (3) :e47 -e54 , 2018
5. Intetsu Kobayashi, Izumo Kanesaka, Akiko Kanayama Katsuse, Hiroshi Takahashi, Ryo Okumura, Yasuhiro Nakanishi, Akihiro Kaneko:  Gene expression analysis in the potent bactericidal activity of sitafloxacin against Streptococcus pneumoniae.  Journal of Infection and Chemotherapy  In :press , 2018
6. Izumo Kanesaka, Shingo Fujisaki, Yoshifumi Aiba, Shinya Watanabe, Takashi Mikawa, Akiko Kanayama Katsuse, Hiroshi Takahashi, Longzhu Cui, Intetsu Kobayashi:  Characterization of compensatory mutations associated with restoration of daptomycin- susceptibility in daptomycin non-susceptible methicillin-resistant Staphylococcus aureus and the role mprF mutations.  Journal of Infection and Chemotherapy  in (:) :press , 2018
■ 著書
1. 小林寅喆、長谷川美幸:  第1章 抗菌薬・抗ウイルス薬 22.腸内細菌叢と抗菌薬の影響・ヨーグルトの効用.  歯科におけるくすりの使い方2019-2022  110-115.  デンタルダイヤモンド社,  東京都, 2018
2. 勝瀬(金山)明子:  第1章 抗菌薬・抗ウイルス薬 13.グラム染色と抗菌薬感受性検査の読み方.  歯科におけるくすりの使い方2019-2022  56-59.  デンタルダイヤモンド社,  東京都, 2018
3. 伊藤隆光, 小林 寅喆:  感染制御に関連した微生物検査-アウトブレイクに備えて アウトブレイク時の保菌者検査 MRSA.  臨床と微生物  371-376.  近代出版,  東京, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎勝瀬明子, 金坂伊須萌, 小林寅喆,栗川幸子: 市中皮膚科医院において色素沈着の認められる患者の爪から分離された各種細菌と背景に関する検討.  第53回緑膿菌感染症研究会,  秋田市,  2019/03
2. 倉地 里枝, 金坂 伊須萌, ◎勝瀬(金山)明子, 小林 寅喆: 入院時の患者における抗菌薬耐性腸内細菌科細菌の保菌状況に関する検討.  第18回東邦看護学会学術集会,  東京,  2018/12
3. ◎金坂伊須萌, 山根夏枝, 伊與田貴子, 天野綾子, 小山英明, 松本哲, 勝瀬(金山)明子, 志牟田健, 大西真, 小林寅喆: CTRX耐性N. gonorrhoeaeおよびCTRX低感受性N. subflavaに対するpenA遺伝子解析.  日本性感染症学会 第31回学術大会,  東京,  2018/11
4. ◎小林 寅喆, 金坂伊須萌, 勝瀬(金山)明子, 伊與田貴子, 天野綾子, 小山英明, 松本哲: 関東地方において分離されたNeisseria gonorrhoeaeの各種抗菌薬感受性に関する検討.  日本性感染症学会 第31回学術大会,  東京,  2018/11
5. ◎藤崎真吾, 川上直輝, 嶋田圭純, 藤田高彬, 實川智貴, 谷恵栄子, 齋藤雄一郎, 金坂伊須萌, 小林寅喆: 細菌の細胞壁合成リピドサイクルにおけるウンデカプレニルリン酸の供給経路ーグラム陰性菌とグラム陽性菌の比較.  第17回微生物研究会,  東京,  2018/11
6. ◎金子明寛, 傳田裕也, 鈴木崇嗣, 中西康大, 渡辺大介, 小山英明, 長谷川美幸, 松本哲, 金坂伊須萌, 勝瀬(金山)明子, 小林寅喆: 2016年〜2017年における歯性感染症分離菌の検出率および各種抗菌薬感受性の経年変化.  第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会 第65回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会,  東京,  2018/10
7. ◎金坂伊須萌, 大野章, 山根夏枝, 伊與田貴子, 天野綾子, 小山英明, 松本哲, 勝瀬(金山)明子, 志牟田健, 大西真, 小林寅喆: 国内で分離されたCTRX耐性を示すN. gonorrhoeaeN. subflavaに対するpenA遺伝子解析.  第67回日本感染症学会東日本地方会学術集会 第65回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会,  東京,  2018/10
8. ◎金坂伊須萌、石川達也、宍戸律子、伊藤隆光、勝瀬(金山)明子、小林寅喆: 血液由来S. aureusに対するVancomycinのDirect MICに関する臨床的および基礎的検討.  第92回日本感染症学会学術講演会・第66回日本化学療法学会総会 合同学会,  岡山,  2018/06
9. ◎勝瀬(金山)明子、倉地里枝、金坂伊須萌、小林寅喆、金子明寛: 看護学生の耳ピアス孔におけるStaphylococcus aureusの保菌とその伝播経路に関する検討.  第92回日本感染症学会学術講演会・第66回日本化学療法学会総会 合同学会,  岡山,  2018/05
国際学会
1. ◎I. Kobayashi, I. Kanesaka, Y. Ishimura, H. Takahashi, A. Ohno, A. Katsuse Kanayama, A. Kaneko, K. Ohkusu: Klebsiella isolated from cases of nail plate discoloration/pigmentation and their etiologic significance.  ASM microbe2018,  Atlanta, 米国,  2018/06
2. ◎Izumo Kanesaka, Shingo Fujisaki, Yoshifumi Aiba, Shinya Watanabe, Akiko Katsuse Kanayama, Hiroshi Takahashi, Longzhu Cui, Intetsu Kobayashi: Bacteriological Analysis of Daptomycin-Resistant MRSA Isolates and after In-Vitro Conversion to Daptomycin-Susceptible.  ASM microbe2018,  Atlanta, 米国,  2018/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者