東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 内科学講座 循環器内科学分野(佐倉)
 Division of Cardiovascular Medicine, Department of Internal Medicine (Sakura)

講師:
  清水 一寛
  高橋 真生
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















清水 一寛   講師
  2 1 4  1 2       1
 9
 
 
 3
 3
高橋 真生   講師
  1  4          2
(1)
 4
 
 1
 
 1
飯塚 卓夫   助教
    1          
 
 
 
 
 1
清川 甫   助教
    1          
 6
 
 
 1
(1)
 3
佐藤 修司   助教
    1          
 2
(1)
 
 
 
 2
(1)
鈴木 理代   助教
              1
 
 
 
 
 1
中神 隆洋   助教
    1          
 5
 
 
 
 3
美甘 周史   助教
    1          1
 
 
 
 
 1
 0 1  1 0  0  5
(1)
 0
(0)
 4
(1)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 寺山圭一郎, 清水一寛, 小川明宏, 秋葉崇, 土谷あかり, 寺本博, 縄田千恵, 中島悠華, 高木瑛基, 新野直明, 中川晃一:  地域在住高齢女性におけるロコモティブシンドローム.  J. Musculoskeletal Medicine  29 (1) :38 -44 , 2018
2. Koji Takahashi, Tomoyuki Yamamoto, Shinichi Tsuda, Fumio Okabe, Tadashi Shimose, Yoshinori Tsuji, Kenji Suzuki, Kuniaki Otsuka, Masanobu Takata, Kazuhiro Shimizu, Junji Uchino, Kohji Shirai:  Coefficients in the CAVI Equation and the Comparison Between CAVI With and Without the Coefficients Using Clinical Data.  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  25 :000 -000 , 2018
3. Watanabe I, Tatebe J, Fujii T, Noike R, Saito D, Koike H, Yabe T, Okubo R, Nakanishi R, Amano H, Toda M, Ikeda T, Morita T:  Prognostic Utility of Indoxyl Sulfate for Patients with Acute Coronary Syndrome.  Journal of Atherosclerosis and Thrombosis  26 :64 -71 , 2019
4. Chiba T, Sakuma K, Komatsu T, Cao X, Aimoto M, Nagasawa Y, Shimizu K, Takahashi M, Hori Y, Shirai K, Takahara A:  Physiological role of nitric oxide for regulation of arterial stiffness in anesthetized rabbits.  Journal of Pharmacological Sciences  139 (1) :42 -45 , 2019
症例報告
1. 田端強志, 杉山恵, 丹治直映, 藺藤佑哉, 齊藤綾, 本村昇, 清水一寛, 高田伸夫:  ヘパリン在宅自己注射管理中にstuck valveをきたした機械弁置換術後患者の一例.  超音波医学  45 :317 -321 , 2018
2. Kazuhiro Shimizu, Tsuyoshi Tabata, Hajime Kiyokawa, Yukihiro Morinaga, Shuji Sato, Hiroshi Mikamo, Takahiro Nakagami, Takuo Iiduka, Kohji Shirai, Mahito Noro:  A Case Demonstrating the Cardio-Vascular Interaction by a New Cardio-Ankle Vascular Index During the Treatment of Concentric Hypertrophy.  Cardiol Res.  10 (1) :54 -58 , 2019
3. Hiroto Aikawa, Kazuhiro Shimizu, Mahito Noro:  A Case Demonstrating the Ribaroxaban Therapy for Paradoxical Embolism.  Cardiol Res.  10 (1) :63 -67 , 2019
その他
1. Shirai K, Takata M, Takahara A, Shimizu K:  Medical science is based on evidence (answer to Spronck et al.'s refutation: physics cannot be disputed).  Journal of Hypertension  36 (4) :958 -960 , 2018
■ 著書
1. 清水一寛:  出血高リスクVTE例に対する抗凝固療法.  VTE Clinical File  8-10.  メディカルビュー社,  東京、日本, 2018
2. 清水一寛, 池田隆徳:  C2-9深部静脈血栓症・肺血栓塞栓症 C3-1血液検査 C3-6ABI C5-6抗血小板薬 C5-7 抗凝固薬・血栓溶解薬.  看護の現場をスイスイ泳ごう! ちびナス 循環器  47-122.  メディカ出版,  大阪、日本, 2018
3. 田端強志, 稲岡努, 清水一寛, 高田伸夫:  下肢動脈:膝窩動脈外膜嚢腫.  臨床検査  266-273.  医学書院,  東京, 日本, 2019
■ 学会発表
国内学会
1. ◎石井梨奈, 中村啓二郎, 高木高人, 橋本晃, 榎本善成, 諸井雅男, 中村正人, 酒井毅, 野呂眞人, 杉薫: 頻拍性慢性心房細動による心不全に対して房室結節アブレーションとヒス束ペーシングによる治療を行った1例.  第11回植込みデバイス関連冬季大会,  東京,  2019/02
2. ◎榎本善成, 中村啓二郎, 石井梨奈, 野呂眞人, 杉薫, 諸井雅男, 中村正人: 80歳以上の高齢者におけるリードレスペースメーカーの安全性と有効性.  第11回植込みデバイス関連冬季大会,  東京,  2019/02
3. ◎清水一寛, 田端強志, 清川甫, 中神隆洋, 森永幸大, 丹治直映, 佐々木健, 佐藤修司, 高田伸夫, 野呂眞人: 左室心筋重量に影響する心臓血管連関.  第53回日本成人病学会総会,  東京, 日本,  2019/01
4. ◎丹治直映, 清水一寛, 守永幸大, 佐藤文, 蓮沼絵里香, 高橋憲子, 杉山恵, 高橋修, 佐々木健, 金徳男, 田端強志, 黒須巧, 鈴木淳, 高田伸夫: ピタバスタチンによる頸動脈硬化進展抑制の優位性 TOHO LIPサブ解析.  第53回日本成人病学会総会,  東京、日本,  2019/01
5. ◎川添理代, 武城英明: 無症状で発見された重症三枝病変の家族性高コレステロール血症の一例.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/11
6. ◎美甘周史, 姜 美子, 野呂眞人, 鈴木康夫, 蛭田啓之, 久保田浩之, 武城英明: 心外膜脂肪と皮下脂肪組織は、褐色化遺伝子発現および減量に対する感受性が異なる.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/11
7. ◎橋本晃, 中村啓二郎, 鳥居俊介, 清水貴之, 石井梨奈, 浅見雅子, 佐原尚彦, 高木高人, 榎本義成, 久次米真吾, 熊谷賢太, 酒井毅, 野呂眞人, 杉薫: 僧帽弁置換術後の弁周囲領域から出現したPVCに対してprepotentialを指標にしたアブレーションした1例.  カテーテルアブレーション関連秋季大会2018,  沖縄,  2018/11
8. ◎石井梨奈, 高木高人, 橋本晃, 榎本義成, 中村啓二郎, 野呂眞人, 杉薫: EnSite Sparkling map により心房late potential を評価し治療に有用であった心房中隔欠損閉鎖術後心房頻拍.  カテーテルアブレーション関連秋季大会2018,  沖縄,  2018/11
9. ◎寺山圭一郎, 清水一寛, 小川明宏, 秋葉崇, 土谷あかり, 寺本博, 中神隆洋, 清川甫, 中島新: 心不全患者における心臓リハビリテーション開始時の貧血の有無と退院時の身体機能およびサルコペニアとの関連.  第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会,  仙台 日本,  2018/11
10. ◎小川明宏, 清水一寛, 寺山圭一郎, 秋葉崇, 土谷あかり, 寺本博, 中神隆洋, 清川甫, 高橋真生, 中島新, 丸岡弘, 白井厚治4): CAVIを指標とした血管機能とサルコペニアの関連性および血管機能規定因子の検討.  第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会,  仙台 日本,  2018/11
11. 佐藤修司: 当院におけるOptimal PCIの変化.  第249回日本循環器学会関東甲信越地方会,  東京,  2018/09
12. ◎小川明宏, 清水一寛, 寺山圭一郎, 秋葉崇, 土屋あかり, 高橋真生, 中神隆洋, 清川甫, 伊藤拓郎, 岩川幹弘, 丸岡弘, 中島新, 白井厚治: Cardio Ankle Vascular Indexを指標とした血管弾性機能とサルコペニアの関連性と骨格筋量の規定因子の検討.  第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  横浜, 日本,  2018/07
13. ◎寺山圭一郎, 清水一寛, 小川明宏, 秋葉崇, 土屋あかり, 高橋真生, 中神隆洋, 清川甫, 伊藤拓郎, 岩川幹弘, 新野直明, 中島新: Calf Ankle Indexと臨床検査データの関連.  第24回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  横浜, 日本,  2018/07
14. ◎高橋真生, 柴友明, 清水一寛, 白井厚治, 野呂眞人: 睡眠の血管弾性能CAVIに与える影響とその意義.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
15. ◎守永幸大, 田端強志, 丹治直映, 金徳男, 黒須巧, 鈴木淳, 清川甫, 清水一寛, 高田伸夫: 降圧治療により左室肥大が退縮した患者の左心機能と血管弾性機能.  日本超音波医学会第91回学術集会,  神戸、日本,  2018/06
16. ◎田端強志, 佐々木健, 金徳男, 稲岡努, 清水一寛, 高田伸夫: 超音波検査が有用であったベーカー嚢胞破裂の2症例.  日本超音波医学会第91回学術集会,  神戸、日本,  2018/06
17. ◎Mao Takahashi, Chikao Miyazaki, Cao Xin, Akira Takahara, Kohji Shirai, Mahito Noro: Takotsubo-like cardiomyopathy observed in the intracranial hemorrhage model of rabbits.  第83回日本循環器学会学術集会,  横浜,  2019/03
国際学会
1. ◎Nakamura K, Hashimoto H, Enomoto Y, Takagi T, Ishii R Nakamura M, Noro M, Sugi K: Cardiac Sympathetic Denervation in Patients with Referactory Ventricular Arrhythmias and Uncontrolled Heart Fai
lure: Two Cases Experience.  APHRS 2018,  Taipei,  2018/10
その他
1. ◎清水一寛, 田端強, 清川甫, 中神隆洋, 高田伸夫, 野呂眞人: 心臓超音波とCardio ankle vascular indexで明らかになった心臓血管連関.  第153回東邦医学会,  東京, 日本,  2019/02
2. ◎清水一寛: 当院におけるがんと静脈血栓塞栓症の現状.  第2回VTE研究会,  丸の内 日本,  2018/11
3. ◎寺山圭一郎, 清水一寛, 小川明宏, 秋葉崇, 土谷あかり, 寺本博, 縄田千恵, 中島悠華, 高木瑛基, 中島新: オリジナル指標であるCalf Ankle Indexの有用性について.  第11回佐倉病院学術集会,  佐倉市 千葉,  2018/10
4. ◎清水一寛, 田端強志, 清川甫, 中神隆洋, 高田伸夫, 野呂眞人: 心臓超音波とCardio ankle vascular indexで明らかにした心臓血管連関.  第11回佐倉病院学術集会,  佐倉市 千葉,  2018/10
5. ◎瀧口真央, 高田伸夫, 清水一寛, 鈴木淳, 黒須巧: エルゴメーターを用いた心肺運動負荷試験.  第11回佐倉病院学術集会,  佐倉市, 千葉,  2018/10
6. 佐藤修司: VTE治療における進歩と現状~CTEPHに対するカテーテル治療~.  INNOVATEプログラム2018千葉,  千葉,  2018/10
7. 清川甫: 治療介入に成功した心アミロイドーシスの一例.  第51回循環器合同カンファレンス,  千葉県八千代市,  2018/07
8. ◎清水一寛, 田端強志, 森永幸大, 清川甫, 戸谷俊介, 相川博音, 伊藤拓郎, 岩川幹弘, 杉崎雄太, 佐藤修司, 美甘周史, 中神隆洋, 川添理代, 飯塚卓夫, 高橋真生, 高田伸夫, 野呂眞人: 心臓血管連関.  第42回Advanced Cardiovascular Symposium,  東京, 日本,  2018/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者