<<< 前 2020年度 | 2021年度 | 2022年度
 医学部 医学科 外科学講座(佐倉)
 Department of Surgery (Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















岡住 慎一   教授
  1  2          1
(1)
 1
 
 
 
 
佐野 厚   教授
 1   6          
 2
(1)
 
 
 
 
本村 昇   教授
  1            
 
 
 
 
 
大城 崇司   准教授
    2          
 
 
 
 
 
佐藤 雄   講師
    3          2
 1
(1)
 1
 
 
 
瓜田 祐   助教
    1          
 
 
 
 
 
門屋 健吾   助教
    1          
 
 
 
 
 
北原 知晃   助教
    1          
 
 
 
 
 
佐藤 礼実   助教
   1           
 
 
 
 
 
鍋倉 大樹   助教
    2          
 
 
 
 
 
吉田 豊   助教
    1          
 
 
 
 
 
 1 1  0 0  0  3
(1)
 1
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














岡住 慎一   教授
         1
(1)
 
 
佐野 厚   教授
 1        
 
 
本村 昇   教授
         
 
 
大城 崇司   准教授
         
 
 
佐藤 雄   講師
         2
 1
 
瓜田 祐   助教
         
 
 
門屋 健吾   助教
         
 
 
北原 知晃   助教
         
 
 
佐藤 礼実   助教
  1       
 
 
鍋倉 大樹   助教
         
 
 
吉田 豊   助教
         
 
 
 1 1  0 0  0  3
(1)
 1
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 佐野 厚, 坂井 貴志, 東 陽子, 肥塚 智, 大塚 創, 伊豫田 明:  COVID-19時代の呼吸器外科診療.  日本気管食道科学会会報  73 (2) :73 -74 , 2022
2. 金居理恵子, 山口崇, 中村祥子, 木村道明, 日高舞, 大場睦, 古舘晶弘, 高嶋加奈子, 治田寛之, 河井貴行, 神戸和泉, 鮫田真理子, 浦野敦, 齋木厚人, 岡住慎一:  東邦大学医療センター佐倉病院におけるNST活動の現状と新たな取り組み.  日本臨床栄養学会雑誌  43 (1) :57 -61 , 2022
3. Ishii M, Takemasa I, Okita K, Okuya K, Hamabe A, Nishidate T, Akizuki E, Sato Y, Miura R, Korai T, Sugita S, Hasegawa T:  A modified method for resected specimen processing in rectal cancer: semi-opened with transverse slicing for measuring of the circumferential resection margin.  Asian Journal of Endoscopic Surgery  15 (2) :437 -442 , 2022
4. Ohira M, Abe K, Yamaguchi T, Onda H, Yamaoka S, Nakamura S, Tanaka S, Watanabe Y, Nabekura T, Oshiro T, Nagayama D, Saiki A, Tatsuno I:  Preoperative Plasma Aldosterone Predicts Complete Remission of Type 2 Diabetes after Bariatric Surgery.  Obesity Facts  15 (3) :373 -383 , 2022
5. Hamabe A, Ishii M, Kamoda R, Sasuga S, Okuya K, Okita K, Akizuki E, Sato Y, Miura R, Onodera K, Hatakenaka M, Takemasa I:  Artificial intelligence–based technology for semi-automated segmentation of rectal cancer using high-resolution MRI.  PLOS ONE  17 (6) : , 2022
6. Narushima K, Nishii R, Okazumi S, Shimada H, Akutsu Y, Maeda T, Yasuda S, Yamada S, Shuto K, Tamura K, Yamazaki K, Shinoto M, Ishikawa H, Mori M, Matsubara H:  [S-methyl-11C]-L-methionine positron emission tomography/computed tomography imaging parameters to evaluate early response for esophageal cancer with neoadjuvant carbon ion radiotherapy.  Scientific Reports  12 (1) :13694 , 2022
症例報告
1. ◎戸谷俊介, 蛭田啓之, 高橋啓, 本村昇, 清水一寛:  肺塞栓症の原因として右室内感染性心内膜炎か右室内腫瘍かの鑑別に難渋し最終的にCalcified amorphous tumorと診断した一例.  心臓  :838 -843 , 2022
2. Sato A, Sato Y, Hiruta N, Oshiro T, Yoshida Y, Urita T, Kitahara T, Kadoya K, Nabekura T, Moriyama Y, Okazumi S:  Signet-ring cell carcinoma of the appendix with ganglioneuromatosis: a case report.  Surgical case reports  8 (1) :151 -151 , 2022
■ 学会発表
国内学会
1. ◎岡住慎一: 肥満外科の現状と栄養学的効果.  第36回日本臨床栄養代謝学会,  神戸 日本,  2022/07
2. ◎佐藤雄, 沖田憲司, 奥谷浩一, 秋月恵美, 浜部敦史, 石井雅之, 三浦亮, 古来貴寛, 竹政伊知朗: 大腸癌手術におけるICG蛍光リンパ流ナビゲーションの有用性.  第77回日本消化器外科学会総会,  横浜,  2022/07
3. ◎田中宏, 榊原雅裕, 平塚萌子,: 低侵襲性を追求する乳房切除術.  第30回日本乳癌学会学術総会,  横浜,  2022/06
4. ◎柿崎奈々子, 渡邉 学, 前谷 容, 岡住慎一, 石井良和: 急性腹部感染症における自動多項目同時遺伝子システムFilmArraⓇyの有用性に関する検討.  第160回 東邦医学会総会,  東京,  2022/06
5. ◎佐藤雄, 沖田憲司, 奥谷浩一, 秋月恵美, 浜部敦史, 石井雅之, 三浦亮, 古来貴寛, 及能大輔, 竹政伊知朗: ICG蛍光リンパ流ナビゲーションを利用した大腸癌リンパ節郭清における病理学的検討.  第122回日本外科学会定期学術集会,  熊本,  2022/04
6. ◎谷公孝, 小川真平, 板橋道朗, 内野基, 池内浩基, 岡林剛史, 大毛宏喜, 田中信治, 二見喜太郎, 渡辺和宏, 永原央, 大北喜基, 島田能史, 水内祐介, 岡本欣也, 山田一隆, 肥田侯矢, 佐藤雄, 石原聡一郎, 味岡洋一: UC associated neoplasm (UCAN)に対する腹腔鏡下手術の長期成績.  第122回日本外科学会定期学術集会,  熊本,  2022/04
国際学会
1. ◎Sato Y, Okita K, Okuya K, Akizuki E, Hamabe A, Takemasa I: Lymph node dissection for colon cancer using the real-time indocyanine green fluorescence imaging.  American Society of Colon & Rectal Surgeons (ASCRS) 2022 Annual Scientific Meeting,  Tampa, USA,  2022/05
その他
1. ◎田中宏, 榊原雅裕, 平塚萌子, 杉浦善弥, 蛭田啓之,: 乳癌髄膜播種に対して照射および抗悪性腫瘍薬髄注療法にてQOLを改善した一例.  第44回日本癌局所療法研究会,  大阪,  2022/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者