東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2016年度 | 2017年度 | 2018年度
 医学部 医学科 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野(佐倉)
 Division of Diabetes, Metabolism and Endocrinology, Department of Internal Medicine (Sakura)

教授:
  龍野 一郎
准教授:
  齋木 厚人
  清水 直美
講師:
  大平 征宏
助教:
  川名 秀俊
  番  典子
  山口 崇
  佐藤 悠太
  渡邉 康弘
レジデント:
  渡邉 怜奈
  田中 翔
  中村 翔子
非常勤講師:
  小山 朝一
非常勤医師:
  遠藤 渓
  永山 大二
  今村 榛樹
■ 概要
糖尿病・代謝・内分泌
内科学講座糖尿病・代謝・内分泌分野(佐倉)では 糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症・肥満を中心にした代謝疾患および視床下部・下垂体・甲状腺・副腎・骨Ca代謝・性腺疾患などの内分泌疾患、さらに総合診療部門的疾患の診療を通して、“一般医療機関が担うことのできない先端・高度統合医療と希少疾患専門診療の実践”および“人材育成と診療連携を介した地域医療への貢献”を理念として、臨床から抽出されたそれぞれの問題点を解決することを最大の目的として幅広く 臨床・基礎研究を行なっている。
臨床研究では(1)糖尿病に対しては独自開発のヘルスケアファイルというデータグラフ化ファイルの効果・治療食の糖脂質比の再検討・インスリン抵抗性の臨床指標・糖尿病性腎症の進展防止(Sakura Study)・酸化亢進病態の解析・国内でほとんど例のないmetabolic surgeryの研究、(2)難治性肥満症に対する長期予後の調査・formula Dietの代謝改善効果・外科医 精神科医 臨床心理士の共同による減量手術や心理性格分析の研究、(3)動脈硬化の予防を目指して新しい血管機能の指標であるCAVIを開発し 新しい血管機能学の構築とCAVIを指標とした代謝障害の戦略的治療の開発研究、(4)閉経後骨粗鬆症・ステロイド骨粗鬆症の予防を目指した地域社会に根ざす臨床コホート研究などを実施している。
基礎研究としては(1)動脈硬化巣内膜破綻機構、特に酸化コレステロールによる細胞障害とその分子病態、ヒアルロン酸と血管弾性、脂肪細胞の増殖分化機構さらに血管新生機構、高中性脂肪血症の解析(とくにリポ蛋白リパーゼの遺伝子解析)、インクレチンの骨格筋代謝への作用、(2)糖尿病性腎症進展にかかわるROS制御機構とその分子病態の解明、(3)がん遺伝子P53による細胞内代謝制御とインスリン抵抗性、(4)骨粗鬆症の分子病態エピジェネチックスの研究などを行っている。


研究テーマ
1) 糖尿病に対する糖質脂質の適正比の研究(インクレチン)
2) 血清中のリポ蛋白リパーゼ蛋白量
3) 各種病態におけるCAVIの解明と基礎による裏付け(平滑筋細胞の形質変化とヒアルロン酸代謝)
4) 骨格筋細胞のLPL発現とAMPK(ビグアナイド、スタチン、インクレチン)
5) 新規の脂肪細胞由来血管新生調節因子Tenomodulinの研究
6) ブドウ糖毒性の解明と予防:酸化亢進とアルドース還元酵素の阻害効果
7) 高中性脂肪血症の原因検索(LPL欠損症、アポA-V遺伝子異常を中心に)
8) 高度肥満患者の心理分析と減量手術後の経過
9) Metabolic surgeryと代謝改善
10) Formula dietが肝細胞内の脂肪蓄積や酸化ストレスに及ぼす影響
11) 高度肥満患者の予後調査
12) 脂質改善薬プロブコールの糖尿病性腎症進展防止(Sakura Study)
13) C5陽性高コリンエステラーゼ血症の抗動脈硬化作用
14) メサンジウム細胞での酸化ストレスとアポトーシス制御
15) 脂肪細胞でのP53による細胞内代謝制御
16) 閉経後骨粗鬆症の疫学研究(Chiba Bone Study)
17) ステロイド骨粗鬆症の長期コホート研究(Chiba-Shimoshizu Rheumatic Cohort)
16) 骨芽細胞の分化とエピジェネテイックス
■ Keywords
Lipoprotein lipase, CAVI, hypertriglyceridemia, formula diet, metabolic surgery, tenomodulin, Sakura Study, hyaluronic acid, oxidative stress, insulin resistance, osteoporosis, glucocorticoid, Chiba Bone Study, Chiba-Shimoshizu Rheumatic Cohort
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  日本医療研究開発機構委託研究開発費
 研究課題:肥満症に対する効果的な治療戦略と健康障害の改善に資する減量数値目標を見出すための介入研究  (研究分担者:龍野一郎)
 研究補助金:500000円  (分担)
2.  平成30年度学術研究助成基金 基盤研究C
 研究課題:転写複合体解析から捉えたRANKL依存的骨ネットワーク制御機構の基盤的研究  (研究代表者:龍野一郎, 小出尚史, 鈴木佐和子)
 研究補助金:1820000円  (代表)
3.  平成30年度学術研究助成基金 基盤研究C
 研究課題:血中遊離グリセロール濃度は、内臓脂肪蓄積とインスリン抵抗性を鋭敏に反映するか  (研究分担者:龍野一郎)
 研究補助金:40000円  (分担)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  龍野一郎 :日本内科学会認定内科医,日本内科学会認定総合内科専門医,日本内分泌学会認定内分泌代謝科(内科)専門医,日本内科学会内科指導医,日本内分泌学会認定内分泌代謝科指導医,日本糖尿病学会専門医,日本糖尿病学会研修指導医,日本骨粗鬆症学会認定医, 日本内分泌学会評議員, 日本内分泌学会専門医認定部会内科試験小委員, 日本肥満症治療学会副理事長理事・評議員・事務局長, 日本肥満症治療学会ガイドライン検討ワーキンググループ, 日本性差医療・医学研究会評議員, 日本臨床栄養学会評議員, 千葉医学会評議員, 日本循環器学会学術委員会「循環器領域における性差医療に関するガイドライン」協力員(執筆員), 臨床代謝骨フォーラム世話人, 内分泌代謝研究会運営委員, 動脈硬化症例検討会世話人, 東関東臨床ホルモン研究会世話人, 千葉甲状腺研究会世話人, 千葉尿酸懇話会世話人, 千葉内分泌代謝談話会世話人, 千葉県動脈硬化セミナー幹事, 千葉市骨粗鬆所検診精度管理研究会世話人, 千葉骨を守る会幹事, 高齢者ステロイド骨粗鬆症研究会事務局長, Diabetes Endocrinology Forum代表世話人, NIS Endocrinology Coference代表世話人, 千葉下垂体疾患研究会世話人, 千葉糖尿病研究会幹事, 千葉糖尿病内分泌代謝研究会世話人, CKD糖尿病合併症研究会世話人
2.  齋木厚人 :日本内科学会認定医,日本内科学会認定総合内科専門医, 日本糖尿病学会学術評議員, 日本病院総合診療医学会認定医, 日本肥満学会肥満症専門医, 日本肥満学会専門医カリキュラム委員, 日本肥満学会生活習慣病改善指導士試験問題作成委員, 日本肥満学会保険委員, 日本肥満学会肥満症治療薬開発に関するWG委員, 日本肥満症治療学会評議員, 日本肥満症治療学会メンタルヘルス部会副委員長, 日本肥満症治療学会栄養部会副委員長, 日本肥満症治療学会教育委員会副委員長, 日本肥満症治療学会データベース委員会委員, 日本肥満症治療学会医療安全対策委員会委員, 日本肥満症治療学会肥満外科治療ガイドライン策定委員会委員, 日本臨床栄養学会評議員, 日本臨床栄養学会病棟栄養士推進委員, 日本動脈硬化学会評議員, 日本動脈硬化学会腎動脈・末梢動脈硬化部会員, 日本動脈硬化学会査読委員, 印旛市郡地区糖尿病対策推進会議世話人, 千葉県動脈硬化セミナー世話人, Educational Conference for Medical Research世話人, 千葉若手糖尿病研究者の会世話人, 肥満外科栄養研究会世話人, 特定非営利活動法人血管健康増進協会, 印旛市郡妊娠糖尿病対策協議会世話人, 腎疾患と代謝疾患を考える会世話人
3.  清水直美 :日本内科学会認定内科医・指導医, 日本内科学会認定総合内科専門医, 日本血液学会認定専門医・指導医, 日本輸血・細胞治療学会認定医, 日本造血細胞移植学会認定造血細胞移植認定医, 日本輸血細胞治療学会認定医
4.  大平征宏 :日本内科学会認定内科医・指導医, 日本内科学会認定総合内科専門医, 日本糖尿病学会専門医, 日本糖尿病学会研修指導医, 日本東洋医学会漢方専門医, 日本東洋医学会千葉県部会委員
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















龍野 一郎   教授
 6 4  2   5       6
(4)
 41
(10)
 
 5
 2
(1)
 
齋木 厚人   准教授
 4 4  1  1        4
(2)
 33
(9)
 3
 1
 20
(11)
 1
清水 直美   准教授
  1            1
 14
(3)
 
 
 
 
大平 征宏   講師
  1    1        1
 21
(5)
 
 
 13
(2)
 
河越 尚幸   助教
  2            
 15
(3)
 
 
 
 
川名 秀俊   助教
  1            
 9
(1)
 
 
 
 
佐藤 悠太   助教
  1    1        1
 19
(4)
 
 
 
 
南雲 彩子   助教
              
 
 
 
 
 
番 典子   助教
      1        
 
 
 
 
 
山口 和久   助教
  1    1        1
 19
(4)
 
 
 
 
山口 崇   助教
  3            8
(3)
 29
(7)
 
 3
 
 
渡邉 康弘   助教
  1            5
(2)
 18
(4)
 
 
 
 
 10 0  5 0  0  27
(11)
 3
(0)
 35
(14)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 渡邉康弘, 清水直美, 長谷川翔子, 中村祥子, 田中翔, 岡怜奈, 佐藤悠太, 今村榛樹, 山口崇, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 徳山宣, 蛭田啓之, 龍野一郎:  SIADH (Syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone)を発症した悪性リンパ腫3症例についての検討.  日本内分泌学会雑誌  94 :13 -16 , 2018
2. Nagayama D, Watanabe Y, Saiki A, Shirai K, Tatsuno I:  Lipid Parameters are Independently Associated with Cardio-Ankle Vascular Index (CAVI) in Healthy Japanese Subjects.  Journal of atherosclerosis and thrombosis  25 (7) :621 -633 , 2018
3. Nagano H, Hashimoto N, Nakayama A, Suzuki S, Miyabayashi Y, Yamato A, Higuchi S, Fujimoto M, Sakuma I, Beppu M, Yokoyama M, Suzuki Y, Sugano S, Ikeda K, Tatsuno I, Manabe I, Yokote K, Inoue S, Tanaka T:  p53-inducible DPYSL4 associates with mitochondrial supercomplexes and regulates energy metabolism in adipocytes and cancer cells.  Proc Natl Acad Sci U S A  115 (33) :8370 -8375 , 2018
総説及び解説
1. 齋木厚人:  太りたくて太っている人はいない ~ハイラムダスタイルについて~.  Medical Practice  25 (11) :1786 , 2018
2. 齋木厚人, 龍野一郎:  高度肥満症の健康障害に対する外科治療の効果.  最新医学  74 (1) :116 -123 , 2019
3. 齋木厚人:  肥満外科治療のチーム医療における管理栄養士の役割について.  臨床栄養  134 (3) :310 -316 , 2019
4. 金居理恵子, 齋木厚人:  肥満外科手術の術前・術後におけるフォーミュラ食の活用.  臨床栄養  134 (3) :335 -339 , 2019
その他
1. 龍野一郎, 齋木厚人, 大城崇司, 林果林, 鮫田真理子, 玉川智子:  多職種チームで高度肥満症を治療。外科手術も積極的にとり入れる。.  Medical Network  (19) :10 -13 , 2018
2. 瓜田純久, 鹿嶋直康, 竹下智史, 河越尚幸, 竹本育聖, 中嶋均,:  糖尿病における小腸細菌増殖(small bpwel bacterial overgrowth)は合併症か?.  月刊糖尿病  (10) :71 -77 , 2018
3. 瓜田純久, 竹下智史, 鹿嶋直康, 柏木克仁, 小松史哉, 河越尚幸, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均,:  過敏性腸症候群(腸内細菌を中心に).  消化器・肝臓内科  4 (4) :292 -299 , 2018
4. 龍野一郎:  あなたの知らない肥満.  朝日新聞  (49083) :14 -14 , 2018
5. 龍野一郎:  1日4gのEPAで心血管リスク25%減.  日経メディカル  48 (3) :14 -16 , 2019
6. 龍野一郎:  TOPICS高度肥満 糖尿病患者の2.7%が該当 外科治療の実施は少数.  日経メディカル  (608) :28 -28 , 2018
7. 田中翔, 山口崇, 龍野一郎, 武城英明:  二次性脂質異常症.  日本医師会雑誌  147 (5) :995 -997 , 2018
8. 龍野一郎:  質疑応答プロからプロへ 肥満外科治療の現況は?.  日本医事新報  4936 :57 -58 , 2018
9. 齋木厚人:  平成28年度厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患研究事業) 食欲中枢異常による難治性高度肥満症の実態調査(龍野班)の成果報告 ~Japanese Survey of Morbid and Treatment-Resistant Obesity (J-SMART) Group~.  肥満症治療学展望  6 (3) :43 , 2018
10. 龍野一郎:  メタボリックサージェリー‐周術期だけでない生涯にわたる栄養管理.  臨床栄養  134 (3) :297 , 2019
■ 著書
1. 番典子, 龍野一郎:  肥満とやせの性差.  性差医学・医療の進歩と臨床展開  75-78.  医歯薬出版,  東京都, 2018
2. 齋木厚人:  総論 肥満とその病態生理 肥満の定義と患者の動向.  肥満患者の麻酔  2-11.  金芳堂,  京都市, 2018
3. 永山大二, 武城英明, 龍野一郎:  高TG血症に関連する疾患の管理と治療
1.急性膵炎.  高TG血症  158-165.  最新医学社,  大阪, 2018
4. 佐藤悠太, 龍野一郎:  第4章 リスク因子の治療薬と骨粗鬆症(骨折リスク) 4.減量.  糖尿病と骨粗鬆症 治療薬を考える  128-135.  日本医事新報社,  東京都千代田区, 2018
5. 大平征宏, 龍野一郎:  閉経後骨粗鬆症.  内分泌症候群-その他の内分泌疾患を含めて-  248-353.  日本臨牀社,  東京都, 2018
■ 学会発表
国内学会
1. ◎龍野一郎, 中村祥子, 渡邊康弘, 佐藤悠太, 大平征宏, 杉山隆夫: 女性膠原病患者におけるステロイド骨粗鬆症性臨床椎体骨折と生命予後‐千葉下志津リウマチコホート研究‐.  第12回日本性差医学・医療学会学術集会,  埼玉県さいたま市,  2019/01
2. ◎関 駿介, 山口 崇, 村野武義, 龍野一郎, 浦風雅春, 武城英明: 未知のGPIHBP-1ホモ接合体変異を認めた若年性高カイロミクロン血症の一例.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/12
3. ◎高谷里依子, 澤田大輔, 佐藤裕範, 山出史也, 菱木はるか, 前澤善朗, 村野武義, 山口 崇, 武城英明, 高谷具純, 下条直樹: 肺炎を契機に発見され食事療法が奏功しているリポ蛋白リパーゼ(LPL)欠損症の一例.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/12
4. ◎村野武義, 姜 美子, 山口 崇, 龍野一郎, 武城英明: 高トリグリセライド血症における血中リポ蛋白リパーゼとその修飾分子可溶性LR11の関連.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/12
5. ◎山口 崇, 太平征宏, 齋木厚人, 村野武義, 武城英明, 龍野一郎: 肥満外科治療がヘパリン静注前リポ蛋白リパーゼ蛋白量におよぼす影響.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/11
6. ◎渡邉康弘, 山口 崇, 村野武義, 佐藤悠太, 太平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 武城英明, 龍野一郎: 血中lipoprotein lipase(LPL)が異常高値であったMadelung病の一例.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/11
7. ◎姜 美子, Antonio Vidal-Puig, Monique T.Mulder, 村野武義, 山口 崇, 龍野一郎, 武城英明: 肥満症やメタボリックシンドロームの減量治療におけるベージュ脂肪の役割に関する基礎的および検査学的検討.  第32回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2018/11
8. ◎渡邊康弘, 中村祥子, 田中翔, 岡怜奈, 河越尚幸, 佐藤悠太, 山口崇, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 龍野一郎: グルカゴノーマに併発した糖尿病に対しメトホルミンが有用であった一例.  第46回内分泌代謝研究会,  東京都文京区,  2018/11
9. ◎中村祥子, 山口崇, 鮫田真理子, 田中翔, 河越尚幸, 渡邊康弘, 佐藤悠太, 大平征宏, 大城崇司, 齋木厚人, 龍野一郎: 肥満外科術後患者に対するビタミンD補充強化の検討.  第28回臨床内分泌代謝Update,  福岡市博多区,  2018/11
10. ◎田中翔, 山口崇, 中村祥子, 岡怜奈, 河越尚幸, 渡邊康弘, 佐藤悠太, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満患者の心筋障害における血管弾性の影響とその規定因子.  第28回臨床内分泌代謝Update,  福岡市博多区,  2018/11
11. ◎渡邊康弘, 山口崇, 中村祥子, 田中翔, 岡怜奈, 河越尚幸, 佐藤悠太, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 龍野一郎: 糖尿病を併発したグルカゴノーマに対するメトホルミンの有用性.  第28回臨床内分泌代謝Update,  福岡市博多区,  2018/11
12. ◎齋木厚人: 高度肥満症のチーム医療における内科医の役割.  第28回臨床内分泌代謝Update,  福岡市博多区,  2018/11
13. ◎村野武義,姜 美子,山口 崇,龍野一郎,蛭田啓之,武城英明: 高トリグリセライド血症での血中可溶性LR11量とリポ蛋白リパーゼ蛋白量の関連.  第65回日本臨床検査医学会学術集会,  東京,  2018/11
14. ◎田中翔, 石原典子, 中村祥子, 岡怜奈, 河越尚幸, 渡邊康弘, 佐藤悠太, 山口崇, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 龍野一郎: Atorvastatinによる脂肪酸代謝酵素Fads1,Fads2,Elovl5遺伝子発現の増強とその作用機構.  第33回日本糖尿病合併症学会,  東京都千代田区,  2018/10
15. ◎山口崇, 中村祥子, 岡怜奈, 田中翔, 河越尚幸, 渡邊康弘, 佐藤悠太, 大平征宏, 辻沙耶佳, 石原典子, 大城崇司, 林果林, 齋木厚人, 龍野一郎: 肥満外科治療後の体重および代謝改善不良要因に関する検討.  第33回日本糖尿病合併症学会,  東京都千代田区,  2018/10
16. ◎渡邊康弘, 山口崇, 中村祥子, 田中翔, 岡怜奈, 河越尚幸, 佐藤悠太, 大平征宏, 清水直美, 大城崇司, 齋木厚人, 龍野一郎: 高度肥満症患者における尿中アルブミンとその規定要因についての解明.  第33回日本糖尿病合併症学会,  東京都千代田区,  2018/10
17. ◎菊池由宣, 山口和久, 島田英昭, 五十嵐良典: 本邦における食道神経内分泌細胞癌の検討.  第56回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2018/10
18. ◎横尾英孝, 越坂理也, 武田健治, 前田祐香里, 石川耕, 小野啓, 横手幸太郎, 佐藤泰憲, 浅原哲子, 下村伊一郎, 龍野一郎, 津下一代, 山内敏正, 門脇孝: 肥満症に対する効果的な治療戦略と健康障害の改善に有効な減量数値目標を見出すための研究.  第39回日本肥満学会,  兵庫県神戸市,  2018/10
19. ◎金居理恵子, 齋木厚人, 川久保さおり, 林田美帆, 山浦一恵, 瀬尾恵理, 鮫田真理子, 山口崇, 龍野一郎: 多職種の連携により軽度の糖質制限食を継続し代謝改善が得られた肥満2型糖尿病の1例.  第39回日本肥満学会,  兵庫県神戸市,  2018/10
20. ◎今村榛樹, 齋木厚人, 大城崇司, 林果林, 桂川修一, 辻沙耶佳, 龍野一郎: 肥満外科治療後の食欲亢進に伴うリバウンドに対し、GLP-1製剤やマジンドールで奏功した1例.  第39回日本肥満学会,  兵庫県神戸市,  2018/10
21. ◎入江祐介, 佐藤悠太, 中村祥子, 田中翔, 岡怜奈, 渡邊康弘, 山口崇, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 体重管理に難渋するPickwick症候群を合併したPrader Willi症候群の一例.  第39回日本肥満学会,  兵庫県神戸市,  2018/10
22. ◎齋木厚人, 山口崇, 佐々木章, 内藤剛, 松原久裕, 卯木智, 山本寛, 太田正之, 笠間和典, 関洋介, 辻野元祥, 清水英治, 宮崎安弘, 龍野一郎: スリーブ状胃切除を施行した日本人の肥満関連疾患、心理社会的背景と、術後体重減少不良例の特徴.  第39回日本肥満学会,  兵庫県神戸市,  2018/10
23. ◎ 鮫田真理子, 山口崇, 川久保さおり, 林田美帆, 山浦一恵, 瀬尾恵理, 金居理恵子, 大城崇司, 齋木厚人, 龍野一郎: 肥満外科術後患者におけるビタミンD必要量の検討.  第40回日本臨床栄養学会総会 第39回日本臨床栄養協会総会 第16回大連合大会,  東京都港区,  2018/10
24. ◎ 瀬尾恵理, 川久保さおり, 林田美帆, 山浦一恵, 金居理恵子, 鮫田真理子, 辻沙耶佳, 岡怜奈, 端こず恵, 林果林, 大城崇司, 山口崇, 齋木厚人, 龍野一郎: 心理社会的問題を抱え、肥満外科手術後に嘔吐を繰り返すも、多職種による介入の工夫で嘔吐を軽減し得た一例.  第40回日本臨床栄養学会総会 第39回日本臨床栄養協会総会 第16回大連合大会,  東京都港区,  2018/10
25. ◎龍野一郎: 魚油(オメガ3系多価不飽和脂肪酸)による生活習慣病予防とその作用機構.  第32回日本臨床内科医学会,  神奈川県横浜市,  2018/09
26. ◎佐藤悠太, 中村祥子, 田中翔, 岡怜奈, 渡邊康弘, 山口崇, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 体重管理に難渋するPickwick症候群を合併したPrader Willi症候群の一例.  第19回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  東京都中野区,  2018/09
27. ◎龍野一郎: 自然からの贈り物オメガ3系多価不飽和脂肪酸による生活習慣病予防とその作用機構.  日本脂質栄養学会第27回大会,  島根県松江市,  2018/09
28. ◎瓜田純久, 竹下智史, 鹿嶋直康, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 齋藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均,: 消化管ガス増加で来院し、呼気試験を行った210例の検討。.  第10回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会,  横浜,  2018/09
29. ◎永山大二, 白井厚治, 龍野一郎: 日本人健常者におけるCardio-ankle vascular index(CAVI)と血圧・脈圧の関連.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
30. ◎高橋真生, 柴友明, 清水一寛, 白井厚治, 野呂眞人: 睡眠の血管弾性能CAVIに与える影響とその意義.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
31. ◎山口崇, 中村祥子, 岡怜奈, 田中翔, 渡邊康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 川名秀俊, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満患者の心機能・形態と血管弾性指標CAVIとの関連.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
32. ◎山口崇, 中村祥子, 岡怜奈, 田中翔, 渡邊康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 川名秀俊, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満患者における血管弾性の特徴とその規定因子に関する検討.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
33. ◎清水直美, 岡怜奈, 中村祥子, 田中翔, 渡邊康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹, 川名秀俊, 山口崇, 大平征宏, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: R-CHOP療法は血管内皮障害を介して動脈硬化を促進する.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
34. ◎村野武義, 姜美子, 山口崇, 龍野一郎, 武城英明: 高トリグリセライド血症における血中可溶性LR11とリポ蛋白リパーゼ蛋白量の関連.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
35. ◎渡邊康弘, 山口崇, 中村祥子, 田中翔, 岡怜奈, 佐藤悠太, 今村榛樹, 川名秀俊, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 龍野一郎: 当院の高度肥満症患者における血管弾性機能(CAVI)とその規定要因についての解明.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
36. ◎梅田陽, 中嶋克行, 宮下かずや, 村上正巳, 武城英明, 山口崇, 平野勉, 林洋, 曽我恭司, 阿部祥栄, 矢島秀起, 村野武義: GPIHBP1自己抗体陽性の高TG血症女児の1例.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
37. ◎龍野一郎, 石原典子, 田中翔, 渡邊康弘, 大平征宏, 齋木厚人, 清水直美: HepG2 cellsを用いたスタチンによる脂肪酸代謝酵素FADS2の発現増強とその作用機序.  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
38. ◎齋木厚人, 山口崇, 佐々木章, 内藤剛, 松原久裕, 卯木智, 山本寛, 太田正之, 笠間和典, 関洋介, 辻野元祥, 清水英治, 宮崎安弘, 龍野一郎: 腹腔鏡下スリーブ状胃切除術を施行した日本人における術前BMI別の肥満関連疾患とその経過および心理社会的背景の実態調査(多施設研究J-SMART).  第50回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  大阪市北区,  2018/07
39. ◎原敬一, 武田有希, 府川和樹, 増田雅行, 真坂亙, 今村榛樹, 齋木厚人, 大城崇司, 林果林, 龍野一郎: 肥満外科手術後のリバウンド患者に対して薬物療法の追加が奏功した症例.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2018/06
40. ◎山浦一恵, 渡邊康弘, 川久保さおり, 林田美帆, 瀬尾恵理,金居理恵子, 鮫田真理子, 縄田千恵, 秋葉崇, 戸田祐子, 清藤友里絵, 佐藤悠太, 川名秀俊, 齋木厚人, 龍野一郎: 褥瘡、間接拘縮、筋萎縮、腎障害、心不全を合併した高度肥満症に対し、フォーミュラ食を用いたNST管理と理学療法が奏功した一例.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2018/06
41. ◎山口崇, 戸谷俊介, 中村祥子, 岡怜奈, 田中翔, 渡邊康弘, 大平征宏, 清水直美, 大城崇司, 齋木厚人, 龍野一郎: 高度肥満に合併する非虚血性心筋症の心形態および機能性特徴と、減量による影響.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2018/06
42. ◎山口崇, 中村祥子, 岡怜奈, 田中翔, 渡邊康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 川名秀俊, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満患者の体組成が血管弾性におよぼす影響.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2018/06
43. ◎山口崇, 中村祥子, 岡怜奈, 田中翔, 渡邊康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 川名秀俊, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満患者の心機能および形態と血管弾性との関連.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2018/06
44. ◎山口崇, 中村祥子, 岡怜奈, 田中翔, 渡邊康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 大城崇司, 林果林, 龍野一郎: 高度肥満症患者における性格特性、知的能力および精神疾患の特徴と、それらが内科・外科的減量治療に及ぼす影響.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2018/06
45. ◎渡邊康弘, 瀬尾恵理, 金居理恵子, 山口崇, 齋木厚人, 林果林, 大城崇司, 鮫田真理子, 龍野一郎: スリーブ状胃切除術前後にフォーミュラ食を用いた腎不全合併高度肥満症の一例.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2018/06
46. ◎龍野一郎: 高度肥満の持つ複雑な病態‐個別化・統合された肥満症治療を目指して‐.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2018/06
47. ◎龍野一郎, 齋木厚人, 小野崎彰, 松原久裕, 岡住慎一, 瀬戸泰之, 佐々木章, 内藤剛, 太田正之, 山本寛, 関洋介, 清水英治, 横手幸太郎, 石垣泰, 卯木智, 正木孝幸, 入江潤一郎, 白井厚治: 食欲中枢異常による難治性高度肥満症の実態調査のための研究班(龍野班)の調査研究.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2018/06
48. ◎林田美帆, 山口崇, 川久保さおり, 山浦一恵, 瀬尾恵理, 金居理恵子, 鮫田真理子, 辻沙耶佳, 大城崇司, 齋木厚人, 龍野一郎: 高度肥満症患者におけるビタミンの実態と、肥満外科治療の影響について.  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2018/06
49. ◎齋木厚人, 山口崇, 佐々木章, 内藤剛, 松原久裕, 卯木智, 山本寛, 太田正之, 笠間和典, 関洋介, 辻野元祥, 清水英治, 宮崎安弘, 龍野一郎: スリーブ状胃切除術を施行した日本人における術前BMI別の肥満関連疾患とその経過および心理社会的背景の実態調査(多施設研究J-SMART).  第36回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都千代田区,  2018/06
50. 林 果林、加藤祐樹、斎木厚人、大城崇司、山口崇、龍野一郎、黒木宣夫、桂川修一: 肥満外科治療の術後効果と精神疾患との関係.  第59回日本心身医学会総会,  名古屋市,  2018/06
51. ◎小松史哉, 貴島祥, 竹下智史, 柏木克仁, 山田篤史, 鈴木健志, 齋藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均, 瓜田純久,: フラクタル解析による早期胃癌内視鏡像の検討.  第24回日本ヘリコバクター学会総会,  大分,  2018/06
52. ◎石井孝政, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 齋藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均, 瓜田純久,: Helicobacter pylori 感染における好中球・リンパ球比の検討.  第24回日本ヘリコバクター学会総会,  大分,  2018/06
53. ◎竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 齋藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均, 瓜田純久,: 胃壁細胞抗体測定例の臨床的背景と Helicobacter pylori 感染の検討.  第24回日本ヘリコバクター学会総会,  大分,  2018/06
54. ◎大平征宏, 中村祥子, 岡怜奈, 田中翔, 渡邊康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹, 山口崇, 川名秀俊, 齋木厚人, 清水直美, 石原典子, 龍野一郎: Xanthine oxidoreductase活性及びその血管弾性能Cardio-Ankle Vascular Index (CAVI)に及ぼす影響-2型糖尿病患者での検討-.  第61回日本糖尿病学会年次学術集会,  東京都千代田区,  2018/05
55. ◎瓜田純久, 渡辺利泰, 竹本育聖, 鹿嶋直康, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 斎藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 貴島 祥, 佐々木陽典, 前田 正, 石井孝政, 宮崎泰斗, 本田善子, 財 裕明, 島田長人, 中嶋 均,: 総合診療における糖尿病診療の変遷。.  第61回日本糖尿病学会総会,  東京,  2018/05
56. ◎鹿嶋直康, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 齋藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 貴島祥, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均, 瓜田純久,: 消化管運動が75g oGTTに及ぼす影響。.  第61回日本糖尿病学会総会,  東京,  2018/05
57. ◎竹本育聖, 鹿嶋直康, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 斎藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 貴島 祥, 佐々木陽典, 前田 正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財 裕明, 島田長人, 中嶋 均, 瓜田純久,: SGLT2阻害薬ルセオグリフロジン治療後のタンパクプロフィールの変化。.  第61回日本糖尿病学会総会,  東京,  2018/05
58. ◎小松史哉, 貴島祥, 鹿嶋直康, 竹下智史, 柏木克仁, 小松史哉, 山田篤史, 鈴木健志, 齋藤隆弘, 河越尚幸, 熊手絵璃, 竹本育聖, 佐々木陽典, 前田正, 石井孝政, 渡辺利泰, 宮崎泰斗, 本田善子, 財裕明, 島田長人, 中嶋均, 坪井久美子, 丸山憲一, 瓜田純久,: フラクタル次元を用いた甲状腺超音波像の定量的数理解析.  第91回日本超音波医学会総会,  神戸,  2018/05
国際学会
1. ◎Tatsuno I, Tanaka S, Watanabe Y, Ishihara N: Atorvastatin Increases Fatty Acid Desaturases(FADSs) and Elongation of Very-Long-Chain Fatty Acids(ELOVLs) through Geranylgeranyl Pyrophosphate(GGPP)-Dependent Rho Kinase Pathway in HepG2 Cells.  American Diabetes Association,  Orlando,USA,  2018/06
2. ◎Atsuhito Saiki, Rieko Kanai, Saori Kawakubo, Miho Hayashida, Kazue Yamaura, Eri Seo, Mariko Sameda, Takashi Ohshiro, Shinichi Okazumi, Ichiro Tatsuno: The effects of formula diet on body fat and skeletal muscle mass after laparoscopic sleeve gastrectomy in Japanese severe obese patients.  the 25th European Congress on Obesity,  Vienna, Austria,  2018/05
3. ◎Atsuhito Saiki, Takashi Yamaguchi, Sho Tanaka, Noriko Ishihara, Akira Sasaki, Takeshi Naitoh, Yasuyuki Seto, Koutaro Yokote, Hisahiro Matsubara, Shinichi Okazumi, Satoshi Ugi, Hiroshi Yamamoto, Masayuki Ohta, Kazunori Kasama, Yosuke Seki, Motoyoshi Tsujino, Hideharu Shimizu, Yasuhiro Miyazaki, Ichiro Tatsuno: Background characteristics and the low effectiveness on obesity-related comorbidities in Japanese obese patients with insufficient weight loss after laparoscopic sleeve gastrectomy.  the 25th European Congress on Obesity,  Vienna, Austria,  2018/05
4. ◎Atsuhito Saiki, Takashi Yamaguchi, Sho Tanaka, Noriko Ishihara, Akira Sasaki, Takeshi Naitoh, Yasuyuki Seto, Koutaro Yokote, Hisahiro Matsubara, Shinichi Okazumi, Satoshi Ugi, Hiroshi Yamamoto, Masayuki Ohta, Kazunori Kasama, Yosuke Seki, Motoyoshi Tsujino, Hideharu Shimizu, Yasuhiro Miyazaki, Ichiro Tatsuno: Relationship of preoperative BMI to obesity-related comorbidities and psychosocial background in Japanese severely obese patients undergoing laparoscopic sleeve gastrectomy.  the 25th European Congress on Obesity,  Vienna, Austria,  2018/05
5. ◎Haruki Imamura, Atsuhito Saiki, Rieko Kanai, Karin Hayashi, Takashi Oshiro, Nobuyuki Hiruta, Ichiro Tatsuno: Autopsy findings of a non-diabetic severe obese patient with intractable obesity-related cardiomyopathy and glomerulopathy treated with laparoscopic sleeve gastrectomy.  the 25th European Congress on Obesity,  Vienna, Austria,  2018/05
その他
1. ◎齋木厚人: 糖尿病が血管弾性検査CAVIに及ぼす影響からみた新しい糖尿病治療薬の位置づけ.  糖尿病薬連携セミナー in SAKURA,  千葉県佐倉市,  2019/03
2. ◎齋木厚人: 高度肥満症に対する減量手術のUpdate.  第10回肥満症総合治療セミナー,  東京都品川区,  2019/03
3. ◎齋木厚人: 女性の動脈硬化予防 ~コレステロ-ルを中心に~.  佐倉市脂質異常症予防講演会,  千葉県佐倉市,  2019/03
4. ◎齋木厚人: 高度肥満症に対する内科・外科治療と、SGLT2阻害薬の効果的な使い方.  糖尿病アドバイザリーミーティング,  千葉県千葉市,  2019/03
5. ◎齋木厚人: 肥満糖尿病の内科・外科治療における薬物治療の位置づけ.  SGLT2 Interactive Webinar 肥満症治療を考える会,  千葉県千葉市,  2019/02
6. ◎齋木厚人: 血管機能検査で再評価される高中性脂肪血症のリスクとSPPARMαへの期待.  旭匝瑳医師会学術講演会 高中性脂肪血症治療のこれから,  千葉県旭市,  2019/02
7. ◎大平征宏: ユニットを考慮した漢方薬処方が奏効した1例.  秋葉先生のユニット漢方講座2018③,  千葉県千葉市,  2019/02
8. ◎金居理恵子, 齋木厚人: 術後体重減少不良例・良好例における精神疾患の有病率と栄養摂取状況について.  第4回肥満外科栄養研究会,  東京都千代田区,  2019/02
9. ◎大平征宏: 糖尿病治療薬使用の実際 up to date.  Meet the expert,  千葉県八千代市,  2019/01
10. ◎大平征宏: CAVIを用いた生活習慣病診療の仕方.  第4回千葉県動脈弾性能セミナー,  千葉県千葉市,  2019/01
11. ◎齋木厚人: 糖尿病治療が血管弾性検査CAVIに及ぼす影響とレパグリニドの位置づけ.  実地診療で役立つ!糖尿病治療update,  千葉県千葉市,  2019/01
12. ◎齋木厚人: 多職種チームで支える肥満症の内科・外科治療.  Diabetes Seminar in 木更津,  千葉県木更津市,  2018/11
13. ◎齋木厚人: 内科医が知っておきたいMetabolic Surgery.  糖尿病・内分泌代謝懇話会,  神奈川県横浜市,  2018/11
14. ◎龍野一郎: 自然の恵みオメガ3多価不飽和脂肪酸と日本人の健康寿命.  島根大学医学部公開講座,  島根県川本町,  2018/11
15. ◎齋木厚人: 手術をきっかけとした肥満患者の行動変容 ~チーム医療の重要性と内科医の役割~.  高知大学内分泌代謝研修会,  高知県南国市,  2018/11
16. ◎大平征宏: メトホルミンの糖尿病への多面的な作用について.  第29回東関東臨床ホルモン研究会,  千葉県市原市,  2018/11
17. ◎大平征宏: 薬剤師に知ってもらいたい慢性期における漢方薬の使い方 その2.  千葉県病院薬剤師会印旛支部・印旛郡市薬剤師会 合同研修会,  千葉県佐倉市,  2018/11
18. ◎大平征宏: メトホルミン投与回数の違いによる有効性・安全性の検討とDPP-4阻害剤の組み合わせ.  京都北部糖尿病セミナー,  京都府福知山市,  2018/11
19. ◎齋木厚人: 非侵襲動脈硬化検査CAVIから見た糖尿病治療、とくにSGLT2阻害薬について.  循環器代謝フォーラム,  千葉県成田市,  2018/11
20. ◎大平征宏: メトホルミン投与回数の違いによる有効性・安全性の検討とDPP-4阻害剤の組み合わせ.  糖尿病治療を考える会,  千葉県千葉市,  2018/10
21. ◎齋木厚人: チームで取り組む 肥満・糖尿病患者さんへの身体的・心理社会的サポート.  福島DMスタッフ懇話会,  福島県郡山市,  2018/10
22. ◎龍野一郎: Atorvastatin increases fatty acid desaturases(FADSs) and elongation of very long-chain fatty acids(ELOVLs) through geranylgeranyl pyrophoshate(GGPP)-dependent Rho kinase pathway in HepG2 cells.  FACE研究会 2018,  東京都千代田区,  2018/09
23. ◎齋木厚人: 腎不全予防のための総合的肥満症治療.  腎疾患と代謝疾患を考える会,  千葉県成田市,  2018/09
24. ◎齋木厚人: 腎不全予防のための肥満症・糖尿病治療 ~総合的治療における薬物治療の位置づけ~.  印旛市郡薬剤師会・病院薬剤師会合同研修会,  千葉県佐倉市,  2018/07
25. ◎齋木厚人: 術前術後管理とスリーブ状胃切除術の新規導入 適応と術前準備.  第7回腹腔鏡下スリーブ状胃切除術セミナー,  東京都中央区,  2018/07
26. ◎大平征宏: メトホルミン投与回数の違いによる有効性・安全性の検討とDPP-4阻害剤の組み合わせ.  第6回糖尿病栄養療法勉強会,  長崎県佐世保市,  2018/07
27. ◎大平征宏: メトホルミン投与回数の違いによる有効性・安全性の検討とDPP-4阻害剤の組み合わせ.  糖尿病 Round Table Meeting,  北海道札幌市,  2018/06
28. ◎齋木厚人: 糖尿病・肥満症に対する糖質比率 40~50%食の有用性について.  君津木更津糖尿病懇話会,  千葉県木更津市,  2018/06
29. ◎齋木厚人: 2型糖尿病・肥満症に対する食事療法 ~低糖質食とフォーミュラ食の有用性について~.  成田地区糖尿病学術講演会,  千葉県成田市,  2018/06
30. ◎齋木厚人: 肥満と産業精神保健 肥満治療について 身体科医師の立場から.  千葉産業メンタルヘルス研究会,  千葉県千葉市,  2018/06
31. ◎大平征宏: 糖尿病治療薬の特徴と使い分け.  第25回佐倉薬剤師セミナー,  千葉県佐倉市,  2018/06
32. ◎齋木厚人: 集積されつつあるCAVIの動脈硬化性疾患予測因子としてのエビデンス.  第1回臨床血管健康研究会,  東京都港区,  2018/06
33. ◎大平征宏: メトホルミン投与回数の違いによる有効性・安全性の検討とDPP-4阻害剤の組み合わせ.  医療スキルアップ学術講演会〜今、求められる医療のあり方〜,  千葉県八街市,  2018/05
34. ◎大平征宏: 薬剤師に知ってもらいたい慢性期における漢方薬の使い方.  千葉県病院薬剤師会印旛支部・印旛郡市薬剤師会 合同研修会,  千葉県佐倉市,  2018/05
35. ◎齋木厚人: 肥満・糖尿病外科手術の現状と適応 高度肥満患者の特性と導入に適当な患者について.  第3回肥満・糖尿病外科手術セミナー,  東京都中央区,  2018/05
36. ◎大平征宏: DPP-4阻害薬の有用性について.  Diabetes Forum in NARITA〜DPP-4阻害薬を再考する〜,  千葉県成田市,  2018/04
  :Corresponding Author
  :本学研究者