東邦大学 教育・研究業績データベース   
   TOPページ   


<<< 前 2014年度 | 2015年度 | 2016年度
 医学部 医学科 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野(佐倉)
 Division of Diabetes, Metabolism and Endocrinology, Department of Internal Medicine (Sakura)

教授:
  龍野 一郎
  白井 厚治 (血管機能学講座)
准教授:
  齋木 厚人
講師:
  清水 直美
助教:
  川名 秀俊
  番  典子
  山口 崇
レジデント:
  今村 榛樹
  佐藤 悠太
  渡邉 康弘
  渡邉 怜奈
  田中 翔
非常勤講師:
  小山 朝一
非常勤医師:
  遠藤 渓
  大平 征宏
  永山 大二
■ 概要
糖尿病・代謝・内分泌
内科学講座糖尿病・代謝・内分泌分野(佐倉)では 糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症・肥満を中心にした代謝疾患および視床下部・下垂体・甲状腺・副腎・骨Ca代謝・性腺疾患などの内分泌疾患、さらに総合診療部門的疾患の診療を通して、“一般医療機関が担うことのできない先端・高度統合医療と希少疾患専門診療の実践”および“人材育成と診療連携を介した地域医療への貢献”を理念として、臨床から抽出されたそれぞれの問題点を解決することを最大の目的として幅広く 臨床・基礎研究を行なっている。
臨床研究では(1)糖尿病に対しては独自開発のヘルスケアファイルというデータグラフ化ファイルの効果・治療食の糖脂質比の再検討・インスリン抵抗性の臨床指標・糖尿病性腎症の進展防止(Sakura Study)・酸化亢進病態の解析・国内でほとんど例のないmetabolic surgeryの研究、(2)難治性肥満症に対する長期予後の調査・formula Dietの代謝改善効果・外科医 精神科医 臨床心理士の共同による減量手術や心理性格分析の研究、(3)動脈硬化の予防を目指して新しい血管機能の指標であるCAVIを開発し 新しい血管機能学の構築とCAVIを指標とした代謝障害の戦略的治療の開発研究、(4)閉経後骨粗鬆症・ステロイド骨粗鬆症の予防を目指した地域社会に根ざす臨床コホート研究などを実施している。
基礎研究としては(1)動脈硬化巣内膜破綻機構、特に酸化コレステロールによる細胞障害とその分子病態、ヒアルロン酸と血管弾性、脂肪細胞の増殖分化機構さらに血管新生機構、高中性脂肪血症の解析(とくにリポ蛋白リパーゼの遺伝子解析)、インクレチンの骨格筋代謝への作用、(2)糖尿病性腎症進展にかかわるROS制御機構とその分子病態の解明、(3)がん遺伝子P53による細胞内代謝制御とインスリン抵抗性、(4)骨粗鬆症の分子病態エピジェネチックスの研究などを行っている。


研究テーマ
1) 糖尿病に対する糖質脂質の適正比の研究(インクレチン)
2) 血清中のリポ蛋白リパーゼ蛋白量
3) 各種病態におけるCAVIの解明と基礎による裏付け(平滑筋細胞の形質変化とヒアルロン酸代謝)
4) 骨格筋細胞のLPL発現とAMPK(ビグアナイド、スタチン、インクレチン)
5) 新規の脂肪細胞由来血管新生調節因子Tenomodulinの研究
6) ブドウ糖毒性の解明と予防:酸化亢進とアルドース還元酵素の阻害効果
7) 高中性脂肪血症の原因検索(LPL欠損症、アポA-V遺伝子異常を中心に)
8) 高度肥満患者の心理分析と減量手術後の経過
9) Metabolic surgeryと代謝改善
10) Formula dietが肝細胞内の脂肪蓄積や酸化ストレスに及ぼす影響
11) 高度肥満患者の予後調査
12) 脂質改善薬プロブコールの糖尿病性腎症進展防止(Sakura Study)
13) C5陽性高コリンエステラーゼ血症の抗動脈硬化作用
14) メサンジウム細胞での酸化ストレスとアポトーシス制御
15) 脂肪細胞でのP53による細胞内代謝制御
16) 閉経後骨粗鬆症の疫学研究(Chiba Bone Study)
17) ステロイド骨粗鬆症の長期コホート研究(Chiba-Shimoshizu Rheumatic Cohort)
16) 骨芽細胞の分化とエピジェネテイックス
■ Keywords
Lipoprotein lipase, CAVI, hypertriglyceridemia, formula diet, metabolic surgery, tenomodulin, Sakura Study, hyaluronic acid, oxidative stress, insulin resistance, osteoporosis, glucocorticoid, Chiba Bone Study, Chiba-Shimoshizu Rheumatic Cohort
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  平成26年度 文科省科研費 基盤研究C
 研究課題:血管弾性CAVI値によるイベント発生予測(動脈硬化リスク保有者の5年前向き調査)  (研究代表者:齋木厚人(研究代表者), 龍野一郎, 白井厚治)
 研究補助金:5200000円  (代表)
2.  平成28年度難治性疾患政策研究事業 疾患別基盤研究分野
 研究課題:食欲中枢異常による難治性高度肥満症の実態調査  (研究代表者:龍野一郎(研究代表者), 瀬戸泰之, 松原久裕, 岡住慎一, 横手幸太郎, 佐々木章, 太田正之, 内藤剛, 山本寛, 卯木智, 齋木厚人)
 研究補助金:1000000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  龍野一郎 :日本内科学会認定内科医,日本内科学会認定総合内科専門医,日本内分泌学会認定内分泌代謝科(内科)専門医,日本内科学会内科指導医,日本内分泌学会認定内分泌代謝科指導医,日本糖尿病学会専門医,日本糖尿病学会研修指導医,日本骨粗鬆症学会認定医, 日本内分泌学会評議員, 日本内分泌学会専門医認定部会内科試験小委員, 日本肥満症治療学会副理事長理事・評議員・事務局長, 日本肥満症治療学会ガイドライン検討ワーキンググループ, 日本性差医療・医学研究会評議員, 日本臨床栄養学会評議員, 千葉医学会評議員, 日本循環器学会学術委員会「循環器領域における性差医療に関するガイドライン」協力員(執筆員), 臨床代謝骨フォーラム世話人, 内分泌代謝研究会運営委員, 動脈硬化症例検討会世話人, 東関東臨床ホルモン研究会世話人, 千葉甲状腺研究会世話人, 千葉尿酸懇話会世話人, 千葉内分泌代謝談話会世話人, 千葉県動脈硬化セミナー幹事, 千葉市骨粗鬆所検診精度管理研究会世話人, 千葉骨を守る会幹事, 高齢者ステロイド骨粗鬆症研究会事務局長, Diabetes Endocrinology Forum代表世話人, NIS Endocrinology Coference代表世話人, 千葉下垂体疾患研究会世話人, 千葉糖尿病研究会幹事, 千葉糖尿病内分泌代謝研究会世話人, CKD糖尿病合併症研究会世話人
2.  齋木厚人 :日本内科学会認定医, 日本糖尿病学会学術評議員, 日本病院総合診療医学会 認定医, 日本肥満学会肥満症専門医, 日本肥満学会専門医カリキュラム委員, 日本肥満学会生活習慣病改善指導士試験問題作成委員, 日本肥満学会保険委員, 日本肥満症治療学会評議員, 日本肥満症治療学会メンタルヘルス部会副委員長, 日本肥満症治療学会栄養部会副委員長, 日本肥満症治療学会教育委員会副委員長, 日本肥満症治療学会プログラム委員会委員, 日本肥満症治療学会メタボリックサージェリー検討委員会委員, 日本肥満症治療学会学術研究推進委員会委員, 日本臨床栄養学会評議員, 日本臨床栄養学会病棟栄養士推進委員, 日本動脈硬化学会評議員, 日本動脈硬化学会腎動脈・末梢動脈硬化部会員, 日本動脈硬化学会動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版システマティックレビュー協力委員, 印旛市郡地区糖尿病対策推進会議世話人, 千葉県動脈硬化セミナー世話人, Educational Conference for Medical Research世話人, 千葉若手糖尿病研究者の会世話人, 肥満外科栄養研究会世話人
3.  清水直美 :日本内科学会認定内科医・指導医, 日本内科学会認定総合内科専門医, 日本血液学会認定専門医・指導医, 日本輸血・細胞治療学会認定医, 日本造血細胞移植学会認定造血細胞移植認定医, 日本輸血細胞治療学会認定医
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















龍野 一郎   教授
 3 7 1 4  2 7       11
(11)
 47
 1
 4
 7
(7)
 7
(1)
齋木 厚人   准教授
 5 4  2  6 2       10
(7)
 39
 
 3
 18
(13)
 6
(1)
齋木 厚人   講師
 5 4  2  6 2       10
(7)
 39
 
 3
 18
(13)
 6
(1)
清水 直美   講師
   1 4          3
 7
 1
 
 2
 3
大平 征宏   助教
 2   1  1        
 13
 
 1
 4
 2
川名 秀俊   助教
    1  1        1
 35
 1
 2
 3
 3
南雲 彩子   助教
              
 6
 
 
 
 
番 典子   助教
 1   1          2
 29
 1
 2
 
 4
山口 崇   助教
  1  1  1        10
 31
 
 3
 3
 7
 16 2  17 0  0  47
(25)
 4
(0)
 55
(33)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 齋木厚人, 村野武義:  脂質代謝異常への多角的アプローチ 「プロブコールの投与で動脈硬化の進展を10年間抑制しえたCETP欠損症の1例.  The Lipid  27 (2) :67 -72 , 2016
2. 林 果林、端こず恵、神前裕子、土川伶、浅海敬子、齋木厚人、龍野一郎、白井厚治、藤井悠、黒木宣夫、桂川修一:  肥満症患者の心理的側面の特徴~ロールシャッハ変数の比較分析から~.  心身医学  56 (9) :920 -930 , 2016
3. 林 果林、加藤祐樹、山口崇、齋木厚人、大城崇司、龍野一郎、白井厚治、黒木宣夫、桂川修一:  高度肥満症患者に併存する精神疾患;うつ症状を中心に.  日本心療内科学会誌  20 (4) :267 -272 , 2016
4. 金居理恵子, 齋木厚人, 木下恵理, 古賀みどり, 鮫田真理子, 秋葉崇, 寺山圭一郎, 小川明宏, 今村榛樹, 大城崇司, 龍野一郎:  肥満外科治療後のフォーミュラ食が、著明な体脂肪減少と骨格筋量の維持に寄与しえた1例.  日本臨床栄養学会雑誌  38 (2) :97 -103 , 2016
5. Muto T, Ohwada C, Takaishi K, Isshiki Y, Nagao Y, Hasegawa N, Kawajiri-Manako C, Togasaki E, Shimizu R, Tsukamoto S, Sakai S, Takeda Y, Mimura N, Takeuchi M, Sakaida E, Misawa S, Shimizu N, Iseki T, Kuwabara S, Nakaseko C:  Safety and Efficacy of Granulocyte Colony-Stimulating Factor Monotherapy for Peripheral Blood Stem Cell Collection in POEMS Syndrome.  Biol Blood Marrow Transplant.  23 (2) :361 -363 , 2017
6. Sugita Y, Ohwada C, Kawaguchi T, Muto T, Tsukamoto S, Takeda Y, Mimura N, Takeuchi M, Sakaida E, Shimizu N, Tanaka H, Abe D, Fukazawa M, Sugawara T, Aotsuka N, Nishiwaki K, Shono K, Ebinuma H, Fujimura K, Bujo H, Yokote K, Nakaseko C:  Prognostic impact of serum soluble LR11 in newly diagnosed diffuse large B-cell lymphoma: A multicenter prospective analysis.  Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry  (463) :47 -52 , 2016
7. Shimizu Nd, Hasunuma H, Watanabe Y, Matsuzawa Y, Iwashita Y, Tatsuno I, Yokota H:  The Simultaneous Elevation of Oxidative Stress Markers and Wilms' Tumor 1 Gene during the Progression of Myelodysplastic Syndrome: A Report of One Case.  Intern Med  55 (24) :3661 -3664 , 2016
8. Nagayama D, Imamura H, Sato Y, Yamaguchi T, Ban N, Kawana H, Ohira M, Saiki A, Shirai K, Tatsuno I:  Inverse relationship of cardioankle vascular index with BMI in healthy Japanese subjects: a cross-sectional study.  Journal of Vascular Health and Risk Management  (13) :1 -9 , 2016
9. Yamamoto T, Shimizu K, Takahashi M, Tatsuno I, Shirai K:  The Effect of Nitroglycerin on Arterial Stiffness of the Aorta and the Femoral-Tibial Arteries -Monitoring with a Stiffness Parameter β-Derived Vascular Index-.  Journal of atherosclerosis and thrombosis  24 (10) :1048 -1057 , 2017
10. Tatsuno I:  Is the Effect of Omega-3 Polyunsaturated Fatty Acids Dependent on Life-Style, Severity of Disease, and Use of Concomitant Medications?.  Journal of atherosclerosis and thrombosis  24 (3) :256 -257 , 2017
11. Sato Y, Ishihara N, Nagayama D, Saiki A, Tatsuno I:  7-ketocholesterol induces apoptosis of MC3T3-E1 cells associated with reactive oxygen species generation, endoplasmic reticulum stress and caspase-3/7 dependent pathway.  Mol Genet Metab Rep  (10) :56 -60 , 2017
12. Muto T, Ohwada C, Sawai S, Beppu M, Tsukamoto S, Takeda Y, Mimura N, Takeuchi M, Sakaida E, Sogawa K, Misawa S, Shimizu N, Iseki T, Nomura F, Kuwabara S, Nakaseko C:  Acutely deteriorated extravascular volume overload during peripheral blood stem cell mobilization in POEMS syndrome: A case series with cytokine analysis.  Transfusion and apheresis science : official journal of the World Apheresis Association : official journal of the European Society for Haemapheresis  54 (2) :276 -281 , 2016
総説及び解説
1. 大平征宏:  個を重視した高齢者医療に果たす漢方の役割 ファーストラインの漢方はどこまで可能か 第18回 老年症候群と個の医療を重視したファーストラインの漢方の選択と意義 13.腰痛.  Geriat. Med  54 (6) :631 -633 , 2016
2. 大平征宏:  個を重視した高齢者医療に果たす漢方の役割 ファーストラインの漢方はどこまで可能か(第25回) 老年症候群以外の高齢者でよくみられる疾患と個の医療を重視したファーストラインの漢方の選択と意義 動脈硬化.  Geriat. Med  55 (1) :119 -121 , 2017
3. 今村榛樹, 武城英明:  知っておくべき病態生理と診療の進め方-典型例から学ぶ-低HDL血症-.  Medical Practice  33 (4) :571 -574 , 2016
4. 齋木厚人:  生活習慣病発症ならびに重症化予防を目した食事のあり方 肥満症:減量や代謝改善に優れた食事療法とは ~糖質比率の検討とフォーミュラ食について~.  New Diet Therapy  32 (3) :17 -24 , 2016
5. 渡邉康弘, 龍野一郎:  ω3系脂肪酸の抗炎症作用.  カレントテラピー  34 (6) :66 -71 , 2016
6. 番典子, 龍野一郎:  肥満とやせの性差.  医学のあゆみ  260 (8) :688 -691 , 2017
7. 齋木厚人, 龍野一郎, 白井厚治:  医学的に減量を必要とする疾患“肥満症”の病態と治療 ~名古屋宣言2015と新ガイドライン2016を中心に~ 高度肥満症の主な合併症と治療法.  内分泌・糖尿病・代謝内科  43 (4) :325 -332 , 2016
8. 林 果林、齋木厚人、白井厚治、黒木宣夫、桂川修一:  高度肥満症と精神疾患.  内分泌・糖尿病・代謝内科  43 (4) :356 -361 , 2016
その他
1. 龍野一郎, 中里雅光:  ディベート 肥満治療は内科か?外科か?.  Diabetes Strategy  8 (1) :5 -15 , 2017
2. 龍野一郎:  肥満症に対する集学的治療の必要性と肥満外科治療.  Medical View Point  37 (12) :3 -4 , 2016
3. 齋木厚人:  動脈硬化イベント予測因子としての血管弾性指標CAVIの検討. 平成24年度生活習慣予防等に関する研究助成金研究報告書.  日本健康増進財団による助成研究業績集第2集  :10 -19 , 2016
4. 龍野一郎:  心血管疾患に対する独立した危険因子としての高尿酸血症の意義.  肥満症治療学展望  (9) :10 -10 , 2016
5. 齋木厚人, 林果林, 大城崇司, 龍野一郎:  クリニカルカンファレンスから 知的面のアンバランスを医療者側が理解して対応したことで、術前・術後の行動修正が得られた双極性障害合併の高度肥満症例.  肥満症治療学展望  (9) :6 -8 , 2016
■ 著書
1. 齋木厚人、龍野一郎:    肥満症ガイドライン2016  1-132.  ライフサイエンス出版,  東京, 2016
2. 齋木厚人:  第2章 肥満の判定と肥満症の診断基準 (1)肥満の判定.  肥満症診療ガイドライン2016  4-5.  ライフサイエンス出版,  東京, 2016
3. 渡邉康弘, 龍野一郎:  【糖尿病治療における食事療法の課題と展望-新たなエビデンスに基づいた食事療法】 ω3系脂肪酸の抗炎症作用(解説/特集).  カレントテラピー  576-581.  ライフメディコム,  名古屋, 2016
4. 龍野一郎:  集学的肥満症治療における肥満外科治療の位置づけ-肥満症2型糖尿病への臨床応用とその課題-.  月刊糖尿病  99-109.  医学出版,  東京都, 2016
5. 齋木厚人, 龍野一郎:  特殊な状態の糖尿病 3.高度肥満と糖尿病.  ここが知りたい!糖尿病診療ハンドブック Ver.3  196-203.  株式会社 中外医学社,  東京, 2017
6. 大平征宏:  I. 症例から学ぶ!注射糖尿病療法とその管理  Case.2 臨床推論力を鍛える!—医師の診立てと処方の根拠を知る.  Rp.+レシピプラス 2016年 春号  130-131.  株式会社南山堂,  東京, 2016
7. 山口崇, 齋木厚人、龍野一郎:  2 高度肥満.  知らなかったでは済まされない! 糖尿病コンサルトの掟  26-38.  金原出版,  東京, 2016
8. 横手幸太郎, 龍野一郎, 橋本尚武, 岩岡秀明:    ここが知りたい!内分泌疾患診療ハンドブック  1-322.  中外医学社,  東京, 2016
9. 佐藤悠太、龍野一郎:  第2章 主要症候からのアプローチ 1.肥満.  ここが知りたい!内分泌疾患診療ハンドブック  15-21.  中外医学社,  東京, 2016
10. 渡邉康弘:  "処方例から学ぶ!糖尿病注射療法 医師の診立てと処方の根拠を知る(case 1)
臨床推論力を鍛えよう!(解説/特集)".  Rp.+  122-123.  南山堂,  東京, 2016
11. 龍野一郎:  注射糖尿病製剤 インスリン/GLP-1受容体作動薬.  Rp.+ 注射糖尿病製剤  3-3.  南山堂,  東京, 2016
12. 川名秀俊, 龍野一郎:  脂質異常症.  病気とくすり2017  880-888.  南山堂,  東京, 2017
13. 齋木 厚人、林 果林:  知的能力と教育.  肥満症治療に必須な心理的背景の把握と対応
~内科的・外科的治療の効果を上げるために~  25-26.  日本肥満症治療学会,  東京, 2016
14. 齋木厚人:  第3章:糖尿病以外の疾患に対するメタボリックサージェリー.  メタボリックサージェリーの動向 −わが国での健全な定着に向けて−  31-37.  日本肥満症治療学会,  東京, 2016
15. 齋木 厚人、林 果林:  チームとして行う心理的治療とケアの実例
「東邦大学医療センター佐倉病院」.  肥満症治療に必須な心理的背景の把握と対応
~内科的・外科的治療の効果を上げるために~  52-55.  日本肥満症治療学会,  東京, 2016
16. 齋木厚人、林 果林:  認知行動的特徴による肥満症患者4分類とそれに基づく対応.  肥満症治療に必須な心理的背景の把握と対応
~内科的・外科的治療の効果を上げるために~  58-60.  日本肥満症治療学会,  東京, 2016
■ 学会発表
国内学会
1. ◎木下恵理, 金居理恵子, 古賀みどり, 鮫田真理子, 河井貴行, 川名秀俊, 龍野一郎: 当院入院患者における栄養状態の実態と、栄養介入の展望(MNA-SFで得られた結果から).  第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会 JSPEN,  岡山,  2017/02
2. ◎齋木厚人: Bariatric Surgery から Metabolic Surgeryへ その効果と実際 内科から見た 肥満・糖尿病外科治療の効果と実際 そして今後の展望について.  第51回糖尿病学の進歩,  京都,  2017/02
3. ◎龍野一郎: 肥満を起こす個人・社会的背景と集学的治療の必要性-肥満2型糖尿病を考える-.  第51回糖尿病学の進歩,  京都,  2017/02
4. ◎渡邉康弘, 山口崇, 村野武義, 番典子, 川名秀俊, 清水直美, 齋木厚人, 龍野一郎: 血中リポ蛋白リパーゼが異常高値であった良性対称性脂肪腫症(Madelung病) の一例.  第54回日本糖尿病学会関東甲信地方会,  横浜,  2017/01
5. ◎木下恵理, 居理恵子, 古賀みどり, 鮫田真理子, 河井貴行, 川名秀俊, 龍野一郎: 入院時の簡易栄養状態評価表(MNA-SF)による低栄養患者の特徴とその転帰.  第20回日本病態栄養学会年次学術集会,  京都,  2017/01
6. ◎龍野一郎: ω3系多価不飽和脂肪酸による脂質・免疫・炎症制御と生活習慣病予防.  第14回日本機能性食品医用学会総会,  東京,  2016/12
7. ◎永原 敬子, 高木 優樹, 山口 克彦, 大竹 明, 山口 崇, 村野 武義, 武城 英明, 長谷川 行洋: LPL遺伝子変異を同定した家族性リポタンパクリパーゼ欠損症の乳児例.  第30回日本小児脂質研究会学術集会,  東京,  2016/11
8. ◎齋木厚人, 林果林: 生活習慣病と臓器移植 ~ターミナルステージに対する予防的介入を考える~ 肥満糖尿病患者に対する己括的治療における心理社会的アプローチの重要性.  第29回日本総合病院精神医学会学術総会,  東京都,  2016/11
9. ◎渡邉康弘, 清水直美, 渡邉怜奈, 田中翔, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 易骨折性を示す成人骨形成不全症例へのビスホスホネート治療効果.  第26回臨床内分泌代謝Update,  埼玉,  2016/11
10. ◎龍野一郎: 魚油と生活習慣病-ω3系多価不飽和脂肪酸による脂質・免疫・炎症の制御-.  第70回東邦医学会総会,  東京,  2016/11
11. ◎龍野一郎: EPA/DHA製剤の脂質改善作用とその作用機構~2型糖尿病に合併した脂質異常症治療を考える~.  第31回日本女性医学会学術集会,  京都,  2016/11
12. ◎Shimizu N, Watanabe Y, Tatsuno I, Bujo H, Takeda Y, Takeuchi M, Ohwada C, Sakaida E, Nakaseko C, Matsuura Y, Aotsuka N Wakita H: Life-threatening esophageal submucosal bleeding in a patient with van der Hoeve syndrome.  第78回日本血液学会学術集会,  横浜,  2016/10
13. ◎ 山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 野口雅代, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 当院における肥満外科治療の長期成績と体重減少不良例の要因解析.  第37回日本肥満学会,  東京都,  2016/10
14. ◎山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 姜美子, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 武城英明, 龍野一郎: 可溶性LR11は脂肪細胞機能と関連し肥満外科術後の体重減少を規定する.  第37回日本肥満学会,  東京都,  2016/10
15. ◎中村祥子, 山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 辻沙耶香, 龍野一郎: 睡眠時無呼吸と肺低換気症候群を来たし治療に難渋した超高度肥満(BMI70)の一例.  第37回日本肥満学会,  東京,  2016/10
16. ◎龍野一郎: 高度肥満患者の臨床的特徴と内科治療の限界-統合的肥満症治療としての肥満外科治療の意義-.  第37回日本肥満学会,  東京,  2016/10
17. ◎金居理恵子, 齋木厚人, 木下恵理, 古賀みどり, 鮫田真理子, 野口雅代, 山口崇, 大城崇司, 岡住真一, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療後の栄養管理におけるにフォーミュラ食の有効性について ~術後3年間の検討~.  第38回日本臨床栄養学会総会・第37回日本臨床栄養協会総会 第14回大連合大会,  大阪,  2016/10
18. ◎古賀みどり, 齋木厚人, 木下恵理, 金居理恵子, 鮫田真理子, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満に対して胃バイパス術を施行し、6年後に著明な栄養障害を来した1例.  第38回日本臨床栄養学会総会・第37回日本臨床栄養協会総会 第14回大連合大会,  大阪,  2016/10
19. ◎齋木厚人: フォーミュラ食の1食置き換えによる肥満外科治療後の栄養学的フォローアップ(術後12か月間の検討).  第38回日本臨床栄養学会総会・第37回日本臨床栄養協会総会 第14回大連合大会,  大阪,  2016/10
20. ◎齋木厚人, 金居理恵子: 肥満症外科療法での医師‐栄養士連携のあるべきかたち ~多職種チームにおける管理栄養士の役目と継続して介入することの重要性~.  第38回日本臨床栄養学会総会・第37回日本臨床栄養協会総会 第14回大連合大会,  大阪,  2016/10
21. ◎戸谷 俊介, 山口 崇, 田中 翔, 渡邉 怜奈, 渡邉 康弘, 今村 榛樹, 佐藤 悠太, 番 典子, 川名 秀俊, 斎木 厚人, 鍋倉 大樹, 大城 崇司, 岡住 慎一, 姜 美子, 武城 英明, 龍野 一郎,: 可溶性LR11は脂肪細胞機能と関連し肥満外科手術後の体重減少を規定する.  第37回日本肥満学会,  東京,  2016/10
22. 中村祥子、山口崇、田中翔、渡邉怜奈、渡邉康弘、今村榛樹、佐藤悠太、番典子、川名英俊、齋木厚人、野口雅代、岡谷しのぶ、林果林、龍野一郎: 治療に難渋した超高度肥満の1例.  第37回日本肥満学会,  東京,  2016/10
23. ◎佐藤悠太, 石原典子, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 齋木厚人, 龍野一郎: 2型糖尿病患者における骨質脆弱性のメカニズム〜7-ketocholesterolによる培養骨芽細胞内のROS制御とアポトーシス誘導の検討〜.  千葉県若手糖尿病研究者の会,  佐倉,  2016/09
24. ◎齋木厚人: 高度肥満患者に対する内科・外科のチーム医療と心理社会面を含めた全人的ケアの重要性.  第13回日本病院総合診療医学会学術総会,  東京都,  2016/09
25. ◎齋木厚人, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 大城崇司, 岡住慎一, 龍野一郎: 高度肥満に対する内科・外科治療の効果と通院継続率の違い ~当院における2年間の実態調査~.  第13回日本病院総合診療医学会学術総会,  東京都,  2016/09
26. ◎ 山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 齋木厚人, 野口雅代, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療の4年経過時成績と外科治療抵抗例の要因解析.  第17回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  東京都,  2016/09
27. ◎山口 崇, 田中 翔, 渡辺 怜奈, 渡邉 康弘, 今村 榛樹, 佐藤 悠太, 番 典子, 川名 秀俊, 齋木 厚人, 姜 美子, 鍋倉 大樹, 大城 崇司, 岡住 慎一, 武城 英明, 龍野 一郎: 血中可溶性LR11(sLR11)は高度肥満において高く肥満外科治療後の体重減少を規定する.  第17回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  東京,  2016/09
28. ◎渡邉康弘, 山口崇, 村野武義, 渡辺怜奈, 田中翔, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 清水直美, 齋木厚人, 龍野一郎: 血中lipoprotein lipase(LPL)が異常高値であった良性対称性脂肪腫症(Madelung病)の一例.  第17回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  東京都,  2016/09
29. ◎渡邉康弘, 清水直美, 渡辺怜奈, 田中翔, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 齋木厚人, 龍野一郎: 食道粘膜下に巨大な血腫を生じた骨形成不全症1型(van der Hoeve症候群)の一例.  第17回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  東京都,  2016/09
30. ◎龍野一郎: 生活習慣病と骨粗鬆症.  日本病院薬剤師関東ブロック第46回学術集会,  千葉,  2016/08
31. ◎龍野一郎: ガイドラインから見た高齢者糖尿病診療に求められるもの.  第18回千葉県臨床糖尿病医会,  千葉,  2016/08
32. ◎山口崇, 渡邉康弘, 今村榛樹, 川名秀俊, 齋木厚人, 石原典子, 片倉賢紀, 橋本道男, 龍野一郎: EPAとDHAの経口摂取が血中および血小板膜の脂肪酸組成に及ぼす影響.  第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  東京都,  2016/07
33. ◎村野 武義, 山口 崇, 龍野 一郎, 白井 厚治, 武城 英明: アポAV遺伝子G185Cホモ型変異を有する高度高トリグリセライド血症の一例.  第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  東京,  2016/07
34. ◎渡邉康弘, 山口崇, 石原典子, 渡辺怜奈, 田中翔, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 齋木厚人, 龍野一郎: オキシステロールによる腎メサンギウム細胞障害時の細胞内ROSを介するアラキドン酸カスケードの制御.  第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  東京都,  2016/07
35. ◎龍野一郎: EPA/DHA製剤の脂質改善作用とその作用機構.  第63回日本不整脈心電学会学術総会,  札幌,  2016/07
36. ◎清水直美, 番典子, 田中翔, 渡邊怜奈, 渡邊康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹, 山口崇, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: 悪性リンパ腫化学療法時の血管弾性能Cardio-Ankle Vascular Index (CAVI)の変動.  第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  東京,  2016/07
37. ◎姜 美子, 海老沼 宏幸, 山口 崇, 高橋 真生, 龍野 一郎, 金 文龍, Wolfgang Schneider, Antonio Vidal-Puig, 武城 英明: 可溶性 LR11 は脂肪細胞の褐色化を抑制し、その血中濃度は脂肪量に依存する.  第48回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  東京,  2016/07
38. ◎山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 野口雅代, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療4年経過時の代謝成績と体重減少不良例の要因解析.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
39. ◎山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 姜美子, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 武城秀明, 龍野一郎: 可溶性LR11は脂肪細胞機能と関連し肥満外科術後の体重減少を規定する.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
40. ◎渡邉康弘, 齋木厚人, 大城崇司, 藤井悠, 山口崇, 岡谷しのぶ, 周東佑樹, 長尾元嗣, 久保田芳明, 黒木宣夫, 岡住慎一, 龍野一郎: 都内の大学病院との連携で肥満外科治療を施行しえた、離島在住の心不全合併高度肥満の一例.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
41. ◎金居理恵子, 齋木厚人, 木下恵理, 古賀みどり, 鮫田真理子, 野口雅代, 山口崇, 大城崇司, 岡住真一, 白井厚治, 龍野一郎: フォーミュラ食の1食置換え法を用いた肥満外科治療後の栄養管理 ~術後3年の検討~.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
42. ◎原敬一, 齋木厚人, 府川和樹, 西村功史, 山口崇, 大城崇司, 岡住慎一, 龍野一郎, 白井厚治, 真坂亙: 高度肥満治療における薬剤数および薬剤費の推移 ~内科治療と外科治療の比較~.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
43. ◎古賀みどり, 南雲彩子, 木下恵理, 金居理恵子, 鮫田真理子, 藤井悠, 齋木厚人, 黒木宣夫, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満を合併したPrader-Willi症候群に対する外来栄養指導の効果とその限界について.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
44. ◎秋葉崇, 木下恵理, 齋木厚人, 小川明宏, 寺山圭一郎, 鮫田真理子, 今村榛樹, 山口崇, 中川晃一, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満患者の身体活動量と四肢骨格筋量および筋力の関係性.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
45. ◎齋木厚人: 我が国における肥満手術普及に向けて ~手術Before&After~ 肥満外科治療後の患者を長期にfollow-upすることで見えてきたこと ~内科医の視点で~.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
46. ◎齋木厚人, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 野口雅代, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 内科・外科治療患者における体重、糖脂質代謝、血圧の推移と通院継続率の違い ~当院の高度肥満治療、2年間の実態調査~.  第34回日本肥満症治療学会学術集会,  東京都,  2016/07
47. ◎齋木厚人: 増え続ける高度肥満患者にどう対応するか 高度肥満患者を生涯支えるチーム医療 ~内科医の視点から~.  第89回日本産業衛生学会,  福島,  2016/05
48. ◎龍野一郎: 肥満症に減量手術(Bariatric Surgery)は必須である-肥満2型糖尿病へのMetabolic Surgeryとしての意義-.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会,  京都,  2016/05
49. ◎鮫田真理子, 齋木厚人, 木下恵理, 金居理恵子, 浦島みどり, 渡邉康弘, 川名秀俊, 岡谷しのぶ, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満に対し胆膵バイパス術を施行し栄養障害となった1型糖尿病の一例.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会,  京都,  2016/05
50. ◎渡邉康弘, 石原典子, 山口崇, 渡辺怜奈, 田中翔, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 齋木厚人, 清水直美, 龍野一郎: 腎糸球体構成細胞における細胞障害時の炎症調節物質の変化とn-3系酸脂肪酸が及ぼす影響.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会,  京都,  2016/05
51. ◎渡邉怜奈, 田中翔, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 抗PD-1抗体使用後に劇症1型糖尿病を発症した一例.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会,  京都,  2016/05
52. ◎木下恵理, 齋木厚人, 金居理恵子, 古賀みどり, 鮫田真理子, 秋葉崇, 寺山圭一郎, 小川明宏, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満患者における骨格筋量および筋力の実態 健常者と比較して.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会,  京都,  2016/05
53. ◎齋木厚人, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満患者の内科治療、外科治療の選択と、その後の体重および糖尿病コントロールの実態 当院における1年間の調査.  第59回日本糖尿病学会年次学術集会,  京都,  2016/05
54. ◎岩川幹弘, 清水直美, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 齋木厚人, 龍野一郎: 消化管異常出血を救命し得たvan der Hoeve症候群の1例.  第623回日本内科学会関東地方会,  東京,  2016/05
55. ◎石田智子, 岩下洋一, 荒川航太, 佐藤俊哉, 蓮沼秀和, 清水直美: 当院における輸血業務改善の取り組み.  第64回日本輸血・細胞治療学会,  京都,  2016/04
56. ◎ 山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太,番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 野口雅代, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満患者の内科・外科治療選択における実態調査および治療成績の比較.  第89回日本内分泌学会学術総会,  京都市,  2016/04
57. ◎今村榛樹, 齋木厚人, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 岡谷しのぶ, 小川明宏, 大城崇司, 白井厚治, 龍野一郎: フォーミュラ食を用いた肥満外科治療後のln Body変化について~術後24週の経過~.  第89回日本内分泌学会学術総会,  京都市,  2016/04
58. ◎佐藤悠太, 石原典子, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 骨芽細胞様MC3T3-E1細胞へのオキシステロールによる細胞内ROS制御を介したアポトーシス誘導とRANKL・OPG発現に与える影響.  第89回日本内分泌学会学術総会,  京都市,  2016/04
59. ◎山口崇, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 姜美子, 鍋倉大樹, 大城崇司, 岡住慎一, 武城英明, 龍野一郎: 高度肥満が生体の酸化ストレスに及ぼす影響 ~肥満外科治療前後におけるd-ROMSを用いた検討~.  第89回日本内分泌学会学術総会,  京都市,  2016/04
60. ◎番典子, 佐藤悠太, 鈴木佐和子, 吉田知彦, 田中知明, 中村貢, 山口淳一, 寺野隆: 日本人女性のFRAX値の実態と生活習慣とのかかわり-千葉市骨粗鬆症検診の検討より-.  第89回日本内分泌学会学術総会,  京都市,  2016/04
61. ◎龍野一郎: 魚油と生活習慣病~ω3系多価不飽和脂肪酸による脂質・動脈硬化への影響~.  第89回日本内分泌学会学術総会,  京都市,  2016/04
62. ◎鈴木佐和子, 龍野一郎, 中山哲俊, 鈴木穣, 菅野純夫, 田中知明, 横手幸太郎: AIMAHの原因遺伝子ARMC5の機能解析によるWNT/β-cateninシグナル制御機構の解明.  第89回日本内分泌学会学術総会,  京都市,  2016/04
63. ◎山口崇, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹,番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 齋木厚人, 龍野一郎: EPA・DHAが血中脂質プロファイルと血管弾性に及ぼす影響~CAVIを用いた検討~.  第113回日本内科学会総会・講演会,  東京都,  2016/04
64. ◎川名秀俊, 山口崇, 岡谷しのぶ, 齋木厚人, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療後の体組成・糖脂質代謝に関する追跡調査~3年次報告~.  第113回日本内科学会総会・講演会,  東京都,  2016/04
65. ◎渡邉康弘, 山口崇, 今村榛樹, 川名秀俊, 齋木厚人, 石原典子, 片倉賢紀, 橋本道男, 龍野一郎: EPAとDHAの経口摂取が血中および血小板膜の脂肪酸組成に及ぼす影響.  第113回日本内科学会総会・講演会,  東京都,  2016/04
66. ◎番典子, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹, 山口崇, 川名秀俊, 齋木厚人, 龍野一郎: 下垂体前葉機能低下症と仮面尿崩症を合併したIgG4関連下垂体炎が疑われた一例.  第113回日本内科学会総会・講演会,  東京都,  2016/04
67. ◎龍野一郎: 集学的肥満症治療における肥満外科治療(減量手術、Bariatric Surgery)の展開とその課題-肥満2型糖尿病に対する代謝手術(Metabolic Surgery)としての分子医学的基盤-.  第53回日本臨床分子医学会学術集会,  東京都,  2016/04
国際学会
1. ◎Tatsuno I, Sugiyama T: GLUCOCORTICOID-INDUCED CLINICAL VERTEBRAL FRACTURE AND MORTALITY IN JAPANESE FEMALE PATIENTS WITH AUTOIMMUNE RHEUMATIC DISEASES.  ​WCO-IOF-ESCEO2017,  Florence, Italy,  2017/03
2. ◎Shimizu N, Watanabe Y, Ban N, Yamaguchi T, Hasunuma H, Iwashita Y, Yokota H, Nakaseko C, Bujo H, Tatsuno I: Oxidative Stress Levels Are Correlated with Disease Progression and Iron Overload in MDS Patients with Excess Blasts.  The 58th Annual Meeting of the American Society of Hematology,  San Diego, USA,  2016/12
3. ◎Ban N, Tanaka S, Watanabe R, Watanabe Y, Sato Y, Imamura H, Yamaguchi T, Kawana H, Saiki A, Oshiro T, Okazumi S, Shirai K, Tatsuno I: Bariatric surgery versus intensive medical therapy for weight reduction and diabetes in Japanese morbid obesity patients.  Obesity Week 2016,  New Orleans,USA,  2016/11
4. ◎Kawana H, Nagayama D, Saiki A, Shirai K, Tatsuno I: The effect of vildagliptin on glucose metabolism and arterial stiffness.  HYPERTENSION SEOUL 2016 (26th Scientific Meeting of the ISH).,  ソウル, 韓国,  2016/09
5. ◎Nagayama D, Watanabe R, Watanabe Y, Imamura H, Sato Y, Yamaguchi T, Ban N, Kawana H, Ohira M, Saiki A, Shirai K, Tatsuno I: Inverse Relationship between Cardio-Ankle Vascular Index (CAVI) and Body Mass Index in healthy Japanese subjects: a cross-sectional study.  HYPERTENSION SEOUL 2016 (26th Scientific Meeting of the ISH).,  ソウル, 韓国,  2016/09
その他
1. ◎齋木厚人: 高度肥満・糖尿病に対する 内科治療と外科治療 ~患者を生涯支えるチーム医療について~.  奈良県代謝肥満研究会,  奈良,  2017/03
2. ◎龍野一郎: 肥満を起こす個人・社会的背景と集学的治療の必要性-肥満外科治療の進歩-.  第39回城北肥満研究会,  東京,  2017/03
3. ◎山口崇: 肥満外科治療が体組成, 糖脂質代謝へおよぼす影響 ~肥満外科治療の有効性と問題点~.  房総糖尿病セミナー,  幕張,  2017/03
4. ◎渡邉怜奈: 抗PD-1抗体使用後に急激な甲状腺機能低下をおこした一例.  第7回千葉糖尿病内分泌代謝研究会,  幕張,  2017/03
5. ◎渡邉康弘, 齋木厚人, 大城崇司, 山口崇, 林果林, 辻紗耶香, 周東佑樹, 長尾元嗣, 久保田芳明, 岡住慎一, 龍野一郎: 繰り返す心不全を有する離島在住、生活保護の高度肥満に対する手術適応.  第8回 肥満症総合治療セミナー,  佐倉,  2017/03
6. ◎山口崇: 繰り返す心不全と慢性心不全を合併した高度肥満症に対する手術適応.  第8回肥満症総合治療セミナー,  佐倉,  2017/03
7. ◎齋木厚人: 症例検討会 ~心理社会的重症例の手術適応について~ 術後に過度な減量を行おうとする うつ病合併の高度肥満症例.  第8回肥満症総合治療セミナー,  佐倉市,  2017/03
8. ◎龍野一郎: 肥満症実態と治療体系.  第8回 肥満症総合治療セミナー,  佐倉,  2017/03
9. ◎齋木厚人: 肥満症患者の病態と治療の基本 肥満症のチーム医療と 内科・外科治療の位置づけ.  第8回肥満症総合治療セミナー,  佐倉市,  2017/03
10. ◎川名秀俊: Once weekly DPP4阻害薬の 有効性をCGMsで探る ~高齢者糖尿病の治療方針を交えて~.  Diabetes Forum in Chiba,  幕張,  2017/03
11. ◎渡邉怜奈: 抗PD-1抗体使用後に急激な甲状腺機能低下をおこした一例.  第25回千葉甲状腺研究会,  幕張,  2017/02
12. ◎齋木厚人: CAVIは何を見ているか? ~糖尿病性血管障害~.  血管弾性能(CAVI)でここまでわかる,  千葉,  2017/02
13. ◎龍野一郎: EPA/DHAと生活習慣病~ω3系多価不飽和脂肪酸による脂質・免疫・炎症への影響~.  豊前築上医師会学術講演会,  豊前市,  2017/02
14. ◎齋木厚人: 肥満外科患者を支える チーム医療と 内科医の役割について.  松波総合病院肥満治療研修会,  岐阜,  2017/02
15. ◎川名秀俊: 最新のガイドラインに基づいた 高齢者糖尿病の血糖管理.  印旛市郡医師会学術講演会,  佐原,  2017/01
16. ◎金居理恵子, 齋木厚人, 木下恵理, 古賀みどり, 鮫田真理子, 辻沙耶佳, 野口雅代, 大城崇司, 白井厚治, 龍野一郎: Formula Diet を活用した 当院の術前行動変容プログラム.  第2回肥満外科栄養研究会,  東京,  2017/01
17. ◎古賀みどり, 齋木厚人, 木下恵理, 金居理恵子, 鮫田真理子, 白井厚治, 龍野一郎: 胃バイパス術を施行した6年後に著明な鉄欠乏性貧血を来した1症例.  第2回肥満外科栄養研究会,  東京,  2017/01
18. ◎大平征宏: 耳鼻咽喉科疾患への漢方薬とその使い方〜めまい、耳鳴りを中心に〜.  千葉県耳鼻咽喉科医会講演会,  千葉,  2017/01
19. ◎龍野一郎: EPA/DHAと生活習慣病~ω3系多価不飽和脂肪酸による脂質・免疫・炎症への影響~.  夷隅医師会学術講演会,  千葉県いすみ市,  2016/12
20. ◎木下恵里: 当院入院患者における栄養状態の実態(MNA-SFの結果から).  印旛NSTセミナー,  佐倉,  2016/12
21. ◎齋木厚人: 妊娠糖尿病における 食事療法の問題点.  The Collaborative Diabetes Care Conference in INBA,  成田,  2016/11
22. ◎渡邉康弘, 渡辺怜奈, 田中翔, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 清水直美, 齋木厚人, 龍野一郎: 2型糖尿病患者に対するSGLT2阻害薬の有効性~ダパグリフロジンも含めて~.  Diabetes Symposium in Sakura,  佐倉,  2016/11
23. ◎大平征宏: 疼痛、消化器疾患、風邪症状への漢方薬とその使い方.  香取市医師会学術講演会,  佐原,  2016/11
24. ◎齋木厚人: 高度肥満の全身合併症に対するMetabolic Surgeryの可能性 ~内科的治療との比較を含めて~.  第2回東北肥満・糖尿病チーム治療セミナー,  仙台,  2016/10
25. ◎齋木厚人: 肥満糖尿病は積極的に治療する時代へ ~SGLT2阻害薬や外科治療の有用性~.  第88回千葉県糖尿病懇話会,  千葉,  2016/10
26. ◎龍野一郎: EPA/DHAと生活習慣病~ω3系多価不飽和脂肪酸による脂質・免疫・炎症への影響~.  鎌ヶ谷市医師会学術講演会,  鎌ヶ谷市,  2016/10
27. ◎大平征宏: 漢方処方のいろいろ.  第8回佐倉薬剤師セミナー,  佐倉,  2016/10
28. ◎齋木厚人: 糖尿病患者の食事療法:総カロリー制限vs糖質制限 糖尿病・肥満症に対する糖質比率40~50%食の有用性について.  第4回Diabetes and Obesity研究会 in 市原,  市原,  2016/09
29. ◎齋木厚人: 東邦佐倉病院が取り組む総合的肥満糖尿病治療 ~メンタルケア、外科治療、薬物治療を含めて~.  第3回 Sakura-yotsukaido Glucose Lowering Therapy 研究会,  佐倉,  2016/09
30. ◎大平征宏: 典型的な症例から考える半夏白朮天麻湯のユニット.  秋葉先生のユニット漢方講座 2016〜生薬を知ると漢方の幅が広がる〜,  千葉,  2016/09
31. ◎齋木厚人: 難治性肥満症患者を生涯支える集学的治療 ~外科治療や薬物治療を含めて~.  星薬科大学認定薬剤師研修(日本肥満学会連携講座),  東京,  2016/09
32. ◎清水直美: 通院でできる、がん治療の進歩 血液がん.  佐倉市民公開講座,  千葉,  2016/09
33. ◎齋木厚人: 肥満糖尿病患者の心理行動特性を踏まえたタイプ別治療アプローチ.  59回ノバルティス Web Live 講演会,  東京,  2016/08
34. ◎川名秀俊: 糖尿病.  薬剤師向けモバイルeラーニング講座,  東京,  2016/08
35. ◎齋木厚人: 弾性機能からみた糖尿病性血管障害 ~動脈弾性能CAVIが拓く血管機能学~.  第7回FRONTIER研究会,  東京,  2016/08
36. ◎龍野一郎: EPA/DHAと生活習慣病~ω3系多価不飽和脂肪酸による脂質・免疫・炎症への影響~.  鎌倉市医師会内科医会学術講演会,  鎌倉市,  2016/08
37. ◎齋木厚人: 肥満・糖尿病外科におけるチーム医療の役割と精神疾患.  第1回九州沖縄肥満・糖尿病医療セミナー,  博多,  2016/07
38. ◎齋木厚人: 肥満糖尿病に対する内科・外科治療が体重、糖脂質代謝に及ぼす影響 ~薬剤費の比較を含めて~.  第55回千葉県動脈硬化セミナー,  幕張,  2016/07
39. ◎戸谷俊介, 山口崇: 82日間にわたり循環動態を維持した脳死患者に対するホルモン補充療法の経験.  第12回東邦大学医療センター佐倉病院内科学講座例会,  幕張,  2016/07
40. ◎中村祥子, 山口崇: EPA, DHAは炎症遷延時の蛋白合成抑制に対し有用かもしれない.  第12回東邦大学医療センター佐倉病院内科学講座例会,  幕張,  2016/07
41. ◎渡邉康弘, 渡邉怜奈, 田中翔, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 龍野一郎: 2型糖尿病におけるダパグリフロジンとフォーミュラ食の併用効果.  第12回東邦大学医療センター佐倉病院内科学講座例会,  幕張,  2016/07
42. ◎渡邉康弘, 山口崇, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 清水直美, 齋木厚人, 龍野一郎: 膵組織生検を施行し得た若年発症成人型糖尿病(MODY)の一例.  第6回Clinical & Basic Research Forum,  幕張,  2016/07
43. ◎清水直美, 渡邉康弘, 番典子, 山口崇, 龍野一郎, 笹井大督, 徳山宣, 蛭田啓之, 辻村秀樹: ホジキン病の診断に苦慮した悪性リンパ腫2症例の報告.  千葉県悪性リンパ腫研究会,  千葉,  2016/07
44. ◎齋木厚人: 高度肥満・糖尿病に対する内科治療と外科治療 ~患者を生涯支えるチーム医療について~.  第10回千葉県糖尿病対策推進会議夏季学術集会,  幕張,  2016/07
45. ◎齋木厚人: 日常診療で行える糖尿病大血管障害の診かた ~動脈弾性指標CAVIを用いて~.  第2回病診連携カンファレンス,  幕張,  2016/06
46. ◎山口崇: 高度高中性脂肪血症にみられるapoAⅤ異常の意義.  第13回Lipid Club,  千葉,  2016/06
47. ◎齋木厚人: 肥満糖尿病が血管機能検査CAVIに及ぼす影響とそれに対するGLP-1受容体作動薬の効果.  千葉GLP-1カンファレンス,  幕張,  2016/06
48. ◎龍野一郎: 糖尿病治療の最前線-薬物治療の視点から-.  君津木更津医師会学術講演会,  東京,  2016/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者