<<< 前 2019年度 | 2020年度 | 2021年度
 医学部 医学科 内科学講座 循環器内科学分野(佐倉)
 Division of Cardiovascular Medicine, Department of Internal Medicine (Sakura)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















清水 一寛   准教授
    2  1        2
(1)
 7
(2)
 
 
 
 1
髙橋 真生   講師
    1          1
(1)
 3
(1)
 
 
 
 1
木下 利雄   助教
    2  1        
 5
(5)
 
 
 
 1
清川 甫   助教
    1          
 3
 
 
 
 1
佐藤 修司   助教
    1          1
(1)
 6
(2)
 
 
 
 1
中神 隆洋   助教
              
 2
 
 
 
 
 0 0  2 0  0  4
(3)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














清水 一寛   准教授
    1     2
(1)
 
 
髙橋 真生   講師
         1
(1)
 
 
木下 利雄   助教
    1     
 
 
清川 甫   助教
         
 
 
佐藤 修司   助教
         1
(1)
 
 
中神 隆洋   助教
         
 
 
 0 0  2 0  0  4
(3)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. Tsuyoshi Tabata, Kazuhiro Shimizu (CO), Yukihiro Morinaga, Naoaki Tanji, Ruiko Yoshida, Masahiro Iwakawa, Hajime Kiyokawa, Nobuo Takada:  The Relationship Between Cardio-Ankle Vascular Index and Left Atrial Phasic Function in Hypertensive Patients With Preserved Ejection Fraction.  Frontiers in Medical Technology, section Cardiovascular Medtech  :1 -8 , 2021
2. Ikeda N, Amemiya K, Sato S, Iijima R, Hara H, Nakamura M:  Evolution of patients with chronic thromboembolic pulmonary hypertension treated by balloon pulmonary angioplasty, according to their anticoagulant regimens.  Heart and Vessels  36 (6) :910 -915 , 2021
3. Saiki A, Watanabe Y, Yamaguchi T, Ohira M, Nagayama D, Sato N, Kanayama M, Takahashi M, Shimizu K, Moroi M, Miyashita Y, Shirai K, Tatsuno I.:  CAVI-Lowering Effect of Pitavastatin May Be Involved in the Prevention of Cardiovascular Disease: Subgroup Analysis of the TOHO-LIP.  Journal of atherosclerosis and thrombosis  28 :1083 -1094 , 2021
■ 著書
1. 清水一寛:  感染性心内膜炎.  HEART nursing  28-32.  MC メディカ出版,  大阪 日本, 2021
2. 木下 利雄:  心電図 36歳男性 動悸.  日経メディクイズ(デジタル版)  1.  日経メディカル,  東京、日本, 2021
■ 学会発表
国内学会
1. ◎佐藤修司: 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 (CTEPH)における血管機能指標Cardio-ankle vascular index (CAVI)の臨床的意義.  第3回 臨床血管web研究会,  東京,  2021/10
2. ◎小川明宏, 清水一寛, 寺山圭一郎, 秋葉崇, 中神隆洋, 清川甫, 岩川幹弘, 丸岡弘, 白井厚治: 等尺性収縮運動による動脈弾性Cardio-Ankle Vascular Indexの即時的変化.  第3回 臨床血管健康WEB研究会,  本郷、東京,  2021/10
3. ◎清水一寛, 高橋真生, 佐藤修司, 永山大二, 原田雅史, 宮崎親男, 高原章, 白井厚治: CAVI as a predictor of cardiovascular events.  第3回 臨床血管健康WEB研究会,  本郷、東京,  2021/10
4. ◎田端強志, 清水一寛, 守永幸大, 丹治直映, 吉田(大野)瑠衣子, 岩川幹弘, 清川甫, 高田伸夫: 左室駆出率の保たれた高血圧患者におけるCAVIとストレインを用いた左房機能との関連性.  第3回 臨床血管健康WEB研究会,  本郷、東京,  2021/10
5. ◎高橋真生, 宮崎親男, 曹新, 佐藤修司, 清水一寛, 千葉達夫, 津熊久幸, 小松哲也, 相本恵美, 永澤悦伸, 高原章, 白井厚治: 家兎におけるカテコラミン投与時のたこつぼ様心筋運動とCAVI.  第3回臨床血管健康Web研究会,  東京,  2021/10
6. ◎木下利雄, 藤野紀之, 和田遼, 八尾進太郎, 矢野健介, 秋津克哉, 小池秀樹, 篠原正哉, 湯澤ひとみ, 池田
隆徳: 右房中隔側および上大静脈のconduction blockを回路に含んだ非通常型心房粗動の一例.  日本不整脈心電学会 カテーテルアブレーション関連秋季大会2021,  WEB開催,  2021/09
7. 清水一寛: 心血管病発症に関する血管拘縮仮説.  フォーラム2021衛生薬学・環境トキシコロジー,  船橋市、日本,  2021/09
8. @清川甫、 池田隆徳、 清水一寛、 坪野雅一: 低血圧HFrEF患者にダパグリフロジン、イバブラジンを用い心機能の回復を心エコーと動脈弾性で評価し得た1例.  第261回日本循環器学会関東甲信越地方会,  オンデマンド配信,  2021/09
9. ◎野中翔也, 徳山権一, 池田拓史, 池田裕樹, 戸谷俊介, 伊藤拓朗, 杉崎雄太, 岩川幹弘, 佐藤修司, 清川甫, 美甘周史, 中神隆洋, 川添理代, 木下利雄, 飯塚卓夫, 高橋真生, 清水一寛,: 前屈に伴う胸痛で発覚した巨大Valsalva動脈瘤の一例.  日本循環器学会第261回関東甲信越地方会,  東京,  2021/09
10. ◎寺山圭一郎, 清水一寛, 小川明宏, 秋葉崇, 中神隆洋, 清川甫, 岩川幹弘: 心不全患者の予後予測指標としてのCalf Ankle Index.  第27回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  千葉市、日本,  2021/06
11. ◎小川明宏, 清水一寛, 寺山圭一郎, 秋葉崇, 中神隆洋, 清川甫, 岩川幹弘, 丸岡弘, 白井厚治: 等尺収縮運動による血管弾性能Cardio-Ankle Vascular Indexの改善効果の検討.  第27回日本心臓リハビリテーション学会学術集会,  千葉市、日本,  2021/06
12. ◎先崎 希恵, 永澤 悦伸, 八尾 雅, 佐藤 修司, 高橋 真生, 相本 恵美, 高原 章: 循環血液量変化が大動脈と大腿動脈の血管弾性と末梢循環動態に与える影響 ーstiffness parameter β法を用いた検討ー.  第144回日本薬理学会関東部会,  オンライン,  2021/06
13. ◎伊藤拓朗, 美甘周史, 坪野雅一, 戸谷俊介, 佐藤修司, 飯塚卓夫: LAD、D1 分岐部への PCI の際に側枝確保の wire がスタックし、wire 抜去時にステントごと抜去となった一例.  第57回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会,  東京,  2021/05
14. ◎戸谷俊介, 坪野雅一, 伊藤拓朗, 佐藤修司, 美甘周史, 飯塚卓夫: LMT分岐部病変を含むSTEMI患者に対して、二期的に血行再建術を施行した一例.  第57回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会,  東京,  2021/05
15. ◎Toshio Kinoshita, Hitomi Yuzawa, Ryo Wada, Shintaro Yao, Kensuke Yano, Katsuya Akitsu, Hideki Koike, Masaya Shinohara, Tadashi Fujino, Kazuhiko Natori, Takanori Ikeda: The Assessment of Electrocardiographic transmural dispersion of repolarization in patients with cancer therapeutics related cardiac dysfunction.  第67回日本不整脈心電学会学術大会,  WEB開催,  2021/07
その他
1. ◎池田裕樹, 岩川幹弘, 清川甫, 美甘周史, 池田拓史, 野中翔矢, 戸谷俊介, 伊藤拓朗, 杉崎雄太, 佐藤修司, 
中神隆洋, 川添理代, 木下利雄, 飯塚卓夫, 高橋真生, 清水一寛: 若年肥満心不全に対して,集学的治療で介入しえた一例.  第56回循環器合同カンファレンス,  千葉県佐倉市、日本,  2021/07
  :Corresponding Author
  :本学研究者