<<< 前 2013年度 | 2014年度 | 2015年度
 医学部 医学科 内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野(佐倉)
 Division of Diabetes, Metabolism and Endocrinology, Department of Internal Medicine (Sakura)

教授:
  龍野 一郎
  白井 厚治 (血管機能学講座)
講師:
  齋木 厚人
  清水 直美
助教:
  南雲 彩子
  川名 秀俊
  番  典子
  山口 崇
レジデント:
  今村 榛樹
  佐藤 悠太
  渡邉 康弘
  渡邉 怜奈
非常勤講師:
  小山 朝一
非常勤医師:
  遠藤 渓
  大平 征宏
  永山 大二
■ 概要
糖尿病・代謝・内分泌
内科学講座糖尿病・代謝・内分泌分野(佐倉)では 糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症・肥満を中心にした代謝疾患および視床下部・下垂体・甲状腺・副腎・骨Ca代謝・性腺疾患などの内分泌疾患、さらに総合診療部門的疾患の診療を通して、“一般医療機関が担うことのできない先端・高度統合医療と希少疾患専門診療の実践”および“人材育成と診療連携を介した地域医療への貢献”を理念として、臨床から抽出されたそれぞれの問題点を解決することを最大の目的として幅広く 臨床・基礎研究を行なっている。
臨床研究では(1)糖尿病に対しては独自開発のヘルスケアファイルというデータグラフ化ファイルの効果・治療食の糖脂質比の再検討・インスリン抵抗性の臨床指標・糖尿病性腎症の進展防止(Sakura Study)・酸化亢進病態の解析・国内でほとんど例のないmetabolic surgeryの研究、(2)難治性肥満症に対する長期予後の調査・formula Dietの代謝改善効果・外科医 精神科医 臨床心理士の共同による減量手術や心理性格分析の研究、(3)動脈硬化の予防を目指して新しい血管機能の指標であるCAVIを開発し 新しい血管機能学の構築とCAVIを指標とした代謝障害の戦略的治療の開発研究、(4)閉経後骨粗鬆症・ステロイド骨粗鬆症の予防を目指した地域社会に根ざす臨床コホート研究などを実施している。
基礎研究としては(1)動脈硬化巣内膜破綻機構、特に酸化コレステロールによる細胞障害とその分子病態、ヒアルロン酸と血管弾性、脂肪細胞の増殖分化機構さらに血管新生機構、高中性脂肪血症の解析(とくにリポ蛋白リパーゼの遺伝子解析)、インクレチンの骨格筋代謝への作用、(2)糖尿病性腎症進展にかかわるROS制御機構とその分子病態の解明、(3)がん遺伝子P53による細胞内代謝制御とインスリン抵抗性、(4)骨粗鬆症の分子病態エピジェネチックスの研究などを行っている。


研究テーマ
1) 糖尿病に対する糖質脂質の適正比の研究(インクレチン)
2) 血清中のリポ蛋白リパーゼ蛋白量
3) 各種病態におけるCAVIの解明と基礎による裏付け(平滑筋細胞の形質変化とヒアルロン酸代謝)
4) 骨格筋細胞のLPL発現とAMPK(ビグアナイド、スタチン、インクレチン)
5) 新規の脂肪細胞由来血管新生調節因子Tenomodulinの研究
6) ブドウ糖毒性の解明と予防:酸化亢進とアルドース還元酵素の阻害効果
7) 高中性脂肪血症の原因検索(LPL欠損症、アポA-V遺伝子異常を中心に)
8) 高度肥満患者の心理分析と減量手術後の経過
9) Metabolic surgeryと代謝改善
10) Formula dietが肝細胞内の脂肪蓄積や酸化ストレスに及ぼす影響
11) 高度肥満患者の予後調査
12) 脂質改善薬プロブコールの糖尿病性腎症進展防止(Sakura Study)
13) C5陽性高コリンエステラーゼ血症の抗動脈硬化作用
14) メサンジウム細胞での酸化ストレスとアポトーシス制御
15) 脂肪細胞でのP53による細胞内代謝制御
16) 閉経後骨粗鬆症の疫学研究(Chiba Bone Study)
17) ステロイド骨粗鬆症の長期コホート研究(Chiba-Shimoshizu Rheumatic Cohort)
16) 骨芽細胞の分化とエピジェネテイックス
■ Keywords
Lipoprotein lipase, CAVI, hypertriglyceridemia, formula diet, metabolic surgery, tenomodulin, Sakura Study, hyaluronic acid, oxidative stress, insulin resistance, osteoporosis, glucocorticoid, Chiba Bone Study, Chiba-Shimoshizu Rheumatic Cohort
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  平成26年度 文科省科研費 基盤研究C
 研究課題:血管弾性CAVI値によるイベント発生予測(動脈硬化リスク保有者の5年前向き調査)  (研究代表者:齋木厚人, 龍野一郎(研究分担者), 白井厚治(研究分担者))
 研究補助金:5200000円  (代表)
■ 教授・准教授・講師の学会・研究会の役員
1.  龍野一郎 :日本内科学会認定内科医,日本内科学会認定総合内科専門医,日本内分泌学会認定内分泌代謝科(内科)専門医,日本内科学会内科指導医,日本内分泌学会認定内分泌代謝科指導医,日本糖尿病学会専門医,日本糖尿病学会研修指導医,日本骨粗鬆症学会認定医, 日本内分泌学会評議員, 日本内分泌学会専門医認定部会内科試験小委員, 日本肥満症治療学会理事・評議員・事務局長, 日本肥満症治療学会ガイドライン検討ワーキンググループ, 日本性差医療・医学研究会評議員, 日本臨床栄養学会評議員, 千葉医学会評議員, 日本循環器学会学術委員会「循環器領域における性差医療に関するガイドライン」協力員(執筆員), 臨床代謝骨フォーラム世話人, 内分泌代謝研究会運営委員, 動脈硬化症例検討会世話人, 東関東臨床ホルモン研究会世話人, 千葉甲状腺研究会世話人, 千葉尿酸懇話会世話人, 千葉内分泌代謝談話会世話人, 千葉県動脈硬化セミナー幹事, 千葉市骨粗鬆所検診精度管理研究会世話人, 千葉骨を守る会幹事, 高齢者ステロイド骨粗鬆症研究会事務局長, Diabetes Endocrinology Forum代表世話人, NIS Endocrinology Coference代表世話人, 千葉下垂体疾患研究会世話人, 千葉糖尿病研究会幹事, 千葉糖尿病内分泌代謝研究会世話人, CKD糖尿病合併症研究会世話人
2.  齋木厚人 :日本内科学会認定医, 日本糖尿病学会学術評議員, 日本病院総合診療医学会 認定医, 日本肥満学会肥満症専門医, 日本肥満学会専門医カリキュラム委員, 日本肥満学会生活習慣病改善指導士試験問題作成委員 ,日本肥満症治療学会評議員, 日本肥満症治療学会ガイドライン検討ワーキンググループ委員, 日本肥満症治療学会メンタルヘルス部会員, 日本肥満症治療学会フォーミュラ食部会員, 日本肥満症治療学会プログラム委員会委員, 日本肥満症治療学会教育委員会委員, 日本肥満症治療学会メタボリックサージェリーワーキンググループ委員, 日本臨床栄養学会評議員, 日本臨床栄養学会病棟栄養士推進委員, 日本動脈硬化学会評議員, 日本動脈硬化学会腎動脈・末梢動脈硬化部会員, 日本動脈硬化学会動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版システマティックレビュー協力委員, 印旛市郡地区糖尿病対策推進会議世話人, 千葉県動脈硬化セミナー世話人, Educational Conference for Medical Research世話人, 千葉若手糖尿病研究者の会世話人, 肥満外科栄養研究会世話人
■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















龍野 一郎   教授
 8 9 1 13  2 4       2
(2)
 54
(2)
 
 1
 11
(10)
 11
(2)
齋木 厚人   講師
医学博士
 10 4 1 4  1        8
(7)
 38
(1)
 
 1
 17
(12)
 8
(2)
清水 直美   講師
              1
 2
 
 1
 
 1
大平 征宏   助教
医学博士
 2  3 2  2        
 21
 
 1
 2
(1)
 4
川名 秀俊   助教
 1 3  4  5        1
 26
 
 1
 2
(1)
 5
南雲 彩子   助教
  1  5  4        1
 21
 
 1
 
 1
番 典子   助教
  1  4  3        3
 25
 
 1
 
 5
山口 崇   助教
 1 2  5  3        14
(1)
 21
 1
 
 6
 1
 22 5  20 0  0  30
(10)
 1
(0)
 38
(24)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
原著
1. 大平征宏, 齋木厚人, 山口崇, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 龍野一郎, 小菅孝明, 秋葉哲生:  易怒性から過食する肥満患者における抑肝散の有用性に関する検討(後ろ向き研究).  日本東洋医学雑誌  66 (3) :191 -196 , 2015
2. Nagayama D, Yamaguchi T, Saiki A, Imamura H, Sato Y, Ban N, Kawana H, Nagumo A, Shirai K, Tatsuno I:  High serum uric acid is associated with increased cardio-ankle vascular index (CAVI) in healthy Japanese subjects: A cross-sectional study.  Atherosclerosis  239 (1) :163 -168 , 2015
3. Tatsuno I, Kudou K, Kagawa T:  Effect of TAK-085 on Low-density Lipoprotein Particle Size in Patients with Hypertriglyceridemia: A Double-blind Randomized Clinical Study.  Cardiovasc Ther  33 (6) :317 -323 , 2015
4. Murano T, Yamaguchi T, Tatsuno I, Suzuki M, Noike H, Takanami T, Yoshida T, Suzuki M, Hashimoto R, Maeno T, Terai K, Tokuyama W, Hiruta N, Schneider WJ, Bujo H,:  Subfraction analysis of circulating lipoproteins in a patient with Tangier disease due to a novel ABCA1 mutation.  Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry  15 (452) :167 -72 , 2016
5. Suzuki S, Tatsuno I, Oohara E, Nakayama A, Komai E, Shiga A, Kono T, Takiguchi T, Higuchi S, Sakuma I, Nagano H, Hashimoto N, Mayama T, Koide H, Sasano H, Nakatani Y, Imamoto T, Ichikawa T, Yokote K, Tanaka T:  Germline deletion of ARMC5 in familial primary macronodular adrenal hyperplasia.  Endocrine practice : official journal of the American College of Endocrinology and the American Association of Clinical Endocrinologists  21 (10) :1152 -1160 , 2015
6. Ohira M, Nagumo A, Ban N, Sato Y, Nagayama D, Murano T, Saiki A, Shirai K, Tatsuno I:  No Deterioration of Blood Glucose and Arterial Stiffness by Switching Metformin to 500 mg Once Daily.  Int J Endocrinol Metab Disord  1 (3) :1 -6 , 2015
7. Ohira M, Saiki A, Nagumo A, Imamura H, Kawana H, Endo K, Murano T, Shirai K, Tatsuno I:  Insulin Degludec improves Blood Glucose But Does Not Alter Arterial Stiffness in Type 1 Diabetes Patients.  International Journal of Medicine and Pharmacy  3 (2) :17 -31 , 2016
8. Sugiyama T, Sugimoto T, Suzuki S, Sato Y, Tanaka T, Tatsuno I:  Current smoking is an independent risk factor for new-onset diabetes mellitus during high dose glucocorticoid treatment.  International journal of clinical pharmacology and therapeutics  53 (8) :616 -620 , 2015
9. Ohira M, Shirai K, Tatsuno I:  Efficacy and safety of pitavastatin.  Journal of Symptoms and Signs  4 (2) :107 -117 , 2015
10. Saiki A, Sato Y, Watanabe R, Watanabe Y, Imamura H, Yamaguchi T, Ban N, Kawana H, Nagumo A, Nagayama D, Ohira M, Endo K, Tatsuno I:  The Role of a Novel Arterial Stiffness Parameter, Cardio-Ankle Vascular Index(CAVI) ,as a Surrogate Marker for Cardiovascular Diseases.  Journal of atherosclerosis and thrombosis  23 (2) :155 -168 , 2015
11. Sato Y, Nagayama D, Saiki A, Watanabe R, Watanabe Y, ,Imamura H, Yamaguchi T, Ban N, Kawana H, Nagumo A, Ohira M, Endo K, Kurosu T, Tomaru T, Shirai K, Tatsuno I:  Cardio-Ankle Vascular Index is Independentaly Associated with Future Cardiovascular Events in Outpatients with Metabolic Disorders.  Journal of atherosclerosis and thrombosis  23 (5) :596 -605 , 2015
12. Koide H, Holmbeck K, Lui JC, Guo XC, Driggers P, Chu T, Tatsuno I, Quaglieri C, Kino T, Baron J, Young MF, Robey PG, Segars JH:  Mice Deficient in AKAP13 (BRX) Are Osteoporotic and Have Impaired Osteogenesis.  Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research  30 (10) :1887 -1895 , 2015
13. Whittle AJ, Jiang M, Peirce V, Relat J, Virtue S, Ebinuma H, Fukamachi I, Yamaguchi T, Takahashi M, Murano T, Tatsuno I, Takeuchi M, Nakaseko C, Jin W, Jin Z, Campbell M, Schneider WJ, Vidal-Puig A, Bujo H.:  Soluble LR11/SorLA represses thermogenesis in adipose tissue and correlates with BMI in humans.  Nature Communications  20 (6) :8951 , 2015
14. Sakuma I, Higuchi S, Fujimoto M, Takiguchi T, Nakayama A, Tamura A, Kohno T, Komai E, Shiga A, Nagano H, Hashimoto N, Suzuki S, Mayama T, Koide H, Ono K, Sasano H, Tatsuno I, Yokote K, Tanaka T:  Cushing syndrome due to ACTH-secreting pheochromocytoma, aggravated by glucocorticoid driven positive feedback loop.  The Journal of clinical endocrinology and metabolism  101 (3) :841 -846 , 2016
総説及び解説
1. 齋木厚人:  肥満症に対する外科治療の効果は?.  CORE Journal 循環器  5 :32 -37 , 2015
2. 南雲彩子, 龍野一郎, 武城英明:  脂質異常症.  CURRENT THERAPY  34 (1) :51 -56 , 2016
3. 渡辺怜奈, 山口崇, 龍野一郎, 武城英明:  家族性複合型高脂血症の診断と病態.  Pharma Medica  33 (8) :25 -28 , 2015
4. 齋木厚人:  最近の日本人の肥満症-新知見が拓くこれからの肥満症診療- 肥満症の病態と治療 高度肥満症の病態と治療.  カレントテラピー  34 (1) :20 -26 , 2016
5. 齋木厚人:  肥満症の治療 肥満症のチーム医療.  医歯薬出版臨床栄養  127 (4) :466 -471 , 2015
6. 齋木厚人:  肥満症の治療&栄養相談CASE REPORT 高度肥満の治療例.  医歯薬出版臨床栄養  127 (4) :580 -584 , 2015
7. 山口崇, 龍野一郎, 武城英明:  ガイドラインに基づく糖質調整とその実際 動脈硬化診療ガイドラインからみた糖質調整.  月刊内分泌・糖尿病・代謝内科  42 (2) :84 -90 , 2016
8. 齋木厚人:  質疑応答プロからプロへ 心不全を合併した高度肥満症患者の肥満外科治療.  週刊日本医事新報  (4769) :1 -1 , 2015
9. 齋木厚人:  肥満を伴う慢性腎臓病患者の治療(肥満に対する外科療法).  東京医学社 腎と透析  4 (78) :593 -598 , 2015
10. 齋木厚人, 龍野一郎, 白井厚治:  「新時代の臨床糖尿病学(上)-より良い血糖管理を目指して-」  糖尿病の検査・診断の臨床的意義 動脈硬化検査.  日本臨牀  74 :376 -383 , 2016
11. 川名秀俊, 龍野一郎:  肥満に起因する各種疾患の診療:「脂質異常症」.  臨床栄養  127 (4) :417 -421 , 2015
12. Shirai K, Saiki A, Nagayama D, Tatsuno I, Shimizu K, Takahashi M:  The Role of Monitoring Arterial Stiffness with Cardio-Ankle Vascular Index in the Control of Lifestyle-Related Diseases.  Pulse  3 (2) :118 -133 , 2015
症例報告
1. 木下恵理, 齋木厚人, 鮫田真理子, 龍野一郎:  ダメダメ指導にさようなら 栄養指導の○と× 自身の肥満への否認があり、減量治療の導入に苦慮した高度肥満患者の栄養指導.  Nutrition Care  9 (2) :169 -175 , 2016
2. 大平征宏, 秋葉哲生:  便秘を伴うパーキンソン病に対し、抑肝散加芍薬厚朴をエキス製剤で作成し奏効した1例.  漢方の臨床  62 (11) :1793 -1798 , 2015
3. 古賀みどり, 川名秀俊, 岩下裕明, 金居理恵子, 鈴木和枝, 河井貴行, 浦野敦, 小川裕司, 治田寛之, 鮫田真理子, 齋木厚人, 龍野 一郎:  フォーミュラ食投与が難治性下腿潰瘍の改善に寄与した症例.  日本臨床栄養学会雑誌  37 (2) :165 -170 , 2015
4. 渡邉康弘:  肥満心筋症と推測される重症心不全を合併した高度肥満患者に対し減量手術介入を行った一例.  肥満症治療学展望  (6) :2 -2 , 2015
その他
1. 龍野一郎:  生活習慣病予防に深く関わるEPA、DHAを解説.  CLINIC magazine  (552) :28 -28 , 2015
2. 齋木厚人:  チーム力あり! リーディングホスピタル.  DM Trend Journal  9 (32) :6 -8 , 2015
3. 齋木厚人:  難治性肥満症に対するチームアプローチ 最新の糖尿病治療や外科治療を求めて.  矯正医学  64 (3) :68 -88 , 2016
4. 龍野一郎:  血管壁弾性機能Cardio ankle vascular index(CAVI)を用いた統合的な動脈硬化症治療戦略-2型糖尿病と脂質管理を考える-.  東京糖尿病治療セミナーTCS NEWS  (64) :1 -1 , 2016
5. 龍野一郎:  神経内分泌学の系譜と日本人科学者の貢献 ノーベル賞の秋に思うこと.  東邦医学会雑誌  62 (4) :259 -260 , 2015
6. 龍野一郎:  魚油と生活習慣病の歴史-グリーンランドイヌイットと勝浦の漁民から学ぶ-.  東邦大学創立90周年記念エッセイ集 緝  :72 -73 , 2015
7. 龍野一郎:  肥満糖尿病患者への処方 SGLT2阻害薬で体重が減少 過食によるリバウンドに注意.  日経メディカル  (570) :107 -107 , 2015
8. 渡邉康弘, 齋木厚人, 川名秀俊, 鮫田真理子, 龍野一郎:  Metabolic Surgery後に著明な低アルブミン血症と亜鉛欠乏を来したが内科的治療で改善しえた一例.  肥満症治療学会展望第8号  (8) :10 -10 , 2016
9. 齋木厚人:  Obesity Week 2015 in Los Angelesに参加して.  肥満症治療学展望  (8) :2 -3 , 2016
10. 龍野一郎:  分子間架橋を応用したNFATc1複合体解析による骨エピジェネティクスの基盤的研究.  平成22年度~平成27年度科学研究費助成事業研究成果報告書  :418 -420 , 2016
11. 龍野一郎:  EPA/DHAと生活習慣病~ω3系多価不飽和脂肪酸による脂質・免疫・炎症への影響~.  防府医師会報  (514) :24 -25 , 2016
12. 龍野一郎:  ブラックジャックを探せ 肥満治療 チームで支える.  夕刊フジ  (13890) :18 -18 , 2015
■ 著書
1. 龍野一郎:  激しい前頭部痛と複視を認めた症例.  一発診断!一目瞭然!  15,62.  ヤマノ印刷株式会社,  東京, 2015
2. 齋木厚人:  第2章 肥満の判定と肥満症の診断基準 (1)肥満の判定.  肥満症診療ガイドライン2016  4-5.  ライフ・サイエンス出版,  東京, 2016
3. 龍野一郎, 佐々木英久:    処方Q&A 糖尿病  1-295.  株式会社南山堂,  東京, 2015
4. 渡邉怜奈:  78 糖尿病性ケトアシドーシスの治療手順について教えてください.  処方Q&A 糖尿病  228-232.  株式会社南山堂,  東京, 2015
5. 山口崇:  79 高浸透圧高血糖症候群の治療手順について教えてください.  処方Q&A 糖尿病  233-234.  株式会社南山堂,  東京, 2015
6. 大平征宏, 龍野一郎:  80 乳酸アシドーシスの治療手順について教えてください.  処方Q&A 糖尿病  235-237.  株式会社南山堂,  東京, 2015
7. 佐藤悠太:  81 糖尿病用薬投与中に低血糖が発現しやすい時間や低血糖の原因を教えてください.  処方Q&A 糖尿病  238-240.  株式会社南山堂,  東京, 2015
8. 渡邉康弘:  82 糖尿病用薬で低血糖になりやすい薬剤を教えてください.  処方Q&A 糖尿病  241-242.  株式会社南山堂,  東京, 2015
9. 今村榛樹:  83 低血糖昏睡時の治療手順について教えてください.  処方Q&A 糖尿病  243-244.  株式会社南山堂,  東京, 2015
10. 番典子:  84 低血糖による神経障害などへの影響はありますか?.  処方Q&A 糖尿病  245-246.  株式会社南山堂,  東京, 2015
11. 川名秀俊:  85 糖尿病網膜症の病期に応じた治療薬について教えてください.  処方Q&A 糖尿病  247-248.  株式会社南山堂,  東京, 2015
12. 番典子:  86 糖尿病腎症の病期に応じた治療薬について教えてください.  処方Q&A 糖尿病  249-250.  株式会社南山堂,  東京, 2015
13. 南雲彩子:  87 糖尿病神経障害の分類に応じた治療薬について教えてください.  処方Q&A 糖尿病  251-252.  株式会社南山堂,  東京, 2015
14. 南雲彩子:  88 糖尿病足病変に対する治療薬について教えてください.  処方Q&A 糖尿病  253-254.  株式会社南山堂,  東京, 2015
15. 永山大二:  89 糖尿病患者の歯周病治療と血糖コントロールに与える影響を教えてください.  処方Q&A 糖尿病  255-256.  株式会社南山堂,  東京, 2015
16. 佐藤悠太:  90 糖尿病患者の高血圧治療薬の選択方法を教えてください.  処方Q&A 糖尿病  257-260.  株式会社南山堂,  東京, 2015
17. 今村榛樹:  91 糖尿病患者の脂質異常症治療薬の選択方法を教えてください.  処方Q&A 糖尿病  261-264.  株式会社南山堂,  東京, 2015
18. 南雲彩子:  92 糖尿病患者の心・脳血管障害に対する薬物療法を教えてください.  処方Q&A 糖尿病  265-267.  株式会社南山堂,  東京, 2015
19. 山口崇:  93 糖尿病用薬による心血管合併症予防のエビデンスはありますか?.  処方Q&A 糖尿病  268-271.  株式会社南山堂,  東京, 2015
20. 川名秀俊:  94 糖尿病患者に対する動脈硬化を防ぐための統合的な薬物療法を教えてください.  処方Q&A 糖尿病  272-273.  株式会社南山堂,  東京, 2015
21. 大平征宏:  95 肝障害、腎障害、心不全を有する場合、注意しなければならない糖尿病治療薬を教えてください.  処方Q&A 糖尿病  274-277.  株式会社南山堂,  東京, 2015
22. 番典子:  96 糖尿病患者における透析療法中の薬物処方の注意点はありますか?.  処方Q&A 糖尿病  278-279.  株式会社南山堂,  東京, 2015
23. 永山大二:  97 糖尿病患者の睡眠障害に対する睡眠薬の使い方について教えてください.  処方Q&A 糖尿病  280-283.  株式会社南山堂,  東京, 2015
24. 山口崇:  98 グルカゴン注射の投与タイミングと注意点を教えてください.  処方Q&A 糖尿病  284-285.  株式会社南山堂,  東京, 2015
25. 川名秀俊:  99 認知症患者に対する処方で気をつける点はありますか?.  処方Q&A 糖尿病  286-287.  株式会社南山堂,  東京, 2015
26. 南雲彩子:  100 糖尿病腎症患者の透析導入の目安はありますか?.  処方Q&A 糖尿病  288-290.  株式会社南山堂,  東京, 2015
27. 龍野一郎:  はじめに.  処方の教室 ケーススタディ肥満糖尿病  7.  株式会社南山堂,  東京, 2015
28. 川名秀俊, 龍野一郎:  A代謝系疾患 脂質異常症.  病気とくすり2016  846-854.  株式会社南山堂,  東京, 2016
29. 川名秀俊:  case1 経口血糖降下薬での血糖コントロールが不十分なため、入院によりSGLT阻害薬が追加となった54歳男性.  処方の教室 ケーススタディ肥満糖尿病  9-14.  株式会社南山堂,  東京, 2015
■ 学会発表
国内学会
1. ◎木下恵理, 齋木厚人, 金居理恵子, 浦島みどり, 鮫田真理子, 秋葉崇, 小川明宏, 龍野一郎: 高度肥満患者の骨格筋量およびその分布と、摂取栄養量との関係について.  第19回日本病態栄養学会,  横浜,  2016/01
2. ◎小野崎彰, 龍野一郎, 東仲宣: 糖尿病合併透析患者に食事負荷試験を用いたテネリグリプチンの有効性の検討.  第30回日本糖尿病合併症学会第21回日本糖尿病眼学会総会,  愛知県名古屋市,  2015/11
3. ◎佐藤悠太, 齋木厚人, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 岡谷しのぶ, 林果林, 大城崇司, 白井厚治, 龍野一郎: 当院での高度肥満患者の内科・外科治療の選択と治療成績の比較.  内分泌代謝UPDATE,  東京,  2015/11
4. ◎山口崇, 村野武義, 武城英明, 龍野一郎: タンジール病における動脈硬化性変化および脂質異常の検討.  内分泌代謝UPDATE,  東京,  2015/11
5. ◎山口崇, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 大城崇司, 岡住慎一, 岡谷しのぶ, 龍野一郎: 美容目的に海外で肥満外科治療を受け、合併症治療に難渋した一例.  内分泌代謝UPDATE,  東京,  2015/11
6. ◎山口崇, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: EPAとDHAの合剤が脂質および血管弾性指標CAVIに及ぼす影響.  内分泌代謝UPDATE,  東京,  2015/11
7. 藤井悠、林果林 、浅海敬子、端こず恵 、土川伶、斎木厚人、龍野一郎、黒木宣夫、桂川修一: 高度肥満症及び身体合併症とうつ病との関係.  第28回日本総合病院精神医学会,  徳島県徳島市,  2015/11
8. ◎村野武義, 山口崇, 寺井謙介, 蛭田啓之, 武城英明: タンジール病は著しい低HDL血症とともに異常リポ蛋白が出現する.  第62回日本臨床検査医学会学術集会,  岐阜,  2015/11
9. ◎村野武義, 渡部俊之, 山口崇, 根間敏郎, 武城英明: 精密フラクション脂質解析をもちいた肝疾患に伴うLpXの同定.  第29回日本小児脂質研究会学術集会,  米子市,  2015/10
10. ◎齋木厚人: 摂食障害と肥満・糖尿病 高度肥満の内科・外科チーム医療における 心理社会的サポートの重要性 ~摂食行動異常の症例呈示を含めて~.  第19回日本摂食障害学会,  福岡,  2015/10
11. ◎齋木厚人: 難治性肥満症に対するチームアプローチ ~最新の糖尿病薬物治療や外科治療を含めて~.  第62回日本矯正医学会総会,  東京,  2015/10
12. ◎Shimizu N, Hasunuma H, Watanabe Y, Iwashita Y, Tatsuno I, Yokota H: Oxidative stress markers were elevated simultaneously with WT1 in a patient with MDS.  第77回日本血液学会学術集会,  金沢,  2015/10
13. ◎金居理恵子, 今村榛樹, 齋木厚人, 木下恵理, 古賀みどり, 鮫田真理子, 小川明宏, 岡谷しのぶ, 大城崇司, 白井厚治, 龍野一郎: Formula 食の使用が骨格筋量の維持に寄与したと思われた肥満外科治療後の1 例.  第37回日本臨床栄養学会総会・第36回日本臨床栄養協会総会 第13回大連合大会,  東京,  2015/10
14. ◎鮫田真理子, 齋木厚人, 鈴木和枝, 古賀みどり, 金居理恵子, 木下恵理, 岡谷しのぶ, 大城崇司, 龍野一郎: 日本人に対する肥満外科治療患者のための周術期を含めた生涯に亘る栄養管理計画.  第37回日本臨床栄養学会総会・第36回日本臨床栄養協会総会 第13回大連合大会,  東京,  2015/10
15. ◎齋木厚人: 生活習慣病発症ならびに重症化予防を目した食事のあり方 減量や代謝改善に 優れた食事療法とは ~糖質比率の検討とフォーミュラ食について~.  第37回日本臨床栄養学会総会・第36回日本臨床栄養協会総会 第13回大連合大会,  東京,  2015/10
16. ◎山口崇, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 大城崇司, 岡住慎一, 岡谷しのぶ, 龍野一郎: 肥満外科治療が体組成・糖脂質代謝へ及ぼす影響 ~3年次成績報告~.  第36回日本肥満学会,  名古屋,  2015/10
17. ◎齋木厚人, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 岡谷しのぶ, 林果林, 大城崇司, 白井厚治, 龍野一郎: 当院に受診した高度肥満患者における 内科・外科治療の選択の実態と 治療成績や通院状況の比較.  第36回日本肥満学会,  名古屋,  2015/10
18. ◎渡邉康弘, 山口崇, 堀内喜代美, 吉田有策, 山本智子, 長嶋洋治, 青見茂之, 齋木厚人, 岡本高宏, 龍野一郎: 良悪性の診断に難渋する褐色細胞腫の一例.  第16回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  幕張,  2015/09
19. ◎齋木厚人: インストラクションコース ディベート肥満外科治療 外科手術に反対 ~肥満治療の基本は内科治療である~.  第16回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  幕張,  2015/09
20. ◎山口崇, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 大城崇司, 岡住慎一, 岡谷しのぶ, 龍野一郎: 肥満外科治療後の体組成・糖脂質代謝に関する追跡調査 ~三年次報告~.  第16回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  幕張,  2015/09
21. ◎山口崇, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 大城崇司, 岡住慎一, 岡谷しのぶ, 龍野一郎: GLP-1作動薬とDPP-4阻害薬との併用が短期の血糖プロファイルに及ぼす影響.  第16回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  幕張,  2015/09
22. ◎佐藤悠太, 石原典子, 今村榛樹, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: オキシステロールによる骨芽細胞様MC3T3-E1細胞への細胞内ROS制御を介したアポトーシス誘導とその作用メカニズムの検討.  第17回日本骨粗鬆症学会,  広島,  2015/09
23. ◎佐藤悠太, 石原典子, 今村榛樹, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 骨芽細胞様MC3T3-E1細胞におけるオキシステロールの細胞内ROS制御を介したアポトーシス誘導とその作用メカニズム.  第33回日本骨代謝学会学術集会,  東京,  2015/07
24. ◎齋木厚人: 非侵襲的動脈硬化検査をガイドラインにどう反映させるか β理論に基づいたCAVIの特性と 動脈硬化診療における有用性について.  第47回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  仙台,  2015/07
25. ◎小林恭子, 佐々木英久,松尾和廣,篠原悦子,渡辺朋子,田中博之, 真坂 亙,龍野一郎,吉尾 隆: フェブキソスタット投与時における腎機能に及ぼす影響.  医療薬学フォーラム2015,  名古屋,  2015/07
26. ◎大柿佳織, 佐々木英久,松尾和廣,篠原悦子,渡辺朋子,田中博之, 真坂 亙,龍野一郎,吉尾 隆: DPP-4阻害薬の血清脂質に及ぼす影響について.  医療薬学フォーラム2015,  名古屋,  2015/07
27. ◎木島麻唯, 佐々木英久,松尾和廣,篠原悦子,渡辺朋子,田中博之, 真坂 亙,龍野一郎,吉尾 隆: インスリン投与患者におけるDPP-4阻害薬併用の有用性について.  医療薬学フォーラム2015,  名古屋,  2015/07
28. ◎山口崇, 村野武義, 武城英明, 龍野一郎: 若年タンジール病症例における動脈硬化性変化の検討.  第47回日本動脈硬化学会総会・学術集会,  仙台,  2015/07
29. ◎岡谷しのぶ, 川名秀俊, 金井理恵子, 古賀みどり, 鈴木和枝, 鮫田真理子, 三友雅子, 小川明宏, 藤井悠, 林果林, 黒木宣夫, 齋木厚人, 大城崇司, 白井厚治, 龍野一郎: 知的障害を有する高度肥満患者への外科治療における肥満症治療コーディネーターとしてのアプローチ.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉市,  2015/06
30. ◎金居恵理子, 齋木厚人, 古賀みどり, 鮫田真理子, 岡谷しのぶ, 山口崇, 大城崇司, 白井厚治: フォーミュラ食を用いた肥満外科治療後の栄養管理 ~術後2年までの検討~.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉,  2015/06
31. ◎金居理恵子, 今村榛樹, 齋木厚人, 古賀みどり, 鮫田真理子, 小川明宏, 岡谷しのぶ, 大城崇司, 白井厚治, 龍野一郎: Formula食の使用が骨格筋量の維持に寄与したと思われた肥満外科治療後の1例.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉,  2015/06
32. ◎今村榛樹, 齋木厚人, 田中翔, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 岡谷しのぶ, 大城崇司, 白井厚治, 龍野一郎: フォーミュラ食を用いた肥満外科治療後のIn Body変化について ~術後24週の経過~.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉市,  2015/06
33. ◎鮫田真理子, 齋木厚人, 鈴木和枝, 古賀みどり, 金居理恵子, 大城崇司, 龍野一郎: 当院の肥満外科治療における栄養管理計画の取り組み.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉市,  2015/06
34. ◎山口崇, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 岡谷しのぶ, 大城崇司, 岡住慎一, 白井厚治, 龍野一郎: 高度肥満および肥満外科治療が生体の酸化ストレスに及ぼす影響~d-ROMSによる検討~.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉,  2015/06
35. ◎山口崇, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 大城崇司, 岡住慎一, 岡谷しのぶ, 白井厚治, 龍野一郎: 当院における肥満外科治療後の体組成・代謝成績の追跡調査 ~3年次報告~.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉,  2015/06
36. ◎山口崇, 齋木厚人, 大城崇司, 岡住慎一, 林果林, 黒木宜夫, 鮫田真理子, 岡谷しのぶ, 白井厚治, 龍野一郎: メンタルサポートを中心とした肥満症治療チームによる取り組み~より幸せな術後生活のために~.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉,  2015/06
37. ◎渡辺康弘, 山口崇, 齋木厚人, 大城崇司, 岡住慎一, 岡谷しのぶ, 土川伶, 端こず恵, 浅海敬子, 林果林, 黒木宜夫, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療患者における知的特性と減量成績との関連~WAIS-3を用いた検討~.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉,  2015/06
38. ◎渡邉康弘, 川名秀俊, 鮫田真理子, 戸川剛, 佐藤悠太, 今村榛樹, 山口崇, 番典子, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 岡谷しのぶ, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療後の栄養障害に対してパンクレリパーゼおよび蛋白補助食品が奏功した一例.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉市,  2015/06
39. ◎龍野一郎: 肥満2型糖尿病の集学的治療を考える-STGL2阻害剤と肥満外科治療の登場-.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉市,  2015/06
40. ◎齋木厚人: 華々しい外科治療と、地味な内科治療 ~私は内科医~.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉市,  2015/06
41. ◎齋木厚人: 肥満外科治療後にみられる栄養不良と体重増加の二面性と、それに対するFormula食の効果.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉市,  2015/06
42. ◎荒川航太, 岩下洋一, 蓮沼秀和, 佐藤俊哉, 石田智子, 清水直美: 当院における不規則抗体検査酵素法有用性の検討.  第63回日本輸血・細胞治療学会,  東京,  2015/05
43. ◎蓮沼秀和, 清水直美, 荒川航太, 佐藤俊哉, 石田智子, 岩下洋一: 骨髄異形成症候群(MDS)におけるアザシチジン治療に伴う酸化ストレスマーカーの動態について.  第63回日本輸血・細胞治療学会,  東京,  2015/05
44. ◎山口崇, 渡邉怜奈, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 寺井謙介, 白井厚治, 龍野一郎: NAFLD肝には細胞障害性7-ketocholesterolが蓄積している.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
45. ◎川名秀俊, 渡邉怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: SGLT-2阻害薬が体組成および代謝因子に及ぼす影響についての検討.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
46. ◎永野秀和, 滝口朋子, 内田大学, 中村晋, 鈴木佐和子, 吉田知彦, 小出尚史, 橋本直子, 佐久間一基, 樋口誠一郎, 志賀明菜, 河野貴史, 駒井絵里, 藤本真徳, 龍野一郎, 田中知明, 横手幸太郎: リラグルチドの外来導入管理と長期使用有効例の検討.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
47. ◎越坂理也, 石川耕, 竹本稔, 小林一貴, 石川崇広, 内田大学, 栗林伸一, 橋本尚武, 寺野隆, 龍野一郎, 横手幸太郎: DPP-4阻害薬効果不十分な2型糖尿病症例に対するイプラグリフロジン及びメトホルミンの内臓脂肪減少に及ぼす併用効果の検討.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
48. ◎滝口朋子, 永野秀和, 内田大学, 中村晋, 鈴木佐和子, 吉田知彦, 龍野一郎, 田中知明, 横手幸太郎: 後期高齢者2型糖尿病患者に対するリナグリプチン(LG)の臨床使用経験.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
49. ◎中村晋, 滝口朋子, 永野秀和, 岩塚良太, 吉田知彦, 鈴木佐和子, 龍野一郎, 内田大学: 当院においてグリメピリドを極少量で継続使用している2型糖尿病症例の解析.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
50. ◎田中翔, 山口崇, 渡邉怜奈, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 岡谷しのぶ, 大城崇司, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療が体組成・糖脂質代謝に及ぼす経時的影響~2年次報告~.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
51. ◎南雲彩子, 杉山隆夫, 佐藤悠太, 鈴木佐和子, 田中知明, 龍野一郎: 喫煙は高用量ステロイドによる新規発症ステロイド糖尿病の危険因子である.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
52. ◎樋口誠一郎, 滝口朋子, 永野秀和, 内田大学, 中村晋, 藤本真徳, 駒井絵里, 志賀明菜, 河野貴史, 佐久間一基, 橋本直子, 鈴木佐和子, 間山貴文, 小出尚史, 吉田知彦, 龍野一郎, 田中知明, 横手幸太郎: 実臨床での2型糖尿病患者におけるテネグリプチン(T)の安全性・有用性の後方視的検討.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
53. ◎龍野一郎: 魚油と生活習慣病~ω3系多価不飽和脂肪酸による脂質・動脈硬化への影響~.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
54. ◎永山大二, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 日本人健常者において血清尿酸値はCardio-ankle vascular index(CAVI)と関連する.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
55. ◎山口崇: 糖質制限食の効果 ~ZDF ratを用いた検討~.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
56. ◎渡邉怜奈, 山口崇, 田中翔, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 今村榛樹, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 徳山旦, 龍野一郎: インスリノーマに対するエベロリムス導入前後の糖代謝プロファイルの変化~CGMを用いた検討~.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
57. ◎番典子, 金井理恵子, 古賀みどり, 鈴木和枝, 渡邉怜奈, 渡邉康弘, 鮫田真理子, 佐藤悠太, 今村榛樹, 山口崇, 川名秀俊, 南雲彩子, 齋木厚人, 龍野一郎: 糖質制限食が血糖変動に及ぼす影響.  第58回日本糖尿病学会年次学術集会,  下関,  2015/05
58. ◎吉田知彦, 中山哲俊, 小出尚史, 鈴木穣, 菅野純夫, 龍野一郎, 横手幸太郎、田中知明: 新規NFATc1結合候補分子WHSC1のNFATc1下流遺伝子発現における役割.  第88回日本内分泌学会学術総会,  東京,  2015/04
59. ◎今村榛樹, 齋木厚人, 金井理恵子, 古賀みどり, 鈴木和枝, 鮫田真理子, 渡邉怜奈, 渡邉康弘, 佐藤悠太, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 大城崇司, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療後の栄養障害とリバウンド予防を目的としたフォーミュラ食の効果.  第88回日本内分泌学会学術総会,  東京,  2015/04
60. ◎佐藤悠太, 石原典子, 今村榛樹, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 骨芽細胞様MC3T3-E1細胞でのオキシステロールによる細胞内ROS制御を介したアポトーシス誘導とその意義.  第88回日本内分泌学会学術総会,  東京,  2015/04
61. ◎山口崇, 渡邉怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 今村榛樹, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: NAFLDにおける7-ketocholesterolの影響とその生成メカニズムの検討.  第88回日本内分泌学会学術総会,  東京,  2015/04
62. ◎番典子, 佐藤悠太, 南雲彩子, 鈴木佐和子, 吉田知彦, 田中知明, 中村貢, 山口淳一, 寺野隆, 龍野一郎: 千葉市骨粗鬆症検診から見た閉経後骨粗鬆症の特徴-閉経後骨粗鬆症診断の為の予測式の試み-.  第88回日本内分泌学会学術総会,  東京,  2015/04
63. ◎鈴木佐和子, 龍野一郎, 中山哲俊, 鈴木穣, 菅野純夫, 田中知明, 横手幸太郎: AIMAHにおけるWNT/β-cateninの活性化と特異的なステロイド合成酵素発現パターン.  第88回日本内分泌学会学術総会,  東京,  2015/04
64. ◎山口崇, 渡邉怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 齋木厚人, 龍野一郎: ベザフィブラートが糖尿病合併高TG血症患者の血管弾性におよぼす影響.  第112回日本内科学会総会・講演会,  京都,  2015/04
65. ◎渡邉怜奈, 山口崇, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 齋木厚人, 龍野一郎: インスリノーマによる難治性低血糖に対するエベロリムスの効果.  第112回日本内科学会総会・講演会,  京都,  2015/04
66. ◎佐藤悠太, 山口崇, 今村榛樹, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 当院における肥満外科治療症例の術後2年までの体組成・代謝パラメータに関する検討.  第112回日本内科学会総会・講演会,  京都,  2015/04
67. ◎渡邉怜奈, 山口崇, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 高インスリン血症が頚動脈内中膜複合体厚および血管弾性指標CAVIに及ぼす影響.  第112回日本内科学会総会・講演会,  京都,  2015/04
68. ◎番典子, 金井理恵子, 鮫田真理子, 大城崇司, 齋木厚人, 白井厚治, 龍野一郎: 肥満外科治療後の代謝・栄養管理とフォーミュラ食の役割-術後2年の経過-.  第112回日本内科学会総会・講演会,  京都,  2015/04
69. ◎Oshiro T, Saiki A, Suzuki J, Takagi R, Kitahara T, Kawamitsu K, Satoh A, Yoshida Y, Urita T, Ooshiro M, Nagashima M, Kadoya K, Tatsuno I, Okazumi S, Katoh R: Short-Term Results of Bariatric Surgery at Toho University Sakura Medical Center.  第33回日本肥満症治療学会学術集会,  千葉,  2015/06
国際学会
1. ◎Tanosaki R, Okuyama Y, Iseki T, Handa M, Kino S, Ikuta K, Yoshida S, Haraguchi K, Shimizu N, Sakai S, Watanabe N, Uemura T, Kawahara Y, Muroi K, Nagamura-Inoue T, Takanashi M: Enumeration of Peripheral Blood Hematopoietic Stem Cells Using Automated Hematology Analyzer, Sysmex-XN: Final Resutls of Multicenter Prospective Study.  57th Annual Meeting and Exposition ASH,  Florida, USA,  2015/12
2. Takashi Yamaguchi, R.Watanabe, Y.Watanabe, Y.Sato, H.Imamura, N.Ban, H,Kawana, A,Nagumo, M.Ohira, A.Saiki, N,Ishihara, F,Watanabe,H,Bujo,K,Shirai, I.Tatsuno: Nunutrient modification improve lipoprotein lipase and other adipocyte-specific gene expressions in diabetic rats.  Baige and Brown Fat:Basic Biology and Novel Therapeutics,  Utah,USA,  2015/04
その他
1. ◎大平征宏: 易怒性から過食する肥満患者への漢方薬の効果.  第41回千葉東洋医学シンポジウム,  千葉市,  2016/03
2. ◎齋木厚人: 肥満症に対する 内科治療と外科治療.  日本医科大学千葉北総病院 糖尿病教室,  千葉県印西市,  2016/03
3. ◎川名秀俊: SGLT-2阻害薬が 体組成および代謝因子に 及ぼす影響についての検討.  第9回Diabetes and Endocrinology,  千葉市,  2016/03
4. ◎齋木厚人: 減量・糖尿病外科治療 チームビルディングを目指して 内科医からみた肥満症外科治療.  第 6 回肥満症総合治療セミナー,  東京,  2016/02
5. ◎山口崇, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 大城崇司, 岡住慎一, 岡谷しのぶ, 龍野一郎: 高度肥満の母親から出生し、小児肥満から成人の高度肥満に移行した一例.  第7回下総内科産婦人科臨床フォーラム,  佐倉市,  2016/02
6. ◎大平征宏: メトホルミンの有効活用.  メトホルミンセミナー in CHIBA,  千葉市,  2016/02
7. ◎齋木厚人: 東邦中学を卒業して医師になるということ ~私たちにとっての「夢」とは~.  東邦大学付属東邦中学校 職業講話,  千葉県習志野市,  2016/02
8. ◎田波未佳, 渡邉康弘, 龍野一郎: 複数の鑑別診断からパラガングリオーマの診断に至った腹部腫瘤の一例.  第147回東邦医学会例会,  東京,  2016/02
9. ◎佐藤悠太: オキシステロールによる骨芽細胞様MC3T3-E1細胞への細胞内ROS制御を介したアポトーシス誘導とその作用メカニズムの検討.  第147回東邦医学会例会,  東京,  2016/02
10. ◎金居理恵子, 齋木厚人, 龍野一郎: 当院における術後Formula Diet 1食置き換え法の試み.  第1回 肥満外科栄養研究会,  東京,  2016/02
11. ◎木下恵理, 齋木厚人, 龍野一郎: 術前の高度肥満患者における骨格筋の問題(とくに下肢の筋量・筋力について).  第1回 肥満外科栄養研究会,  東京,  2016/02
12. ◎齋木厚人: 肥満外科治療における管理栄養士の役割(本研究会の目指すところ).  第1回 肥満外科栄養研究会,  東京,  2016/02
13. ◎金居理恵子, 齋木厚人, 龍野一郎: 難治性肥満症例に対するフォーミュラ食の使い方 〜内科治療から外科治療まで〜.  第3回八千代糖尿病治療連携会,  千葉県八千代市,  2016/02
14. ◎山口崇, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: NAFLDにおける脂質胆汁酸代謝の変化と酸化コレステロールの関わり.  educational conference for medical research,  幕張,  2016/01
15. ◎山口崇, 村野武義, 武城英明, 龍野一郎: 眼に異常が現れる代謝疾患 ~タンジール病の1例~.  眼と代謝を考える会,  佐倉市,  2016/01
16. ◎龍野一郎: 生活習慣の改善で防ぐ認知症、延ばす健康寿命-糖尿病などの生活習慣病は認知症の発症を高めています-.  市民公開講座 認知症を防ぐには-生活習慣病予防と地域包括ケア-,  島根県浜田市,  2016/01
17. ◎川名秀俊: 糖尿病治療のup-to-date.  東邦大学薬学部生涯学習講座 平成27年度下期プログラム,  習志野市,  2015/12
18. ◎齋木厚人: 難治性肥満症患者を生涯支える集学的治療 ~外科治療や薬物治療を含めて~.  旭中央病院学術講演会,  千葉県旭市,  2015/11
19. ◎渡邉康弘: 2型糖尿病患者に対するSGLT2阻害薬の有効性~ダパグリフロジンも含めて~.  Diabetes Symposium in Chiba,  佐倉市,  2015/11
20. ◎齋木厚人: 糖尿病・肥満症に対する糖質制限食の効果.  第8回 船橋ハートクラブ,  船橋,  2015/11
21. ◎龍野一郎: 血管壁弾性機能Cardio ankle vascular index(CAVI)を用いた統合的な動脈硬化症治療戦略-2型糖尿病と脂質管理を考える-.  第65回東京糖尿病治療セミナー,  東京都武蔵野市,  2015/11
22. ◎岩下裕明, 高田伸夫, 佐々木大樹, 勝俣雅夫, 菊地秀昌, 岩佐亮太, 古川竜一, 山田哲弘, 長村愛作, 青木博, 中村健太郎, 吉松安嗣, 竹内健, 鈴木康夫, 清水直美, 笹井大督, 徳山宣, 蛭田啓之: 脾腫をきたした2例.  第11回消化器疾患ネットワーク,  千葉,  2015/11
23. ◎齋木厚人: リポ蛋白リパーゼからみた脂肪細胞の糖脂質代謝調節 ~基礎と臨床の懸け橋~.  Educational Conference for Medical Research,  佐倉,  2015/10
24. ◎龍野一郎: EPA/DHAと生活習慣病~ω3系多価不飽和脂肪酸による脂質・免疫・炎症への影響~.  防府医師会学術講演会,  山口県防府市,  2015/10
25. ◎齋木厚人: 難治性肥満症患者を 生涯支える集学的治療 ~外科治療や薬物治療を含めて~.  第7回先進糖尿病治療を考える会,  幕張,  2015/10
26. ◎齋木厚人: 高度肥満患者を 生涯支える集学的治療 ~東邦大学佐倉病院での取り組み~.  肥満症治療カンファレンス講演会,  大分,  2015/10
27. ◎齋木厚人: 糖尿病・肥満症に対する 糖質比率40~50%食の有用性について.  糖尿病治療フォーラム,  佐倉,  2015/09
28. ◎佐藤悠太, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 山口崇, 番典子, 川名秀俊, 南雲彩子, 齋木 厚人, 龍野一郎: 重度の低カルシウム血症を呈し、診断に難渋したペルー人男性の一例.  第16回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会,  幕張,  2015/09
29. ◎龍野一郎: 肥満2型糖尿病の集学的治療を考える-SGLT2阻害剤と肥満外科治療の登場-.  船橋市内科医会学術講演会,  船橋市,  2015/09
30. ◎龍野一郎: 新血管壁弾性機能Cardio ankle vascular index(CAVI)を用いた統合的な動脈硬化症治療戦略.  第41回中国地区MMC研究会,  岡山市,  2015/09
31. ◎齋木厚人: 難治性肥満症患者を 生涯支える集学的治療 ~薬物治療や外科治療を含めて~.  第9回島根県糖尿病連携の会,  島根県松江市,  2015/09
32. ◎山口崇, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: 酸化コレステロールはNAFLDの発症・進展に関与する.  第2回千葉県若手糖尿病研究者の会,  千葉,  2015/07
33. ◎齋木厚人: 東邦大学佐倉病院で行っている 最新の肥満症チーム医療 SGLT2阻害剤・GLP-1受容体作動薬や 外科治療を含めて.  糖尿病病診連携カンファレンス,  幕張,  2015/07
34. ◎山口崇, 渡辺怜奈, 渡邉康弘, 今村榛樹, 佐藤悠太, 番典子, 川名秀俊, 大平征宏, 齋木厚人, 龍野一郎: SGLT-2阻害薬 どう効く?どう使う?.  第4回ユーカリに集う病病連携の会,  佐倉市,  2015/07
35. ◎齋木厚人: 肥満症に対する内科的治療と術前術後管理 肥満症に対する治療 ~外科的治療の位置付け~.  第5回腹腔鏡下スリーブ状胃切除術セミナー,  東京,  2015/07
36. ◎齋木厚人: 高度肥満患者を生涯支える集学的治療 ~薬物治療や外科治療を含めて~.  山口県肥満症治療研究会,  山口,  2015/07
37. ◎龍野一郎: 肥満2型糖尿病の集学的治療を考える~SGLT2阻害剤と肥満外科治療の登場~.  糖尿病Exellent Seminar,  東京都港区,  2015/06
38. ◎齋木厚人: 難治性肥満症に対する チーム医療の取り組み ~外科治療やSGLT2阻害薬の経験も含めて~.  糖尿病懇話会2015 in 美浜,  幕張,  2015/06
39. ◎齋木厚人: 糖尿病・肥満症の予防と治療 最新の糖尿病治療(薬物療法から肥満外科治療まで).  東邦大学医療センター佐倉病院 市民公開講座,  佐倉,  2015/05
40. ◎龍野一郎: 糖尿病・肥満症の予防と治療 日本人の糖尿病の特徴を知ろう.  東邦大学医療センター佐倉病院 市民公開講座,  佐倉,  2015/05
41. ◎山口崇, 村野武義, 武城英明, 龍野一郎: 新規ABAA1遺伝子異常を見出した若年タンジール病の1例.  第6回Narita Inzai Endocrinology Conference,  佐倉市,  2015/05
42. ◎齋木厚人: CAVIでみる 糖尿病大血管障害  ~SGLT2阻害薬の効果を含めて~.  銚子市医師会学術講演会,  銚子,  2015/05
43. ◎龍野一郎: EPA/DHAと生活習慣病~ω3系多価不飽和脂肪酸による脂質・免疫・炎症への影響~.  飯塚医師会学術講演会,  福岡県飯塚市,  2015/05
44. ◎龍野一郎: 肥満症の集学的治療~内科医から見た肥満外科治療の光と影~.  第1回近畿肥満外科治療研究会,  京都市,  2015/05
45. ◎龍野一郎: 肥満症の集学的治療-肥満外科治療と2型糖尿病-.  第46回京都糖尿病談話会,  京都市,  2015/04
46. ◎龍野一郎: Anti-dyslipidemic and anti-atherosclerotic effects of fish oil and its mode of action.  12th Asian Congress of Nutrition Luncheon Seminar,  横浜市,  2015/05
  :Corresponding Author
  :本学研究者