<<< 前 2018年度 | 2019年度 | 2020年度
 医学部 医学科 小児科学講座(大橋)
 Department of Pediatrics (Ohashi)

■ 当該年度研究業績数一覧表
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
















清水 教一   教授
 3 1    2 1       8
(1)
 2
 
 
 
 
 3 0  2 0  0  8
(1)
 0
(0)
 0
(0)
研究者名 刊行論文 著書 その他 学会発表 その他
発表














清水 教一   教授
 3   2     8
(1)
 
 
 3 0  2 0  0  8
(1)
 0
(0)
 0
(0)
(  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会 (  ):発表数中の特別講演、招請講演、宿題報告、会長講演、基調講演、受賞講演、教育講演(セミナー、レクチャーを含む)、シンポジウム、パネル(ラウンドテーブル)ディスカッション、ワークショップ、公開講座、講習会
■ 刊行論文
総説及び解説
1. 清水教一:  Wilson病.  小児科  61 (10) :1410 -1414 , 2020
2. 清水教一:  先天代謝異常症.  小児科  61 (4) :374 -380 , 2020
3. 清水教一:  肝胆疾患 Wilson病.  小児科臨床  73 (5) :767 -771 , 2020
症例報告
1. 服部 美来, 二瓶 浩一, 宇都宮 真司, 林 歩実, 根本 智恵子, 清水 教一:  重症度の把握に苦慮した幼児細菌性赤痢の2例.  小児内科  52 (10) :1531 -1535 , 2020
■ 著書
1. 清水教一:  Menkes病.  今日の小児治療指針第17版  206-207.  医学書院,  東京都, 2020
2. 清水教一:  ウィルソン病(肝レンズ核変性症).  今日の治療指針2021  792-792.  医学書院,  東京都, 2021
3. 二瓶浩一:  尿初見.  川崎病診断の手引きガイドブック2020  47-47.  診断と治療社,  東京、日本, 2020
4. 清水教一:  銅,セルロプラスミン.  臨床検査ガイド2020改訂版  215-219.  文光堂,  東京都, 2020
■ 学会発表
国内学会
1. 清水教一: 先天性銅代謝異常Wilson病,その診断と治療.  第31回日本微量元素学会学術集会,  静岡,  2020/11
2. 林歩実,清水教一,青木継稔: Wilson病全国調査結果から得られた今後の課題.  第31回日本微量元素学会学術集会,  静岡,  2020/11
3. 窪田 幸世, 服部 美来, 林 歩実, 宇都宮 真司, 小西 弘恵, 那須野 聖人, 金村 英秋, 松裏 裕行, 小原 明, 清水 教一: 心因性非てんかん性発作を呈した1歳女児例.  第123回日本小児科学会学術集会,  神戸,  2020/08
4. 西原 明子, 窪田 幸世, 林 歩実, 宇都宮 真司, 金村 英秋, 松裏 裕行, 小原 明, 清水 教一: 4ヵ月間の怠薬によって非代償性肝硬変となったWilson病の1例.  第123回日本小児科学会学術集会,  神戸,  2020/08
5. 原田 匠, 宇都宮 真司, 松裏 裕行, 小原 明, 清水 教一, 青木 継稔: 服薬コンプライアンス不良により神経症状が出現した発症前型ウィルソン病の1例.  第62回日本小児神経学会学術集会,  東京,  2020/08
6. 富 雄太郎, 林 歩美, 小西 弘恵, 星野 廣樹, 松裏 裕行, 小原 明, 清水 教一: 視神経脊髄炎スペクトラムの診断にて治療中に急性増悪に伴い多発性硬化症の診断に至った1例.  第62回日本小児神経学会学術集会,  東京,  2020/08
7. 服部 美来, 林 歩実, 星野 廣樹, 清水 教一, 青木 継稔: 小児期発症の神経型・肝神経型Wilson病症例におけるKayser-Fleischer角膜輪出現頻度に関する検討.  第62回日本小児神経学会学術集会,  東京,  2020/08
8. 林 歩実, 清水 教一, 青木 継稔: 全国調査成績からみた神経症状を有するWilson病の治療戦略.  第62回日本小児神経学会学術集会,  東京,  2020/08
その他
1. 浅川奈々絵、、湯浅瑛介、宇都宮真司: 川崎病類似血管炎マウスモデルにおけるSyk阻害薬の血管炎抑制効果に対する検討.  第156回東邦医学会,  Web開催,  2020/06
  :Corresponding Author
  :本学研究者